兵馬 い よう。 兵馬俑|中国 世界遺産|阪急交通社

秦始皇帝陵及び兵馬俑坑

兵馬 い よう

スポンサードリンク シルクロードの起点 秦始皇帝陵及び兵馬俑が存在しているのは、中国の西安の北東およそ30キロメートルあたり(座標としては北緯34度23分5. 7秒、東経109度16分23. 1秒後点です)なのですが、秦始皇帝陵から東に1. 5キロメートルのところに、兵馬俑は位置しています。 この地点はいわゆるシルクロード、つまり中国と地中海世界を結んでいる、長い歴史を持つ交易路の起点ともいえる場所でもあります。 兵馬俑から出土した兵士の人形は、始皇帝陵を守っているかのようにすべて東を向いて並んでいます。 シルクロード自体も世界遺産に登録されているのですが、意外なことに登録は秦始皇帝陵及び兵馬俑の1984年より遅く、2014年にシルクロードの一部が登録されるに留まっています。 兵馬俑にお話を戻しますと、兵士の人形の数はおよそ8000体、広大な敷地内に仕切られた溝に4列ずつ整然と並べられています。 秦始皇帝陵はいつ作られたのか 秦始皇帝陵及び兵馬俑には、「正確にはいつできたのか」「どれくらいの工数がかけられたのか」等いくつかの謎が存在しているのですが、始皇帝に関する記録は一部残っているため、部分的に推測することは可能です。 始皇帝は13歳で当時の中国を治めていた秦という国の王になり、その後秦始皇帝陵の建設が始まったといいます。 中国全土が統一されるのはその後の紀元前221年、秦王が38歳の時といいますから、王に就いてから25年が経過したところで始皇帝陵の建設が始まったのではないかと推測できます。 そしてそれから12年後、50歳の時に秦始皇帝は亡くなっていますので、12年間自身の墓作りをおこなっていた計算になります。 一説によれば、およそ70万人の奴隷を使って秦始皇帝陵を建設したともいわれています。 しかし記録は残存しておらず、正確なところはわかっていません。 最大の謎はここにあります。 秦始皇帝陵及び兵馬俑が紀元前210年に建設を終えていたとすると、発見された1974年までの2200年間、まったく世間の目に触れることも話題にあがることもなかったというところです。

次の

兵馬俑(へいばよう)とは

兵馬 い よう

兵馬俑坑の西約1. 5キロメートルには秦始皇帝陵があります。 約2200年前、中国統一を果たした秦始皇帝は、その絶大な権力を永遠のものにするため、すぐに陵墓の造営に着手。 70万人もの囚人を動員し、36年もの歳月をかけて完成した陵墓は、『史記』によると地下宮殿のようであったと記されています。 長らく伝説と考えられていたこの記述も、近年の調査で痕跡が確認され、秦始皇帝陵の発掘が待たれています。 俑とは古代中国で、殉死者の代わりに埋葬した人形(ひとがた)のこと。 敵国のある東を向き、整然と隊列を組んで並ぶ兵士俑はほぼ等身大。 表情、髪形、衣服のどれひとつとして同じ形のものはなく、始皇帝の軍団が広範な民族の混成部隊であったことを窺わせます。 当初は鮮やかに彩色されていた俑。 酸化による退色を防ぐため発掘は注意深く行われ、全貌はいまだ歴史の彼方に埋もれたままです。

次の

知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

兵馬 い よう

[PR] 兵馬俑は死後の皇帝を守る軍団• 写真:青茶 兵馬俑とは兵士や馬の人形のこと。 西安の兵馬俑は、秦 しん の始皇帝 しこうてい のお墓に埋められていたものです。 陶器でできた実物大の人形が、見つかっているだけで約8,000体あり、死後の始皇帝を守るための軍団として作られたと考えられています。 2,000年間土の中で眠っていた• 写真:青茶 秦の始皇帝は、戦国時代中国を統一して秦王朝を開き、中国史上初の皇帝になった人物です。 紀元前259年から紀元前210年まで生きていました。 兵馬俑は始皇帝の死後、2,000年以上ずっと土の中で眠っていました。 写真:青茶 1974年になって、地元の農民が井戸を掘っている時に発見しました。 土の中に埋まっていなかったら、長い歴史の中で壊されてしまっていたかもしれないですし、現代になって見つかったのは不思議な運命を感じますね。 現在の西安市郊外にある• 写真:青茶 観光スポットとしての正式名称は、秦始皇兵馬俑博物館。 現在で言うと中国内陸部、陝西省 せんせいしょう 西安市の郊外にあります。 西安は昔の名前を長安 ちょうあん と言い、多くの王朝の都があったところです。 兵馬俑以外にも、遺跡や見どころがたくさんあるので、兵馬俑とまとめて観光できますよ。 兵馬俑を観光しよう 主な見どころは三つの坑と秦銅車馬陳列館• 写真:青茶 兵馬俑は発掘した墓穴をそのまま大きな建屋で覆っており、一号坑 いちごうこう 、二号坑、三号坑と名前がついています。 その他、貴重な銅車馬を初めとした一部の出土品は、敷地内にある秦銅車馬陳列館で保管・展示されています。 一番大きな一号坑は必見• 写真:青茶 まず、絶対に見逃してはならないのが一号坑です!発掘された墓穴の中で一番広く、長さ230メートル、幅62メートルにも及びます。 そこに約6,000体の兵馬俑がずらっと並んでおり、そのスケールに圧倒されてしまいそうです。 二号坑では様々な種類の兵士が見られる• 写真:青茶 二号坑は、一号坑よりは規模が小さく、兵馬俑約1,300体があります。 二号坑の特徴は、様々な種類の兵士が展示されていることです。 将軍や弓兵、騎兵など、兵士の種類によって衣装が違っており、一つ一つ顔も違います。 スケールが大きいだけでなく、細部にまでこだわって精密に作られていたことがわかります。 一番小さな三号坑は軍の司令部• 写真:青茶 三号坑は一番小さく、まだ復元されていない部分もあります。 しかし、軍の司令部という重要な位置づけだったようです。 戦車も発見されています。 秦銅車馬陳列館で貴重な出土品を見る• 写真:青茶 重要な出土物を展示してある秦銅車馬陳列館。 特にチェックしておきたいのが、銅車馬です。 銅車馬は銅で作られた馬車のことで、大体実物の二分の一サイズ。 二台の馬車と八頭の馬、二人の馭者が発掘されています。 現在は復元され、作られた当時の姿をみることができます。 非常に美しくリアルで、その技術の高さに驚かされます。 雄大な眺めの始皇帝陵• 写真:青茶 兵馬俑は始皇帝のお墓に埋められていたものなので、兵馬俑を含む広大なエリアが始皇帝のお墓、つまり始皇帝陵 しこうていりょう だったと考えられています。 兵馬俑のチケットを買うと、ガイドさんの案内で始皇帝陵を見学できるので、もし時間があったら始皇帝陵の雄大な眺めを見に行きましょう。 運が良ければ兵馬俑の発見者に会えますよ。

次の