お忙しい ところ 申し訳 ありません が。 「お忙しいところ恐縮です」は間違ってないのか?ビジネスメールでの敬語の使い方

「お忙しい中」の意味と正しい使い方・メール挨拶の例文

お忙しい ところ 申し訳 ありません が

「お忙しいところすみません」はビジネスにおいてクッション言葉としても用いると紹介しました。 たとえば相手の方がたいして忙しくしていないように見えても、「お忙しいところすみません」とつけるのは言葉のマナーとも言えます。 しかし、中にはまったく忙しくないのに「お忙しいところすみません」って嫌味?と受け取られてしまうこともあります。 まったく忙しそうにしていない相手に対して「お忙しいところすみません」を使うのは、ちょっと嫌な思いをさせてしまうリスクがあるため、気をつけた方がよいでしょう。 忙しそうでない相手に対しては? 用事を頼みたい相手がまったく忙しそうではなかった場合は、「すみません、いま大丈夫でしょうか?」というように「お忙しいところすみません」とは使わず、ストレートに「いま頼んでも大丈夫ですか?」と聞くようにした方がよいでしょう。 忙しそうに見えない相手も実際は忙しかったり、また何か予定が入っている可能性もあります。 何かして欲しい、という依頼のときは相手のことを配慮して聞くようにしましょう。 では実際に、「お忙しいところすみません」を使う例文、他の言葉に言い換えて使う例文を挙げて紹介します。 使う場面によって使い分けてみましょう。 お忙しいところすみませんが ・お忙しい中、失礼いたします ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ、お手間おかけしますが ・お忙しいところ、恐縮です 【より丁寧に】 ・ご多忙の折、お手数をおかけいたします ・ご多忙中のところと存じますが ・ご多忙中、申し訳ございません ・ご多忙のところ、誠に恐縮ですが ・ご多忙中、お手数おかけしますが 普通の場合は「お忙しいところすみません」ても構いませんが、他の言葉で言い換えることも可能です。 また、より丁寧な言葉を使いたいなら「ご多忙中、申し訳ございません」などの「ご多忙中」を使うと丁寧さが増します。 用事を依頼した後 何か用事をお願いした後で、お礼として「お忙しいところすみません」を使う場合の例文です。 ・お忙しい中、誠にありがとうございました。 ・お忙しい中、お手間をとらせてしまい申し訳ございませんでした。 ・ご多忙中、失礼いたしました。 相手の時間をかけてもらったり、相手に手間をかけさせたりしたのでそのことをお詫びした前後でお礼の言葉も添えましょう。 こういった気遣いの言葉があるかないかでも、相手に与えるあなたの印象が変わってきます。 「忙しいなか、対応してくれてありがとうございます」という気持ちを伝えましょう。 「お忙しいところすみません」への返事の仕方 ここでは場面別に「お忙しいところすみません」の使い方を紹介します。 電話 電話をかけるときに、「お忙しいところすみません」を使う場合です。 ・お忙しいところすみません、私〇〇と申しますが~ ・お忙しいところ申し訳ありません ・お忙しいところ恐縮です ・お忙しいところ失礼します 電話をかけて相手が出てくれた後で、「お忙しいところすみません」をクッション言葉に使い、自分の名前を名乗ってから用件を伝えます。 電話に出てもらう、というだけでも相手の仕事や何かを中断させているので、「お忙しいところすみません」と伝えるのはマナーです。 ビジネス ビジネスにおいては相手に依頼して何かをしてもらう、といったことが多いためとくに「お忙しいところすみません」を使うことが多いです。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが ・お忙しいところ恐縮でございますが 【ビジネスメールでは】 ・ご多忙中のことと存じますが ・ご多忙の折~ ・ご多忙のみぎり~ といったように、ビジネスメールにおいてはより堅く「お忙しいところすみません」ではなく、「ご多忙」を用いて使いましょう。 敬語 「お忙しいところすみません」でも敬語なので上司など目上の人に対して使っても問題ないのですが、「お忙しいところ申し訳ありません」とすることもできます。 より丁寧な敬語にしたいという場合は「ありません」ではなく「ございません」を使うため、「お忙しいところ、申し訳ございません」となります。 手紙 手紙を書くときに、なにか先方に対してお願いごとがあるとき、前書きや詫び言として「お忙しいところすみません」と書くことになります。 手紙なので、もう少し書き方に気をつけて「お忙しいところ申し訳ありません」や「お忙しいなか、恐れ入りますが」といったよう書いても構いません。 なにかを依頼する前に、使いましょう。 最近は「ご多忙」と書かず、「ご多用」と書く人も増えてきました。 これは「ご多忙」の「忙」という字が「亡くなる」という漢字を含んでいることを嫌っているもので、悪い意味を持つ言葉、縁起の悪い漢字を使いたくないという人が「ご多用」を使うようになったのだと言われています。 また、「ご多用」を「ご多忙」やお忙しいなかすみません、という言葉と言い換えても問題はありません。 冠婚葬祭は「ご多用」で しかし、「ご多忙」を使ってはいけない場合があります、それが「冠婚葬祭」です。 「ご多忙」の「亡」という縁起の悪い言葉、忌み言葉を含んでいるためとくに冠婚葬祭、結婚式やお葬式などで使うのは避けた方がよい言葉となります。 「お忙しいなか、ありがとうございます」と挨拶したり「ご多用の中、ご足労くださり誠にありがとうございます」といった使い方をします。 クッション言葉をうまく使おう.

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方・言い換え

お忙しい ところ 申し訳 ありません が

「お忙しいところ」の使い方は3種類 ビジネスシーンで、「お忙しいところ」という表現は、定番の言い回しのひとつです。 使用されるシチュエーションは、主に3種類に分かれます。 利用シーン1:相手に対して何か依頼をするとき 頼みたい仕事や対応してもらいたい事項がある場合、相手の負担を考慮して「お忙しいところ」という言葉を文章の冒頭につけるのが一般的です。 」といったような使い方をします。 利用シーン2:相手の行為に対して、ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるとき かなり時間を要するような仕事を依頼した後、やってもらったことに対して相手へ直接お礼を述べるときに「お忙しいところ」を使う場合もあります。 具体的には、「お忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございました。 」というような使い方が一般的です。 利用シーン3:ビジネスメールや文書の締め文として 諸々のお願いごとをした場合、最後に締めくくりの一文として使う場合もあります。 例としては、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 」といったような文章となります。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」を使った表現の中には、定番のフレーズ(定型句)としてビジネスパーソンの間で親しまれている言葉も少なくありません。 以下、具体的にマスターしておきたいお決まりのフレーズを紹介していきましょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが、」 「お忙しいところお手数をおかけしますが、」 解説:相手が仕事で忙しくしていることは理解しているものの、自分も相手に頼みごとをしなければならないときに、クッション言葉として使用します。 「お忙しいところすみません。 」 「お忙しいところ失礼します。 」 「お忙しいところ恐縮です。 」 解説:相手に話しかけるときや、ビジネスメールの冒頭部分で使用します。 相手の貴重な時間をいただくことに対して、「申し訳ありません」という気持ちを表現することができるフレーズです。 「お忙しいところありがとうございました。 」 解説:相手の時間を自分がいただいたことに対して、お礼を述べるときに使用します。 「お忙しいところ」の類似表現 ビジネスメールなどを送る相手によっては、より丁寧な言い回しに変えたいときや、微妙なニュアンスの違いを表現したいこともあります。 そのようなときには、「お忙しいところ」に若干変化をつけた類似表現を使うのがおすすめです。 具体的には、以下のポイントをおさえて、お気に入りのバリエーションを増やしていきましょう。 ポイント1:「ご多忙」または「ご多用」を使う 「お忙しいところ」という表現に比べると、やや硬く、かしこまった雰囲気を出したいときに重宝する表現です。 「ご多忙のところ」または「ご多用のところ」といった使い方をします。 意味は、「お忙しいところ」と同じです。 さらに、丁寧な表現にしたい場合には、「ご多忙と存じますが、」「ご多用中恐縮でございますが、」といった言い回しも可能です。 ポイント2:相手の大変さを思い、文中に「誠に」や「大変」をつける 例えば、「お忙しいところ誠に恐縮ですが」「大変お忙しいところ、お手数をおかけしますが」と、一言付け加えた表現にすることで、より改まった印象を与えることができます。 「お忙しいところ」が重宝されるワケ 一般的に、ビジネスに携わる人は、基本的に決められた時間やスケジュールの中で、忙しく働いていると理解されています。 そのような状況で、忙しい相手に対して、予定外の時間や手間を必要とする仕事や調べものなどを依頼する場合には、多少なりとも恐縮してしまうものです。 したがって、頼みごとをする相手に対する申し訳なさや謙虚さを表現した「お忙しいところ」が、ビジネスを円滑に進める上で重宝されています。 」という表現を比べた場合、その差は歴然です。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、仕事もやりやすくなることがお分かりいただけるかと思います。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 大変便利な表現として使われることが多い「お忙しいところ」という表現ですが、使用頻度や使う相手、その後に続く文章内容については、十分に注意を払う必要があります。 注意点1:使用頻度 1通の文書やビジネスメールの中で、使いすぎることによって、「お決まりだから」とスルーされてしまう場合もあります。 きちんと心がこもった内容にするために、冒頭や文章の最後など「ここぞ」というところで使用することをおすすめします。 注意点2:使う相手の受け止め方 「忙しい」という漢字は、「心(こころ)」が「亡い(ない)」と書きます。 つまり、忙しすぎて、気持ちがこもった仕事ができない状態を意味すると考え、「お忙しいところ」という表現を嫌う人もいます。 そのような場合には、「貴重な時間をいただき恐縮です。 」といった表現に改めることをおすすめします。 注意点3:後に続く文章内容 時間的に余裕がない相手の状況を理解しているからこそ、「お忙しいところ」という表現を使っていることを思い出しましょう。 したがって、その後に時間を要するような詳細なお願いごとや要求を記述するのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 まとめ 仕事上コミュニケーションをとる上で、「お忙しいところ」と一言添えるだけで、ずいぶん柔らかい印象になりますね。 適度な頻度と相手に合わせた使い方をマスターすれば、「お忙しいところ」という表現が生きてきます。 いま自分が正しい使い方をしているかどうか、発信済のメールなどで確認しておきましょう。

次の

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

お忙しい ところ 申し訳 ありません が

「無理を言ってすみません」を敬語の表現は、「ご無理を聞いていただきありがとうございます」または「ご無理なお願いを申し訳ありません」となります。 「無理を言ってすみません」をそのまま敬語にするよりも、言い換えたり、感謝の言葉に切り替えると、スマートですし、相手にもいい印象を与えます。 またクッション言葉、という心配りの一言を加えるだけで、相手の心象も随分と変わってきます。 要は、無理を言ってすみません、という申し訳ない気持ちと、聞いてもらってとても感謝しているという気持ちが相手に伝わることが大切なので、敬語もそのような形にします。 ご無理を申し上げて申し訳ありません? 無理を言ってすみませんをそのまま敬語表現にすると「ご無理を申し上げて申し訳ありません」というなんだか非常に違和感が漂う言い回しになります。 この違和感の正体は、重なる「申す」です。 同じ語が短い分に重なることで、「変な日本語」になっているので、「申し上げて」か「申し訳ありません」のどちらかを違う言い回しにします。 「言って」を謙譲語の敬語の形にせずにそのまま「ご無理を言って申し訳ありません」や、言ってを「お願い」という丁寧語の敬語の語にし、「ご無理をお願し申し訳ありません」という形にするとスマートです。 クッション言葉を使おう! クッション言葉とはその語のとおり、クッションの役割をする言葉です。 「無理を言ってすみません」という、相手に「無理な事」をお願いする、また言いにくいことを切り出すときに便利な役目をしてくれます。 クッション言葉は気遣いを添える言葉です。 これを加えるだけで相手の心象はより良いものになるでしょう。 「無理を言ってすみません」の敬語表現「ご無理をお願いし、申し訳ありません」自体もクッション言葉になります。 要は「無理を言ってすみません」という気持ちが通じることが大切です。 「ご無理を申し上げて心苦しいですが、期日までにお願い申し上げます」や「ご無理を聞いていただき、心から感謝申し上げます」というような形にして相手により良い印象を残しましょう。 「無理を言ってすみません」の敬語での使い方は? 敬語の種類は? 無理を聞いてもらうので、謙譲語と丁寧語の敬語の組み合わせが一番使いやすいでしょう。 「無理を言ってすみません」の「無理」を丁寧な言い回しの敬語表現である「ご無理」に変えて、言ってを「申し上げる」や「聞いていただき」という謙譲の形にして相手を高めます。 その後のすみませんは、「申し訳ありません」という敬語表現に直します。 また「申し訳ございません」とさらに丁寧な敬語表現にします。 無理を聞いてもらった感謝の言葉の敬語の表現する、「感謝申し上げます」「ありがとうございます」などに変えてもいいでしょう。 メールでの使い方は? 言い出しにくいことをメールで伝える際には、書き方が重要です。 あまりに事務的だと、「こんな無理ばかり押し付けて」と相手を怒らせてしまうこともあるでしょう。 そのため、相手に「無理を言ってすみません」という気持ちがきちんと伝わるような文面にすることが大切です。 そして無理を通す場合には、相手に「何をどうして欲しいのか」ということがきちんと伝わらなくてはいけません。 これがきちんと伝わないばかりに、無理を通してやってもらったものが全てボツ、ということになれば相手も非常に不快な思いをするでしょう。 こちらの都合を押し付けるようなお願いをする場合には、6W3Hをきちんと明記し、「無理を言ってすみません」という姿勢の見える適切な敬語を用い、相手の協力を引き出します。 6W3Hって? 5W1Hというのをご存知ですか。 これは、相手に情報が伝わりやすくするための、情報伝達のポイントです。 5Wとは「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、何を(what)、なぜ(Why)」、1Hは「どのように(How)」の情報を組み合わせて、相手にわかりやすく伝えるための、ガイドラインです。 ビジネスでは、さらに数量(How many)や価格(How much)、方法(How)を明記する「6W3H」を使います。 そうすることで、無理なお願いにさらに無理を重ねることが少なくなります。 無理なお願いをする際は、口頭でもメールでもいい漏らし、書き漏らしのないように、「6W3H」をきちんと抑えましょう。 ビジネスでの使い方は? ビジネスは人対人です。 そのため相手の気分を害さない言い回しが必要になります。 「無理を承知でお願いする」場面には「ご無理なお願いを申し訳ありません」でもいいですが、「大変身勝手なお願いと承知しておりますが〜してください」や「無理を承知でお願い申し上げます」という言い回しに代えてもいいでしょう。 また「ご配慮をお願い申し上げます」を付け足すとさらに丁寧です。 あくまでこちらの勝手を聞いてもらうという立場を忘れないようにすることが大切です。 また無理なお願いを聞いてもらった時には、お礼を忘れないようにします。 その場合には「無理を言ってすみません」の代わり「ご無理を聞いていただき、ありがとうございました」「ご配慮を深く感謝申し上げます」とします。 「〇〇様のご尽力のおかげで」などのクッション言葉を付け足すと丁寧な印象が残ります。 「無理を言ってすみません」を敬語表現するときの例文は? 無理を言ってすみませんの敬語表現をするときはどんな時でしょうか。 多くは、差し迫った納期の発注や支払いの遅延や内容変更の知らせなど、こちらの都合を相手に押し付ける場合です。 そのような無理なお願いを通す場合には「お願いする」という姿勢が非常に大切です。 そのため相手に配慮する言葉を添えて、「無理を言ってすみません」という気持ちを上手に伝えるようにしましょう。 また「〜していただけないでしょうか」と問いかけ型のフレーズにすることで柔らかな印象になり、「〜してください」よりも相手に丁寧な、相手を慮っている姿勢が伺えます。 差し迫ってのことで誠に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ・突然のお願いで恐れ入りますが、差し支えなければ機材の借用と、設置に伴う人員の派遣をお願いできませんでしょうか。 こちらの都合ばかりで申し訳ありませんが、どうか事情をお汲み取りいただきたくお願い申し上げます。 例文・お礼 ・先日は突然のお願いを聞いていただき、誠にありがとうござました。 お忙しい中、差し迫った納期であったのにもかかわらずクオリティの高い対応していただき、先方も大変満足しておられました。 今後とも変わらぬおつきあいのほどをお願い申し上げます。 ・先日の機材と人員の派遣の件、誠にありがとうございました。 おかげで企画も滞りなく終了することができました。 突然の無理なお願いにもかかわらず、快く対応していただき、大変感謝しております。 今後ともよろしくお引き立てのことをお願い申し上げます。 「無理を言ってすみません」をそのまま使う さまざまな敬語表現をちりばめてきましたが、「無理を言ってすみません」も決して不躾な言葉ではありません。 近しい同僚や部下なら、「無理を言ってすみません」をそのまま使っても差し支えないでしょう。 先輩なら「無理を言って申し訳ありません」と少しかしこまります。 適切な距離を測り、敬語と、丁寧な言い回しを適時使い回すことが大切です。 ・忙しい中申し訳ありませんが、この資料を四時までにまとめてください。 無理を言ってすみませんがよろしくお願いします。 ・無理を言ってすみませんが、この日は都合が悪いので、別な日にしていただけませんか?お手間をかけて申し訳ありません。 「無理を言ってすみません」の別の敬語表現例は? 申し訳ございません 無理を言ってすみませんの、すみませんの部分の敬語の形である、申し訳ございません、は謝罪する際に使われる言葉です。 申し訳ありません、より少し丁寧な言い方です。 お客様などに口頭で謝罪する際に使います。 誠な勝手お願いですが 無理を言ってすみませんの代わりに、「誠に勝手なお願いですが」とすることもできます。 この後のフレーズは「お力添えいただけますか」や「ご助力いただけますか」という敬語の表現が適切です。 また「こちらの都合ばかりで申し訳ありませんが」でも、「無理を言ってすみません」の敬語表現の別な敬語表現になります。 ・誠に勝手なお願いとは承知しておりますが、お力添えいただけませんか。 ・こちらの都合ばかりで申し訳ございませんが、ご配慮をお願い申し上げます。 ・ご配慮いただけないでしょうか。 ご配慮いただけないでしょうか、は多少の無理を承知の上で頼みごとをする際に使用します。 疑問形にして柔らかい印象ですが、懇願にも似た言い回しの敬語表現です。 無理を通すときにはそれ相応の対応を 無理を言ってすみません、という言い回しは、ビジネスの上ではよく聞かれます。 期限が近い納期をお願いするとき、値段の交渉をするとき、また支払いを遅らせる時など、相手にとってあまり歓迎したくない事案を依頼するときに使います。 「無理を言ってすみません」だと、フランクな印象を相手に与え、「やりたくない」と思われてしまいます。 そこで「こちらの都合ばかりで申し訳ございません」や「ご配慮のほどをお願い申し上げます」など相手に配慮した敬語表現を使うことで、「仕方がない、やってやるか」と相手に思わせることができます。 もちろん言葉だけでは相手は受けてくれません。 それ相応のメリットも必要になります。 無理を通すのであれば、相手の要望も聞くこと、それがビジネスにおけるギブアンドテイクです。 また担当の誠意ある対応も必要です。 お願いを聞いてもらった後のお礼も忘れずにしましょう。

次の