行政書士 勉強 科目。 【法令科目】行政書士の科目別対策法と効率的な学習方法を紹介

行政書士試験における重要科目!民法で高得点を取るための勉強法

行政書士 勉強 科目

一般知識の足切り 先ほど書きましたが一般知識は足きりがあります。 この足切りを越えなければ法令問題は採点されません。 今までの努力が水の泡になります。 全14問中6問以上を正解できれば基準点越え、ひと安心。 多くの受験生はこの6問を目指して勉強をすることになります。 行政書士試験の一番の勉強どころは法令科目ですが、一般知識対策をしっかりしていないと足切りで涙を見ることになります。 一般知識は全体的に点数が伸びないところですが、 対策を取りやすい科目があります。 それが、 情報通信と文章理解です。 この二つを押さえることによって確実に点数を稼ぎ、足切り点を越えることが望ましいです。 一般知識の全体像 一般知識は全部で14問、内訳は政治・経済・社会が7問前後、情報通信・個人情報保護が4問前後、文章理解が3問前後です。 この中でも政治・経済・社会の範囲が広すぎてすべてを網羅することができません。 普段からニュースや新聞からキーワードを拾っておくことが対策になります。 ただし、時事ネタだけでなく、世界の選挙制度や経済の制度、労働白書、出生率などを使った過去との比較も出題されます。 また、世界の条約や、世界機関(WHO等)などの名称と内容なども問われます。 予備校などでは、過去問や公務員試験の社会学のテキストを読むといいとされています。 ですが、 過去問等をみて勉強していても実際の試験には最新のデータに基づいて出題されることが多いです。 例えば、年間婚姻数でみると。 2018年までは長年減少をしていましたが、2019年には7年ぶりに増加に転じました。 様々な要因があると思いますが、一番は令和婚姻。 平成最後の日(4月30日)や令和初日(5月1日)に届け出を出す人が多かったようです。 この場合、2018年を切り取ると6年連続婚姻率は低下している。 2019年で切る取ると、7年ぶりに増加に転じた。 同じデータを見ても切り取り方で問題が変わってくるのです。 婚姻数は2018年までは減少、2019年は令和婚で増加とあれば覚えやすいですが、そのほかの特殊出生率や派遣の人数、有給休暇の消化量等それぞれ年代ごとに覚えていくことは無理があります。 個人的におすすめな勉強法 個人的におすすめの勉強法は新聞と、中学か高校の公民のテキストです。 公民のテキストには、環境問題や社会権、世界の経済や選挙にこれまでの歴史から今後の課題についてが載っています。 また、新聞のように難しい言葉や初めて聞くような単語は非常に少ないか、あっても説明文が付いていることがほとんどです。 また、写真やグラフも豊富なものが多いので記憶にも残りやすくなっています。 最新データを追いかけるより、既に事実として確定している日本や世界の情勢や環境を大きく理解することができます。 そのままテストに出ることはないかもしれませんが、 聞いたことのある単語、理解が深まったことなど試験対策にかなり有利な手段になります。 確実に得点を取る科目(情報通信・文章理解) 試験対策していくうえで必要な科目が情報通信と文章理解です。 この二つの科目で5~6問を正解を目指してほしい。 そこまで取れれば政治経済社会はおよそ8問のうち1~2問正解すれば足切りを越えることができます。 情報通信について 情報通信の科目は個人情報保護法、行政機関個人情報保護法やプロバイダ責任制限法などの法律科目とITやネット等の用語の意味を問われる問題が中心です。 法律科目は解釈や判例などはほとんど出題されず、 基本的に条文を正しく理解しているかどうか問われる問題が中心です。 基本的に過去問を中心に勉強し、足らないところをテキストで学べば対策は十分です。 民法や行政法のように事細かに覚えていく必要はなく全体像をしっかり理解していくことが必要です。 数年に一度、個人情報保護法と行政機関個人情報保護法の対比問題が出題されます。 この2つに関しては似ているところ違うところをしっかり意識して過去問に取り組んでください。 用語問題 用語の意味は覚えていくしかありません。 辛いところであります。 できるだけ漠然と広く覚えていくことがコツです。 例えば昨年のSNSだと「複数の人とチャットをしたり写真をアップロードして共有するものだ」、とかIOTなら「家の外から家のエアコンを操作したり、カメラを操作できるシステムのこと」位をなんとなく覚えておけば選択肢を絞ることができます。 文章理解 文章理解もできれば2~3問正解しておきたいところです。 文章読むのが苦手!という人もいると思いますが、実はそんなに難しい出題はされていません。 勉強方法は何度も何度も同じ問題を解くのではなく、 解答するためのちょっとしたコツを覚えて何度が解いてみてください。 すると、どんどん選択肢が絞れていくようになります。 著作権の関係で問題文を載せることはできませんが簡単に要点だけ説明します。 要旨問題 いわゆる筆者が何を言いたいのか次の中から選びましょう!という出題形式です。 実際に例文を見てみましょう。 もちろん宇宙に生命体が存在していないなんて浪漫のない話をするつもりではない。 読者の中には「そんなことはない、実際にUFOの目撃例や宇宙人にさらわれた人もいるじゃないか!」という人もいるだろう。 すべての証言が嘘とは言わないが、真偽の怪しいものがあることも知っておいてほしい。 数年に一度戦闘機のパイロットや目撃例が報告されているが、常識では考えられないスピードで飛行していたり、プロペラがないのに空中に停止できていることがある。 今の科学からすればあり得ないことだ。 地球に来るほどの科学力を持った宇宙人なら当たり前だといえばそれまでだが、わざわざ地球に来る意味は何なのだろうか。 もっと接触を図ってきてもいいものなんじゃないだろうか。 宇宙人という名前だ。 目撃例にしばしばあるグレイ型、いわゆる全身が銀色で目が大きくて頭が大きい宇宙人だ。 その他にもいろいろな宇宙人がいるが、そのほとんどが人型である。 人類が未だ到達できていない科学や未知の力を持っているなら「人型」ではない可能性も十分にありえるはずだ。 人々は昔から高度な存在、例えば神話にでてくる「神様」も人型をしている。 ほんとうの「宇宙人」は液体かもしれないし、人間には見えないのかもしれない。 なぜ人型をしていると決めつけている。 目撃例も人型ばかりだ。 宇宙に地球以外の生命体があるかもしれないが、グレイ型の宇宙人がいる可能性は低いだろう。 まぁ、中身は気にしないでください。 上記の文章で筆者が一番言いたいことは「宇宙人というネーミングが嫌い」というところ。 余計な文章がついていない分わかりやすかったんではないでしょうか。 そこに至るまでの考え方を見ていきます。 各段落に説明文を付けるとこんな感じです。 本試験の問題も文章量は多いですが、似たような構成になっています。 ここを読めば、何を言いたいのか、結論に向かってどんな表現をしているのかがわかります。 注目する単語は「具体的に言うと」「例えば」「一般的に言えば」等で始まる段落です。 ここで注意しなければならないのは、 具体例は文章の趣旨にはならないという点です(極々一部例外)。 本当に言いたいことではなく、読む人にわかりやすいように例示してくれているだけです。 実は、読み流しても大丈夫なところです。 ここが一番筆者が伝えたいことです。 これが 解答に直結するところです。 今までの文章をまとめる一文であったり、 「私が」という一言が付いていたり強調する文章になっています。 例題でいうと「つまり、私は宇宙人というネーミングが嫌いだ」のところです。 その他にも文章の順序入れ替え問題や空欄補助問題も解き方があります。 解法を知ったうえで何度か練習して制度を上げると時間のかかる文章理解が早く解けるようになり、他の問題に使える時間が増えます。 私は、最初の頭のはっきりしているうちに文章理解を解くことをお勧めしています。 まとめ 今回は行政書士試験の一般知識の勉強法をまとめました。 政治経済社会は新聞と公民のテキストで、法令の半分くらいの力で勉強。 情報処理は広い範囲をまんべんなく復習。 文章理解は解法を覚えて数回問題を解いてみる。 ここでの目標は足切り点を越えること。 あくまでも、勉強の中心は行政法と民法、憲法を中心に頑張っていきましょう。

次の

行政書士の独学合格を掴む勉強スケジュールは超シンプル

行政書士 勉強 科目

オススメしない勉強法 例えば、103条ある日本国憲法を2週間で暗記するという勉強法です。 2週間でこなそうとすれば、1日約7条暗記する必要があります。 具体的な勉強法としては、条文をひたすら書きなぐる、音読しまくる、繰り返し読む・・・などが考えられますね。 条文は試験において最重要の知識ではありますが、何のために勉強しているのかを考えてみてほしいです。 もちろん、行政書士試験に合格するために勉強していますよね。 しかし、上記の勉強法は 条文を覚えるための勉強になってしまっており、本来の目的から離れてしまっています。 条文を全て覚えるのは不可能ですし、覚えたとしても時間が経つと必ず忘れてしまいます。 その度にまた覚えなおしますか? そもそも、103条全てが試験に出ますか? 憲法と同じように行政手続法、審査法、訴訟法も一言一句暗記しますか? 現実的に厳しいと思います。 私も条文素読をやっていた時期がありましたが、すぐに時間を無駄にしていることに気が付きやめました。 その時間を過去問演習に割いたほうが効率的です。 では、条文知識はどのような方法で身に着けていくのでしょうか。 オススメの勉強法 行政書士試験の勉強は、過去問やテキストがメインです。 過去問を解いて条文をチェック、テキストを読んで条文をチェック・・・ 基本的にはこれだけで構いません。 六法を読むという行為を勉強の主軸に据える必要はないと思います。 わざわざ 出題される可能性が低い条文を暗記する必要はありません。 テキストや過去問に載っている条文だけをチェックすればよいのです。 さらに言うと、掲載されている条文を全て丸暗記する必要もありません。 例えば、私はこんな感じで整理していました。 数字、期間は暗記する 「両議院の会議は、公開とする。 但し、出席議員の 三分の二以上の多数で可決したときは、秘密会を開くことができる。 憲法第57条であれば「秘密会は出席議員の三分の二以上」だけ覚えておけば試験には対応できます。 頻出条文、記述で問われそうな条文はキーワードで暗記する この法律は、 処分、 行政指導及び 届出に関する手続並びに 命令等を定める手続に関し、共通する事項を定めることによって、行政運営における 公正の確保と透明性の向上を図り、もって国民の権利利益の 保護に資することを目的とする。 赤字の部分を確実に覚えておけば比較問題に対応できますし、記述で問われてもある程度は得点できると思います。 それ以外は、問題文を見たときに正誤が判断できる程度で構わないと思います。 以前、憲法の勉強法の記事で統治分野は条文が大事!という内容を書きましたが、統治分野の条文を全て暗記しろということではありません。 メリハリをつけて暗記することが重要です。 では、そのメリハリの付け所はどのようにして判断するのでしょうか。 ここで、日頃から六法を引いているかどうかが運命の分かれ道になってきます。 私は問題の解説を読む際、肢一つ一つの根拠条文を六法で確認し、正の字を付けけていたのでどの条文が頻出か六法を見るだけで判別できていました。 よく間違えていた数字や期間もチェックを入れていたので、自分がどこを覚えればよいかは一目瞭然です。 あとは空き時間や試験前にその条文を読み込むだけです。 このように、メリハリをつけて条文暗記をすると非常に効率的な勉強ができると思います。 少なくとも、1条から最後まで紙に書いて覚える・・・といった勉強法よりかは絶対良いです。

次の

行政書士合格までの勉強時間の目安は?時短の方法はないの?

行政書士 勉強 科目

「行政書士って難易度が高いって聞くけど、実際どれくらいの勉強時間が必要なんだろう?」 「勉強の開始時期や勉強法のコツが知りたい!」 この記事を読んでいるあなたは、きっと上記のような疑問を抱えているのではないでしょうか。 行政書士試験は試験範囲も広いためそれなりに勉強時間を確保しなければならないことは想像できると思います。 何の計画も立てずに勉強を始めてしまい、 行政書士試験までに十分な準備が間に合わなかったとなれば目も当てられません。 そこでここでは行政書士試験合格までに 勉強時間がどれくらい必要なのか、短期間で効率良く合格を目指すためには どういう勉強法が効果的なのかについて分かりやすく解説します! 行政書士試験の目安の勉強時間は? 行政書士試験を合格するためにはどのくらい勉強時間を確保すればいいのでしょうか? 必要な勉強時間の目安を把握することで、勉強の開始時期や計画を立てやすくなります。 ここでは行政書士学習に必要な勉強時間について解説してきます。 こればかりは 法律に対しての知識があるかどうか、職務経験があるかどうかといった部分に大きく左右されますので、どれが正しいとは一概には言えないでしょう。 そういった中でもし目安を設定するとしたら、各予備校や通信講座で設定しているカリキュラムから時間算出してみるのも良いでしょう。 大手通信講座では500~600時間、通学型の大手資格スクールでは200~300時間(講義時間のみで自習時間含まず)でカリキュラムが設定されていることが多いです。 よって全くの初学者が行政書士を目指すのであれば、 500~600時間は勉強時間として必要と考えるのが自然です。 難易度上昇!最近はもっと勉強が必要? 上記にて行政書士の勉強時間として独学なら500~600時間必要であると記載しましたが、平成18年度に試験制度が変更されたことにより難易度が上がりました。 それにともない自ずと必要な勉強時間が増加している傾向にあります。 最近の合格者の声では、 独学であれば800時間は勉強時間が必要だという声が多くなってきています。 このことから勉強時間は余裕を持ったうえで多めに確保しておくことがおすすめです。 他の資格と勉強時間を比較 行政書士を他の人気国家資格と比較してみましょう。 合計勉強時間 1日の勉強時間 勉強期間 500時間 3時間 5か月と半月 600時間 3時間 6か月と半月 800時間 3時間 約9か月 勉強時間はそれぞれの忙しさのほかにも前提知識があるかどうかで大きく変わってくるものとなっています。 しかし、この勉強期間は毎日一定の勉強時間を繰り返した場合のものであり、実際はこれよりも勉強期間が多くなるものと予想されます。 余裕を持って勉強計画を見積もることで多少予定がずれても計画の修正が可能となるので、 勉強期間は多めにとっておくことがおすすめです。 試験勉強の開始時期 勉強の開始時期については、その人がサラリーマンなのか、はたまた大学生なのかによって大きく異なってきますので、一概に言い切ることはなかなかできません。 ここでは、 平均的なサラリーマンが全くの初学者の状態で行政書士を目指す場合についてシミュレーションすることにします。 他に仕事での飲み会などで勉強できない日もあるでしょうから、 1週間の勉強時間としてはおよそ20時間程度になるでしょう。 行政書士試験は毎年11月の第2週に実施されますので、これを逆算すると余裕をもって 1月中旬頃からは行政書士の勉強をスタートさせる必要があるということになります。 さらにGWやお盆といった大型連休においても遊びに行くのではなく、勉強時間に当てることも必要不可欠となります。 行政書士ってどんな試験? 勉強時間を正しく見積もって計画を立てるためには、行政書士の試験の性質を正しく押さえることが重要です。 ここでは試験内容・合格基準・合格ラインの3つについてわかりやすく解説します。 試験内容は大きく2つに分類 行政書士の試験科目は大きく「法令科目」と「一般知識」の2つに分かれています。 法令科目が行政書士の勉強のメインですが、 一般知識も合格基準に大きく関わってくるので決して軽視できない存在となっています。 それぞれの科目の特徴は次のようになっています。 「法令科目」がメイン科目 「法令科目」は憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題されます。 出題形式は5肢択一式、多肢択一式、記述式で構成されています。 主な出題内容としては、 行政書士としての業務を遂行するにあたり必要な法律の範囲を中心に問題が出題されます。 得点に占める割合も8割以上と高くなっており、ここで点数をしっかり稼ぐことで行政書士の合格が見えてきます。 また出題の注意として、試験実施年度の4月1日現在に施行されている法令について出題されるので、受験年の4月までの法改正情報には気を配る必要があります。 「一般知識」の対策も忘れずに 「一般知識」では政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解の3分野から出題されます。 出題形式は5肢択一式のみとなります。 行政書士の仕事とは関連度が低い科目であり、 行政書士として最低限知っておくべき常識問題が出題されることが特徴となっています。 時事問題が多く出題されるため、的を絞った対策が難しいことが特徴となっており普段からニュースなどを見るなどして情報を収集することが大切になる科目となっています。 注意点として配点は低いものの「一般知識」にも足きりが存在します。 4割を切ると自動的に不合格になるので、何も勉強しないまま試験に望んでしまわないように気を付けましょう。 合格基準はいくつか存在 行政書士試験を合格するには下記合格条件を満たす必要があります。 年度 受験者数 合格率 30年度 39,105人 12. 超難関資格のように合格の糸口がつかみにくい試験ではないため、 勉強を毎日継続し正しい勉強法を実践することで合格が見えてくる試験となっています。 短期間で合格するためのおすすめ勉強法 行政書士は試験範囲も広く難易度の高い試験です。 上記にて必要な勉強時間についてまとめましたが、ただやみくもに勉強していては無駄に時間が過ぎていくだけです。 ここでは行政書士試験を短期間で合格するためのコツ・勉強法について解説していきます。 最初に計画を決めて時間を作る 行政書士における勉強法としては、 「いつまでに」「どんな教材を」「どの順番でやるか」を決めておくことが重要です。 あらかじめ定めておくおとで効率的に勉強を進めていくことができます。 逆に計画を決めないままに勉強を進めてしまうと、基礎が固まらないうちに演習に手をだして挫折してしまったり、勉強がスムーズに進まないことから結果無駄な時間を過ごしてしまうといったことになりかねません。 また当然ですが 計画を立てたとしてもその通り実行しなければ意味がありません。 時にはサボりたくなったり、他の誘惑に負けそうになることもあるとは思いますが、覚悟を決めて毎日勉強時間を2~3時間は確保して取り組むようにしましょう。 知識を何回も反復する 行政書士試験の 行政法などの科目では知識を暗記することが試験での高得点につながってきます。 これらの科目で得点を安定させることも短期間での合格に欠かせない要素の一つといえるでしょう。 知識の暗記で一番重要なことは 定着しやすいタイミングで知識を反復させていくことです。 最初にやった知識は翌日、1週間後、1か月後など忘れやすいタイミングに復習を行うことで効率よくインプットすることができます。 民法と行政法を特に重点的に 行政書士の勉強法として、 配点の65%を占める民法と行政法の範囲はしっかりと時間をかけて対策するようにしましょう。 逆に 商法など配点が低い科目については場合によっては捨てる判断を下してもいいので、民法と行政法の勉強を最優先しましょう。 民法の勉強法としては条文をたくさん暗記することになるので、それらを覚えるだけでなく1つ1つ理解することが重要です。 行政法の勉強法としては上記で説明した知識をひたすら反復する学習方法で知識を着実に定着させることが基本となります。 過去問は分析が大事 行政書士試験の試験範囲は膨大であるためすべての範囲を網羅することは特に短期間では難しいです。 よって短期間での合格のためには 過去問の分析を通してやるべきポイントを明確にして、それらの部分を中心に勉強する必要があります。 具体的には問題の種類を分類してよく出る範囲を網羅していくなどの方法が有効となってきます。 また普段の過去問演習からどの試験範囲を解いているか意識しておくことも有効な分析に一役買うでしょう。 通信講座での学習もおすすめ 独学に強いこだわりがあるわけでなければ、通信講座を活用するのもオススメです。 通信講座は通学制の予備校と比べて リーズナブルな価格で質の高い講義やサポートを受けることができます。 通信講座のテキストは行政書士試験の出題ポイントを知り尽くしたエキスパートが作成しているため、独学よりも効率的な対策をとることができます。 また勉強を継続するための工夫やサポートも豊富なので、途中で挫折して多くの時間とお金を無駄にしてしまう可能性も減るでしょう。 会社や家事・育児に時間がとられてしまい、 独学だと十分な勉強時間を確保することが難しい場合は、通信講座を活用することをおすすめします。 以下の記事では行政書士の通信講座を紹介しているので、ぜひ一度チェックしてみてください。 行政書士の勉強時間まとめ• いつまでに・どの教材を・どの順番で進めるか決めておく• 配点の高い民法・行政法を完璧に仕上げる• お金に余裕があれば予備校・通信講座を検討 行政書士合格に必要な勉強時間、効果的な勉強法について解説してきました。 行政書士試験合格までに必要な勉強時間は600時間前後、独学なら800時間ほどと長丁場な戦いとなります。 上記のように計画を立てることや試験範囲を絞ることも重要ではありますが、 最も重要なのは毎日勉強を継続できるかどうかです。 いくら計画を立てたとしても、甘えや誘惑に負けてしまい勉強をサボってしまっては絵に描いた餅で終わってしまいます。 行政書士は社会的評価の高い資格ですので、取得できれば就職や転職にとても有利となります。 苦労してでも取る価値のある資格ですので、自分に負けずにコツコツ勉強を続けていきましょう。 行政書士試験合格に向けて頑張ってください!.

次の