鬼滅の刃可愛すぎる画像。 ねずこの可愛すぎる名言7選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

【画像】ぱるる(26歳)が女子高生制服姿を披露 「可愛すぎる!」と話題にwwwwwwww

鬼滅の刃可愛すぎる画像

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の

ねずこの可愛すぎる名言7選を徹底紹介!│鬼滅の刃をねずこ推しが考察するブログ

鬼滅の刃可愛すぎる画像

善逸さんどうしよう 私泳げないの 引用元:鬼滅の刃7巻第55話 単行本7巻第55話より。 下弦の壱・魘夢 えんむ の血気術によって眠りについた善逸の夢に出てきたねずこ。 現実のねずこは泳げるのか泳げないのかは分かりませんが、この善逸の夢に出てくるねずこは本当可愛いです。 敵の術で眠りについてるので、善逸にとって都合のいいねずこ像になってしまってるのかもしれませんが、こんな感じで甘えられたら男はたまりませんね。 この後の善逸はねずこをおんぶして川を飛んだとか飛ばないとか。 お兄ちゃんどこ行くの? 引用元:鬼滅の刃7巻 第57話 単行本7巻第57話より。 同じく魘夢の血気術によって眠りについた炭治郎の夢に出てきたねずこ。 ねずこは本当人気者です。 この時の炭治郎は家族と暮らしてる頃の夢を見ており、ねずこの人間だった頃の生活がちょっと垣間見れます。 山菜採りの報告を笑顔でするねずこは可愛すぎですね。 謝らないでお兄ちゃん どうしていつも謝るの? 鬼滅の刃11巻 第92話 単行本11巻第92話より。 夢の中で炭治郎に訴えるねずこの名言。 これが実際に過去にあった出来事なのか、この時だけの夢なのかは分かりませんが、なんでもかんでも謝る炭治郎にねずこが疑問を投げかけるシーンです。 このシーンでは「精一杯頑張っても駄目だったんだから仕方ないじゃない」「幸せかどうかは自分で決める」と炭治郎に言って迫るなかなか見れないねずこが見れます。 最後わかってくれない炭治郎に泣き出すねずこも見れますが、こんな可愛い妹に泣かれたら兄としてはタジタジするしかないですね。 それにしてもこの台詞の前にどういうやり取りがあったのか気になります。 よ よかった だい…だいじょうぶ よかったねぇ ねえ 引用元:鬼滅の刃15巻 第127話 単行本15巻第127話より。 鬼のままでも太陽を克服したねずこ。 片言ながらですが、喜びを言葉で伝えるねずこにちょっと感動するシーンです。 炭治郎はもちろん号泣。 無惨にとっても太陽を克服した鬼は長年待ち続けていた存在なので、この瞬間興奮のあまり思わず傍にいた人間を殺してしまいます。 おかえりいのすけ 引用元:鬼滅の刃15巻 第128話 単行本15巻第128話より。 ついに喋れるようになったねずこに大興奮する善逸。 本人いわく死にそうなほどの衝撃でしたが、まさかのいのすけと呼ばれる展開に怒りに震えます。 善逸より一足先にねずこに会っていたいのすけは自分の名前をひたすら覚えさせていたそうです。 他にもあるねずこの記事 他にもねずこの記事についてまとめてます。 ねずこ好きの方はこちらもどうぞ!.

次の

【鬼滅の刃】善子が可愛すぎる吉原一の花魁を目指す!画像コスプレまとめ

鬼滅の刃可愛すぎる画像

キャリコネニュース 週刊少年ジャンプの人気漫画『鬼滅の刃』(作:吾峠呼世晴)が5月18日に惜しまれながら最終回を迎えた。 ところが、作者の吾峠氏が女性であることがネット記事で明かされると、波紋を広げることになった。 同作は、大正時代の日本を舞台に、身体破壊や人喰いなど残虐を極める「鬼」との戦いなど、少年誌ながらハードな描写もある。 作者が男性だと思い込んでいた読者も多かったらしく、一部からは「幻滅」「ガッカリした」といった声も挙がっていた。 しかし、少年誌の漫画家が女性であるということは、決してめずらしいことではない。 (文:ふじいりょう) 男性だと思っていた漫画家が実は女性だった、というケースで真っ先に思い当たるのは『金田一少年の事件簿』のさとうふみや氏。 週刊少年サンデーで連載が決まったのにあたり、ペンネームを男性名にしたというのは有名な話だ。 中略 吾峠氏のケースに一番近いのは、月刊少年ガンガンで連載されていた『鋼の錬金術師』の荒川弘先生だろうか。 本人自画像がホルスタインで「雌牛だから男性と思われていたことがカルチャーショックだった」と後に語っている。 読者側でも、一部ファンに批判的に捉えている反応はみられた。 ただ、当時はSNSがなく、作者が女性であることが驚きであっても、それを理由に叩くことが社会問題化されるほどではなかった。 アニメを観て、あとから漫画を追ったという人も多く、また「とりあえず『ジャンプ』に載っているから見た」という読者も相当数いる。 それだけライトなファンを抱えていて、一方でアンチも生まれる。 このアンチの存在がたまたま「作者が女性だと明かされた」というトリガーで ツイッター上に表出した捉えることもできそうだ。 だが、作品の好き嫌いを表明することは自由だし、シリーズ累計発行部数が6000万部を突破するというメガヒット作品には さまざまな読者がいて当然だ。

次の