神棚仏壇。 仏壇・仏具・神棚の通販専門店

神棚と仏壇を祀るには~対立しないよう注意が必要~ | 神棚と日本

神棚仏壇

方法1:祈祷する 方法2:御神札(おふだ)を返納する 方法3:お焚き上げをする です。 そして、あなたが自分の意志でいずれかの方法を選択することができます。 今回は、「神棚を処分する3つの方法」について、それぞれの選択基準について解説します 神棚処分に共通のルールなし 神棚を処分するにあたり、「何かルールや基準のようなものがあるのか」を、まず知っておくことが大切です。 キリスト教には「聖書」が、そしてイスラム教には「コーラン」という、神の教えや戒律を説いた書があります。 また仏教にも、お釈迦様の教えをまとめた、いろいろな経典が存在しています。 各種仏事・仏教儀式の進め方や作法も、もともとその経典に書かれている戒律や考え方がベースにあり、時代とともに変化してきているのです。 戒律とは、平たくいえば「全国共通のマニュアル」のようなものです。 たとえば、仏教であれば、「読経の作法」といったルールや、「お墓や仏壇を処分する前に、魂・お性根を抜く」といったような考え方のことになります。 一方、神棚については「神道」という宗教のカテゴリーに入ります。 ただ、 神道には他の宗教のように神の定めた戒律がなく、「個人個人の良心により、地域の神々に感謝し、恵みを受ける宗教」になります。 つまり、「神から教えを請うのではなく、自身の良心でその地域の神々と共存する道を歩む」ことが神道の本質といえます。 したがって、実際に神棚を処分する際には、全国・全神社共通のルールがありません。 実際に私が複数の神社で「神棚の処分の仕方」について聞いて回ったところ、神社ごとにさまざまな答えが返ってきました。 そして、それらの答えをまとめると、 「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分方法に集約されました。 そこで、以下にそれぞれの方法について解説していきます。 方法1:神社で祈祷をしてもらう 「神棚を処分するにあたり、祈祷が必要」と答えてくれた神社は結構ありました。 そうした神社では、「神棚には神様の魂が宿っている」と考えています。 したがって、「祈祷をせずにそのまま捨ててはいけません」と言われました。 もし、あなたが同じように考えるのであれば、神社に神棚を持ち込んでご祈祷してもらうことをおすすめします。 やり方は、神棚をあなた自ら神社へ持参し、神主さんによる祈祷を行ってもらいます。 その後、神社で神棚を廃棄処分してもらうことができます。 神社には、一般的に社務所や祈祷受付所がありますので、そこで「神棚処分のための祈祷」の申し込みをします。 申し込み後、祈祷殿や祈祷所と呼ばれる別棟へ案内され、祈祷に立ち会うことができます。 ただし、神具のうち陶器や金属類、また神棚本体の扉ガラスなど、燃えないものは不可という神社もあるのでご注意ください。 この場合、燃えないものは持参できませんので、あらかじめ取り外しておきます。 また、神棚の祈祷を受け付けている神社と、そうでない神社がありますので、あらかじめ問い合わせて確認してください。 祈祷してもらう方法は、あなたにとっても精神的に一番スッキリするのではないかと思います。 次に祈祷をせずに神棚を処分する方法を解説します。 方法2:御神札(おふだ)を神社へ返納する方法 「神棚を処分するにあたり、祈祷は不要」と答えた神社もあります。 このような考えの神社では、次のように言われます。 「神棚の中にある御神札を、近所にある神社の古い御神札返納所へ返納してから、神棚本体(お社)をお焚き上げしてくだい」 神棚の中には御神札(以下、お札と表記)が入っていますので、それを取り出します。 そして、ほとんどの神社には「お札返納所」が設置されていますので、そこへお札を返納します。 お札返納所とは、初詣などでよく目にする「古いお守りはこちら」という類のところです。 すなわち、「返納所へお札を置いて帰る」というイメージです。 お焚きあげとは焼却のことです。 神社やお寺では、年末年始や節分など年に数回お焚きあげをしていますので、その際に自ら持ち込んでお焚きあげをしてもらいます。 また、あなたの環境が許されるのであれば、自宅の庭などで焼却されても良いでしょう。 「祈祷までは必要ないが、そのまま何もせず捨てるのは忍びない」という人は、この方法がおすすめです。 次に、祈祷もお札返納も何もせず、そのまま廃棄する方法です。 方法3:お焚き上げをする方法 「何もせずそのまま廃棄してもよい」と答えた神社もあります。 ある有名な神社の祈祷受付所では、次のように言われました。 「神棚は、そのままごみとして処分していただいて結構です。 中のお飾り(鏡、お狐さま、神具)もそのまま捨てていただいて問題はありません。 ただし、もし気になるようでしたら、お札を近所の神社に返納されて、社はお焚き上げしてください。 お焚きあげは近所の神社で年に数回やっているところがあります」 また、ある地域の小さな神社の神主さんは、「神棚そのものに神様の魂が宿っている」という考えはされていませんでした。 したがって、「特にご祈祷などは必要ない」ということです。 ただ、「お焚き上げはしてください」とアドバイスいただきました。 その神主さんによると、お焚き上げそのものがご供養になるということです。 結局どの方法がよいか? 以上、「1:祈祷する」「2:御神札を返納する」「3:お焚き上げをする」という3つの神棚処分の方法について解説しました。 自分にとって、どの方法が一番良いかは迷うところです。 ただ、私であれば次のように考えます。 あなたの考えがどれに一番合っているかを判断して、最適な方法を選んでください。 考え方1:「タタリや迷信などが気になる」もしくは「神棚に神様の魂は宿っていると思う」という人は、迷いなく「祈祷する」方法を選択してください。 考え方2:「祈祷するまでもないが、やはり多少は神様のことが気になる」という人は、「お札返納後お焚き上げ」が良いでしょう。 考え方3:「神様は信じない。 気にしていない」という人は、「そのまま廃棄」や「お焚き上げ」でけっこうかと思います。 さらに、「自分で神棚を処分したくない、できない」という人は、「供養じまい専門業者」へ依頼してください。 供養じまい専門業者であれば、面倒な「お札返納」や「お焚き上げ」などを代行してもらえます。 そのため、最終的には自らの良心で判断し選択することが大切です。 関連記事 関連記事 関連記事.

次の

仏壇と神棚の配置!置いてはいけない位置があるってホント?

神棚仏壇

ご自宅に仏間、もしくは床の間があれば、そこに設置するのが良いでしょう。 どちらもない場合は、家族が集まるリビングに置くという方法もあります。 こうすると、お参りやお供え物の取り換え、掃除などもしやすくなります。 ひと昔前までは、仏間や座敷に設置されることが多い仏壇ですが、最近の住宅事情から、小型でモダンなデザインの需要が高まってきています。 注意点 仏壇は基本的に木製のため、直射日光が当たると反りなどの原因になります。 またエアコンの風が直撃する場所や、湿気が多い部屋も傷みやすくなるので避けてください。 そして、不浄とされるトイレや浴室、洗面所、仏壇が汚れる可能性がある台所付近にも設置しない方が良でしょう。 神棚を置く位置 仏壇の向きについて 仏様は十方(じっぽう)全てにおられる、という仏教の教えにより、仏壇の配置はどの方角にしても良いとされています。 ただし、宗派によっては方角が定められていたり、いくつかの説がありますが、中でも基本とされる向きをご紹介します。 南面北座(なんめんほくざ)説 北を背にして南向きに設置すること良いとされる説です。 古来より中国において、高貴な人物は南を向いて座るという習慣が元になっています。 この配置ならば、風通しもよくなり日光も当たらないので、仏壇には最適な向きといえるでしょう。 東面西座(とうめんさいざ)説 東向きに配置するという説で、インドから伝わりました。 東は日の出の方角であり、立身出世の象徴とされ、尊ばれています。 この考えに倣い、仏壇も東向きが良いと説く宗派もあるようです。 また、仏様が住む極楽浄土は、西方に位置するという教えがあります。 これにより東向きに設置した仏壇を通して、西におられる仏様を拝むという、西方浄土の意味もあるのです。 神棚の配置 向かい合わせに置くのはNG 仏壇と神棚が同じ部屋にある場合は、向かい合わせにならないようにしましょう。 向かい合って設置すると対立祀りになってしまい、一方を拝む時に、もう一方にお尻を向けるという失礼な行為に当たるので注意してください。 上下に置くのはNG 神棚の真下に仏壇を置いてしまうと、家の中に争いが生じて、和が乱されると言われており、家相上よろしくないため避けた方が無難です。 仏壇が真下にならないように、離した配置になるようにお祀りしてください。 両方を隣に置くのは? 神棚の真横に並べて仏壇をお祀りすることは問題ありません。 ただし、神棚の方が上位となるので、神棚を主体に仏壇の配置を決めると良いでしょう。 また、拝礼の順番も神棚の方が先となります。 仏壇と神棚についてのまとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

神棚と仏壇の位置関係で守るべき3つの約束!場所や向きも徹底解説!|喪主24時

神棚仏壇

神棚をはじめて設置する場合、場所が決まったら、壁に棚を取り付けなければなりません。 この棚のことを 棚板、または つり棚とよびます。 天井からつるしたり、鴨居を利用したりして棚を取り付けたら、お宮を置きます。 壁に支柱をネジで固定して添木を取り付けることもありますので、賃貸住宅の場合には、壁に穴を開けることを留意しておきましょう。 2階建ての家で1階に神棚を飾るときには、 神棚の真上の天井に「雲」という文字を書いた紙を貼ることもあります。 この上には何もないという意味です。 「天」や「空」の文字を使う場合もあります。 文字の向きは特に決まりはないようです。 また雲をかたどった模様が入った「雲板」を設置することもあります。 神棚へのお供えを下げるタイミングに特に決まりはありません。 毎日下げて新しいお供えに交換するのが理想でしょう。 ただ、実際に毎日交換するのは大変です。 そのため、 数日おきでもさほど問題ありません。 1週間に2回か3回程度の頻度でお供えものを下げて交換しているケースが多いです。 忙しい人の場合には、なかなか頻繁に交換できませんが、 最低でも毎月1日と15日は交換するようにしましょう。 また、水だけは忙しくても毎日交換します。 水を新しいものに交換するだけなら、ほとんど手間も時間もかかりません。 生ものをお供えした場合には、次の日には下げます。 鮮度が落ちてきたと思ったら、新しいお供えものと交換するタイミングでなくても下げておきましょう。 神棚へのお参りは二礼・二拍手・一礼という作法が一般的です。 神棚に向かって2回、深くお辞儀をしてから手のひらを軽く音が出るくらいの強さで2回合わせます。 1回目はすぐに離しますが、2回目合わせたらそのまま合わせた状態で祈りましょう。 そして最後にお辞儀をするという具合です。 基本的に神社に行ってお参りをするときも、神棚にお参りをするときと同じやり方で行います。 崇拝している神社によっては、二礼・二拍手・二礼でのお参りを作法とする神社もあります。 最後のお辞儀を2回行うだけで他の部分は大きく変わりません。 また、二礼・二拍手・一礼でも、最後にお辞儀をした後に一歩後ろに下がって軽くもう一度お辞儀をするところもあります。 お参りをするタイミングは特に決まっていませんが、お供えものを上げるときや、お水を取り替えるときにする人が多いです。 1日2回、朝と夕方にお参りするのもいいでしょう。 なお、神道は日本各地で古来から伝わる信仰です。 地域によってお祀りの作法が異なることもあります。

次の