ブリーチ アニメ 化。 「BLEACH」最終章・千年血戦篇がアニメ化決定! 初となる原画展も開催へ

【ブリーチ】アニメ千年血戦編はいつから?ユーハバッハの声優は誰?

ブリーチ アニメ 化

全世界累計発行部数1億2,000万部を突破する、漫画家・久保帯人の代表作「BLEACH」の最終章にあたる「千年血戦篇」のアニメ化が、21日に配信された「BLEACH20周年プロジェクト&久保帯人新作発表会」内で発表された。 「BLEACH」連載20周年プロジェクト特別動画 「BLEACH」は、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊を討伐する死神代行となった高校生・黒崎一護が、霊界にあたる世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)を揺るがす戦いに身を投じる姿を描いた作品。 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2001年から15年にわたって連載され、2004年にはテレビアニメ化。 複数の劇場版が制作されたほか、2018年には福士蒼汰主演で実写化もされた。 「千年血戦篇」は、千年にわたる死神と滅却師(クインシー)の因縁や、一護の知られざるルーツを描く本作のクライマックス。 「BLEACH」連載20周年プロジェクト【face again】の一環として、旧シリーズのテレビアニメ終了から8年を経てアニメ化が決定した。 さらに、2021年の冬には、作品初となる「BLEACH原画展」の開催も決定。 15年間の連載で描かれたカラーイラストや、数々の名シーンの生原稿を展示する予定で、会場や開催期間などの詳細はあらためて発表される。 「まとめてアレコレ発表になって、みなさん半分ぐらい忘れちゃってることだろうと思います。 僕は半分ぐらい忘れちゃってて、今このコメント書き直してるとこです」という久保は「『BLEACH』最終章は、まあアニメやってる間に最終章までいかなかったからしゃあないよねー。 みたいな感じだったんですが、ここにきてアニメ化。 聞けば『BLEACH』20周年だそうで。 ありがたいですね。 しかも『BLEACH』展までやってもらえるそうで。 20周年に感謝です」と喜びのコメント。 一方で「ここまでの文章が他人事みたいなのは、まだ『でかい規模でやるぞー!! 』的な大枠しか決まってないからなんですが、どっちでもできるだけ協力して良いものにしていきたいなあと思ってます」とぶっちゃけつつ「そういやこないだ星十字騎士団のキャストも何人か選んだとこです。 楽しかったー」とファンの期待をあおっている。 (編集部・入倉功一) 久保帯人先生公式Twitter: BURN THE WITCHアニメ公式Twitter: BLEACH『千年血戦篇』アニメ公式Twitter:.

次の

「BLEACH」最終章・千年血戦篇がアニメ化決定! 初となる原画展も開催へ

ブリーチ アニメ 化

マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された久保帯人さんの人気マンガ「BLEACH(ブリーチ)」の最終章「千年血戦篇」がアニメ化されることが3月21日、分かった。 2012年のテレビアニメ放送終了から約8年を経て、「BLEACH」の20周年プロジェクトの一環として新作アニメが制作されることになった。 1000年にわたる死神と滅却師(クインシー)の因縁、主人公・黒崎一護の知られざるルーツが描かれる。 「BLEACH」の原画展が2021年冬に開催されることも発表された。 久保さんの初の原画展で、カラーイラストや名シーンの生原稿が公開される。 久保さんの新作「BURN THE WITCH」が同誌で今夏、連載がスタートすることも発表された。 2016年8月の「BLEACH」終了以来、約4年ぶりの久保さんの新連載となる。 「BURN THE WITCH」は同誌の創刊50周年を記念して2018年に読み切りとして発表された作品で、今回連載されることになった。 同作の中編劇場版アニメが製作され、今秋に公開される。 「BLEACH」は、死神の力を身につけた黒崎一護が仲間と共に虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊と戦い、異世界を股にかけた冒険を繰り広げる姿を描いたマンガ。 2001~16年に同誌で連載された。 2004~12年にテレビアニメが放送され、4度にわたり劇場版アニメが公開されたほか、福士蒼汰さんの主演の実写映画が2018年に公開された。 同誌の看板作品の一つとして人気を博した。 コミックスの全世界累計発行部数は1億2000万部以上を誇る。 僕は半分ぐらい忘れちゃってて、今このコメント書き直してるとこです。 「BLEACH」最終章は、まあアニメやってる間に最終章までいかなかったから、しゃあないよねー。 みたいな感じだったんですが、ここにきてアニメ化。 聞けば「BLEACH」20周年だそうで。 ありがたいですね。 しかも「BLEACH」展までやってもらえるそうで。 20周年に感謝です。 ここまでの文章がひとごとみたいなのは、まだ「でかい規模でやるぞー!!」的な大枠しか決まってないからなんですが、どっちでもできるだけ協力して良いものにしていきたいなあと思ってます。 そういや、こないだ星十字騎士団のキャストも何人か選んだとこです。 楽しかったー。 「BURN THE WITCH」の続きは、ホントは描くつもりなかったというか、趣味で描いて家族にでも読ませようかなーと思ってたんですが、担当にうまいこと乗せられて「ジャンプ」に載せることになりました。 ネームを渡してアニメ化してもらいつつ原稿も描く、というのは初めての経験で面白かったし、どちらも良いものになってんじゃないかなーと思います。 原稿はもう終わってるので、これを皆さんが読むころは、僕はどぶ森をやってると思います。 皆さんもどぶ森をやりながら公開を待っていてください。 どぶ森というのは、どうぶつの森の略称です。

次の

アニメ・BLEACH(ブリーチ)千年血戦編はいつから放送?原作漫画だと何巻から何巻?

ブリーチ アニメ 化

2001年から15年間にわたり、週刊少年ジャンプで連載された漫画家・久保帯人の人気作『BLEACH』の20周年プロジェクト内容が発表され、最終章のアニメ化や原画展開催などが明らかになった。 併せて公開された特別映像では、『BLEACH』連載開始からの足跡から、今回のプロジェクト内容までが紹介されている。 『BLEACH』は、突然「死神」の力を得た主人公・黒崎一護を中心に、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊や敵の死神達との戦いを通して、一護や仲間の成長を描く。 コミックスは全世界累計発行部数1億2000万部を超え、テレビアニメや4回の劇場版アニメ化、ゲーム化、舞台化、ノベライズ化など幅広くメディア展開された人気漫画で、2018年には、福士蒼汰主演で実写映画化もされている。 その『BLEACH』が、2021年8月に20周年を迎える。 そこで『BLEACH』20周年プロジェクトと題し、最終章「千年血戦篇」のアニメ化が決定。 また、作品初となる原画展の開催では、連載15年間で描かれたカラーイラスト、数々の名シーンの生原稿の展示を予定している。 さらには、新たな連載などさまざまな企画が発表され、久保は「できるだけ協力して良いものにしていきたいなあと思ってます。 そういやこないだ星十字騎士団のキャストも何人か選んだとこです。 楽しかったー」とコメント。 新たに連載が決まった漫画については、久保が2018年に読み切りとして掲載した『BURN THE WITCH』の新エピソードとなっており、早くも劇場中編アニメーションの公開が決まった。 この決定に「担当に上手いこと乗せられてジャンプに載せることになりました」と語る久保。 もともと連載は考えていなかったようだが、劇場アニメについては「ネームを渡してアニメ化してもらいつつ原稿も描く、というのは初めての経験で面白かったし、どちらも良いものになってんじゃないかなーと思います」と自信をのぞかせた。 『BLEACH』20周年プロジェクト、新作『BURN THE WITCH』は今夏連載スタート、劇場中編アニメーションは今秋公開。 原画展は2021年冬に開催される。

次の