先 に キス から しま しょう か。 男性に質問 キスだけで止まれますか?

ディープキスの後はその先を期待するものですか?

先 に キス から しま しょう か

<注意>• ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。 ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。 ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。 <attention>• ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy. ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced. ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions. 大学寮に入ってからずっとイライラしている陸斗。 理由は寮監の雅さんがドエロくて仕方ないこと! 年上趣味の人妻AV好きでも 相手は男! 53 なめなめ 舐めて吸ってもっ… 女王様な藍彦と犬系彼氏の空大。 Vol. 57 ねっとり揉んでねちょねちょ… やらしい人妻感が溢れる雌お兄さんな大学寮の管理人・雅さんとHしてしまった陸斗。 それからはHな妄想もすべて雅さんに変換されてしまって!? 神寺千寿 カバーイラスト&特別描き下ろし2P 美波はるこ「胸、…貸して?」失恋… 雅さんのエロさにノックダウンされている陸斗。 63 ひねくれ者がハメら… プライドの高い藍彦はワンコ系の彼氏・空太をHで翻弄するのが大好き。 いつも好きに快楽を貪ってきたけれど従順だった空太が下剋上してきて!? Vol. 51 エロ開発 未知の快感を教えて….

次の

うつ状態について

先 に キス から しま しょう か

マモルくんは彼女がいなくてほぼ毎日しているとのことで、つい私も主人との現在の関係を話すと、 「僕でよかったらいっぱい慰めてあげるよ」などとウソかホントか言われただけで少しドキドキしていました。 そして毎日のようにマモルくんメールをするようになって、メールがないと心配になってしまうようになってしまいました。 そんなある日、「どうしてもに会いたいな」と言われ嬉しくて心臓がドキドキしてしまい、その日は何も手につきませんでした。 でも私は慎重にメールしました。 「マモルくんが思ってるほどキレイじゃないよ」 「外見なんかきにしてないよ!実際にに会っていっぱい話したいんだよ」 何度も誘ってくれるマモルくんの熱意にとうとう会う約束をしてしまいました。 そして、いよいよ約束した日が来てしまいました。 当日は早くからっぽく見られないように慎重に服選びをして、 に入って念入りに体を洗ったりして、気がつくとどこかで期待していた自分がいました。 待ち合わせ場所は平日の人気の少ない公園の駐車場。 事前に教えてくれたマモルくんの車を見つけて外から手を振って助手席に乗り込みました。 「本当に来てくれてウレシイです!」 「初めましてかな!?メールでは仲良くなっちゃってるから初めての気はしないけど…! でも近くで見るとオバサンでしょ?」 「そんな写メよりずっとキレイですよ!ヤバイぐらい…」 「ウフフ!マモルくんったら…そんなこと言っちゃって…何がヤバイのよ」 しばらく車内でゆっくり話して楽しい時間が過ぎて行ったの。 「アレ?まつげにホコリがついてるみたい」 と、マモルくんが手を伸ばして取ろうとしたので、 「あっ、本当?」 「うん、ちょっと目閉じて!」 私はマモルくんの言われた通り目を閉じると、イキナリ抱き締められてされたんです。 「えっ、ちょっと…んっ、嫌!」 短いだったけど、急にされてとっさに軽く抵抗してしまいました。 だけど、私の久しぶりに心臓の鼓動は激しくなって嬉しさが込み上げてきた そう言われて、潤んだ瞳で見詰められると可哀相になってきて、 「もぅ、しょうがないなぁ!手でいいでしょ?」 「うん!嬉しい!」 マモルくんが嬉しそうにズボンとパンツをズラすと、主人よりもおちんちんより長さも太さも勝っていました。 そして、マモルくんのおちんちんはギンギンに勃起してお腹につくほど反り返っていました。 「あっ!すごい!」思わず独り言のようにつぶやいてしまいました。 私は躊躇うこともせず、おちんちんを優しく握るとゆっくり上下にシゴいてあげました。 「…気持ちいい…」 マモルくんはシートに持たれて、私を優しく抱いたまま見詰めていました。 「すごい熱くなって…硬くなってる…」 「の手が気持ちいいから…ちんちん気持ちいいよ!」 シゴいてすぐに亀頭の先からマモルくんのお汁が出てきて、私の手もベチョベチョになってしまいました。 「ねぇ、と…したい!」 私もそれに応えてしてあげると強く抱き締めながら、 「気持ちいいよ…イッちゃいそう…」私はマモルくんの切なそうな表情に、 「待って!まだガマンしてね!」 と言い、ヌルヌルになった亀頭にしながら裏筋をチロチロ舌を這わせたあと一気に口に咥え、頭を動かしてしゃぶってあげました。 「あっ!あっ…すごい!…あぁ、もうチンチンが溶けちゃいそう!」 最近では夫にもこんなに積極的にしたことすらなかったのに、マモルくんには自分からしてあげちゃいました。 さらに私も上着を脱いでブラウスのボタンを外し、マモルくんにブラジャーの上からオッパイを触らせました。 そしてさらに頭を激しく振りながらおちんちんをしゃぶってあげました。 「あぁ、もうダメ!さん…イッちゃう…!」 「いいわよ!お口の中にいっぱい出して!」 そのままマモルくんは、私のオッパイを強く掴んでおちんちんをビクビクッと脈打ちながら勢いよくお口の中に精液を放出しました。 私はマモルくんの放出した大量の精液をお口ですべて受け止め、 ゴクンと飲み込んだあとももう1回おちんちんをしゃぶってキレイにてあげました。 「ごめんね!大丈夫?気持ちよくていっぱい出しちゃったよ!」 「うん、大丈夫!マモルくん、いっぱい出たね!気持ち良かった?」 「うん!すごかった!ありがとう!」 そう言いながらもマモルくんのおちんちんは勃起したまま治まる様子がありませんでした。 「お礼にも気持ちよくしてあげるよ!」 「えっ、無理しなくていいわよ!」 「だって、このままじゃ、終われないでしょ?」 そう言うとマモルくんは私の背中に手を回してあっさりブラジャーのホックを外しました。 締め付けてたブラジャーが外されると、軽く揺れながら私の胸がマモルくんの目の前に飛び出してしまいました。 マモルくんはそれを見つめながら、私の座っている助手席のシートをゆっくり倒しながら 、「の大きい…」と目を丸くしました。 確かに私の胸はEカップで弾力があります。 マモルくんはすぐに手を伸ばしてきて、私の胸をゆっくり揉み始めました。 私もとくに抵抗はせず、マモルくんの好きなように触らせてあげました。 「あぁ、の…すごいよ!」 と言ったあとマモルくんは両手で胸を寄せて硬くなり始めたを交互にてきました。 「あっ!」私は思わず吐息を漏らして感じてしましました。 そして、マモルくんの手がスカートの中に入ってきました。 それもゆっくり太ももの内側を指が這ってきて… 「ねぇ、ここじゃだめよ!」 「、わかってるよ!でも、もうちょっとだけ…」 そう言って、とうとうマモルくんの指があそこに到達しました。 「あっ!」私は思わず声を出してしましました。 「のここすごい濡れてるのわかるよ!」 「いや、もうそれ以上はだめ!ね、マモルくん…」 「うん、わかってる!続きはホテルでしよ!」 「そうね!」 そう言って、マモルくんが止めてくれると思ったら、またを吸い始めました。 そして、ーの横からスルッと指が入ってきたんです。 「えっ、マモルくん…」 その指は的確にクリトリスに到達して弄られてしまい、どうしようもなく感じてしまいました。 をられたり、吸われたりしながら、 指でクリトリスを弄られるのは、私の一番弱い愛撫のされ方なんです。 そしてリズミカルにクリトリスを擦りあげるマモルくんの指がとうとう中に入ってきました。 マモルくんの指でイカされてしまった私がグッタリして呼吸を整えていると、 マモルくんはいじわるそうに中から抜いた指をわざと私に見せました。 「、見て!」その指からは私のが滴り落ちていました。 それを見た私は顔から火が出るほど恥ずかしくなりました。 「もう、恥ずかしいから…」 「うん、でもビチョビチョになっちゃったよ!」 「だってマモルくんの指すごいんだもん…」 「じゃあ、この続きホテルでしようか!?」 「…うん」もう私の体は久しぶりの快感でスイッチが入ってしまっていました。 だってマモルくんのおちんちん入れてもらってないので…欲しい…って思ってました。 それから私たちは服装をなおして、車を走らせてに向かいました。 【その他の不倫体験・人妻体験談はこちら】•

次の

558: デヴィ夫人「たかがキス位で無期限謹慎なんて厳しすぎ、騒ぎすぎ。山口達也氏が気の毒」「キスされたら、うがいして帰ってくれば良かった」★4 (1001)

先 に キス から しま しょう か

いつも興味深く拝読しております。 検索してもなかなか答えが見つからないのでこちらで質問させてください。 既婚者同士でときどき体の関係をもって非日常を楽しんでいます。 彼とのセックスはとても大好きなのですが、彼の性器が小ぶりで、満足してもらえているのか気になります。 私自身は満足しています。 でももしかしたら、小ぶりな彼にとっては私の締め付け具合が物足りないと思われていないかと不安になります。 小ぶりな男性は挿入したとき動いてるときどんな風にかんじているのでしょうか? どんな女性の性器でも気持ちよくなれるのでしょうか? いちおう彼は毎回最後までいってくれるのでたぶん問題ないとは思うのですが、それでも満足してもらえているか気になります。 〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜 ぼくは男ですが、さすがに「サイズ感」については、ほかの男性がどのように感じているのかはわかりません。 よく言われるように、他人の感覚については、それを推測することはできても、相手とまったく同じ感覚を持つことはできないからです。 というか、そもそも、自分が感じている感じが、相手と同じかどうかが、わたしたちにはわかりようがないからです。 ということは、ルナさんは、ひとみしょうは「サイズちがい」についてどう感じているのか、という、超個人的な質問をなさっているということになります。 が、その質問に正直に応えるのは気恥ずかしいので、「男全般はおそらくこう感じているだろう」というような答え方をしたいと思います。 男性側のサイズが小ぶりというのは、中に入ったとき、簡単にいえば(極端にいえば)、ワインの口につまようじを刺す(というか落とす)ようなことでしょう? 対して、いわゆる普通のサイズどうしの性行為というのは、そこまで隙間がないわけでしょう? なぜそう推測するのかといえば、たとえば、風俗でこんな女子とこんなことをした、みたいなことを他人に話す男がいるからです。 聞きもしないのに、この子とこんなことをしたとか、この子の乳輪はこうだった、とか、そういうことを言ってくる男がいるのです。 で、聞いていると、やっぱりというかなんというか、サイズが違うとあまり気持ちよくないらしいんですね。 この場合、彼はけっして「オレのが小さい」とは言わないんですよ。 「あの子のすっごく大きかった」と言います。 「大きい」と言われると女子は傷つくと思いますが、そういうのって「相対的なこと」なので、男女どちらが大きかろうと小さかろうと、ようするに結論としては同じことではないかと思います。 (が、女子はやっぱり大きいと言われると傷つきますよね)。 「サイズが違っても気持ちいい」と言う彼のホンネとは? サイズが違っても彼が気持ちいいと言うというのは、本当に気持ちいいのだろうと思います。 というのも、男は「密着具合」だけで気持ちいいか否かを判断しないからです。 すなわち、サイズ感がフィットして気持ちいいというのは、気持ちよさを測る基準のひとつにすぎないのです。 キスがどうとか、抱き心地がどうとか、自分好みのお尻のラインだとか、そういうあれやこれやを総合的に判断したうえでの「気持ちいい」なのです。 入れたり出したりしているときの「快感係数」のみで気持ちよさを測っているのが男だと思っている女性が多いと思うんですが、じつはそうじゃないんですね。 仮に、20代の男子は「入れたり出したり」の快感係数しか基準にしていないとしましょうか。 でもね、40代にもなると、「それだけ」ではなくなってくるのです。 なぜなら体力が落ちてきて、アレが言うことをきかないからです。 だから、そっちの快感係数以外のさまざまな基準(感覚)を総動員させて、「総合的に」快感指数を測るようになるのです。 彼の言葉をまるっと信用するのが一番いいと思います。 それにしても、快感の基準って、ホント人それぞれですよねえ。 女子の中には「ピタピタにフィットしないと気持ちくない」と言う人もいますね。 「ゴムの感覚がイヤだからわたしは生オンリー」と言う人もいますね。 相手がどのようなサイズのモノを持っていても、モノではあまり感じなくて、指である特定の場所を刺激されると何回でも中イキする女子もいますね。 男だって、サイズ感が違っても気持ちいいと感じる人もいれば、入れないほうが気持ちいい人もいれば、ホントさまざまです。 彼が気持ちいいと言うのなら、その言葉をそのまままるっと信用するのが一番いいと思います。 他人の感覚って、ホント想像するしかないから。 (ひとみしょう/作家・コラムニスト)• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の