メンヘラくん。 ダメ男の生態と対処法(メンヘラくん編)|宮田香織|note

メンヘラ女をセフレにする7つの方法。出会い方~口説き方を大公開

メンヘラくん

『メンヘラちゃん』は、作者である琴葉とこが中学生の時に描いた4コマ漫画。 もともとユニークな作品を作ろうと考えていた琴葉ですが、自分の周りにいる人へ目を向けた時に、「メンヘラ」をテーマにした漫画を描こうと決めたそうです。 本作には、体が健康じゃない女子中学生と、心が健康じゃない女子中学生と、体も心も健康な男子中学生の3人が登場します。 前半は、ブラックジョークを交えつつもほのぼのとしたストーリー展開が特徴です。 しかし後半に向かうにつれ、各キャラクターたちが抱える悩みや問題が明らかになっていきます。 不登校や自殺などをテーマにしているため、決して大笑いできるような話ではありませんが、「鬱」について理解を深めることができるでしょう。 『メンヘラちゃん』の主な登場人物は、体が健康じゃない「病弱ちゃん」と、心が健康じゃない「メンヘラちゃん」と、身も心も健康な「けんこうくん」の3人です。 ある日けんこうくんは、学校に来ていないメンヘラちゃんにプリントを届けるよう頼まれました。 その後、同様に病弱ちゃんとも出会います。 どうやらメンヘラちゃんと病弱ちゃんは幼馴染のようでした。 こうして、けんこうくんが彼女たちに会いに行くかたちで3人の交流がはじまります。 本作は4コマで展開されており、自殺願望やトラウマなど心の闇をテーマにしながらも、友情や恋愛、趣味をうまく絡めてブラックジョークに溢れた日常系の漫画です。 誰しもが抱えるような心の闇に焦点を当てたストーリー展開は、考えさせられるものがあります。 琴葉とこ作『メンヘラちゃん』の魅力1:自身の経験、周囲の声をもとにつくられた優しい作品 『メンヘラちゃん』は、琴葉とこが中学2年生の時に描きはじめた作品です。 心と体を病んでいる女子中学生2人が出てきますが、彼女らの嘔吐や腹痛などの症状や、不登校、自殺など、琴葉自身の実体験が描かれています。 彼女がイラストや漫画などの投稿サイト「pixiv」にあげていたエッセイ漫画『学校に行かなくなった日』には、小学生の頃に男子グループに「ブス」や「泣き虫」などと暴言を吐かれたことや、それを機に学校に行けなくなった経験を書き連ねていました。 「メンヘラ」といわれる鬱やパニック障害、それに個々が抱える病気の症状は、同じ病名がついていても人それぞれ違います。 非常にデリケートな問題で、ともすれば同じ病気の読者を傷つけかねませんし、病気の経験が無い人にはいらぬ誤解を与えてしまうかもしれません。 ただ本作には、かつて中学生だった琴葉とこの切実な思いや願いがこめられています。 辛い経験を経た彼女は本作に「お互いがお互いのことをわかりたいって思う姿勢をもってほしい」という願いを込めて、描き上げました。 『メンヘラちゃん』には、心が健康じゃない「メンヘラちゃん」、体が健康じゃない「病弱ちゃん」、体も心も健康な「けんこうくん」の3人が登場します。 けんこうくんは、学校に来ない病弱ちゃんとメンヘラちゃんにプリントを届けることが日課です。 設定だけ見ると少し重たい内容のように思えますが、BL漫画を描くのが好きな病弱ちゃん、病弱ちゃんとけんこうくんと仲良くなりたいメンヘラちゃん、メンヘラちゃんを可愛いと思っているけんこうくんが、ダークかつほのぼのとした日常を展開しています。 作中では主に、メンヘラちゃんがボケ、病弱ちゃんはツッコミとボケ、けんこうくんはツッコミを担っていることが多いです。 この3人の絶妙な掛け合いがギャグシーンに面白さをプラスしてくれています。 シリアスなシーンでは、けんこうくんがメンヘラちゃんを気遣ったり、メンヘラちゃんが病弱ちゃんのことを想ったりと、お互いに相手のことを考えているシーンが多いです。 そこに彼女たちの深い関係性を垣間見ることができるでしょう。 琴葉とこ作『メンヘラちゃん』の魅力3:デリケートな「鬱」という題材をブラックユーモアで斬る! 『メンヘラちゃん』の前半の魅力は、暗いテーマを重く感じさせないブラックジョークにあります。 たとえば、自分が飲んでいる薬のことを嬉しそうに話す病弱ちゃんや、名称の長い薬をとんでもない略称で呼ぶメンヘラちゃんなど、思わずフフっとなってしまうシーンが多々あるのです。 ある時、リストバンドを身につけているメンヘラちゃんを見て、けんこうくんが疑問を抱きます。 彼はリストカットを疑っていましたが、それは見当違いでした。 「ちょっとオシャレしたんだけど……どう思ってるのかな……」(『メンヘラちゃん』上巻より引用) 何となくオシャレをしたメンヘラちゃんの乙女心についついツッコミを入れたくなりますね。 空きスペースには、手首にシュシュを着けた病弱ちゃんもいるのです。 このように「鬱」を感じさせる話題ではありつつも、ブラックユーモアを交えたほのぼのストーリーが展開されています。 病弱ちゃんやメンヘラちゃんの衣装にも個性が出ており、「鬱」とユーモアが同時に混在している世界観が詰まっています。 鬱自体を経験したことがない人でも「その気持ち分かる」「自分も経験したことがある」と共感できる内容もあちこちに散らばっていて、自分とまったく関係のない内容ではないことに気づくでしょう。 琴葉とこ作『メンヘラちゃん』の魅力4:デリケートな「鬱」という題材にまじめに向き合う 病弱ちゃんやけんこうくんなど、登場してきたキャラクターと交流を深めていくなかで、メンヘラちゃんの心は大きく成長していきます。 心が健康でないながらも、恋や高校受験を経験した彼女は、周りにいる人と、そしてどん底で辛かった頃の自分とどうやって付き合い、どうやって向き合っていけばよいのか、結論を出しました。 抱えている問題が解決するわけではなく、これからどう生きていくか、その方向を見つけたのです。 ここで注目したいのは、作者の琴葉とこが本作を書いたのが中学2年生で、書き終わったのが中学を卒業する時だったということ。 つまり、彼女がリアルタイムで過ごした時間と同様の時間を作中のキャラクターが過ごし、成長していったのです。 本作で主に描かれたのは「鬱」という病気ですが、誰しもが色んな形で心の闇や不安を抱えています。 その事実を知ることができれば、「お互いをわかりあう」という琴葉とこが目指すところに1歩近づけるのではないでしょうか。 琴葉とこ作の漫画『メンヘラちゃん』の穏やかに切ない世界を覗いてみよう! 上巻はブラックユーモアメインの4コマ漫画、下巻はそこにシリアスな要素も散りばめたストーリー漫画メインへと変化する本作。 作者の実体験が活きた、だからといって重くなりすぎない「鬱」漫画です。 本作は鬱をネタにしたあり得ないシチェーションもありますが、どこかリアリティがあります。 それは全体に漂う日常の空気感にあるのではないでしょうか。 学校というものを取り巻いてキャラたちの時間がしっかりと進み、最終的には進学をきっかけにそれぞれが成長。 そこに挟まれる鬱ネタや、鬱や病弱という特性を抱えながらもそれを日常として受け入れる様子からは、それが特別なことではなく「普通」だと言われているように感じるのです。 自分の特徴を受け入れて淡々と日々を送っていく彼らに説得力のある強さを感じ、勇気付けられます。 鬱というものを暗く悲しいものに終わらせず、成長のひとつの過程だと感じさせる本作。 ぜひ上下巻読んで、その短いながらも濃い内容を感じていただければと思います。 そのような経験がある方もない方も何か感じるところのあるであろう内容です。 『メンヘラちゃん』は、琴葉とこの実体験や感じていたことがぎゅっと詰まっている作品です。 母親やファンの応援を受けて完成させたという彼女の力作を、ぜひ読んでみてください。

次の

ダメ男の生態と対処法(メンヘラくん編)|宮田香織|note

メンヘラくん

急にアイコン真っ暗にする系の女子 あなたの周りにこんな風にしたりする女性いませんか? いたら サイコパスの可能性もあり、更にはメンヘラの気質も備わっている非常に厄介な人格の方です。 恐らくこのようにする女性は、 『暗い』『落ち込んでいる』みたいなイメージを周りに知らせて、助けを待っているんだと思います。 要するに 『構ってちゃん』なんです。 本当にあなたがその人を心配なら、「どうしたの?」って聞いてあげてもいいですが、かなりしんどい話をしてくると思います。 基本的に会話を成立させる気がない人とか、する気がない人って、自己中だし病的なんですよね その自己中さ+病的な感じがLINEとかメールに露骨に出るんです。 こんな感じで。 稀なんですけど、にも、こういう問い合わせが100件に1回くらいあったりします。 本当に怖いからやめて!!! めちゃクソ長い長文を送ってくる あと意味不明に長い長文を送ってくる人も、メンヘラとかサイコパスな人に多い傾向です。 やっくんの紹介サービスのLINEやメール問い合わせにも、たまにあります。 僕的には全然色々な相談や悩みを打ち明けてくれるのは構わないんですけど、 そういう人の中に、• 名前も教えられない。 電話番号も最寄り駅も教えられない。 だけど、アドバイスだけください。 面談にも行きません。 (長文で) みたいなすごい人がいます。 そんな人に聞きたいのが、なんでそんな疑ってる人間からのアドバイスが欲しいの?ってものすごく不思議なんです。 で、考えた結果。 「あ!この人サイコパスなんやろうな!」って納得させるしか、答えが見つからないんですよね…。 サイコパスだから、自分さえ良ければそれでいいし、 自分自分自分みたいな考え方の人なんだろうなーって・・・。 かわいそうだと思いますけど、そういう部分を直そうと努力しないと一生大きくお金って稼げないと思いますよ! 平気で嘘をつく 男でも女でも、サイコパスやメンヘラには嘘つきが多いです。 あと風俗業界には、嘘つき率が異常なくらい多いように感じます。 普通の業界の2・3倍はいる嘘だらけの業界です。 大して金持ってないけど、金持ってますアピール嘘• 物事の決裁権ないのに、役職ですアピール嘘• 何年前の話かもわからんような稼いでました系アピール嘘• 思いっきり中古のブランド車を高らかに乗り回して金持ちぶる嘘つき こんな人らの出現率がエグいです。 毎日がエイプリルフールじゃないと、説明がつかないレベルでいます。 僕が昔に書いた『』並みの嘘を余裕でつきます だから、風俗求人ってこんなにも嘘が多いんだーってある意味、改めて納得もできますよね。 だって、そんな自慢・見栄を張り散らかしたがる人たちが、嘘の求人情報を書いてるんだから・・・ 無難な接し方をする時の3つのポイントをご紹介! で、そんな人たちと接する時に気をつけるべきポイントが3つあります! それは、• 怒らせない。 距離をとる。 空気に変換 このポイントを意識してください。 意地でも構わない。 相手にしない。 それだけを徹底する 結局は、そういうサイコパスやメンヘラに付きまとわれてしまう人は、 知らず知らずの間に相手にしてしまっているんですよね。 確かに、「可哀想とか」「私がやってあげなきゃ・・」とか一瞬思ってしまうかも知れませんが、決して相手にしてはいけません。 あなたのその心優しい正義感は、ハッキリ言っておきますが無駄になります。 意地でも構わないで下さい。 それだけを徹底すれば、あとは自然に空気になり、別の構ってもらえる人をサイコパスは探し始めます まとめ いかがでしたでしょうか? 今日はサイコパス・メンヘラ風俗嬢4つの特徴+無難な接し方をご紹介しました! これでサイコパスorメンヘラ前兆がある人を察知し回避することができますよね^^ ぜひ参考にしてください。 やっくんのお仕事紹介サービス プロフィール 初めまして、やっくんです。 僕は女の子に風俗のお仕事を紹介する専門家です。 3年前に紹介会社を立ち上げました。 主に大阪・京都・名古屋・関東エリア(東京・横浜・千葉・埼玉)を中心に風俗のお仕事をご案内しています。 運営スタッフが直接貴女にお会いして、貴女に最適なお仕事やお店を提案させてもらいます。 大阪ではメンズエステのお店もやっています。 面談ご予約までの流れについて 面談のご予約はでもでも受け付けています。 基本的には即レスを心がけていますが、打ち合わせや面談で返信が遅れることもあります。 ですが、どんなに遅れても基本的には1時間以内にご返信させて頂きます。 下記の記事ではライン@の友だち登録から面談予約までの流れについてまとめました。 面談可能エリアや面談場所について 面談のメイン地域は、 関東エリア・関西エリアの2拠点になります。 要するに• 関東圏(東京・神奈川・埼玉など)• 関西圏(大阪・京都・兵庫など) の方であれば、直接お会いして面談させて頂く形が取れます。 その他の地域に関しても、• 北海道エリア(主に札幌)• 東海エリア(主に名古屋)• 九州エリア(主に中洲) に専属の面談担当者がいます。 下記により詳しく詳細を書きましたので、ご覧ください。 やっくん経営メンズエステ求人 まとめ記事•

次の

笑えて泣ける漫画『メンヘラちゃん』が面白い!当時中学生の琴葉とこが凄い

メンヘラくん

メンヘラの意味は、• 心に何かしらの問題を抱えている• 人間関係に不安を抱える• 病んでる• 精神的に不安定 です。 つまり、 傷ついて心を病んだ人=メンヘラという風に考えておけば大丈夫です。 また、最近はSNSが大人気で、ネット上での嫌がらせや炎上、誹謗中傷、などが多いのでこの言葉を使う機会も多いかもしれません。 ただ、、友人との会話で落ち込んである人に「病んでる?笑」のように冗談で、「メンヘラかよ!」という風に使うこともあるので、ネガティブだけというネット用語ではないです。 また、似た意味のネット用語でヤンデレという言葉もあるけど、ちょっと意味が違うんですよ!• ヤンデレは恋愛に対して使われる言葉• メンヘラは恋愛とか関係なく使う言葉 という違いがあります。 気になった方は、以下の記事で詳しくお伝えしているので、ぜひご覧くださいね〜。 さて、メンヘラの意味については大丈夫でしょうか。 それに、メンヘラという言葉が生まれなのも2ちゃんねるの掲示板。 これは2ちゃんねるの中にある、メンタルヘルス板 メンヘル という掲示板内を利用しているユーザーのことを指す言葉だったんですよ。 つまり、メンヘラとは 「2ちゃんねるの「メンタルヘルス板」を利用しているユーザーのことを指す言葉だった。 」 ということです。 これが転用して、心を病んでいたり、人間関係に悩んでいることをメンヘラというようになったみたいですね。 さて、ここまでメンヘラの意味や元ネタについて見てきました。

次の