気 の おけ ない 意味。 気の置けない仲間の12個の特徴

気の置けないの意味!意外と間違えてしまう使い方とは?

気 の おけ ない 意味

「気の置けない」の意味と使い方 「気の置けない仲間」とは「気を使わない友人」 自分が気を使わず、遠慮しない様子は「気の置けない」という言葉で表すことができます。 「気の置けない仲間」とは「気を使わなくて済む気心の知れた友人」のことです。 「気の置けない」は人以外にも「気の置けない会話をする仲」「気の置けない雑談ができる相手」などと使うこともでき、いずれにしても「気遣いが不要」「遠慮が要らない」という意味です。 「置けない」の語源は「使わない」 「気の置けない」の「置けない」という部分が「気の置けない」の理解を難しくしますが、この場合の「置けない」は「使わない」という意味を持っています。 「気を置く」とは「気を使う」の慣用句です。 そのため「気を使わない様子」は「気の置けない」という言葉で表します。 「置く」を「置かない」ではなく「置けない」とするのは「気を置きたくても(使いたくても)、それができないほどのざぅくばらんな様子」を表すためです。 「気が置けない」とも言う 「気の置けない友達」「気の置けない会話」などに使われる「気の置けない」は一般的に広く使われている言葉です。 「気の置けない」という言葉は、人によって「気が置けない」と言われることもあります。 「気の置けない」「気が置けない」はどちらも意味は同じで、どちらも間違いではありません。 「気の置けない友達」は誤用に注意 「気の置けない友達」という言葉を耳にしたときに「仲が良くない友達」と理解する人は大変多いようです。 しかしこの場合の「置けない」は「気を使わない」なので、意味は真逆の「仲が良い友達」ということになります。 「~ない」という打ち消しの言葉が入っていることで、なんとなく否定的なイメージを持ちやすくはなりますが「仲が良い」は「気の置けない」ですので、誤用に注意しましょう。 「気の置けない」の類語 慣用句なら「肩のこらない」 「気の置けない」という言葉は、その意味から「気を使わない」「遠慮の要らない」「気遣いが不要な」など、他の言葉に言い換えやすい意味を持っています。 この「気の置けない」を慣用句で言い換えるのであれば「肩のこらない」などが良いでしょう。 「肩のこらない」というのは「緊張しない」という意味です。 「気のおけない」と同様に人との関係や、その場の状況や雰囲気を表すときに使います。 「緊張すると肩がこる」という一般的な様子から「肩のこらない友人」「肩のこらない会話」などと使って、その人との関係ややその場の雰囲気がいかに気楽なものであるかがわかる言葉です。 ビジネスで使うなら「懇意・昵懇」 「気の置けない」「肩のこらない」という慣用句は、会話の中で比較的フランクに使われます。 これらの言葉をビジネスの場面で使うこともできますが、その場合の多くは目上の方が部下に対して用いることが多いでしょう。 「気の置けない同僚はいるの?」「肩のこらない会合にしたいと思ってる」などです。 しかし自分が目上の方へ、第三者との気の置けない関係を伝える場合にはもう少しビジネス感のある言葉が良いかもしれません。 たとえば「懇意(こんい)」「昵懇(じっこん)」などです。 ただし「懇意」「昵懇」は人との関係にしか使うことができません。 「気の置けない会話」「気の置けない付き合い」などのように、状況を表す場合には使えないので注意しましょう。 「気の置けない」の反対語 「気の置ける」は気を使うこと 「気の置けない」という言葉の反対の意味と言えば「気を使う」「遠慮する」という意味です。 その様子は「気の置ける」という言葉で表すことができます。 しかし自分が「気の置ける」という言葉を「気を使う」という意味で使っても、相手が「気の置けない」「気の置ける」という言葉を正しく理解していなければ通じません。 相手の言葉に対する認識を判断できない場合は「気を使う」「遠慮する」「気兼ねする」など一般的な言葉を使った方が間違いがないでしょう。 「気の置けない」の例文 「気の置けない」を人に使う• 「彼と私は学生時代からの付き合いで、気の置けない仲だ」• 「課長と部長は同じ趣味を持っていることもあって、お互いに気の置けない友人なんだそうだ」• 「気の置けない友人がひとりでもいればと思うことがあるよ」• 「彼女には気の置けない友達がいないらしい」 「気の置けない」を会話や雑談に使う• 「同期と一緒に昼休みは、気の置けない雑談に花が咲くもんだ」• 「気の置けない会話ができるようになればいいのに」• 「今日の会議は気の置けない雑談が多くて楽しかったな」• 「家族と気の置けない時間を過ごしてリフレッシュした」 まとめ 「気の置けない」という言葉は意味を勘違いしやすく、自信を持って使えないという人も多いようです。 しかし一度「気の置けない」の意味がわかってしまえば「とても仲良し」「何でも話せる」などといくつもの言葉を重ねなくても、一言で相手との関係を的確に表すことができます。 この機会に自分にとっての「気の置けない」を探してみるのも良いですね。

次の

正しい日本語【気のおける仲間?気のおけない仲間?】

気 の おけ ない 意味

あなたは「気の置けない」という言葉を聞いたことがありますか? あまり普段耳にすることが少ない言葉だと思いますが、ある意味があってそれが間違って伝わっていることがあります。 おそらく初めてこの言葉を聞いた人は、置けないという、否定的な言葉から気が置けない、すなわち気が許せない、緊張していることを想像する人が多いと思います。 しかしどんな意味なのかが分からない人もたくさんいると思います。 気の置けない?気の置けるではなくて?と少し混じって考えてしまうことでしょう。 気が置けないとは気を置かない、気を置かなくても大丈夫ということでもあるのです。 なので、気の置けない仲間とは「気を使わずに、遠慮する必要がない関係」のことを意味するのですね。 それはとっても前向きになれる関係で、一緒にいて安心できたり、損得なく付き合える関係だと言えるでしょう。 私たちにとっては必要な存在であり、また必要とされている存在でもあることでしょう。 あまり気を使う必要がない つまり、気を使う必要がないことが、「気の置けない」ことの定義だと言えます。 とても親密であること 「気の置けない」とは気使いをする必要もあまりなくて、とても親密であることだと言えますね。 親友や幼馴染のような人には、おそらく多くの方が気を使うことは少ないでしょう。 もちろんたまに相手が落ち込んでいる場合などは、優しい気遣いができるのものですが、普段一緒にいるときは余計に気を使ったりすることはないのです。 互いに言いたいことを言い合える間柄 互いに言いたいことを言い合える間柄では「気の置けない」という言葉がしっくりくることでしょう。 言いたいことを言わない、言えない間柄は気を遣っているということが多くあります。 相手にどう思われるかや相手の心を考えたりして、素直になれていないこともあります。 それは「気の置ける」と言えるので、反対の意味なのですね。 やっぱり言いたいことは人間誰しもがあることです。 それを言い合えるのは、「気の置ける」間柄だからこそ。 そんな嬉しい関係を「気の置ける」という言葉が当てはることでしょう。 「気が置けない」も同じ 「気の置けない」という言葉について、同じような言葉が存在します。 それは「気が置けない」という言葉です。 「の」を「が」の違いがありますが、それにあまり意味はありません。 つまり置きたいと思っても、なかなか気が置けない、気使いをしなくてもいい。 むしろこんなに親密だから、気を使いすぎることはできないということなのですね。 間違った使い方をしている人もいる そんな「気の置ける」という言葉ですが、実は間違った使い方をしている人もいるのです。 やっぱりどうしても反対の意味で理解してしまっている人が多くいて、それは当たり前になっていることもあるでしょう。 本当にいい意味なのに、気を使ってしまっている関係だと思ってしまうので、使うことを避けてしまっていることもあるでしょう。 さらに、相手から言われたら、少し違和感があることも特徴で、実に勿体無い言葉で、意味を知っている間柄で使わないと、語弊を招きやすいとも言えます。 なので、しっかりと意味を知った上で使うことが大切ですよ。 また使った相手がその意味を知っていないのであれば、しっかりと教えてあげて、誤解を防ぎましょうね! 1. 「気が置ける」=「親しい」ではない 「気が置ける」という言葉をいい意味として捉えている人がいますが、実は間違っています。 それは「気が置ける」ことは気を遣ってしまっているという意味だからです。 つまり気が置けることはマイナスな意味でもあるのですね。 相手と親しいので気が合っている。 それは気が置けるということではないのですね。 「気の置けない」ことが気を置いていないことなので、親しいのであればこちらの言葉を使うのが正解ですよ! 2. 「油断ならない」という意味ではない 「油断ならない」そんな言葉が「気の置けない」と思っている人もいるでしょう。 しかし、「気の置けない」とは気をおく必要がないことなので、「油断している」のですね。 なので、全く反対の意味になっていることが多いので、それには気がついた方がいいことでしょう。 「打ち解けられない」という意味ではない 「打ち解けられない」という意味でもないのです。 そもそも「気の置けない」という言葉は、前向きな関係を指す言葉なので、そのマイナスな概念は捨てていきましょう。 昔からの幼馴染み ポピュラーな関係として、昔からの幼馴染みが「気の置けない仲間」のいい例でしょう。 幼い頃から話したり、遊んでいたりするので、自然と気を使っていないのですね。 それは「気の置けない」ということであり、とっても安心感がある関係だと言えるでしょう。 互いのことを何でも知っている 幼馴染みというものは、互いのことを何でも知っているものですよね。 相手のことを知るということは、その人に対して安心していくことでもあります。 知らないことより、知っていることの方が人間は安心できるものです。 そんなことを自然と昔から知っているので、無意識のうちに相手に素直になれていて、話す言葉選んではいないことでしょう。 相手がどんなことで機嫌を悪くしたり、または嬉しくないのか。 価値観や好き嫌いが分かるのでトラブルが少ない 何と言っても「気の置けない仲間」は価値観や好き嫌いが分かっているのですね。 相手の価値観が分かるからこそ、素直に話すことができますし、価値観が分かっていると自然と相手を信頼することもできます。 この言葉をいったらどんな反応をするかということを考えなくてもよくて、それは自然と分かっているのです。 また好きなものや嫌いなものが分かっているので、話す内容も自然と決まっているのです。 人の好き嫌いはその人の価値観の特徴なので、それを知っていれば実は安心に繋がっているのですよ。 なので、相手の好きなものを肯定することもできますし、嫌いなものの話をなるべくしないようにできているので、トラブルが少ないのです。 トラブルの理由として多いのが、やっぱり相手の価値観のカンに触ることですね。 自分が好きなものを否定されたらやっぱり嫌ですし、また嫌いなものを肯定されてもあまりいい気分ではないですよね。 またそれがぶつかり合う時がトラブルの原因なので、相手の価値観を知ることは「気の置けない仲間」を作る上で大切なことだと言えるでしょう。 信頼関係がしっかりしている 「気の置けない仲間」は信頼関係がしっかりとしているのです。 人生にはたくさんの困難が人それぞれあると思います。 そんな時に、どうしているか。 どれだけ自分を頼ってくれているか。 そんなことからも信頼関係は自然と、そして確実に作られているのです。 小手先のことではなくて、「気の置けない仲間」とはそんなことも一緒に乗り越えていることがあります。 また普段一緒に遊んでいるだけでも信頼関係を築けていることもあります。 その人の好きなことを話したり、自分の好きなことを話していたり。 それを言えるようになっていれば、とてもいい関係だと言えるでしょう。 相手の価値観を知ることが、普段の遊びの中でも知ることができるので、何気ない会話にもそんな秘密が込められています。 そして好きなことを話し合うこともそうですが、ちょっと心を開いてみて、嫌いなものについても話すことができたら、もっといい関係になることができるのです。 嫌いなものについて話すことは、心が嫌がることもあります。 でも嫌いなものを嫌いと言えたときは、素直になっている証拠でもあります。 そしてそれを聞いてくれた時、または共感できた時にまた仲間になっていくのです。 互いに助けたり助けられたりを繰り返している 誰かに助けられた時、それは大きな信頼となることがあります。 理由なんていらないと思います。 ただあなたが困った時に助けてもらった、その行為がそしてその人が本当に信用できたのなら、もう「気の置けない仲間」になっているのです。 またあなたが誰かを助けた場合、それはあなた自身がその人を大切にしている証です。 また自分も安心できるのですね。 そんな中で、誰かを助けたいと思うことは奇跡なのかもしれませんね。 小さなことでもいいと思います。 何かをもらったり、教えてもらったり。 身近な生活の中で、少し困ったなーと思っていることに助けてもらうことも気が付けば、信頼になっています。 大きなことをしようと思わなくてもいいと思いますよ! 小さなことでも積み重なっていけば、仲間になっていきますし、そしていざという時に助けたいと思える仲間になっているものだと思います。 互いを利用しようとしない 「気の置けない仲間」は互いのことを利用しようとしないことが特徴ですね。 本当に親しい仲というのは、この人といるとこんなメリットがあるとあまり思わないのです。 メリットがあるから一緒にいるのではなくて、一緒にいたらメリットがあったことが多いでしょう。 互いを利用しようと思っていると、どこかで気を遣うことが出てくるでしょう。 しかし「気の置けない仲間」の場合は、そんなことは考えないのです。 利用することよりも、一緒にいることが楽しいですし安心できる。 実にシンプルな理由で一緒にいますし、またそれは後からついてくるものでしょう。 嘘をついたり騙したりしない 「気の置けない仲間」は嘘をついたり、まして騙したりはしないのです。 そんな感覚がそもそもないのですね。 それがないことで、素直に入れますし、嘘をつかなくても分かってくれる関係なのです。 嘘をつくことも時として大切なことですが、本当に気を許している人には見栄をはったり、嘘をついて自分をよく見せたりしないことでしょう。 そんな人がいると、自分に素直な時間が流れますしとてもいい時間の流れ方ですよね。 そもそも嘘をつくのは、その人を信用できていないからです。 人間を簡単に信用することは多くの人がし難いことでしょう。 そんな中で嘘も必要な時もあります。 しかし、本当に大切な仲間にまでそんな嘘をつく必要があるでしょうか? きっと仲間はそんなことを望んではいません。 本当に仲間を大切にできる人は、ありのままを見せています。 またありのままを見たいと仲間に思うものです。 これが完璧にできている関係はなかなかないでしょうが、これに近しい関係でもいいので、気の置けない仲間は必要ですね。 もしそんな仲間がいることを実感できた場合は、見栄や嘘はなるべく控えましょう。 ありのままを見せすぎるのもよくないですが、情けないこと、また弱いことを見せることが信頼関係には大切なことなのです。 しかし、自分が本当に悪いことをしているのに、それを納得させることは決してしてはいけません。 もしそんなことをしてくるようであれば、その人は信用できませんし、仲間でもなんでもありません。 人間としても縁はいらないでしょう。 弱さを見せることや見せられることに喜びを感じすぎずに、履き違えないようにもしましょうね。 一緒にいると楽しくてリラックスできる 一緒にいると楽しくてリラックスできることも、そんな仲間の特徴ですね。 リラックスするというのはとても大切なことで、それはある人とではないとできないことがあります。 気を使っているうちは、本当にリラックスはできていないことでしょう。 しかし、「仲間」「気の置けない仲間」であるならば、それもしなくていいですしリラックスできているのです。 何かと気を使ってしまう日本です。 それは大切なことで、人に気を遣える人は素晴らしい人だとも言えるでしょう。 しかし、どこかで気を使わない瞬間がなければ、きっと無理をしていることもあります。 そんな時は「気の置けない仲間」がいれば、そうじゃない時間が流れます。 気を使わないことは貴重なことですね。 素直になれる時間があるというのは、楽な時間もあるということなので、また誰かに気を使うことが苦ではなくなることでもあるのです。 おもてなしも然程しなくても良い おもてなしは持たなくていい。 そんなことは気の楽なことですよね。 おもてなしの心が素晴らしい日本人ですが、いつもそうだと自分が楽しくありません。 人を喜ばせることも楽しいのですが、自分が素直に気を使わない時間があることがいいブレイクタイムになるのです。 「気の置けない仲間」がいる場合、ほどほどのおもてなしでいいのです。 それ以上することはなく、単純に楽しめているのですね。 おもてなしをする場合は家に来た時はお茶を出すことや、お菓子を食べることぐらいで基本的にはいいでしょう。 楽しませよう。 喜ばせようということはしなくてよく、自分が楽しんでいることが相手も楽しんでいる。 そんなことで仲間は時間を過ごせるのですね。 ずっと一緒にいても全く疲れない 「気の置けない仲間」の特徴として、ずっと一緒にいても全く疲れないことがあります。 なぜかというと、それは気を使っていないからです。 気を使っていると、人間はどうしても疲れてしまいます。 しかし、素直に思ったことを言える、また言葉を選んでしまうことがない。 そのままの自分の感覚でいられるので、そうすると自分のペースを保つことができるので、疲れることがないのです。 つまり気疲れをすることがないと、ただ体が疲れることがあるくらいで、それほど疲れを感じることはないのですね。 日頃、誰かに気を使っているのが当たり前だと思うので、そんな関係は余計に疲れを感じないことでしょう。 一緒にいて開放感もあるので、そんな関係は大切ですよね。 相手と自分を比べない そんな仲間とは、相手と自分を比べないものでもあります。 相手が何を買ったとしても、また何か損をしていたとしても、自分と比べてどうかなどはあまり考えないのです。 それはお互い自慢することもありますが、何を持っていても接し方が変わることはないからだと思いますよ。 また相手の態度もそれほど変わることはないからです。 持っているもの、失ったものがある程度大きいことであっても、それを常に持って接していないので、いつもの関係でいられることがありますね。 妬みの感情が生まれない間柄 妬みの感情が生まれないのも、とてもいい特徴ですよね。 そもそも妬みが生まれるというのは、相手にこういてほしいという固定概念があるからです。 しかし、「気の置けない仲間」の場合はそんなことを考えないのです。 ありのままのその人といることが当たり前なので、自分からこういてほしいというオーダーをすることはないです。 そうすると、その人が何かを手に入れても、自分といて接し方が嫌な風に変わることがないので、妬みの感情が生まれません。 また仲間だと思っているからこそ、素直に喜ぶことができます。 そしてその人が幸せになることを望んでいることもありますし、何か辛そうな感じを共感できたり、大丈夫か?と思える仲間であれば、妬むなんてことはまず生まれないことでしょう。 互いの幸せを心から喜び合える 何と言っても、その人を妬むことがないので、互いの幸せを心から喜び合えることもできます。 「気の置けない仲間」の場合は、素直にその幸せを喜ぶことができるので、とてもいいことですよね。 そして、それがなぜかというと、その人が考えていることや、苦しんでいることを知っているからです。 気を使わずに、思っていることや考えていること、そして苦しんでいることを話し合っているからこそ、なんで嬉しいのかが分かります。 こんなことあったけど、幸せになってとっても嬉しいと思えるのですね。 やはり仲間の幸せを素直に喜んだりできるのは、その人のことをよく知っていて、気の許せる仲だからなのです。 仲間の感覚や価値観を知っているので、それに共感して泣くこともできます。 何気ない日々の中で、何気なく遊んでいる仲間でもきっとその日々の積み重ねが、信頼となっていて、何か悲しいことや嬉しいことがあった時に、心を許していることで泣くことができるのですね。 半端な涙ではないでしょう。 「気の置けない仲間」だからこそ嬉しい気持ちや悲しい気持ちが生まれてきます。 そのことができることは、大切なことですし、そんな人がいるということが何より嬉しいことですよね。 損得勘定がない 「気の置けない仲間」は損得感情を相手に持ってはいません。 自分がこれだけ出したのに、相手これだけしか出していない。 そんな風に思うのは、もう友達でも仲間でもありません。 そして恋愛においても同じように言い切ることができます。 多くのまともな人は大切な存在にそんなことを求めません。 相手より損しないように、またこれだけやったのに、なんでなんてことはまず考えません。 それは気を遣っていたり、単純にわがまますぎることがあるでしょう。 また上から見ているので、パートナーや仲間だという認識で接してはいないのですね。 自分と同じようにとまでは行きませんが、自分のことであるように考えられているのが「気の置けない仲間」というものです。 相手のためにいろいろ協力したいと思える 「気の置けない仲間」がいる場合は、その人のためにいろいろ協力したいと思うことがあります。 それに理由なんてありません。 気を使っていない仲間に対しては、それだけで認めていることですし、そしてもうすでになくてはならない存在です。 そんな人が何か困っていたりすると、力になれずとも協力しようと必ず思えます。 些細なことでもそうですね! 何か知りたいことがあって、自分が知っていることなら大概のことは教えます。 こんな知識が欲しいと言ってくれば、教えるのなんて当たり前のことです。 力仕事が必要だったり、何か代わりにやってあげれることもそうです。 もし喧嘩してもまた仲直りできる間柄 気の置ける仲間というものは、たとえ喧嘩をしてしまっても、その人の本性を知っていて、それを信じているのであれば、どうということはありません。 確かに仲直りすることや相手に腹をたてることを直すのには、時間や苛立ちもあるでしょう。 しかし、いつもの仲間を知っていれば、また裏切ることをしない人だと分かっていれば、必ず仲間でい続けられるのです。 「気の置けない仲間」というのは、いろいろなことを知っているので、本当のその人を知っています。 なので、それを知っていて仲間でいるので、仲直りは訪れるのですね。 もし仲直りをしない、もしくはしたくないと思うのであれば、その相手の本性が嫌いだったり間違っているからです。 家族ぐるみでも付き合うことができる 「気の置けない仲間」というものは、家族ぐるみでも付き合うことができるものです。 またはもうすでにしていることが多くあります。 家族同士が付き合うことができるのは、まさに気の置けない仲間でもありますし、根本的に信頼し会えている証拠ですね。 親は自分に似ているところがあります。 その家族同士で仲良くできているのは、仲間同士が合っているということでもありますね。 人間的に考えても、家族ぐるみで付き合うことができるのは、とても良好でしょう。 また本当のところで信頼し会えていないと、家族一緒に、または家族を交えていることはできないでしょう。 家族の状況まで詳しくわかる 「気の置けない仲間の場合」は仲間の家族のことも知っているものです。 もうすでに会っていることがほとんどで、もし会っていなくてもその家族のことは自然と知っていくでしょう。 さらに知りたいと自然と思っているので、知らずと聞いているのですね。 気がつけば、仲間の家族の状況は詳しくわかることができています。 また家族に何かあるのであれば、同じように心配することができて、とてもステキなことですよね。 仲間の家族のことを心配できるのは、その仲間を身近に感じられている何よりの証拠でもあるのです。 きっとあなたの日常に欠かせない人になっていてくれて、あなたも仲間にとってそう思ってもらえていたら、こんなに嬉しいことは他になかなかないでしょう。 もし仲間がまだいない、特に「気の置けない仲間」が実際にいない場合は、これから自分のことを大切にしてくれる仲間がきっといると思いますよ。 私たち人間は生まれてきてひとりぼっちなんてことは絶対にないと思います。 仲間が欲しい。 そんな風に思えているあなたなら、きっと仲間ができるその日も訪れることでしょう。 まずは、そんな仲間ができたなら、相手を思いやる心を持てたら素晴らしいですね! きっと大丈夫。 「気の置けない仲間」ならそれも自然とできているので、意識しすぎる必要はないのですから。 気を使いすぎなくていい関係。 それが「気の置けない」仲間です。

次の

「気が置けない」と「気が置ける」の区別の仕方

気 の おけ ない 意味

本来の意味は良い意味でも間違ってしまうと相手に不快に思われてしまいます。 ここでは「気が置けない」について紹介します。 間違えやすいもの• 「気が置けない」 と• 「気が置ける」 例えば、「気が置けない友人」と「気が置ける友人」のどちらが親友と言えるでしょうか?時々わからなくなってしまいます。 区別する方法• 気が置ける人 「気が置ける」人と言うと、実は気を許せない、油断ならない人の意味になってしまいます。 覚え方 「あれ?これってどっちだっけ?」と迷ったときにすぐ思い出せるように、「気が 置けない」は「気を 使わない」と覚えましょう。 注意する点 この言葉は逆の意味に誤解して捉える人が多いので、使う前に確認した方がいいです。 「気が置ける人は、気を使わない良い友人のことよ」と言っておくと相手に誤解されません。 おわりに ここでは「気が置けない」の言葉の使い方を紹介しました。 親友に間違った意味の言葉を使わないように注意して下さい。 Twitterで紹介!.

次の