ぎょっと する 意味。 【ぎょっと】 と 【ほっと】 はどう違いますか?

【ぎょっと】 と 【ほっと】 はどう違いますか?

ぎょっと する 意味

「周知」の読み方と意味 「周知」の読み方は「しゅうち」 「周知」は「 しゅうち」と読みます。 「周知」の意味は「多くの人に知らせること」「広く知れ渡っていること」 「周知」は動作と状態という二つの意味があります。 1つ目は「 多くの人に知らせること」で、これは「人に知らせる」という 動作の意味になります。 例えば、新しい情報を組織に所属している人全員に知らせるといった場合に「周知する」「周知させる」といったように動詞として使用します。 2つ目は、「 広く知れ渡っていること」という 状態の意味です。 「周知」の「周」という漢字には、「あまねく」という意味があり、この「あまねく」という言葉の意味は「ひろく・すべってにわたって」となります。 この場合、「一部の人間のみに伝える」という動作や「一部の人間だけが知っている」という状態には使用できません。 「周知」の使い方とビジネスでの敬語 「周知する」は「多くの人が知っている状態にすること」 「周知する」は、「 多くの人が知っている状態にすること」です。 例えば、社内などで新しい規則ができた場合、社内の人全員に知らせなければいけませんよね。 この、社内全員に知らせる・伝えるといった行為を「周知する」といいます。 「周知する」という表現に関して、一部では「誤用なのではないか、、、」と言っている人もいるようなのですが、新聞記事など一般的に多くの人が目にする物でも使用されている表現ですし、「多くの人に知らせる」といった意味合いでは「周知する」という表現が適しているとも言われているため、誤用とは言い切れません。 基本的には「周知する」という表現を使用することに問題はないと言えるでしょう。 例文 ・利用規約を改定したので、利用者に周知する必要がある。 ・来週までに新しい企画の内容を周知する必要があることに気がついた。 ・お手洗いの変更場所を周知するステッカーが壁に貼られていた。 「周知させる」は「誰かに情報共有をさせる」 「周知させる」は、「 誰かに情報共有をさせる」です。 「〜させる」という表現は、「人にある行為をさせるように仕向ける」というように使役の意味があります。 従って、「周知させる」だと命令調の言葉として受けとられてしまう可能性が高いので、使い方には注意が必要です。 上述たように、「周知する」は誤用で「周知させる」が正しいという意見もあり、「周知する」と「周知させる」はどちらが正しい表現なのか?という議論がしばしばなされます。 しかし、正解はどちらも正しい日本語です。 ただ、やはり「周知させる」だと「させる」という表現から「誰かに情報を共有させる」という意味合いが強くなってしまうので、「周知する」と「周知させる」では微妙に意味の違いがあると言えるでしょう。 例文 ・憲法をより多くの国民に周知させるための活動をしてきた人物だ。 ・全員に周知させるためには、社内掲示板に貼っているだけではやはり意味がない。 ・災害時に備え、後日改めて非常ベルの検査をするということを、住人に周知させる。 「周知いたします」は正しい敬語 「周知いたします」は、正しい敬語表現です。 「いたす」は、「する」の謙譲語で、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示す表現になります。 したがって「周知いたします」は、「自分が多くの人に知らせます」という意味の敬語表現です。 ただし漢字「致します」は使いません。 「致す」と漢字表記にする際はそれ自身が動詞になる場合になります。 例えば、「至らせる・及ぼす・届ける・引き寄せる・仕向ける・尽くす」という意味で使うときは「致す」にします。 「周知いたします」の場合の「いたします」は、補助動詞として使用されているものなので、ひらがな表記が正しいです。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 例文 ・来週には新しいマニュアルを配布し全従業員に周知いたします。 ・ご利用の皆様には、現在確認されている不具合を周知いたします。 ・すべての集計結果を来月末までにあらためて周知いたします。 「周知」をお願い・依頼する表現は「ご周知ください」 「周知」をお願い・依頼する表現は、「 ご周知ください」となります。 「周知」に接頭語の「ご」をつけた「ご周知」と、「〜をしてほしい」という意味の「ください」をつけて「ご周知してください」という敬語表現にします。 接頭語「ご」は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなるが、「ご周知ください」の場合は相手の動作に対して使っているので、尊敬語にあたります。 この場合の「ください」は、お願いごとをするときの相手に敬意を示す補助動詞なので、平仮名表記にするのが正しいです。 また、「ご周知ください」を「ご周知願います」に変更することも可能です。 例文 ・いくつか訂正箇所がございますので、出席者の皆様にご周知ください。 ・弊社は来週月曜日より休業となりますので関係者の方々にご周知ください。 ・詳しい日程が決定しましたので、関係者間でご周知願います。 「周知のとおり」はビジネスシーンで目上の人には使えない 「周知のとおり」は、ビジネスシーンなど目上の相手には使用することができませんので注意してください。 「周知のとおり」は、「 ご存知とおり〜」「 言うまでもなく」といったようなニュアンスの言い回しになります。 つまり、「知ってるとは思いますが、知らなかったときの為に一応言っておきますね」というような、相手をちょっと小馬鹿にしているようなニュアンスになってしまうのです。 そもそも「知っているとは思いますが〜…」という前置き事態、なくても良いものなのでビジネスで目上の人に使用するのはやめておきましょう。 「販売する際に周知が必要」などとも物販で使われる 「周知」という言葉は、「販売する際に周知が必要」といった言い回しで物販で使われる表現です。 「販売する際に周知が必要」とは、 何か物を販売して、お客様が商品を手にするときに、必ずお客様に知らせないといけないことがある場合に使用されます。 例えば、「高圧ガス」と販売する場合、購入者に対して災害の発生の防止に関して重要な事項を周知させなければいけないという決まりがあります。 これは、ガスを販売するときにお客様に必ず「災害が発生した場合のマニュアル」を教えておかなければいけないよということです。 「全員が周知していない」という表現は誤用 「全員が周知していない」という言い回しで使用するのは誤用です。 「全員が周知していない」だと、「全員が情報や伝えるべきことを多くの人に知らせていない」といったニュアンスになってしまうので不自然さがあります。 例えば、「周知していない就業規則は有効ではない」などと使うのは正しい表現になります。 「周知の事実」は「多くの人に知られている事実」 「周知の事実」は、「 多くの人に知られている事実」という意味で使用される言い回しです。 一般常識のように、誰もがいちいち言わなてもわかるような事実を「周知の事実」といいます。 「万人周知の事実」と言われたりもします。 「万人」とは、「多くの人」という意味の言葉で、例えばすべての人に好まれるような商品を「万人うけする商品」と言ったりします。 つまり、「万人周知の事実」は、それだけ多くの人に知られている情報であるということです。 例文 ・余っているチケットの譲渡のやりとりをしている人が多いことは周知の事実だ。 ・実は彼女が裏で営業に駆け回っているということは周知の事実です。 ・彼が退職するということは、事務所内では周知に事実だったようだ。 「周知徹底」は「きっちりと知れ渡らせること」 「周知徹底」は、「 きっちり知れ渡らせること」です。 「徹底」には、「命令・方針などが隅々まで行き渡ること」という意味があります。 したがって、「周知徹底」は、重要な伝達事項などを絶対にきっちり漏れなく伝えるということです。 「周知徹底せよ」は「する」の命令形である「せよ」を仕様しているため、「情報をきっちり漏れなく知らせなさい」という命令になります。 例文 ・周知徹底が不十分だったために、お客様に大変なご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ありませんでした。 ・変更があった場合は瞬時に関係者に周知徹底するように心がけてください。 ・災害時に利用できる非常階段の場所については入居時の周知を徹底せよ 「周知事項」は「多くの人に伝えるべき事柄」 「周知事項」は、「 多くの人に伝えるべき事柄」という意味で使用されます。 多くは、業務連絡で使われる言い回しです。 例えば、メールなど書面などで「周知事項は以下の通りでございます」と書いた後に、知ってほしいこと、みんなが知るように広めて欲しいことを箇条書きにしたりすると、一目で知っておいて欲しい情報が何なのかわかります。 また、「周知方法」は「 多くの人に知らせる方法」です。 例えば誰もが通る共通通路の壁に張り出しをする、一人ひとりの自宅へ郵送するなど方法は様々ですが、こういった「知らせる方法」を「周知方法」をといいます。 「周知」の類語・言い換え 告知 「告知」は「こくち」と読みます。 意味: 告げ、知らせること 商品の宣伝など、人に情報を知らせること、通知をすることを「告知」と言います。 基本的には、情報を伝える相手が限定される場合に使用されます。 例文 ・本編上映前に来年公開の最新映画の告知がすでに流れはじめました。 ・希望があれば前もって発売前に告知をすることも可能ですがいかがなさいますか? 通知 「通知」は、「つうち」と読みます。 意味: 必要なことを関係者に知らせること 特定の人、また不特定多数の人に対して自分の意見を伝える場合や、ある事実を知らせる二つのパターンで使用することができます。 例文 ・去年退社した同僚が結婚をしたという通知が社内に届いたようです。 ・合格の通知が届いたことをまっさきに母親に伝えました。 公知 「公知」は、「こうち」と読みます。 意味: 世間に広く知れ渡っていること 「周知の事実」という言葉の「周知」をそのまま「公知」に言い換えて「公知の事実」として使用することも可能です。 例文 ・いまや全国公知の事実なので、歴史を塗り替えないかぎりは難しいだろう ・全国放送されたことがきっかけで、公知の事実となった。 案内 「案内」の読み方は「あんない」です。 意味: 物事の事情や様子を知らせることです。 「案内」は、事情を説明して知らせるというようなニュアンスです。 また、「誘導する」というような相手に教え取り次ぐような場面で使用されることが多いです。 例文 ・後日、会議の時間と会場をご案内します。 ・明日は有名な観光スポットを友人に案内する予定でいます。 伝達 「伝達」は「でんたつ」と読みます。 意味: 命令・意思・連絡事項などを相手に伝えること 複数の関係者に、高等または書類で次々と情報を伝えていくイメージが「伝達」です。 例文 ・休み明けに出社をしたら大量の伝達事項があり、パニックになってしまった。 ・情報の伝達をきちんとしないと、とんでもないミスに繋がりかねません。 認知 「認知」は、「にんち」と読みます。 例文 ・彼は有名俳優の弟であるということがきっかけで多くの人に認知されるようになった。 ・この規定が社会的に認知されるようになるには、もう少し時間がかかりそうだ。 連絡 「連絡」は「れんらく」と読みます。 意味: 関係の人に情報などを知らせること 例えば、「何かあったら連絡します」は、「何かあったら知らせます」ということです。 「連絡をとる」というように、情報を伝えるというよりは「意思の疎通」といった意味合いで使用されることが多いです。 例文 ・もし、該当のものが見つかったら連絡させていただきます。 ・とりあえず、来られそうな人に連絡をしておいてもらえると助かります。 お知らせ 「お知らせ」は「おしらせ」と読みます。 意味: 通知・連絡 「知らせ」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけています。 「お知らせください」だと、「教えて下さい」「連絡してください」といったニュアンスになり「お知らせいたします」だと、「教えます」「連絡してください」といった意味になります。 例文 ・他店のほうが安い!という商品の情報があればぜひお知らせください。 ・新商品に関するお知らせはホームページでご確認ください。 報知 「報知」は「ほうち」「しらせ」と読みます。 意味: 告げ・知らせること 例文 ・火災報知器が突然鳴り、驚いたが誤作動だった。 ・母親が富士山に登ったという報知を耳にして驚きを隠せなかった。 共有 「共有」は「きょうゆう」と読みます。 意味: 協同で所有すること 例文 ・就職活動は会社の就活情報を友人と共有するなど、協力し合って乗り越えました。 ・ここには共有スペースがあって入居者のみんなでお話をすることができる。 説明 「説明」は「せつめい」と読みます。 意味: ときあかすこと 物事の根拠・理由を明らかにすること ある事柄について、相手が理解できるように詳しく述べることを「説明する」といいます。 例文 ・こんなに間違えて解答されているということは、説明が不十分だった可能性がある。 ・どうしてこのような結果になってしまったのか、説明させていただきます。 「周知」の同音異義語 「衆知」は「多くの人々の知恵」 「衆知」の意味は「 多くの人々の知恵」です。 例えば、沢山の人の知恵を集めて何か大きな問題を解決したいといった場面では「衆知を集める」というように表現します。 「衆智」と表記されることもありますが、どちらを使用しても間違いではありません。 「衆」には「多くの人」という意味があるので、「衆」(多くの人)が「知」(知っている)こと、つまり「周知」と同じ意味だと勘違いされやすいのですが、「衆智」の「知」は「知恵」と覚えておくといいでしょう。 例文 ・衆知を吸収して様々な文化が発達してきたので、昔に方々には感謝の気持ちでいっぱいです。 ・老人ホーム訪問のボランティアで元気な方々の衆智を搾取することができました。 「羞恥」は「恥ずかしいこと」 「羞恥」の意味は「 恥ずかしこと」です。 「羞」も「恥」も、二つとも「恥じらう」という意味があって、同じ意味の言葉を二つ重ねて「恥ずかしい」という気持ちを協調している言葉であるということがわかります。 例えば、大勢の人の前で何か失敗をしてしまったときに感じる内から湧き上がってくるような恥ずかしさを「羞恥」といいます。 例文 ・子供の頃のませた発言や行を思い出すと耐えられないほどの羞恥に襲われる。 ・大勢の前で話すことに羞恥を覚えていない人を見ると羨ましいと思う。 「周知」の英語 「周知の」の英語は「well-known」 「周知の」の英語は「well-known」です。 「有名な」を意味する英単語に「famous」もあります。 「famous」は「名高い」とも和訳され、「良い意味で有名」という意味になります。 「悪名高い」は「infamous」「notorious」です。 「well-known」は上記のどちらの意味でも使え、ただ単に「たくさんの人に知られている」という意味です。 ・be well-known for... ・well-known... などの形で使います。 社内に周知する「お知らせメール」の書き方 1. 宛先 こちらはビジネスメールを書くときの常識。 社内に送るものであれば「社員各位」 3. 挨拶 「お疲れ様です」が定番。 自分の部署と氏名 こちらもビジネスメールでは常識 5. 周知内容 相手の時間を奪わないようパッと見てすぐにわかるように簡潔に書くのが基本です。 いくつかある場合は、箇条書きにするとわかりやすい。 末文 「よろしくお願いいたします」などがよいでしょう。 件名:【来月のイベント開催日程についてのお知らせ】 本文 お疲れ様です。 営業部の中園です。 お忙しいところ申し訳ありませんが、標題の件について お知らせいたします。 また、下記の内容で問題ないか否かご確認の上、返信をお願い申し上げます。 【お知らせ】 20日に開催予定のイベントについて、近隣店舗の皆様から 「27日に訂を変更してくれないか」との相談があり、27日に変更することになりました。 お忙しいところ大変恐縮ですがご検討の上、ご返信をお願いいたします。

次の

さかなクンもびっくり!ぎょっとするの語源は魚ではない|今を知りたいあなたの為のニュース速報

ぎょっと する 意味

加味すると考慮するの違い 加味すると考慮するの違いを分かりやすく言うと、 何かを考える際に具体的な物事を考えに入れるのか、具体的ではなく広く色々な要素を考えに入れるのかの違いです。 加味するとは、ある物事に別の考えや要素を付け加えて考えることを意味しています。 これは、何かを付け加えて考えることにより、より良い結論が出せるようにするという意味も含まれています。 そうでないと、なにを考えに加えれば良いのか、わからなくなってしまうからです。 加味するという言葉は、元々は、薬に別の薬を調合してより良いものにするという意味や、味の整っていない料理に調味料を加えることで、より良い味にしたりするという意味を持つ言葉でした。 そこから転じて、物事を考える際に、元々ある考えの中に何かを付け加えることでより良い結果に導くというような意味を持つようになりました。 この言葉を使う際、元々の考えにどのような考えを加えるべきなのか、その部分が具体的でなくてはいけません。 対する考慮するという言葉は、加味すると同じようにある物事について考える時、他の要素も加えて考えるという意味を持ちます。 加味すると違うのは、付け加えて考えるべき要素が具体的でなくても良いというところです。 それに対して「考慮する」というのは、どのような事態に陥っても大丈夫なように、「様々なことを深く考えておく」という意味を持ちます。 考慮するというのは、熟慮するという言葉と同じような意味を持ちます。 広く深く、多方面にわたって考えを巡らせておくことを考慮すると表現します。 具体的なことではなく、相手の立場であったり、相手の事情であったりを想像して、なるべく様々な事態に対応できるように考えをまとめておくことを考慮すると言うのだと覚えておくようにしましょう。 加味するの意味 加味するとは、 ある物事を考える時に、具体的な別の要素を付け加えることを意味しています。 本来、加味という言葉は、薬に更に別の薬を加えて調合する意味で使われている言葉でした。 また、漢字の字面通り、味を付け加えるという意味も持つ言葉です。 加味するという言葉を使う時、それは何かの物事を考える際に、具体的に何かを付け加えて考えるという意味を持ちます。 加味するという言葉を使う場合には、その言葉の前に具体的に付け加えるべき物事が記述されている必要があります。 例えば、具体的な記述がないまま「加味してください」と言ったところで、何を加えればよいのかわかりません。 加味するというのは、本来は薬をより良く効くように調合したり、味を調えるために調味料を加えたりすることを表現する言葉でした。 「スープの味が薄かったので、塩を入れて加味した」という風に使われる言葉です。 そこから転じて、何かの物事を考える際に、加えて考えて欲しいことなどを「加味する」と表現するようになりました。 基本的には、加味して考えることで、考えや結論がより良いものになることを前提としている言葉です。 味の薄い料理に調味料を加えることにより、出来上がった時の料理の味に深みが増すというようなニュアンスで考えると分かりやすいでしょう。 ある考えに、何かの考えを加味したことで、結論がより良く、深いものになるというようなイメージです。 加味するの「加」という字は、加えたり、増やしたりする意味を持つ漢字です。 足し算という意味も持ちます。 加味するという言葉においては、この足し算という意味合いも強く持つものです。 今まであった考えの中に、新しく付け加えられるもの、新しい考えを足し算することを、加味すると表現します。 また、加味するの「味」という字は、内容、中身、という意味を持つ漢字です。 つまり上記のように「加」という字と一緒に使うことにより、内容に足し算をする、中身を加える、増やすというような意味になります。 加味するというのは、今まであった考えの中に、具体的な何かの考えを付け加えることを意味しているのだと覚えておくようにしましょう。 加味するの「加」という字を使った単語としては、あるものに更に付け加えることを意味する「付加」、既にあるものに後からつけ足すことを意味する「追加」、倍に増えたり増やしたりすることを意味する「倍加」などがあります。 加味するの「味」という字を使った単語としては、優しい心遣いや人間らしいあたたかみを意味する「情味」、余分なものを取り除いた物の本当の中身を意味する「正味」、なんとも言えない味わいを意味する「妙味」などがあります。 考慮するの意味 考慮するとは、 判断や行動を起こす前に色々な要素を深く考えておくことを意味しています。 思いを広く巡らせて、考えに多様性を持たせておく事などを意味していて、考慮することにより、対応できる事柄も増えたりします。 考慮するという言葉を使う時、それは何かの物事を考える際に、広い意味で視野を広げておくような意味を持ちます。 「加味する」とは違い、考慮する物事は具体的ではなくても問題ありません。 これは、考慮するという言葉が、それだけで物事を広く捉えるという意味を持っているからです。 考慮するというのは、柔軟な考えを持つ、広い視野で考えるというような意味で使われることも多くあります。 例えば「次の会議には、社長も同席することを考慮してくれ」と言われた場合、それは社長が同席するという事態について、あらゆる展開を想像して、それに備えるというような意味を持ちます。 そこには、相手の立場や、相手に与える影響、相手が思うであろうことを想像するなど、様々な配慮が発生します。 それら全てを考えることを「考慮する」という言葉で表現します。 非常に日本人的であり、空気を読むというような意味を持つ言葉です。 考慮の類語・類義語としては「思慮」などがありますが、これはある物事について、個人的にあれこれと心の中で思いを巡らせることを意味しています。 それに対して「考慮」というのは、広く人や組織に対して物事を判断する際に使われる言葉です。 個人的な気持ちではなく、公に様々な場合や場面を想定して、想像力を働かせて考えることを考慮すると表現するのだと覚えておくようにしましょう。 考慮するの「考」という字は、考える、思いを巡らせるという意味を持つ漢字です。 他にも、よく調べるという意味や、試すという意味も持っています。 考慮という言葉で使われる際には「よく思いを巡らせる」という意味で使われていると言えます。 考慮するの「慮」という字は、あれこれと思いを巡らせる、周囲の状況などをよく考えるという意味を持っています。 「慮る」と書いて「おもんぱかる」と読み、これだけでも深く考えを巡らせるという意味を持つものです。 考慮するの「考」という字を使った単語としては、工夫して考え出すことを意味する「考案」、もう一度考えなおすことを意味する「再考」、黙って考えることを意味する「黙考」などがあります。 考慮するの「慮」という字を使った単語としては、深く考えを巡らせることを意味する「深慮」、物事について深く考える能力を意味する「知慮」、焦って苛立つことを意味する「焦慮」などがあります。 加味するの例文と使い方 10.物理の運動分野の問題は、物体に加わる空気抵抗を加味しなさいという条件が加えられると計算がとても複雑になり難度が一気に上昇する。 この言葉がよく使われる場面としては、何かの考えに具体的な事柄を付け加えて考えて欲しい時などが挙げられます。 「加味する」という言葉を使う際には、その前に具体的な物事を記述する必要があります。 「加味する」というのは、何かの考えの中に、別の何かを付け加えるという意味を持つ言葉です。 別の何かが具体的でない限り、なにを加えたら良いのかわかりません。 そのため、加味するという言葉の前には、具体的な物事が記されている必要があります。 加味するというのは、元の考えに新しく別の考えを加えることにより、より考えが深くなったり、より良い方向に進んだりするという意味で使われるものです。 加味した結果は、基本的には以前よりも良い状態になるものだと覚えておくようにしましょう。 考慮するの例文と使い方 10.オンライン学習において自分のパソコンや課題を印刷できるプリンターを所有していない人は明らかに学習効率が悪くなるのだから、その人たちを考慮した成績算出を行うべきだ。 この言葉がよく使われる場面としては、判断や行動を起こす前に、いろいろな要素を考え合わせることを表現したい時などが挙げられます。 考慮するというのは、具体的に考えるべき要素を挙げるのではな、広く深く考えておくという意味を持ちます。 考慮するという言葉は、熟慮するという言葉でも言い換えることが出来るものです。 様々な状況に対応できるように考えを深めておくという意味です。 考慮という言葉を使う場合には、相手の事情を考慮したり、相手の立場を考慮したり、具体的な物事ではなく、忖度に近いような形での配慮をしなくてはいけない場合もあります。

次の

「ゾッとする」のに「ゾッとしない」って? どういう意味ですか?

ぎょっと する 意味

ですから置いておくとして、注目するべきは「参」と「集」です。 「参」は何処かへ行く、来るという意味を持っています。 そして「集」は人が集まることを意味しています。 つまり。。。 そのことから考えると「ご参集」というのは、 人々が何かをするために寄り集まってくることを意味しているのです。 シンプルに言えば、出席や参加という言葉に置き換える事ができます。 参集=出席ですから、意味として「出席してくれてありがとう」となります。 ですが、出席者に対して、より敬意を払っているという気持ちを、 言葉で表現したいという場合であれば、「ご参集」を使っておくと良いでしょう。 参集=出席に「ご(御)」という敬語をつけます。 ご参集=ご出席となると、 「ご出席(ご参集)くださいまして、ありがとうございます」となります。 「ご参集いただきありがとうございます」とお礼をしたりします。 また、 招待状を出すときに「イベントにご参集ください」といった使い方をします。 なお、正確な言葉の使い方としては、 ご参集は自由な意志で参加をするときに使われるものです。 ですので、会議のように決められた日時に出席が強制され、 発言しなければいけないようなときには不適当という考えもあります。

次の