トイトレ おまる。 おまるor補助便座?トイレトレーニンググッズの選び方とおすすめ【比較、口コミ、ランキング】

トイトレ・ウンチだけ嫌がるのはなぜ?攻略におまるがおすすめな理由は5つ!

トイトレ おまる

我が家でも同じタイプのものを使ってます。 自分で登るための踏み台を別途買う必要はあり。 おまると補助便座の特徴比較 それぞれのおすすめ品は分かったけど、じゃあどっちがいいの? まずはメリット、デメリットでまとめるとこちら。 どこにでも置ける• 遊び道具になってしまう• 処理が楽• 嫌がってトイトレが進まないことがある• 冬場は寒い これを自分の環境にあてはめます。 大きく3つの視点で選ぼう 果てしなく迷ってしまうとき、選ぶポイントはこの3つ。 とにかく私は、おまるの処理が嫌だ、シンプルがいい、願わくば安いのがいい、ということでIKEAの補助便座の購入に至ったのでした。 >> おまると補助便座、どちらを選ぶのがいいかまとめ これが絶対おすすめだよ!というものがあっても、それぞれの家庭の環境で、おすすめ品は変わります。 《おまるがおすすめ》• おまる用に確保できる間取り、スペースがある• 子供の年齢が低いうちからトイトレを始める• おまるの処理が面倒じゃない 《補助便座がおすすめ》• 主な生活空間とトイレの空間は分けたい• トイトレを始めるのが好奇心旺盛でなんでもおもちゃにしちゃう時期• とにかく処理が楽な方がいい 大きく3つのポイントに絞って、子どもと親、お互いに楽しくトイトレを進められるものを選んでみてください。 トイトレ実践の流れはこちら>>.

次の

【おまる?補助便座?】トイトレ用に選ぶ時のポイントは3つだけ!

トイトレ おまる

そろそろトイトレーニング(略してトイトレ)を始めようと考えているママ・パパ。 おまるから始めるか、補助便座のみで直接トイレに誘導するか、どちらからスタートさせるのが良いか迷いませんか。 それでは早速、ママスタBBSのトイトレ事情をご紹介します! おまるは不要!おまるを使わなかった理由とは ママスタBBSに集まった意見では、トイレに補助便座や踏み台を置いてトイトレをしたとの声が寄せられており、おまるを使ってトイトレをした声は少数派でした。 筆者の子どもたちも、2人とも補助便座のみで、おまるは購入しませんでした。 おまるはなぜ不要なのかという声をまとめていきます。 おまるを洗うのが面倒 おまるは清潔に保つために頻繁に洗う必要がありますよね。 排泄物をトイレに流し、丸洗いすることに抵抗を持つママの意見が目立ちました。 『おまるは使わなかった。 あれってどこで洗うの? 風呂場? それ考えたら無理だったから』 『おまるを洗うのが嫌だから補助便座だけ使った』 おまるの後トイレを教えないといけないのが二度手間 おまるで排泄ができるようになっても、またトイレに移行しないといけないので二度手間との意見もあります。 『おまるでできるようになって、じゃあ、いつトイレに移行するの? と考えたら面倒で、最初からトイレですることを教えた』 子どもがトイレに行くことを嫌がらなかったため トイレに行くことに抵抗がなく、トイレの空間を嫌がらない子どもの場合、わざわざおまるで排泄させる必要はなく、直接トイレに誘導すれば良いとの意見もありました。 『おまるからトイレに移行させなきゃならなくなるから、トイレに行くのを嫌がらないようならなくてオッケー』 筆者の下の子どもも、上の子がトイレに行く姿をずっと見ていたからか、トイレに抵抗がないようでした。 むしろ、まだトイトレを始める前から上の子の真似をして補助便座に座りたがることもありました。 おまるを使っていました!少数派のおまる、実はメリットもある 子どもによってはトイレの空間を怖がり、トイレにすら行くことを嫌がることもあります。 そんなときに役立つのがおまる。 おまるのメリットも集まっているのでご紹介しますね。 子どもが補助便座を怖がったため 『うちは最初トイレを恐がり補助便座に座ってくれなかったから、おまるから慣れさせた。 うんちはおしっこがトイレで出きるようになってからだから、おまるでの練習はおしっこだけだったけど』 『うちは上の子は神経質だったからおまるの方が安心できて良かったみたい。 下の子はすぐトイレで大丈夫だったよ』 下に弟妹がいて子どものトイレに集中できなかったため 下に1~2歳差の弟妹がいると、トイレに集中できないことや、下の子がトイレに入ってきて触れてほしくないものを触って荒らしてしまうこともありますよね。 『うちもおまる。 1歳違いの兄弟がいて、トイレに侵入してくるのが大変で。 だから、ゲートのついているキッチンの端におまるを置いている』 おまるだと温かい部屋でトイレトレができる 日中過ごしているリビングなどの部屋とトイレが離れていると、頻繁に行き来するのが大変ですよね。 特に、冬場のトイレは冷え込んでいることもあります。 そんなときにおまるは便利なようです。 『おまるなら、テレビと暖房がある部屋でゆっくり座らせといて、出たら沢山褒めてあげれば、冬からでも楽勝です』 おまるを使うときのアドバイス おまるにペットシーツを敷いておくと、おまるを洗う手間が省けるのでおすすめとの意見がありました。 『おまる使いたいけど、処理が面倒な場合はペットシーツ使う方法もあるよ』 『おまるにはペットシーツ敷いているから汚れたらオムツのゴミ箱に捨てるだけだし。 暖かい部屋でできるのはメリットかな』 おまるの中におもちゃを入れたりして遊んだりしないように、あくまでトイレであることを認識させるようにしましょう。 下の子が2~3歳差の場合はおまるでトイレ習慣付けしても良い 筆者の上の子が、トイトレを始めたのが1歳10か月頃。 日中保育園でタイミングが合えば、トイレでオシッコができるようになっていました。 しかし、筆者が下の子妊娠中に切迫早産のため、頻繁にトイレに連れて行くことができずにいました。 さらに下の子が生まれてからは、上の子の激しい赤ちゃん返りなどで筆者自身がてんてこ舞いになり、一時トイトレ中断することに……。 2~3歳差で下の子を妊娠中の場合は、上の子をトイレに連れて行く大変さより、おまるのほうがトイレの習慣がつけやすいかもしれませんね。 トイレにしばらく座らせて見守ることが場合によって難しいこともありますが、おまるであれば、時間を見計らってとりあえず座らせておけるかもしれません。 また、少量でもおしっこが出たかどうか確認しやすいというのもおまるを使うメリットでしょう。 「そろそろおむつ外しの時期が来たかな」と思ったら、子どもの年齢や性格、住宅環境、兄弟がいるかどうかでおまるからスタートするか、補助便座のみにするか検討してみるのが良いのではないでしょうか。 文・ゆかりんご 編集・物江窓香 イラスト・.

次の

補助便座のおすすめ人気ランキング10選【子供のトイトレに!】

トイトレ おまる

トイトレ、 うんちだけ嫌がることありませんか? だいたいタイミングは分かるのに、子供の方が一枚うわて。 姿が見えなくなったなと思うと、臭いで気づくパターンが多い。 ウンチ攻略って難しいですよね。 絶対自分でも出ること分かってるはずなのに、 トイレに誘っても拒否・・ トイレに行ったら引っ込んじゃった・・ こっそり隅っこで隠れてしちゃう・・ おしりにくっつくの気持ち悪くないのかな? なんでそんなウンチだけ嫌がるのかすごく不思議でした。 ウンチ攻略はハードルが高いと思われがち。 でも、環境を整えてあげれば、先にウンチだけトイトレ完了することも可能です。 実際に末っ子は2歳半ごろには、自分で「でそう!」と言ってくれるようになりました。 おしっこはまだ成功率50%くらいですが、ウンチの方はほぼ100%成功です!• 足元が安定して、ふんばりやすい• 場所が移動できる• いつもと同じ環境に近づけられる• 一人で集中できる• 段階的に進められる まず足元は地面につくので、安定感は確保できますよね。 おまるだと好きな場所に置けて、場所の移動も簡単。 いつもの環境で安心して集中できることで、子供のハードルを一気に下げることができます。 おまるでトイトレの進め方• 絵本などでイメージトレーニング• タイミングよく、おまるに座らせる• 絵本を読んで応援 気になる子は離れて見守る• ウンチはおまるで、を習慣化• 成功が増えてきたらトイレに移行 まずはイメージトレーニングが大事です。 「トイレで、おまるでウンチ」というイメージを付けてあげることで抵抗が減ります。 子供のウンチの気配を感じたら、オムツを脱がせて座らせます。 ここでも同じ絵本をよんであげると、座っていることの苦痛がなくなるのでおすすめ。 おまるとして使う時はフタを取り外して使用。 イス型なので、またがず座れて子供が座りやすいです。 サイドにグリップがついているので、ふんばりやすいのも特徴。 成長に合わせて、取り外すことも可能! またおまたの部分がおしっこの外ハネも気になりません。 リビング等に置く場合も安心ですね! フタを軽く乗せるだけなので、中にはまってしまうことがあるのが少しマイナスポイントです。 気になる掃除ですが、便座部分が取り外せるので、手入れが簡単! 小さいおまる受けがあり、水濡れも最小限。 ウンチ対策にすぐ捨てれるように、我が家ではトイレットペーパーを敷いてます。 おしっこだとちょっと処理しにくくなりますが、そのままトイレにポイで対応できます。

次の