レーティング 将棋。 将棋の強さを数字にすると(レーティング): 将棋が強くなる方法

将棋界に藤井時代到来か 最年少タイトル挑戦「順当」 :日本経済新聞

レーティング 将棋

こんにちは味噌人です。 皆さんには現役棋士が全員全盛期だと仮定した場合、誰が一番強いと思いますか ? 七冠を達成し長期にわたり将棋界の頂点に君臨していた 羽生九段、昨年から年間最高勝率を更新する勢いで勝利を重ねる 渡辺三冠、それとも現名人にして毎年高勝率をあげている 豊島名人。 Contents• 現役棋士最高レーティングランキング 1位 渡辺明 2079@2019年12月3日 1位は現在棋界最強との呼び声高い渡辺明三冠!! 2017年度は棋士人生初の勝率5割われとなるなど絶不調にあえいでいましたが、復活後は怒涛の勢いで連勝街道をばく進。 今年度も中原誠16世名人が持つ最高勝率を超える勢いで勝利を積み重ねており、 羽生九段が持つ歴代最高レーティングを更新しました。 この勢いで悲願の名人挑戦、奪取がなるか注目です!! 2位 羽生善治九段 2074@2000年9月11日 2位は誰もが認める将棋界の第一人者、羽生善治九段でした!! この結果は多くの将棋ファンにとって意外だったかと思いますが、その原因は最高レーティング到達時期。 7冠を保有していた1996年ではなく、5冠時代の2000年が僅差で最高レーティングとなっていますが、 レーティングはインフレする傾向にあるため現在の数値に置き換えるとすると渡辺三冠よりも上の数値になると思われます。 節目となる通算タイトル数100期到達とともにレーティングも再び自身の最高値を更新できるかが注目ですね!! 3位 佐藤康光九段 2011@2006年11月10日 3位は現将棋連盟会長にして、永世棋聖の資格を持つ羽生世代屈指の実力者、佐藤康光九段 !! 2006年度は史上初のタイトル戦5連続挑戦に棋聖を防衛、棋王を奪取し最優秀棋士賞に輝いた一年ですので、この高レートも納得です。 羽生九段のライバルと言えば森内九段が有名ですが、羽生世代のNO2というと佐藤康光九段を上げる人も多いのではないでしょうか? 4位 豊島将之名人 2010@2019年8月16日 4位は現名人に竜王位に王手をかけている豊島将之名人がランクイン。 毎年安定した高勝率をあげている豊島名人ですが、名人の獲得とともにレートも2000の大台を突破。 今後も最高レーティング更新が期待される棋界屈指の実力者と言えます。 5位 広瀬章人竜王 2005@2019年1月11日 5位は少し意外に思われる方も多いかもしれないダークホース、広瀬章人竜王です。 というか、集計していた私が一番驚きました、意外ですね。 昨年度は渡辺明三冠の活躍の影に隠れがちではあったものの、竜王位獲得、棋王挑戦と絶好調だった広瀬竜王。 その実力のわりに地味だと言われがちですが、上位4名を超えるレーティングをたたき出すことで、その実力を知らしめて欲しいところです。 6位 谷川浩司九段 2003@2000年11月16日 6位は史上2人目の中学生棋士にして17世名人資格保持者であり、光速の寄せの異名を持つ天才棋士・谷川浩司九段です。 谷川先生は全盛期が1990年前後ということで、レーティングのインフレの影響をもろに受けている棋士といえそうですね。 ただ2000年もタイトル挑戦3回、名人挑戦権獲得と大活躍をした年であるため、この高レートも納得です。 7位 佐藤天彦九段 1993@2015年7月21日 7位は前名人にして貴族の愛称を持つ佐藤天彦九段。 横歩バブルの波に乗る形でレーティングも急上昇し、歴代7位の高レートをたたき出しましたが、横歩バブルの終了とともにレートも下降。 名人位を失い、A級順位戦も苦戦していますが、再び自身の最高レーティングを更新できるような活躍を期待したいですね。 8位 郷田真隆九段 1985@1998年7月24日 8位には羽生世代を代表する強豪である郷田真隆九段がランクイン。 羽生世代からは3人目の登場ですが、18世名人資格を持つ森内九段より上位なのは少し意外ですね。 1998年は前年の最高勝率で高まったレートを棋聖の獲得によりさらに伸ばし、自己最高レーティングを更新した一年です。 9位 永瀬拓矢二冠 1983@2019年4月23日 9位にはその将棋へのストイックな姿勢から軍曹の渾名を持つ永瀬拓矢二冠がランクイン。 まだまだ最高レーティングをどんどん更新する勢いのある、期待の若きタイトルホルダーですね。 お互いがライバルと認め合う佐々木勇気七段も早くこのランキングに喰い込んで欲しい所です。 10位 森内俊之九段 1972@2004年1月19日 10位は羽生世代から永世名人資格保有者でもある森内俊之九段がランクイン。 その実績からするとやや順位が低い気がしますが、これも勝率が高いというより勝負強さに定評のある森内九段らしいのかもしれません。 2004年は竜王位奪取、A級全勝での名人挑戦権獲得など大活躍をした一年です。 番外編~伝説の棋士と藤井聡太七段~ 今回は現役棋士トップテンを紹介しましたが、番外編として伝説の名棋士や藤井聡太七段についても紹介します。 ただ、既に現役を退いてる棋士が活躍していた当初は、棋士数が少なくインフレ前のレーティングであるため、時代によっては感覚的に100~200位数値を足していいかと思う数値となっていることご了承ください。 中原誠16世名人 1990@1973年9月20日 歴代ランキングでも8位に入る高レートを記録した棋界の太陽こと中原誠16世名人。 1973年は名人含む4冠を達成した一年です。 インフレを考慮すると破格のレート言えるでしょう。 大山康晴15世名人 1965@1967年5月10日 棋界のレジェンド、大山康晴15世名人。 歴代でも12位に入る高レートを達成した1967年は、タイトル19期連続獲得という今後現れないだろう大記録を打ち立てた直後です。 インフレを考慮した場合、どれほどの数値となるのか…数値に強い方に算出して欲しいところです。 升田幸三実力制第四代名人 1860@1964年9月14日 数々の逸話を持つ伝説の棋士、升田幸三実力制第四代名人ですが、全盛期が1950年代ということもあり、インフレには勝てずこの数値。 加藤一二三九段 1874@1981年12月12日 ご存知ひふみんですが、やはりインフレの影響をうけ、1800点台に留まっています。 藤井聡太七段 1963@2019年5月15日 将棋界が誇る期待のスーパースター、藤井聡太七段は現在歴代14位の最高レーティング。 王将戦では挑戦まであと一歩の所まで進むなど、成長著しい藤井七段。 将来的には歴代最高レーティングを更新することが期待されますね!! まとめ 皆さんランキング結果はいかがだったでしょうか? インフレの影響で近年の棋士が多くランクインしていますが、その中でもトップの座を死守した羽生九段の凄さが際立ちましたね。 次回の記事では11位以下について紹介していきたいと思いますので、そちらも是非ご覧ください!!.

次の

藤井聡太、コロナ禍に隠れた快挙。棋士レーティング首位の価値とは。

レーティング 将棋

皆さんはいま最も強い棋士といえば誰が思い浮かびますか? 棋界最高峰のタイトルを有する佐藤名人や広瀬竜王でしょうか? 複数のタイトルを持つ豊島二冠や渡辺二冠を思い浮かべる人もいるでしょう。 タイトルを失ったとはいえ長年棋界の頂点に君臨した羽生九段や将棋界のニュースターとして驚異的な勝率を誇る藤井聡太七段の名が思い浮かぶ方もいるかもしれません。 およそ将棋界に限らず、 プロの世界において最も人の興味を引く話題は、誰が一番強いか?であることは疑いのようないところでしょう。 今回はその『 強さ』=『実力』にスポットライトを当て、将棋界において『実力』を示す指標の一つであるレーティングからタイトルホルダー、順位戦、竜王戦を分析していきたいと思います。 Contents• レーティングとは 将棋界におけるレーティングとは、 過去の対局成績によって各棋士の実力を数値化したもので、非公式の指標です。 まず対戦前の相互のレーティングに基づいて勝利確率(期待勝率)を計算し、これと実際の対戦結果との差異に基づいてレーティングを更新する。 これを試合のたびに繰り返すことで、いずれレーティングが各プレイヤーの真の勝利確率、すなわち強さを表す適正な値に収束するというわけである。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 数値に関しては、本ブログでは様のレーティングを引用させていただいております。 平均的な対局者のレートを1500とする• 2001年4月時点で全員のレートを1500とする• 新四段についても、レートは1500を初期値とする というルールに基づいて計算されています。 詳細な情報は上記のリンクからサイトをご一読ください。 様々な情報が網羅的にまとめられている将棋ファン必見の素晴らしいサイトなので、お気に入り登録をおススメしています! レーティングから見るタイトルホルダー それでは早速 2018年度の各タイトル戦における両者のレーティングとその結果を下表にまとめます。 レーティングはタイトル戦第一局開始時のものです。 タイトル戦の勝者は青マーカーで示しています。 なおレーティング順位はタイトル戦開始月初の順位です。 肩書・段位はタイトル戦開始時のものです。 タイトル タイトルホルダー 挑戦者 レーティング順位 竜王戦 羽生善治竜王(1828) 広瀬章人八段(1892) 4位 vs 1位 名人戦 佐藤天彦名人(1783) 羽生善治竜王(1853) 11位 vs 3位 叡王戦 高見泰地六段(1722) 金井恒太六段 1552 25位 vs 85位 王位戦 菅井竜也王位 1788) 豊島将之八段(1898) 10位 vs 1位 王座戦 中村太地王座 1730 斎藤慎太郎七段 1821 22位 vs 7位 棋王戦 渡辺明棋王(1894) 広瀬章人竜王(1911) 2位 vs 1位 王将戦 久保利明王将(1798) 渡辺明棋王(1884) 11位 vs 2位 棋聖戦 羽生善治棋聖(1820) 豊島将之八段(1894) 8位 vs 1位 こうして見ると、昨年度は 8大タイトルのうちレーティング通りの結果となったものが6タイトルという結果となりました。 タイトル戦の挑戦者は厳しい予選を勝ち抜いた事もあり、叡王戦を除きレーティングが1桁です。 タイトル挑戦のためにはレーティングが1桁であることが一つの目安となりそうですね。 レーティングから見る順位戦 順位戦の各組の平均レーティングを表にまとめてみました。 なお、こちらのレーティングは記事を作成した2019年4月21日現在のものです。 平均 中央値 上位5名平均 下位5名平均 名人・A級 1816 1795 1873 1763 B級1組 1750 1750 1832 1676 B級2組 1606 1601 1730 1493 C級1組 1568 1554 1744 1408 C級2組 1544 1537 1741 1373 この表から読み取れることとして• 各級・組の平均レーティングはA級からC級2組まで階段上になっている• B級2組以下は降級点累積での降級となるため、平均レーティングの差が小さくなる• B級2組以下は下位5名平均がどのクラスの中央値にも達しない• C級であっても上位5名の実力があればB級1組で十分に戦える実力を有する このような感じでしょうか。 上位2名昇級、下位2名降級とすぐに級が入れ替わるA級とB級1組は高いレベルを維持していますが、B級2組以降は停滞・渋滞の感が強いですね。 適性なラインの見極めは難しいですが、レーティングのねじれ現象が解消されるよう、昇級枠の拡大、降級点の枠の拡大が望まれます。 レーティングから見る竜王戦 竜王戦の各組の平均レーティングを表にまとめてみました。 なお、こちらのレーティングは記事を作成した2019年4月21日現在のものです。 平均 中央値 上位5名平均 下位5名平均 竜王・1組 1786 1770 1896 1703 2組 1659 1655 1757 1562 3組 1635 1629 1 733 1533 4組 1584 1567 1798 1427 5組 1524 1514 1710 1363 6組 1440 1428 1644 1268 この表から読み取れることとして• 各組の平均レーティングは1組から6組まで一応階段上になっている• 1組と2組以下のレーティング差が激しい• 3組~6組の上位5名は2組で十分優勝を狙える実力を有している• 4組の上位5名平均が竜王・1組の平均レーティングを超えるなどねじれ減少が大きい こちらでも 1組の実力は圧倒的ですが、2組以下ではかなりねじれ減少が見られます。 特に若手実力者が集中している4組での優勝は2組以上の難易度となっています。 昇級・降級枠が大きい竜王戦でも全くねじれ減少が是正されていないところを見ると、完全に実力を反映したシステムというのはかえって恣意的で不自然なものであるともいえそうです。 特に竜王戦は賞金も高く総当たりでもないため一戦の重みが大きいという特性から、ここ一番のとっておきの作戦や勝負強さにより上位の組をキープする勝負術を発揮しやすいのかもしれませんね。 現状のレーティングと組の相関関係を見ると、昇級枠・降級枠が大きいことが必ずしもベテラン不利、若手有利にならないことが分かり、面白い結果です。 まとめ ここまで見てきたレーティングとタイトル戦、順位戦、竜王戦の関係性をまとめると レーティングまとめ• タイトル戦でもレーティングが高い側が有利な傾向がみられる• タイトル戦挑戦者となるためにはレーティング1桁が一つの目安となる• 順位戦・竜王戦ともにトップカテゴリーの実力は圧倒的• 順位戦・竜王戦ともに上位カテゴリーの中央値よりも下位カテゴリーの上位5名レーティングの方が高いというねじれ減少が生じている• ねじれ減少の発生は昇級枠・降級枠の問題だけでなく、棋戦の仕組み全体で関わってくる。 (総当たりの順位戦で昇級枠・降級枠の大幅な拡大を行えばかなり是正される?) このような所でしょうか。 個人的にはレーティング上位によるトーナメント棋戦が見てみたいのですが、そのためにはレーティングが公式の指標となることが先ですね。 私も勉強不足でまだレーティングの事をしっかり理解できていない部分も大きいので、これからも定期的に記事にすることで理解を深めていきたいと思います。 次回もレーティングに関わる小ネタをご紹介したいと思いますので、是非ご覧ください。

次の

注目レーティング:日本株

レーティング 将棋

2020年7月16日対局分まで(未放映のテレビ対局を除く。 ただし、勝星昇段やキリ勝・記録が関わる場合、この限りでなし。 なお、勝率部門は3月1日〜4月1日の期間は30局以上のみ表示。 ) 棋士名 対局数 勝数 負数 勝率 10 6 3 0. 6666 10 5 5 0. 5000 13 8 4 0. 6666 6 4 2 0. 6666 16 14 2 0. 8750 8 5 3 0. 6250 6 3 3 0. 5000 6 2 4 0. 3333 2 0 2 0. 0000 1 1 0 1. 0000 3 0 3 0. 0000 1 0 1 0. 0000 3 1 2 0. 3333 4 2 2 0. 5000 5 3 2 0. 6000 4 2 2 0. 5000 3 0 3 0. 0000 4 2 2 0. 5000 8 3 5 0. 3750 5 3 2 0. 6000 4 0 4 0. 0000 7 5 2 0. 7142 6 1 5 0. 1666 5 3 2 0. 6000 9 4 5 0. 4444 4 2 2 0. 5000 5 2 3 0. 4000 3 1 2 0. 3333 6 2 4 0. 3333 7 6 1 0. 8571 7 3 4 0. 4285 8 5 3 0. 6250 6 2 4 0. 3333 2 0 2 0. 0000 3 1 2 0. 3333 3 0 3 0. 0000 4 2 2 0. 5000 0 0 0 ---- 3 0 3 0. 0000 5 5 0 1. 0000 5 1 4 0. 2000 2 2 0 1. 0000 5 1 4 0. 2000 2 1 1 0. 5000 5 2 3 0. 4000 6 1 5 0. 1666 5 0 5 0. 0000 6 3 3 0. 5000 7 5 2 0. 7142 4 2 2 0. 5000 8 3 5 0. 3750 7 3 4 0. 4285 7 1 6 0. 1428 5 2 3 0. 4000 6 3 3 0. 5000 2 0 2 0. 0000 6 3 3 0. 5000 6 1 5 0. 1666 7 2 5 0. 2857 8 6 2 0. 7500 2 1 1 0. 5000 1 0 1 0. 0000 4 1 3 0. 2500 3 1 2 0. 3333 2 1 1 0. 5000 5 3 2 0. 6000 2 0 2 0. 0000 2 0 2 0. 0000 3 1 2 0. 3333 8 1 7 0. 1250 3 2 1 0. 6666 4 3 1 0. 7500 7 2 5 0. 2857 2 2 0 1. 0000 5 1 4 0. 2000 4 3 1 0. 7500 5 2 3 0. 4000 5 3 2 0. 6000 2 0 2 0. 0000 4 2 2 0. 5000 4 1 3 0. 2500 6 2 4 0. 3333 7 3 4 0. 4285 5 2 3 0. 4000 6 4 2 0. 6666 11 7 4 0. 6363 9 5 4 0. 5555 7 3 4 0. 4285 7 4 3 0. 5714 7 2 5 0. 2857 13 11 2 0. 8461 6 3 3 0. 5000 5 3 2 0. 6000 6 2 4 0. 3333 8 2 6 0. 2500 10 5 5 0. 5000 7 1 6 0. 1428 9 4 5 0. 4444 7 6 1 0. 8571 8 3 5 0. 3750 9 7 2 0. 7777 6 2 4 0. 3333 9 6 3 0. 6666 8 6 2 0. 7500 7 4 3 0. 5714 10 6 4 0. 6000 1 0 1 0. 0000 4 2 2 0. 5000 2 1 1 0. 5000 6 0 6 0. 0000 4 1 3 0. 2500 5 1 4 0. 2000 2 1 1 0. 5000 6 3 3 0. 5000 5 0 5 0. 0000 6 4 2 0. 6666 4 3 1 0. 7500 7 5 2 0. 7142 5 2 3 0. 4000 9 5 4 0. 5555 6 3 3 0. 5000 8 4 4 0. 5000 5 2 3 0. 4000 3 0 3 0. 0000 6 2 4 0. 3333 9 5 4 0. 5555 10 6 4 0. 6000 10 6 4 0. 6000 10 7 3 0. 7000 10 6 4 0. 6000 8 5 3 0. 6250 12 10 2 0. 8333 6 4 2 0. 6666 2 1 1 0. 5000 5 3 2 0. 6000 5 1 4 0. 2000 7 3 4 0. 4285 5 3 2 0. 6000 5 1 4 0. 2000 7 4 3 0. 5714 8 4 4 0. 5000 9 3 6 0. 3333 6 2 4 0. 3333 10 7 3 0. 7000 7 5 2 0. 7142 8 2 6 0. 2500 9 5 4 0. 5555 4 1 3 0. 2500 8 5 3 0. 6250 7 4 3 0. 5714 10 6 4 0. 6000 12 10 2 0. 8333 4 2 2 0. 5000 11 7 4 0. 6363 5 2 3 0. 4000 6 2 4 0. 3333 6 2 4 0. 3333 6 3 3 0. 5000 12 6 6 0. 5000 7 1 6 0. 1428 11 7 4 0. 6363 8 4 4 0. 5000 8 6 2 0. 7500 7 6 1 0. 8571 11 9 2 0. 8181 8 5 3 0. 6250 1 0 1 0. 0000 4 3 1 0. 7500 4 2 2 0. 5000 1 0 1 0. 0000 1 0 1 0. 0000.

次の