ラストサムライ 映画 動画。 映画『ラストサムライ』は面白い?感想と動画配信サイトで無料で見る方法

ラスト サムライ : 作品情報

ラストサムライ 映画 動画

Ent. — All Rights Reserved 主人公オールグレンは、合衆国で酒浸りの日々を送っていました。 かつて白人の士官として、南部の兵やインディアンを多数殺したことがトラウマになっていたからです。 ただ実績はあったため、ある日日本の実業家・大村から、近代化に取り組む日本軍の教官の仕事を頼まれます。 高額な報酬を条件に来日したオールグレンは、技術も熱意もない訓練兵たちに対して嫌気を覚えていきます。 そんなある日、新政府に不満をもつサムライの生き残りの勝元盛次の一派が、鉄道の破壊工作を行ったとの報せと共に、出撃命令が下ります。 勝元たちは時代錯誤の刀と鎧で抵抗しますが、アールグレンの予想通り、日本兵は歯が立ちません。 敗走する中、アールグレンは勝元たちに捕まってしまい……。 Ent. — All Rights Reserved 本作は全面的に、「サムライってこんなところがカッコいいよね」というイメージを具現化したような作品です。 言い換えれば、歴史的に正確なサムライを描いたものではなく、まるでサムライ界のアイドルを示すかのようなものになっています。 大河ドラマに出てくるようなサムライとはまったく別と言っていいでしょう。 あるいは、舞台が過去の日本であるだけで、ヒーロー映画に近いと言ってもいいかもしれません。 超常的なスーパーパワーが使われるわけではないという意味では、マイルドな『』や『』のような感覚でしょうか。 もしくは時代をかなり無視した時代劇でもあるでしょう。 実在した人物を(明治天皇を除いて)登場させない、外国人を脚本にかなり絡ませているという大きな違いもありますが、既存の時代劇らしさも強く感じられます。 なんにせよサムライ映画と言うにはハリウッド流のアレンジが大きくなされており、それを「カッコいい!」と思うか「欧米っぽすぎ!」と思うかで評価が分かれる作風になっています。 Ent. — All Rights Reserved 「カッコいいサムライ」を描こうとした結果なのかどうか、本作は史実と食い違う部分が多数あります。 正確性を重んじる方には目に余るかもしれません。 例えば馬の種類です。 本作ではまだ自動車が普及する時代ではないこともあって馬が多用されていますが、それらが押しなべてサラブレッドになっています。 しかし、日本の在来種の馬は、標高差が激しい日本の地形に合わせて、短足でずんぐりむっくりななものばかりです。 鎖国が終わったころであることを考えると、そういった種も少数なら輸入されていたかもしれません。 そうは言っても、不平士族である勝本の一味がサラブレッドを大量に保持しているはずはありません。 古来の日本らしさを主張するなら、仮にサラブレッドを入手できても在来種を使って欲しかったとさえ思います。 それでも足の長いサラブレッドを採用したあたりは、非常にハリウッドらしいですね。 中盤には忍者が出てきて殺陣を見せたりしますが、忍者は明治期にはいません。 風魔の者が活躍したのは後北条が滅ぶまでですし、伊賀・甲賀の者も江戸時代になってから徳川家のお抱えになったとはいえ、幕府滅亡にともなって職を失っています。 それが明治に集団で戦うのは、まずありえないと言っていいでしょう。 人気で画面映えするから出してみた感が強いです。 身もフタもないことを言ってしまえば、そもそも勝元盛次なんて人物は存在しません。 サムライが朝廷(明治天皇)に挑んだ大きな戦といえば戊辰戦争ですが、その際のトップは徳川慶喜です。 幕府が倒れた後には西郷隆盛が九州で反乱を起こしており(西南戦争)、西郷は勝元のモデルにもされたようですが、相違点も少なくありません。 本作の戦争は戊辰戦争とも西南戦争とも発端が異なりますし、全面的にサムライをカッコよく見せるためのフィクションだと捉える他ないでしょう。 言ってみれば、本作は雰囲気を楽しむ映画です。 史実がどうだというツッコミは無粋でしょう。 「よくわかんないけどカッコイイ」と思えればそれがベストだと思います。 Ent. — All Rights Reserved サムライが天皇に反旗を翻すという話からもわかるように、本作の舞台は当然日本です。 しかし、本作のロケ地は必ずしも日本国内ではなかったりします。 一部の寺社仏閣は実在のものを使用していますが、それ以外の大部分は国外で行われました。 ではどこで撮影が行われたのかというと、市街地はハリウッドのセット、屋外はニュージーランドの北島西海岸にあるタラナキ地方でした。 タラナキ地方は人の手が加わっていない原野や森が多いうえ、タラナキ山(エグモント山)という活火山があったことが決め手でした。 この山は円錐形の独立峰(山脈に連なっていない)であり、角度を調整すると同じ円錐形・独立峰の富士山に見えることがポイントだったそうです。 本作はおそらく1870年代という設定になっていますから、背景も相応の文化レベルになっていなければなりません。 勝元が鉄道建設の妨害をしたりしたように、この頃は都市部で文明開化が急速に進んでいった時期です。 逆に言えば地方で近代化が進んでいたらオカシイですよね。 当然、電柱や舗装された道路が一本映りこんでしまうだけで、設定が破綻してしまいます。 高度なCG技術を使えばそれらを画面上から消すことも可能だとは思いますが、そんなことをするくらいなら、まったく開発されていない外国の土地で撮影をした方が安上がりだったのでしょう。 国内だとたとえどんな田舎であっても、電柱や道路くらいはありますからね。 同様のパターンは他にもあります。 例えば江戸中期のキリシタンの受難を描いた『』も、撮影は台湾で行われています。 こちらだとはっきりと、「日本で撮影するより安かったから」と説明されていて、製作事情を考えると致し方ないところなのでしょう。 もっとも、映像を観るとこれらのロケーション選びには十分納得させられます。 「日本ぽくない!」とはまったく感じさせないのではないでしょうか。 Ent. — All Rights Reserved 捕虜となったアールグレンは、勝元が拠点とする村に連行されます。 美しい未亡人・たかの介護もあって傷を治したアールグレンは、冬の間をその村で過ごします。 はじめは言葉も文化もわからなかったものの、勝元の寛大な措置もあって、次第に彼らに惹かれていきます。 剣を学び、日本語を少しずつ身につけ、さらに夫がアールグレンら日本兵の攻撃で殺されたにもかかわらず、たかが世話をしてくれた事実を知り、どんどん勝元たちを尊重するようになります。 村人たちもよく学ぶアールグレンを受け入れ、謝罪を受けたたかも心を許していきます。 冬も終わったある夜、忍者軍団が村に現れて勝元の暗殺を試みます。 アールグレンは混乱に乗じて村から逃げるようなことはせず、犠牲を出しつつも勝元の身を守ります。 後日勝元は「かつておまえは敵だった(いまは違う)」と言いつつ、天皇の命により上京することを打ち明けます。 オールグレンはなお逃げず、勝元に同行することを決めます。 東京に着いたオールグレンは軍に迎えられ、数か月で一気に組織化された兵隊に驚きます。 さらにその兵を指揮し、勝元の一派を早期に潰す仕事を押しつけられます。 しかし彼はこれを受け入れず、合衆国に帰ろうとします。 その途中で勝元の命が政府に狙われていることを知り、妨害をはねつけて勝元に会いに行きます。 一方勝元は、天皇に対し旧態然とした忠誠を見せるものの、天皇の知見が狭く優柔不断であること、元老院がかつての日本のものを捨て去ることに躍起になっていることから、都内で謹慎処分を受けます。 そこにアールグレンたちが現れ、勝元の脱走を助けます。 村まで逃げられはしたものの、元々政府から目の敵にされていたこと、謹慎処分を破ったことから、戦争は避けられなくなってしまいました。 ちなみに明治初期の上層部にも、似たような構図があります。 明治天皇が践祚した(天皇の地位を継いだ)のはわずか14歳のときでしたし、江戸時代の間は政治的なことはすべて徳川幕府が行っていたので、いきなり指示を仰がれたら困るのは当然です。 また西郷隆盛も、薩摩の幼馴染だった大久保利通の推薦で明治新政府に参加したものの、ずっと日本でサムライとして生きてきたために古い考えを捨てられませんでした。 特に岩倉使節団によって外国を見てきた大久保とは政治(征韓論など)の見方が決定的に違っていたため、最終的に西郷は政府を去って薩摩に帰っています。 その後西南戦争を起こすところも酷似していますね。 勝元もその後政府と戦争を始めます。 戦の経験や兵一人一人の質では勝っていても、兵力差は大きく、トドメにガトリング砲を使われたことで、サムライはオールグレンを残して全滅します。 ただ、勝元の死にざまに日本兵はひざを折り、天皇もまた彼が遺した刀を丁重に掲げるのでした。 Ent. — All Rights Reserved 終盤での描き方からすると、勝元の目的は「死んでも天皇に武士道を伝える」ことにあったと考えられます。 そして天皇は遺された刀に対し、その心意気を買ったかのように見受けられます。 一見すると、勝元の覚悟が報われたように思えなくもありません。 けれど、武士道ってなんなんでしょうか?作中ではあたかも背中で語るかのような雰囲気が出ていますが、具体的なところはかなりふんわりしています。 勝元に政治的理想があったようにも、新政府になにか落ち度があったようにも見えないだけに、いっそうよくわかりません。 そもそも武士道という言葉は、新渡戸稲造によって1900年から広まった経緯があり、それ以前に広まっていたのかは非常に怪しかったりします。 では「言葉がないだけでサムライにはなにか信条があったのでは?」というと、サムライの姿・立場も時代によって変化しているため、一貫性が無く、これと定められるものも特にありません。 たとえば「戦いかた」を指して武士道と言うときもありますが、武具・防具・馬具・教育水準などによって変わるため、これと定められるものはありません。 勝元が天皇に戦術指南をしたかったとか考えにくいですしね。 「倫理観」もほぼ同様です。 江戸時代より前だと、各家ごとに家訓や法のかたちで倫理が定められていたはずですので、裏を返せば全国のサムライに共通の道徳なんてあったはずはありません。 江戸時代に入ると幕府が朱子学を奨励したり、水戸黄門(徳川光圀)や斉昭が水戸学を後押ししたりしてサムライの教化を図っています。 ただこれも、勝元が教えたがったことだとは思えません。 もっともイメージしやすいのは「肩書き」ではあります。 「士農工商」と言われるように、江戸時代においてサムライ=武士は農民や商人などより立場が上でした。 金銭的・実利的に得をしていたかどうかはさておき、武士は自分が武士であることにかなりの誇りを持っていたと思われます。 明治に入って四民平等の政策が採られ、武士の特権だった帯刀も禁止されたのに前後して、不平を持った武士による反乱が起きたり、武士だったのに平民籍に入れられた伊達家の子孫によって士族復籍の儀請願が出されたりしていることからも、「カタチだけでも武士でいたい……」という気持ちが伝わってきます。 勝元のモデルは西郷隆盛とされており、西郷は不平士族の反乱における大将になっていたと考えると、「戦いかた」や「倫理」よりは説得力があるでしょう。 とはいえ、「勝元らは自分の肩書きにしがみつきたかったから戦った!」というのは、とてもロマンに欠けています。 できればそうは思いたくないのが正直なところでしょう。 「じゃあ他にはないの?」というと……。 あとは、「サムライの雰囲気」のような非常に曖昧なものだけになってしまうような気がします。 元の話とほぼ戻ってきちゃいますね。 そんな曖昧なもののために命をかけた、というのは一般的な感覚からするととても奇妙ですが、色々考えこんでいる地点で武士道からは遠ざかってしまっているのかもしれません。 ついでの話をすると、日本はその後太平洋戦争で敗戦するまで日本主義・国粋主義を経由しつつ右傾化を進めて(欧米に対し排他的になり、日本らしさを追求して)いきます。 現実には勝元盛次なんていなかったにも関わらずです。 その際サムライのような刀と鎧がもてはやされたか?というと肯定しにくくはありますが、それでもやはり日本は日本らしさを完全には捨て去れなかったと考えられます。 その辺まで考えるとなおさら「勝元の行動にはなんの意味があったんだろう……」と思わされるのですが、これ以上はもう、考えたら負けなのでしょう……。 Ent. — All Rights Reserved 『ラストサムライ』は外国人監督による作品であり、日本人からするといくらでもツッコめる要素があるほど脇が甘いです。 各人物の思想もほとんど不明瞭で、思わせぶりな時代設定から人間ドラマとしての魅力を期待すると、最終的に消化不良になるとも思います。 一方で、だからこそ表現できたカッコよさもあります。 政治的な会話がないからこそ無常に死にゆくサムライの姿がよく出ているとも解釈できます。 なんにせよ、マニア向けの映画と言うよりバリバリの大衆向け、とりわけ「とりあえずイケメンのサムライが見たい」という人向けの映画でしょう。

次の

映画【ラストサムライ(2003年)】無料動画をフル視聴する方法!日本語吹き替えは?

ラストサムライ 映画 動画

トムクルーズの映画【 ラストサムライ】 吹き替え版・ 字幕版は2003年のハリウッド作品で、明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描いています。 アメリカの映画ですが、日本を舞台に日本人と武士道を偏見なく描こうとした意欲作で、渡辺謙、真田広之、小雪、など多数の日本人俳優が起用されたことも大きな話題となりました。 アメリカ軍人と、生き残りのサムライ達が心を通わせて行く様は必見です。 まだ観ていないという人や、もう一度観たい人も、大勢いることでしょう。 今回はトムクルーズの映画【ラストサムライ】 吹き替え版・ 字幕版の あらすじやキャストと感想、そして動画配信を無料で視聴できる有名なサイト dailymotionや pandoraと YouTubeの利用についてチェックしていきます。 併せて、 公式サイト による 全話 の 動画配信を 無料で 視聴する 方法もあるので、あとで一緒にご紹介しておきます。 トムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)はdailymotionやpandoraとYouTubeで視聴できるか? 無料で映画などの動画を視聴出来る海外サイトの動画配信サービスにはdailymotion、pandora、フリドラ、YouTubeなどがありますね。 アニメジャンルではアニポ、anitube、kissanime、フリアニなどもあります。 動画作品を視聴するために、できれば無料で視聴したいと考えるのは、正直な気持ちでしょう。 ですが、dailymotion、pandora、YouTube、フリドラ、アニポ、anitube、kissanime、フリアニなどの海外経由サイトは、違法にアップロードされた配信動画が多く、ウィルス感染などのリスクが高く、個人的にはオススメ出来ません。 最近ではanitubeやアニポなどがアクセス遮断されたニュースもあったり、その他の閲覧可能な海外経由の動画サイトも、違法アップロードと削除を繰り返す『イタチごっこ』が常態化されていて、最近では動画を公開した直後に削除されたりと、動画削除のスピードが加速しています。 そして運良く、目当ての動画を見ることが出来たとしても、以下のようにラインナップや作品クオリティの不満が、多く報告されています。 画質が悪い• 変な編集がされている• 声が変になっている• 音ズレしている• 動画の枠が小さくなっている• フル動画が無い• 読めない字幕が邪魔• 広告がヒドイ• チャプター分割されていて途中が見れない• 話数が揃っていない• リンクが切れていて繋がらない この中のどれかを、経験したことはありませんか? これでは、せっかくの作品も感動が半減してしまいますね。 そこで、有名な公式サービスでも、コチラの配信動画を 無料で フルに視聴する事が出来るので、ご紹介します。 その公式サービスは U-NEXT。 海外経由サイトの違法アップロード動画などとは違い、高画質なフル動画の配信を楽しめます。 更にU-NEXTなら他の大人気作品も揃っていてます! もちろん 完全に無料ですので、安心してチェックしてみて下さい。 無料で観られる仕組みは、この後でご説明します。 関連記事: トムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)をdailymotionやpandoraとYouTube等で観るのは危険!? dailymotionやpandoraとYouTubeなどでもトムクルーズの映画【ラストサムライ】の配信動画を視聴できる可能性はあります。 ただし最近は、dailymotionやpandoraとYouTubeを使っていると、 ウィルスに感染したり、という事があるようです。 ですので、オススメは出来ません。 dailymotionやpandoraとYouTubeを使った人は以下のようにツイートしています。 デイリーモーション、一時画質も高画質に出来て凄く良かったけど、今は動画の中のCM以外にサイトのCM迄入って一時停止はするし、画質もかなり落ちたので敬遠してる。 — 天野音色 癒し画像 healing catanri デイリーモーション J ホラー充実シてるけど、ポップアップ(音声)がヒドくて、まともに付き合えない。 観てる途中にガンガン被さる。 嫌がらせとしか思えない。 もちろん、絶対にウィルス感染するというワケではありませんが、違法動画のサイトを見て、自分のパソコンやスマホを危険に晒してしまうのは、割に合わないと思います。。。 そんな危険を犯してまで不正アップロード動画を見るよりも多少の登録や設定があっても、公式サービスを利用するほうが、確実で安全で、何かとお得です。 関連記事: U-NEXTとは? U-NEXTは日本最大級の動画配信サイトです。 パソコン、スマホ、タブレットなど、 端末に関係なく、いつでもどこでも利用が可能です。 ・動画見放題6. 5万本以上! ・動画レンタル4. 5万本以上!(ポイント作品) ・漫画、書籍、ラノベ合計33万冊以上! ・雑誌の読み放題70冊以上! と、この様に現在とても人気のある動画配信サービスなのです。 更に、ダウンロード機能を使えば、データ量の心配も無く、Wifi環境も気にせずに、動画を楽しむ事が出来ます。 U-NEXTの通常の利用料金は、月額1,990円(税抜)なのですが、U-NEXTには 登録から31日間の 無料お試しがあります。 この お試し期間を利用して、高画質のフル動画を、無料で視聴することが可能になっています。 つまり、U-NEXTの31日間の無料期間でトムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)の動画を実質 無料で視聴が可能なのです。 もちろん、パソコンだけでなくスマホやタブレットでも視聴が可能ですので、時と場所を選ばずに、高画質のフル動画を楽しめます。 関連記事: U-NEXTの動画ならば、dailymotionやpandoraとYouTubeなどの違法アップロード動画などよりも、 高画質で観たい動画がすぐに見つかって 変な広告は一切ナシ! 当然の事ですが、 公式サイトなので ストレス無しでサクサクと、すぐに観ることが出来ますよ。 トムクルーズの映画【ラストサムライ】のフル動画を無料で観れる仕組みは? 先述した通り、公式サイトU-NEXTではトムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)の動画が配信されています。 U-NEXTは通常、月額1,990円ですが、無料お試しを利用すれば、登録日から 31日間が0円で楽しめて、とてもオススメです。 U-NEXT無料お試しの利用には、登録が必要ですが、たったの 3ステップの作業で登録完了します。 簡単な登録だけで、31日間の無料お試しが利用可能なのです。 トムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)は、見放題作品になっていますので、U-NEXT無料お試しの登録をすれば、すぐに視聴する事が出来ます。 他のポイント作品の場合、例えば1話 540円の作品を観る場合、U-NEXTでは 1ヶ月で600円分のポイントを貰るので、このポイントを利用します。 このように、U-NEXTの無料お試しを利用する事で、1ヶ月に600円分の ポイントが貰えるので、1話540円の作品の動画であれば、無料で視聴出来るというカラクリです。 ここまで読んでも、 「なんで無料期間が31日もあるの?」 「本当にお金はかからないの?」 といった、不安の残る方のためにもう少し説明しますね。 関連記事: U-NEXT無料キャンペーンとは? U-NEXTの無料キャンペーンとは、例えるならば、 スーパーの試食や、 自動車の試乗と同じことなのです。 新発売の調味料などは、どんな味なのか試しに味見しないと、わかりません。 自動車も同様ですね。 運転し易さや、室内空間の感じなど、自分に合うのか?試しに運転しないと、わかりません。 U-NEXTの無料お試しも同じで、サービスの内容や、配信動画など作品の品揃え、使い心地はどうか、などなど、自分に合うかどうか?試してみないと分からないから、無料お試しというキャンペーンがあるのですね。 無料でお試しした方の中で、気に入ったし、もっと配信動画を観たいと感じた方だけに、無料期間の終了後にこのサービスを買って貰うという仕組みになっています。 ですので、心配いりません。 31日間の無料期間内に解約すれば、 お金は一切かからないのですから。 もしも、気に入ったので継続してU-NEXTを利用する場合にも、月額料金内で4つまでアカウントを作れて、同じ時間に別の作品を見られるので、家族みんなで、お得にご利用できます。 そして安心な事に、お子様用の設定ができるほか、アカウント同士のプライバシーも守られます。 それでは、トムクルーズの映画【ラストサムライ】(吹き替え版・字幕版)の配信動画をU-NEXTで無料視聴する3ステップの登録手順をご紹介して置きます。 関連記事: トムクルーズの映画【ラストサムライ】のあらすじ・キャスト あらすじ 明治維新後の日本。 西洋戦術を教えるため来日したネイサン大尉は、侍文化を根絶やしにしようとする政府に雇われた身ながら、侍の勝元たちに宿る武士道に惹かれていく。 そしてネイサンと武士たちの絆が深まってきた頃、政府軍との戦いが始まろうとしていた。 引用:U-NEXT キャスト 出演 (ネイサン・オールグレン大尉) トム・クルーズ (サイモン・グレアム) ティモシー・スポール (勝元盛次) 渡辺謙 (ゼブロン・ガント軍曹) ビリー・コノリー (ベンジャミン・バグリー大佐) トニー・ゴールドウィン (氏尾) 真田広之 (たか) 小雪 (信忠) 小山田シン (飛源) 池松壮亮 (明治天皇) 中村七之助 スタッフ 監督 エドワード・ズウィック 音楽 ハンス・ジマー 脚本 ジョン・ローガン エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコヴィッツ 製作 トム・クルーズ トム・エンゲルマン スコット・クルーフ ポーラ・ワグナー エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコヴィッツ トムクルーズの映画【ラストサムライ】の口コミ トムクルーズの映画【ラストサムライ】の 口コミをまとめてみました。 ラストサムライを観たんだけど、あの、なんだろう、悲しさや切なさで涙が出るのではなくて、心が熱くなって涙が出る感じ、とてもいいね。 感動ってコレのことを言うのかな。 もっと欲しいな、感動。 特に、ラストシーンは必見です。 是非、チェックしておきたい作品ですね。 U-NEXTの無料お試し期間を利用すれば、わざわざレンタルショップまで足を運ばなくても、 簡単登録するだけでトムクルーズの映画【ラストサムライ】を タダ見できて、しまうんですね。 関連記事: また、他にも大人気の作品が揃っていますので、気になる方はお得で便利なU-NEXTで、是非チェックしてみて下さいね。 画像はU-NEXT・映画ランキング まとめ 以上、トムクルーズの映画【ラストサムライ】のフル動画を無料で視聴する方法についてアレコレと、まとめてみました。 dailymotionやpandoraとYouTubeといった 違法アップロードされた動画を観るという方法はウィルスの問題などリスクが高いです。 ワザワザそんな危険を犯さなくても、公式サイトを利用すれば安全に簡単にしかも無料で観れてしまいます! そして更に、動画だけではなく雑誌も70紙以上も読み放題だったり、もらえるポイントを利用すれば漫画まで読めるのです。 ぜひ、簡単登録をすませて、たくさんの動画や雑誌、漫画を楽しんでみましょう!! とてもお得な無料キャンペーンなので、最近ではとても人気ですが、しかし、登録者数が増えすぎると、早期終了の可能性も心配されますので出来るだけ早めに、無料お試しする事をオススメします。 関連記事: 「本ページの情報は2018年11月時点のものです。 最新の配信状況は にてご確認ください。

次の

映画『ラストサムライ』の動画を無料フルで視聴できる?Pandora、Dailymotionも検索!

ラストサムライ 映画 動画

CONTENTS• 映画『ラストサムライ』の作品情報 C 2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. 【公開】 2003年(アメリカ映画) 【原題】 The Last Samurai 【監督】 エドワード・ズヴィック 【キャスト】 トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之、小雪、ティモシー・スポール、ビリー・コネリー、トニー・ゴールドウィン、池松壮亮、中村七之助、菅田俊、福本清三、原田眞人、松崎悠希、羽田昌義 【作品概要】 南北戦争の英雄オールグレン大尉は、近代化に向かう日本の軍隊の教官として海へ渡り、そこで出会った時代に逆らいながら侍の生き方を貫こうとする武将勝元との友情と、日本人女性たかとの恋愛の物語。 脚本と演出は『グローリー』のエドワード・ズウィック監督、共同脚本には『グラディエーター』のジョン・ローガンが勤めています。 映画『ラストサムライ』のあらすじとネタバレ 明治という新しい時代が動き出した日本。 西洋文化を急速に浸透させる明治政府であったが、士族の反乱もまた各地で起きていました。 そうした中、大臣兼実業家の大村は新政府軍に西洋式戦術を教えるため、オールグレン大尉を米国からお雇い外国人として招きます。 南北戦争での英雄と評されるオールグレンですが、彼自身は悲惨で凄惨な戦場の現実を目の当たりにし、戸惑いが生じていました。 ある日、オールグレン率いる新政府軍は霧で覆われた森の中で反乱士族を討伐すべく進軍します。 すると霧の中から突如として鬨の声、馬の駆ける音がこだまし、元々が農民を主体とした政府軍の兵士達は恐れの色を隠せません。 霧の中から甲冑を纏った武者現れ、オールグレンの命令も虚しく、新政府軍の兵士たちは一人、また一人と倒されてしまいます、オールグレン自身も傷を負い、ついには反乱士族に捕らえられてしまいます。 捕らえられたオールグレンは反乱士族が住む山の中の村へと連行され、その村で出会うのが反乱士族を率いる勝元という男です。 捕虜として捕らわれたオールグレンに対し、殺すこともなく、勝元は妹のたかに看護をさせます。 こうして反乱士族の村で徐々に生活を共にする中でオールグレンは彼らの生活、武士としての生きかたに徐々に魅せられていくのです。 また勝元も彼らの生き方に興味を示すオールグレンを拒絶せず、共に生活することで、武士道とは何かを徐々に伝えはじめます。 そうした中、村で行われていた祭の最中に、忍の一団が道化師に扮した勝元らを襲い、オールグレンは村人と共に奮闘、勝元を助け、勝元、オールグレン、村人は絆を一層深くします。 春になり、勝元は天皇より出頭するよう命ぜられ、東京へと向かいます。 しかし東京では新政府による廃刀令がすでに施行されており、大村は勝元に刀を外すよう命ぜられてしまいます。 勝元はこれに応じず天皇に判断を委ねますが、大村らの意見に押されてしまう天皇は勝元に謹慎処分を命じ、勝元は東京で謹慎されてしまいました。 一方のオールグレンも大村からの反乱士族討伐の申し出を断り、帰国を考えはじめます。 勝元の息子信忠は家来らと共に謹慎先から勝元を救出しますが、救出劇の最中に信忠自身が命を落としてしまいます。 勝元は村へ帰ると新政府軍と最後の対決をすることを決意したのです。 帰国を考えたオールグレンもまた勝元の村へ帰り、彼らに合流します。 決戦の朝、出陣の準備をするオールグレン、勝元の妹、たかもそれを手伝い村人共に彼らの出陣を見送ります。 新政府軍は西洋式の部隊と最新鋭の武器、ガトリング砲を準備し、反乱士族軍を待ち受けていました。 この日まで戦術を練り、準備していた反乱士族軍は新政府軍に痛手を与え、追い返す奮闘振りを見せますが、圧倒的に優位な数と西洋式の武器に反乱士族は押され、ついには勝元、オールグレン、とわずかな家来のみになってしまいます。 最後の突撃を決意し、真正面から突撃を敢行するもガトリング砲が火を噴き次々と倒されていく、ついに勝元、オールグレンも倒れ転げ落ちます。 大村は射撃手に発砲を命じますが、射撃手は武士達の最後の雄姿を見て、命令を無視し発砲をやめるのでした。 瀕死の重傷を負った勝元はオールグレンにとどめを刺すよう頼み、息を引き取りました。 するとその最後を見守っていた新政府軍の兵士達はその死に対し、一人、また一人と帽子を取り、跪き、敬意を示すのでした。 その後、一人生き残ったオールグレンは天皇に謁見し、勝元から預かった刀を天皇に手渡します。 武士達の時代は終わりを告げましたが、武士として最後まで生きた勝元らの魂、そして日本が手放してはいけない大切な心を天皇はその刀から感じ取り、西洋諸国との不平等条約を断ることを大村に告げるのでした。 映画『ラストサムライ』の感想と評価 「ミッション:インポッシブル」シリーズなどで知られるトム・クルーズと、日本人キャストに渡辺謙、真田広之、小雪ら日本の実力派俳優陣との共演が話題となった一作。 彼らの共演という点だけでも観るだけの価値はあると思います。 また、ハリウッドが作る日本を舞台とした映画は、如何にも 外国人から見た日本が強調されて、日本人が見るとおかしな部分もたくさんあります。 例えば村の入り口に鳥居がある、明治初期に忍者が登場するなどの一部にそれを感じてしまいます。 しかし、 明治初期の日本文化に対する時代考証、日本の神社仏閣の荘厳さ、四季の移りかわりを細かく表現した場面は、日本文化に関する深い理解を感じることができます。 これまでの日本舞台のチャンバラ映画とは一味違っていると感じることができるでしょう。 製作費も日本円で約15億円掛かったとあって、特に最後の戦闘シーンは迫力満点でこれを観るだけでも楽しめます。 ストーリー自体は 白人とインディアンを明治政府と武士に置き換えたと見えなくもないのですが、ストーリー全体に 武士とは何か、どう生き、どう死ぬのかという武士道というテーマが一貫して表現されています。 外国人目線のサムライだけではなく、日本人目線でも十分見応えがある作品です。 戦闘シーンや暗いシーンが多い中、 小雪扮するたかが密かにオールグレンを想う気持ちを表現するシーンが随所に散りばめられています。 それが大きなストーリーとは別に二人の心情の流れを別のストーリーとして組み込んでいるのも、この作品が成功した点ではないでしょうか。 日本の歴史、文化を楽しみながら見つめなおすことができる本作品、是非ご覧ください! 4. 『ラストサムライ』を見るならHuluがお得! 映画『ラストサムライ』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。 そんな時は動画配信サイト huluが公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。 Huluは映画(邦画・洋画)、海外ドラマ、アニメなど、たくさんご覧いただいても視聴制限はありません。 決められた月額933円 税抜 で、配信中のタイトルは全て何回でも観ることが可能です。 (一部を除く) しかも、なんと!契約して 最初の2週間は無料のお試し期間があります。 この 期間内に解約すれば、1円も払うことなく無料で映像コンテンツが観られるわけです。 Huluのメリットとは 自宅でじっくりHuluを視聴する 動画配信サイトHuluには、ご紹介している『シカゴ』のほかにも、 人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。 Huluならインターネットに接続したテレビやパソコン、またゲーム機などでHuluにある動画をお楽しみいただくことができます。 外出先など好きな場所ですぐにHuluを視聴! Huluと契約をしておくだけで、自宅のテレビで視聴していた映画の続きを、一時停止をした場面から外出先でお手持ちのスマートフォンやタブレットを使って視聴することも可能です。 まとめ 幕末から明治にかけての日本は小説、漫画、映画でこれまでも多く描かれていた作品の中では、間違いなく代表作となると感じた一本です。 今回は『ラストサムライ』の魅力をご紹介しました。 ぜひご覧になってはいかがでしょうか。 Huluは過去の名作から話題の最新作まで、 幅広い映画やドラマの動画が安心して楽しめるサービスです。 さて、『 ラストサムライ』が観られる Huluでは現在2週間無料トライアルを実施中。 無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。 作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね! 『ラストサムライ』を見るのに、パンドラTV Pandora やデイリーモーション Dailymotion で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では 動画リンクが削除されている場合も多いのです。

次の