星野源 さらしもの。 星野源、最新EP『Same Thing』より「さらしもの (feat. PUNPEE)」MV公開

Same Thing

星野源 さらしもの

カテゴリ• 生まれて独りステージに立って フィナーレまでは残り何公演 人差し指の隣の指はまだ仕舞っておいて また後世 この輝きは僕のじゃなくて 世の光映してるだけで 身の丈じゃないプライドは君にあげる受け取って 捨てといて 滑稽なさらしものの歌 あたりみりゃ 一面のエキストラ だけど君のその世界じゃ 僕も雇われたエキストラだっけ イヤモニで閉じこもって また自分のせい ・・ って気づいてる でもそこにすら君はいた もしかすると孤独は一人ではないって… いえる! Starting off with you and I さらしものだけの 愛があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだすまま さらしものだよばかのうた 語りき埼玉のツァラトゥストラ ぼっちの足元の先は ほぼほぼ 道すらなかった ふと振り返ると ぞろぞろと 後ろつけ楽そう有象無象 はてな別の方 道のない進む小僧 凡人の黒ぶち 偉大な暇人 あらお悩みですか 君だってそうじゃん 同じムジナ 交わりだした 「なんてことない」なんてことない!…けど 形のない何かで交われる 君の体をWi-Fiが通り抜け 道草で腹を満たす またその場所に君はいた もしかすると孤独は一人ではないって… みえる! Starting off with you and I さらしものだけの 夢があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだす Starting off with you and I さらしものだけの 愛があるだろう まだ変わらない 怠けた朝が 歩みを照らしだすまま 目次• 歌詞考察の前に 『さらしもの』とは2019年10月13日にネット上で公開された楽曲です。 同年10月14日リリースされた EP『Same Thing』に収録されています。 動画再生回数は 公開から3週間経過した現在で180万を超える大人気ナンバーです。 それもそのはず、今作では 星野源さん初ラップが披露されファンの間で注目されています。 ラッパーの PUNPEEさんをフィーチャリングゲストに迎え共に歌っています。 大ヒットとなった前作「恋」「ドラえもん」が長年話題となり、星野源さんのイメージとして定着したように感じます。 そのイメージを持つ人たちからすると今作は意外性100%だったと思います。 しかし俳優・音楽家・文筆家など幅広く活動されてきた星野源さんのことを考えると、他ジャンルにトライすることに筆者はなんら違和感を感じません。 動画コメント欄でも意外性より魅力が上回ったことや、より一層好きになったという人も多く見受けられました。 今作の曲調とMVはどのような構成になっているのでしょうか。 MVでは 落ち着いた雰囲気の一室が映し出されます。 レコードが回され、Jazz調に奏でられたピアノが流れ出します。 スタッカートに合わせて星野源さんとPUNPEEさんが身体揺らして踊ります。 部屋の様子や二人のやり取りから、気心しれた友人と語り合っているように筆者は感じました。 今までに見たことないくらい星野源さんがゆったりとして楽しそうに見えました。 そんな様子が歌詞全体にも表現されていることに気づきました。 彼のこれまで歌ってきたことや、今も感じている心情を汲み取りながら、歌詞考察をしていきたいと思います。 タイトル『さらしもの』とは タイトルは 「晒し者」と表記され 「人前で恥をかく人」を指します。 昔から犯罪者は家族や隣人の前で罰を受けさらされました。 日常においては、 大勢の目の前で失敗したり、多数派の意見に逆行した結果、多くの人たちから批難や中傷を浴びせられることも該当します。 星野源さんは過去作品において ヒーローの孤独や自身の不安などを打ち明けています。 ある番組では 音楽をやめてしまいたくなったこともあるとコメントしていました。 ですから彼の視点からすると、 アーティストとしてまたスターとしての孤独と、それを大勢の人たちの前でさらけだすという意味合いをタイトルに込めたのだと考えました。 基本的に注目されたアーティストが自身の本音をさらけだすのはタブーとされています。 評判低下や週刊誌の的にされることもよくあるからです。 しかし今作の歌詞を見ると、可能な範囲で星野源さんがPUNPEEさんと手を取り合って本音を語っているように筆者は感じました。 『さらしもの』歌詞の意味 座ったままの中指 生まれて独りステージに立って フィナーレまでは残り何公演 人差し指の隣の指はまだ仕舞っておいて また後世 今回の考察では 星野源さんを主人公として進めていきたいと思います。 彼は埼玉県浦和市生まれ、川口市育ちのアーティストです。 2000年10月から2015年までインストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」のリーダーとして音楽活動をしていました。 解散してからはずっと独りで活動してきました。 しかし注目したいのは歌詞冒頭で 「生まれて独りステージに立って」と表現されています。 これは彼が文字通り 1人でステージに立った時のこと、もしくは 生まれてからずっと人生というステージで孤独を感じてきたという点を示唆しているのかもしれません。 「独り」という表現のしかたから 孤独を筆者は連想したからです。 「人指し指の隣の指」とはなんと興味深い表現なのでしょうか。 考えられる指は2本あります。 ・親指 ・中指 さらにこの2本を限定するためのヒントとなるのが続くフレーズの 「まだ仕舞っておいて」です。 親指を立てる場合、 good(良い)を印象付けるサインとなります。 ファンの前で問題なく出来るサインと言えるので仕舞う必要はありませんね。 対して中指を立てるのは 相手への挑戦・挑発を意味するサインとなります。 ファンの前でいかなる理由があっても、控えなければならないでしょう。 ですから「人指し指の隣の指」は「中指」だと解釈できます。 簡単に言うと星野源さんの音楽活動における 孤独や不安、自分の思うようにいかないことに対する愚痴を表に出すことを描写していると考えられます。 しかし彼は立場上、すでにかなりの人気を得ており、音楽以外にも幅広い活動を していました。 ですから後先考えた結果、中指を立たせることをやめる、つまり愚痴や本音を言 うのを控えたことを理解できます。 そうするとまた孤独になり、座らせた中指の不満が溜まっていったと思います。 照らされる者 この輝きは僕のじゃなくて 世の光映してるだけで 身の丈じゃないプライドは君にあげる受け取って 捨てといて この部分では星野源さんが謙虚に自身の功績について振り返っているように思えます。 彼はこれまでにあらゆる分野で数多くの賞を獲得してこられました。 ・2009年 SAKEROCKのMV「ホニャララ」で、『SPACE SHOWER Music Video Awards』のBEST CONCEPTUAL VIDEO賞を受賞。 ・CDショップ大賞第3回 入選。 ・2011年10月、ソロ名義での2ndアルバム『エピソード』が、オリコン・ウィークリーチャート(2011年10月10日付)で5位を獲得、第4回CDショップ大賞準大賞を受賞。 これだけ並べてみてもかなりの数です。 それでも彼は 自身によるものではなく世の中にすでにあった影響力を自身は反映しただけであると述べているようです。 そして自身の中に知らず知らずの内に生まれていた巨大なプライドを 「君」という存在に託していきます。 「君」とはいったい誰のことなのでしょうか。 もう一人のさらしもの イヤモニで閉じこもって また自分のせい ・・ って気づいてる でもそこにすら君はいた もしかすると孤独は一人ではないって… いえる! 「イヤモニ」とはなんでしょうか。 耳に装着し俗に「返し」と呼ばれる音が流れており、客席のメインスピーカーから出ている音とは別で、自分の声や他の楽器の音などそれぞれの演奏者に最適なバランスで調整された音を聞くことができます。 インイヤーモニターのことでミュージシャンであれば当たり前のように耳に装着しています。 「イヤモニに閉じこもって」とは簡単に言うと 「自分の世界に閉じこもって」という意味なのだと思います。 独り殻に閉じこもり、周囲の意見や評価を気にしないで生きて行く様子を表現しているとも考えました。 しかし、そうやって孤独に過ごす間も彼には寄り添ってくれた「君」という存在がいました。 それは今回隣で歌っている 「PUNPEEさん」のような仲間のことでしょう。 同じような孤独を背負い、同じ景色を見て来た人がいることに彼はいつしか気づいたのでしょう。 自分の考え方、一番やりたいことは世間と逆行しているかもしれない、これを口にすればさらしものになってしまうと長年考えていたのでしょう。 しかし「君」という存在であれば、話して打ち明けても良いかもしれないと安堵したのだと筆者は解釈しました。 MVと合わせて考えると、友達の部屋に自分が心許した友人と2人だけ。 他には誰もいないその状況で本音を語り合えることを彼は喜んだのでしょう。 歌詞にもその喜びが表現されており、さらしものがもう1人いて、いまなら孤独な自分1人ではないって言えると心から思えたに違いありません。 大事なところ さらしものだよばかのうた 語りき埼玉のツァラトゥストラ ぼっちの足元の先は ほぼほぼ 道すらなかった ふと振り返ると ぞろぞろと 後ろつけ楽そう有象無象 はてな別の方 道のない進む小僧 凡人の黒ぶち 偉大な暇人 この部分に入る前にMVでは曲がストップします。 レコードの続きを聴くことを勧めるPUNPEEさんは一言 「次んところ、いいところ」と口にします。 このやり取りからもこの部分がとても重要な歌詞だと理解できます。 筆者も歌詞を見てすぐに納得しました。 まず懐かしく感じたのが 「ばかのうた」です。 「ばかのうた」とは星野源さんの 記念すべき1stアルバムです。 「ツァラトゥストラ」とはなんでしょうか。 上記から哲学者の作中の考えと自身の考えをリンクしていることが理解できます。 作中で主人公ツァラトゥストラは自身の考えを世の中に伝えようと志します。 しかし彼の教えは大衆には受け入れられず、彼は一人山中にこもってしまいます。 しかし良き理解者との出会いをきっかけにまた教えを広める決意をしました。 主人公ツァラトゥストラの人生が星野源さんの人生と重なる部分があったのでしょう。 PUNPEEさんのような理解者たちに恵まれ自身の殻から出て来られたことに言及しているのだと感じました。 「埼玉のツァラトゥストラ」と表現しているのは 彼が埼玉出身であり、そのころから作中主人公と生き方が重なったことを示唆しているのでしょう。 「凡人の黒ぶち 偉大な暇人」とは特徴からも PUNPEEさんのことではないかと思われます。 今作はトップスターを陰で支えてきた理解者の歌、そしてさらしものとさらしものが出会い、さらしものたちになっていく友情の歌であると筆者は解釈します。。 まとめ いかがだったでしょうか。 俳優としての明るい役、そして笑顔全開で歌っている歌手としての姿を見ていると信じられない一面に思えたことでしょう。 映像を通じてしかしらない私たちにとっては、スターの苦悩を見て取ることは不可能なのかもしれません。 ですから今作の歌詞を通して、光り輝くスターの陰の部分を見ることができたのはたいへん貴重なのではないでしょうか。 MVの2人のように辛い時に何でも話し合える友に恵まれると幸せですね。 さらに自身が抱える不安や本音、また愚痴を溜めこまないで誰かに話す大切さも感じ取ることができました。 さらしものという強烈なタイトルのなかに優しく温かなものを見た気がします。 星野源さん、そしてPUNPEEさんの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 心温まる素敵な作品をありがとうございました。

次の

さらしものの星野源・最高・リュウさんが話題

星野源 さらしもの

刑としての晒(さらし)は罪人の名誉や社会的地位を奪う目的で一定の手続きのもとで公衆に晒すこと。 江戸時代の日本では主に付加刑として、罪人を縛り上げ路傍に置き見せしめにする刑として晒があった。 江戸では日本橋高札場の正面東方の空き地で行われ、囚人は手だけを自由にして本しばりされた。 晒の時間は朝五ツ時から夕七ツ時までとされた。 主人を殺した者は晒のうえ鋸引き、負傷させた者は晒のうえ磔にされた。 僧の女犯には単独の刑罰として晒が課されたこともあった。 人口が増え都市化される前の古代世界でも親類や隣人の面前で晒し者にされることが制裁として行われた。 人口が少なく住民が互いが知り合いであることの多かった17世紀の植民地時代の米国でも行われた。 現在では中華人民共和国の一部の都市で、赤信号を無視した歩行者の晒が行われている。 赤信号を無視すると顔認証システムによって特定され、街頭スクリーンに顔写真、違反行為の動画、身分証番号や住所などの個人情報が晒し出される アメリカでも州によっては軽犯罪ではある。 選択付きではあるが、自分の犯した関連した犯罪を書かれた看板をもたして数時間たったり、座ったりする刑罰である。 (トリビアの泉NO. 719で取り上げられた) () 「さらしもの星野源」「さらしもの最高」「さらしものリュウさん」という言葉が話題です。

次の

星野源

星野源 さらしもの

星野源が昨年リリースしたEP『Same Thing』。 収録曲のミュージック・ビデオが続々と公開され、その都度大きな話題を呼んでいるなか、新たに「さらしもの feat. PUNPEE 」のミュージック・ビデオがオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開となった。 今作のディレクションを手掛けたのは、星野源のCD/DVDジャケットやツアー・グッズのイラストでもお馴染みのアーティスト、オオクボリュウ。 両者のパフォーマンス・シーンを撮影し、その動きをトレースしてアニメーションに落とし込んだ本ビデオは、約2,000枚の作画によって表現された意欲作だ。 楽曲「さらしもの feat. PUNPEE 」は、星野源の初のラップはもちろん、PUNPEEとのコラボは大きな話題を呼んだ。 さらにオオクボリュウはかつてPSG(PUNPEEが属するヒップホップ・ユニット)のミュージック・ビデオを手掛けたこともあり、それぞれに関連を持っていた3組が「さらしもの」という楽曲でひとつに繋がり、できあがったミュージック・ビデオとなった。 ぜひチェックしてほしい。 時を得た作品ならではの醍醐味! そもそも星野源の作品は"わかるわかる! 共感する!""感動した!"みたいなことから遠い。 あるとしたら"この名状しがたい感情をよくぞ曲にしてくれた"ということだ。 さて、4枚目のアルバムである今作。 真似しようにもできないブラック・ミュージック。 フェイクしようとしてもできないソウルの歌唱。 しかし確実に自分の音楽体験として存在し、体内に取り込まれた"クロいグルーヴ"をこれまでのアシッド・フォークやエキゾ同様に、"星野源味"の出汁で仕込みそれが全体の基調に。 同時にTrack. 1「時よ」や弾き語りのTrack. 6「口づけ」、細野晴臣とのインストTrack. 8「Nerd Strut」といった"異彩"が一筋縄ではいかないツボを形成している。 (石角 友香) 跳ねたジャズ・ピアノではじまり軽快なビートで踊り続ける「Crazy Crazy」、70年代のダンサブルで煌びやかなソウル・ミュージックを下地に詩的な歌心をのせた「桜の森」、そしてブルースやジャズを都会的に、かつリラックスしたナイト・ソングへと仕立てた「Night Troop」。 今回のシングルは、いずれの曲もタイプは異なれど心地好いグルーヴや、軽やかな空気感が流れていて、自然と手拍子が出たり、体を揺らしたり、リズムを刻んだりしてしまうようなサウンドが肝であり現在のモード。 一方、スムーズに流れるメロディとスモーキーな歌声にのせて、想像を掻き立てるような言葉や意味深な言葉がフッと刺さる。 アッパーなリズムやサウンドでも突飛でなく、どこかに憂いや湿度を含んでいて、すんなりと肌になじむ音楽が優しい。 (吉羽 さおり) シングル「フィルム」「夢の外へ」「知らない」も含む、約2年ぶり、3枚目のアルバム。 生き急ぐような膨大な言葉数とテンポ感に圧倒される「化物」で鮮やかに幕を開け、立て続けにアッパー・ナンバーが3曲続く驚き。 そして彼流のソウル・ミュージックをシンプルな3人編成で構成した「季節」、誰かに伝えるでもない独白とサウンドでなんともいえないサイケデリアが立ち上る「レコードノイズ」など多彩な全12曲。 だが、単にバラエティ豊かというよりは、星野の生きるスピード感や欲望が、ポップ・ミュージックとしてはカオティックなバランスで、ギリギリの切っ先に立っているような曲が目立つのが新しい。 「知らない」の歌詞じゃないが、知らないことがあるからこそ生きるのは楽しいし、楽しいことを見つけたくなる。 (石角 友香).

次の