喪中 ハガキ どこまで。 喪中はがきを出す範囲はどこまで?いつまでに出せばいい?送る相手は?

喪中はがきはいつ出す?書き方とマナー

喪中 ハガキ どこまで

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 喪中はがきを出す範囲 一般的には「二親等」までの親族に不幸があったら、喪中はがきを出す 基本的には 、なくなった方が二親等の親族までは喪中はがきを出すと言われます。 親等 続柄(自分との関係) 0親等 配偶者 1親等 両親、配偶者の両親、子 2親等 祖父母、孫、兄弟(姉妹)、兄弟(姉妹)の配偶者、 配偶者の祖父母、配偶者の兄弟(姉妹) 伯父(叔父)や伯母(叔母)、甥・姪、曾祖父母は3親等になります。 基本的に1親等までは人として出す必要があると思いますが、2親等からは必ずとは言えないです。 この点は故人とどのくらい仲が良かったのか、交流があったのかなどが決め手になると思います。 関係の深さや感情が決める基準になる 喪中はがきは、 「身近な人を亡くしたことから気持ちの切り替えができておりません。 とてもでおめでとうと言える心境ではないので、年賀状は遠慮させていただきます。 」という意味を伝えるものです。 なので、 1親等までの親族以外は、自分の気持ちがどうであるかが一番の決め手になると思います。 たとえば自分の兄弟であっても縁が切れたような状態になっていれば、喪中はがきを出す必要は無いように感じます。 逆に3親等の親族でも同居していたりお世話になることが多かったなら、出しても良いのではと思います。 配偶者の祖父母などについては自分にとってあまり悲しみを感じないかもしれませんが、奥さんや旦那さんが悲しんでいる様子なら、その気持ちを尊重してあげるのが大切かと思います。 スポンサーリンク 喪中はがきを出す相手(送り先)の範囲は? 先にも言いましたが、喪中はがきは、 「身内に不幸があり、おめでとうと言える状態ではないので、新年の挨拶を控えさせていただきます」という、年賀状を出さないことを伝える挨拶状です。 なので喪中はがきを出す必要があるのは、 基本的に毎年年賀状を出している相手です。 ( つまり、不幸がなければ年賀状を送っていたであろう相手) これはとてもわかりやすいので、あまり考える必要はないですね。 なので、マナーとしても喪中はがきを送ることは大切です。 なお、日頃から親密にしている知り合いや友人などには、現在年賀状を送れるような状態ではないことを知らせる機会があると思いますので、喪中はがきは送らなくてもいいのでは、と思います。 送り先については一部悩む例もありますので、以下で紹介していきます。 お仕事関係で年賀状を出す場合 お仕事の関係で年賀状をやり取りしている相手がいる場合、 プライベートでも関わりがある場合は喪中はがきを出しても構わないと思います。 つまり個人的なやり取りがあって関係性が深く、葬儀にも参列されるくらいであれば、喪中はがきを送ってOKという考えです。 ただ、取引先から来る会社宛の年賀状というのは個人的なものではないので、通常通り年賀状で出すのがいいでしょう。 スポンサーリンク 喪主だった場合は故人の友人や知人へも出す 喪主の場合は、 故人と年賀状のやり取りがあった友人や知人 、 故人の葬儀へ参列してくださった方なども調べて、出す必要があります。 調べきれていなかった方から年賀状が届いてしまったときは、寒中見舞いで亡くなったことを知らせましょう。 (喪中はがきはあくまで、「今年は身内がなくなってお祝いをする気持ちになれないので、年賀状は出せません」…というお知らせなので) しかし、香典などで気を使わせてしまうかもしれませんし、 面識がない方でも喪中はがきを出すのはよくあることなので、マナー違反にはならないかと思います。 故人とともに自分も仲良くしていた知り合いの方なら、これからもお付き合いしていくと思うので、喪中はがきで正しいんですけどね。 一般的には喪中の人へ年賀状は出さないもの、というのが認識されていますので、年賀状を書き始める前に喪中はがきが届いたほうが親切なのです。 (本来であれば喪中であっても「年賀状を受け取ること」はマナー違反ではないのですが) 年賀状の発売日は毎年変わりますが、だいたい10月下旬~11月上旬に販売され始め、引受けは12月15日あたりです。 なので、 喪中はがきは11月中から、遅くても12月上旬には届けるようにしましょう。 喪中はがきの範囲まとめ 基本は二親等までという基準がありますが、個人的には親族でなくても、身内のようにお世話になった方が亡くなれば、とても悲しい気持ちになると思います。 なので大切な人がなくなり、現在おめでとうを言えるような状態ではないなら、喪中はがきは出しても良いのではないかな…と感じます。

次の

喪中の範囲はどこまで?何親等まで喪中はがきを出す必要があるの?|喪中はがき.com

喪中 ハガキ どこまで

これが夫婦間の場合、同じ意見であればいいですが違うともめる原因になります。 その時は 喪中はがきを出す方に合わせるのが円満といえるでしょう。 理由は 配偶者の悲しみを共有できるのが夫婦だからです。 自分の年賀状が来年だけ届かなくてもそれほど問題はないので年賀欠礼して再来年に改めて年賀状を出すのがいいでしょう。 関連する記事 喪中はがきを送る相手はどこまで? 喪中はがきを出す相手の範囲は、年始の挨拶を欠礼するため年賀状のやり取りをしている人全てになります。 身内には送る? では身内に改めて喪中はがきを出す必要があるのでしょうか。 身内の場合はお互いに喪中であることや、お互いの状況をよく理解していることもあり省略される方もいます。 喪中はがきを省略するとしてもしないとしても親戚同士ですから事前にお互い確認しておいた方が後々トラブルになりにくいと思います。 会社など仕事関係の相手には送る? 会社や取引先など仕事関係の相手には喪中はがきは送るのでしょうか。 これは葬儀に参列してくださった方や香典を頂いた方には出すようにしましょう。 それ以外の方は基本的には出さなくても大丈夫です。 また会社の取引先については上司に相談してから決めるのがいいでしょう。 故人の友人や知人には送る? 自分が喪主をつとめた場合などは故人の交友関係を確認して喪中はがきを送ります。 故人が年賀状のやり取りをしていた相手や葬儀に参列してくださった相手も含めて全てに送るようにするといいでしょう。

次の

年賀状の喪中範囲はどこまで?祖母は?叔父さんは?

喪中 ハガキ どこまで

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 亡くなった人の両親(義理を含む)• 子ども(子供の配偶者は親等に関係しません) そして2等親も喪中になりますが、2等親とはどのような関係になるのでしょうか。 祖父・祖母の場合は? 2等親としての血縁関係には、まず 祖父母が入っています。 つまり祖父母は2等親となるため、祖父母が亡くなった場合には喪中という事になります。 さらに2等親として喪中になる血縁者としては 兄弟姉妹、孫がいます。 叔父・叔母の場合は? では自分から見て、叔父や叔母が亡くなった場合にはどうなるのでしょうか。 親の兄弟姉妹である叔父や叔母のときには喪中になるのかどうか、血縁関係と等親から考えてみます。 叔父や叔母と一緒に同居していたり、近くに住んでいて幼いころからよく面倒を見てもらったという人も多いでしょう。 近くに感じる存在である叔父や叔母を、まるで家族同然のように考えている人も少なくありません。 しかしながら、実は血縁関係による等親からみると、 叔父や叔母は3等親に位置することになります。 3等親といえば、喪中の範囲には入らないという事になり、一般的には喪中という期間を設ける必要がありません。 配偶者(嫁)の家族の場合は? では結婚していた場合、 配偶者の家族はどうなるのでしょうか。 住んでいる場所が遠いと、夫や嫁の家族に会う機会が少なく、あまり近しい人と感じないこともあるでしょう。 配偶者の両親は血のつながりがなくても、子供と同じように1等親という位置付けになります。 近くに住んでいて深いつながりがあれば亡くなって喪に服すのも当然です。 ですが、遠くに住んでいて普段まったく交流する機会がない場合でも、配偶者の両親の場合には1等親として喪中になるのです。 そして、自分の祖父母や兄弟が2等親となるように、配偶者の祖父母や兄弟も2等親として扱われることになります。 中には、結婚してから一度も会ったことがない配偶者の祖父母や兄弟という場合でも、亡くなったので喪中になるというケースもあります。 喪中の範囲は人によって異なる 一般的にどこまでが喪中になるかという点では、だいたい2等親までは喪中になるという認識になっていますが、喪中の範囲は人によって異なると言えるでしょう。 3等親であっても、ごく近しい関係性で普段から交流する機会が多い場合には、故人の死を悼みしのぶ思いを込めて喪に服すという考え方もあります。 またあまりにも関りが薄く全く見ず知らずの人と同然だったり、絶縁関係にあるような2等親であれば、亡くなっても喪に服さず喪中はがきなどを出さないという場合もあります。 喪中ハガキを出す範囲はどこまで? ではここで、喪中の場合に出す 喪中はがきの範囲はどこまでかについてもご覧いただきましょう。 近親者の場合、喪中の期間がおよそ1年であることが多いため、必ず喪中はがきを出すという時期が来ることになります。 喪中はがきとは、いったいどの範囲まで出すのが妥当なのか、そしてどういった点に注意して送付すればよいのかについても考えてみましょう。 年賀状のやり取りをしている人全員 喪中範囲をどこまで出せばよいのかについては、あまり悩む必要がないと言えます。 年賀状をやり取りしている全員に出せばよいでしょう。 あくまでも、年賀状をもらったとしても新年のあいさつができないため、先方が年賀状を出す手間を省くことができるように出すからです。 また、年賀状が届いたとしてもお返事をしたり、お祝いの言葉やお礼の気持ちに応えることができないため、 もらいっぱなしという失礼な形になってしまう事を避けるという意味もあります。 このような事から、相手がせっかく年賀状を出したのに、もらっただけでしらん顔をしてしまうという状況を作り出さないため、年賀状のやり取りをしている人全員にはしっかりと喪中はがきを出すようにしましょう。 喪中を知っている人にも送るべき? 喪中という事を知っている人であれば、気を利かせて年賀状の送付をしないという人も多いものです。 では、喪中だと知っている人に対する喪中はがきは、出す必要がないのでしょうか。 実は喪中はがきは、喪中を知らせるために出すものではありません。 多くの人が、喪中はがきは先方に喪中だという事を知らせるためだけのはがきだと考えているようですが、喪中はがきはそれだけの意味ではないのです。 喪中はがきの本来の意味、それは近親者がなくなり喪に服している期間のため、 新年の喜びの挨拶を控えるということです。 先方がおめでたい挨拶をしてくれるのに、それに応えることができないため、あらかじめ新年を祝う喜びの挨拶をご遠慮するという意味なのです。 そのため、喪中を知っている人に対しても、「喪中です」という知らせではなく、新年の挨拶をご遠慮しますという意味で出します。 喪中ハガキを送付する際の注意点とは? 喪中はがきを送付する際には、 いくつかの注意点があります。 先方に失礼のないよう、そしてしっかりとこちらの意志が伝わるように、以下のような注意点に配慮して送るようにしましょう。 では、 喪中の期間はどれくらいが妥当なのでしょうか。 実は喪中期間は、続柄によって一般的に設定されている期間が異なります。 喪中の期間はどのくらいなの? 1等親であれば、 およそ1年が喪中期間となります。 2等親となると、3か月~1年と喪中の期間も考え方や生前の関係性によって異なってくるでしょう。 続柄によって喪中の期間は違うの? 同居していなくても、よっぽどのことがなければ1等親は1年くらいの喪中となります。 しかし、 2等親は続柄としては喪中の期間を設ける関係性となりますが、それぞれの関わりの深さと考え方によって、喪中の期間が大きく異なるでしょう。 例えば2等親であっても配偶者の方の祖父母で一度も会ったことがなかったり、あまりにも遠くに住んでいてほとんど関わることがなかった孫の配偶者などの場合、喪中の期間を数カ月に短縮したり、喪中という期間を設けなかったりという事もあります。 逆に3等親であったとしても、同居してずっといっしょに暮らしてきた曾祖父母や伯父伯母などが亡くなった場合には、喪中期間を設けるというケースも少なくありません。 喪中の範囲についてまとめ• 1等親や2等親は喪中になる• 配偶者の家族の場合でも1等親や2等親となり喪中になる事がある• 喪中はがきを出す範囲は年賀状をやり取りしている全員• 喪中はがきは喪中を知らせるためのものではない• 喪中はがきを出す際にはいくつかの注意点がある• 喪中期間は続柄によって異なる 喪中の範囲がどこまでという事と喪中になる期間には、続柄が深く関係していて、さらにそれぞれの関係性や考え方も影響しているのですね。 いざというときに自分が喪中になるかどうか、大切な人や近しい人が亡くなったときに慌てることのないように、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。 「終活ねっと」ではその他にも喪中はがきの書き方や考え方などの記事も多数掲載しています。 以下の記事では喪中に控えることについて解説しています。 ぜひそちらもご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の