徴用 工 問題 どうなる。 徴用工問題はどうなっていますか?年末までに差し押さえた資産、...

「日韓の新たな火種か 元徴用工問題」(時論公論)

徴用 工 問題 どうなる

戦時などの非常時に、国家が国民を強制的に動員して、一定の仕事に就かせること。 また、物品を強制的に取り立てること。 引用元: 国家が国民を強制動員って、おかしくない? 韓国と日本は違う国じゃん? と素朴な疑問が浮かんできますね。 しかし、 この当時は韓国は日本の植民地となっていたので、韓国は日本という一つの国として見られていました。 そして「工」は「工員」のことです。 「工員」とは、簡単に言えば工場で働く労働者のこと。 それがのちに徴用工問題となるのですが・・・。 徴用工問題とは? 徴用がどんな意味か分かると、徴用工問題について少し見えてきます。 一言で簡単にいえば、 日本企業が韓国人に重労働をさせていたってことですね。 徴用工問題とは、 韓国民を強制労働の人員とし日本に送っていた「事実」が問題視されているということです。 しかしですね、 労働の対価としてちゃんと給料は支払われていました。 それに、韓国人のみならず日本人も同じように徴用されて労働させられていたんです。 それが「徴用」の意味でもありますからね。 じゃあなんで問題にしてるの?ってことになるんですが。 韓国としては、「 日本企業の強制動員そのものが韓国の憲法で見れば違法だ」と主張しているわけです。 分からなくはないですよね。 命令されれば有無を言わさずに労働しなければいけないなんて、今の社会ではまったくもって通用しません。 昔の社会だからという事も全く当てはまりませんね。 そういうわけでずっと徴用工問題として裁判で争ってきた経緯があるのです。 スポンサーリンク 徴用工問題は解決済み? 徴用工問題は、すでに問題ではなくて「解決済」の出来事だった? こんな事を聞いたら「はぁ?じゃあなんで今さら争ってるの?」ってことになりますよね。 実はちゃんと日韓の間で協定が結ばれている過去があるんです! それは1965年の「 日韓請求権協定」 1965年に結ばれた「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」のこと。 略称は「韓国との請求権・経済協力協定」ともいう。 両国の国交正常化のための「日韓基本条約」とともに結ばれ、日本が韓国に5億ドルの経済支援を行うことで、両国及び国民の間での請求権を完全かつ最終的に解決したとする内容。 引用元: この協定では、 日本が韓国に5億ドルの経済支援を行う この条件を日本が受ける代わりに、国と国との間で、もしくは日本人と韓国人の間で、一切の請求をしないことを約束しています。 5億ドルって日本円で500億円ですから、相当な金額ですよね・・・。 当時は今よりももっと5億ドルの価値は高いですから、日本としてもかなりの出費だったことになります。 つまり、企業に損害賠償など請求できるわけがないのです。 1965年のこの日韓請求権協定でそう決まっちゃってるんですよ。 なのに今回は賠償命令が下ってしまったんです! どうですか?理解すればするほどおかしくない?と疑問に思いますよね。 そもそも韓国が解決済みの問題を掘り起こしてないか?解決済みなんだからそれを素直に認めてくれ!と言いたくなります・・・。 これからも徴用工問題で追加賠償金が? 今回4人の元徴用工に4000万円の賠償金が支払われることになりましたが、その影響が広がる可能性も・・・。 当時の韓国人の元徴用工は、韓国政府の統計によると 22万人いるとされているんですよ。 22万人ですよ? 一人には賠償金が認められて、他の人には認められない。 これって平等な立場からみたらおかしいですよね?? もし残りの22万人にも賠償金を支払う命令が下されたら・・・。 1人1000万円だとしても 2兆円くらいになるっていうね・・・。 一部では、 慰安婦問題で日本からこれ以上お金をむしり取れないから徴用工問題に切り替えてきた!なんてことも言われています・・・。 スポンサーリンク 徴用工裁判は今後の日韓関係にどう影響? 今回の賠償金請求を受けて、安倍首相は「今般の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ。 」と言っています。 まさしくそのとおり、前述してきたように解決済みの問題なのでほんっとに今回の対応は「あり得ない」んです! 今までとっても仲がよかったよね〜とお世辞でも言えない日韓関係。 今回の件でさらに関係が冷え込むのは目に見えています・・・。 韓流アイドルとかはどんどん日本に入ってきて大人気なのに、なんで国と国は仲良く出来ないもんかね〜ってそう思いませんか?w 具体的に日韓関係に影響するポイントとしては• 外交関係の摩擦• 日本企業の韓国でのビジネスに悪影響• 韓国への投資自体が冷え込む こんな事が挙げられています。 新日鉄住金も日本政府も1円たりとも支払うべきではない。 安倍政権は命運をかけて対処しなくてはならない。 韓国政府は日韓請求権協定も破棄したも同然💢 — y,fukuchan yfukuchan6 徴用工の解決済み問題の蒸し返しは本来はこれまでの数々の合意、約束、不当な国旗の侮辱、一時代前なら戦争になる重大事だ。 安倍さんは毅然として対応すると述べた、毅然とは何をするのか、うやむやなら黙っている方がいい。 やるなら断交ゴールへスタートを切るべきだ、トランプさんに笑われるよ。 — kirishima fftakafe 日韓合意ですら全くあり得ない合意なのに更にそれを破られて旭日旗、竹島、徴用工etc・・・これで何にもしなかったら日本終わってんな・・・ — kuro 8 kurosaiD16 いろんな意見がありますが、毅然とした対応を取ると言っている安倍首相が具体的にどういう行動を取るのか、みなさん注目されているみたいですね。 今後も世論を交えながら激論が繰り返されていく事と思います。 まとめ 徴用工問題とは?今後の日韓関係にどう影響?分かりやすく解説! と題して、なるべく分かりやすく、難しい言葉を避けて説明したつもりです。 今後の安倍首相の対応が気になる所。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

徴用工裁判とは?わかりやすく解説!日本企業はどうなるの?

徴用 工 問題 どうなる

韓国の最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工問題で韓国の被害者支援団体は日本が新元号「令和」をスタートさせた5月1日、すでに差し押さえていた韓国内の日本製鉄(旧新日鉄住金)の資産(約9300万円)と不二越の資産(7千2百万)に対して売却命令を出すよう裁判所に申請した。 被害者支援団体は売却の手続きに入った理由について「裁判所が賠償責任を認定したにもかかわらず、これら企業が交渉に応じない」ことと、「韓国政府に仲裁の動きがない」ことの2点を挙げていた。 日本政府は直ちに「日本企業の資産売却は絶対に受け入れられない」(菅義偉官房長官)として韓国政府に抗議したが、韓国政府は「司法の判断を尊重する」(康京和外相)と素っ気なかった。 どうやら、司法に介入する考えも、仲裁する考えも、日本企業に代わって韓国政府が賠償する考えもないようだ。 前者は、朴槿恵前政権の司法介入を糾弾しただけでなく、当時の大法院(最高裁)長官を逮捕、起訴した手前、また、後者は日本企業にかわって税金を充てることに国民の理解が得られないことにあるようだ。 仮に日本がレッドラインとみなしている売却が行われれば、韓国は日本からそれ相応の報復措置を覚悟しなければならない。 すでに麻生太郎財務相は3月12日の衆院財務金融委員会で「関税、送金の停止、ビザの発給停止とかいろいろな報復措置があろうかと思う」と述べていた。 菅官房長官は報復措置の内容について「手の内を明かすことになる」として言及しなかったが、韓国側が想定しているのは以下の9項目である。 報復措置のカードを切る順序は別にしても段階的に、それも陰に陽に韓国が降参するまで日本はプレッシャーを掛けていくことになるだろう。 韓国が最も恐れ、警戒しているのが韓国への部品、素材の輸出中断と韓国製品への関税強化である。 日韓貿易品目をみれば、日本の対韓輸出品目は原子炉、機械類の核心部品、半導体部品、光化学機器、測定機器、検査機器、精密機械の核心部分が相当部分を占めている。 主力輸出品である半導体、平面ディスプレイ等は日本製の中間財(部品や素材)と資本財(製造機械)に依存する構造にあり、日本にとって代わる国は他にない。 どれもこれも韓国への輸出がストップすれば、韓国が被るダメージは大きい。 特に韓国にとって最も辛いのは、半導体製造に欠かせない「フッ化水素」など核心素材と部品の韓国への輸出が規制されることである。 昨年の韓国の半導体の輸出増加率は前年同期比57.4%の増。 日本からの製造用装備輸入も必然的に増加し、昨年だけで57億ドルに達し、2016年度に比べて127%も増加した。 従って、半導体装備や素材などの対韓輸出が規制された場合、供給不足の状況に陥り、韓国経済の最大の稼ぎ手であるサムソンを含む韓国の半導体業界は大きな打撃を被る 関税強化の報復措置についても、例えば化学、素材業者の場合、日本との取引が活発で、合弁企業が多いだけに関税が上がれば、直撃を受けることになる。 韓国統計庁によると、すでに2017年1年だけで韓国では5,138の企業が日韓貿易から手を引いている。 貿易額は6億8千百万ドルに上る。 昨年も5,459の企業が日本との貿易を止めており、この2年間で1万を超える企業が日本との商売を放棄したことになる。 日本の報復措置は「日韓貿易戦争」を招き、韓国で黒字を出している85%の日本の韓国進出企業にも相当なダメージを与えることになるが、日本の韓国貿易への依存度(輸出の対GDP比率)が2012年の44.8%から2017年の37.49%まで落ちていることもあって、日本は強気である。 資産が売却され、現金化するまでまだ時間が残されているが、仮に文在寅政権がこのまま対処しない場合、返り血を浴びてでも「伝家の宝刀」を切るのか?安倍政権の「本気度」が試されることになりそうだ。 北朝鮮は二度目の小泉訪朝の際なぜ「ゼロ回答」だったのか! スウェーデンのストックホルムで行われた日朝政府間協議(2014年5月29日)で北朝鮮は拉致被害者の再調査に応じることに同意した。 これにより、拉致問題の進展が期待されているが、北朝鮮は今度こそ、真相を明らかにするのだろうか? 小泉総理の二度目の訪朝(2004年5月)では金正日前政権は白紙に戻しての再調査を約束したが、その年の11月に通告された調査結果は「ゼロ回答」だった。 なぜ、「ゼロ回答」に終わったのか、その理由について北朝鮮の情報機関に精通している元人民軍偵察局大尉(金国石)に当時、直接聞いてみた。 一世紀前に起きた日本の植民地問題もある。 北朝鮮はその面で不満を持っている。 北朝鮮は日本側の要求を10分の1解決すれば、ボールを日本側に投げてくるはずだ。 必ず、過去の補償、賠償問題も持ち出すはずだ。 だから、日本政府も知恵を働かせて解決する必要がある。 それには対話が必要だ。 特に軽視できないのは、拉致問題の対応への軍部の不満だ。 北朝鮮軍部は2002年9月17日の首脳会談以降の日本国内での反北朝鮮世論の高まりや日本国民の北朝鮮を見る視覚が大変、極限的な状況になってしまったことを問題視している。 拉致を認めたため対外的に窮地に陥ってしまった。 特に朝鮮総連はダメージを受けた。 金委員長個人に対する批判は絶対にありえない話だ。 但し、金委員長が日本の首相に対面して、拉致問題や工作を認め、遺憾を表明したことに羞恥心を感じている。 軍人ならば当然だと思う。 また、金委員長が日本の首相の前で謝罪しなければならなかったこともそうだ。 別なやり方があったと非難している。 例えば、金委員長が謝らず、下級官吏らに対応させればよかったと。 結局、金委員長に恥をかかせたと怒っている。 自分らが神のように崇拝している金委員長が敵国である日本の首相の面前で謝罪させたしまったと言うことだ。 軍部忠誠者らにとってはそれを目にすること自体が辛いわけだ。 「必ずしも日本側が提示した10人の安否不明者に限った、死亡したとされた人達に限ってのみ調査するとは思われない。 というのも、死亡したと発表した人達を出すことは、北朝鮮としては困る。 「特殊工作機関に勤めていた経験からして、例えば金正日政治軍事大学は全的に対外工作員を育成する学校である。 学校で数年間日本語を教えていれば、多数の人に顔を知られ、学校のすべての流れや状況も把握できる。 日本から膨大な経済支援や金銭の見返りを手に入れることがあったとしても彼らを出すことは、それにひけを取らない損失であると彼らなりに判断しているはずだ。 日本人を利用している機関は、対外情報などを統括する、安保にかかわる重要な機関だ。 そこで働いている人達を容易には認められないと思う。 今も生存しているとすれば、彼らを生かして返す可能性は薄いとみたほうがよい。 現状では不可能かもしれない。 前回は人民武力相(国防相)が出た。 前回の首脳会談では金委員長は拉致を認めた。 拉致を認めれば、おそらく日本が感謝し、朝日関係が前進すると思ったからだ。 南北首脳会談のように前進があると思ったはずだ。 しかし、全く逆の結果になってしまった。 軍部の人は、このことは判断ミスとみなし、金委員長に拉致を認めるべきと進言した会談主導者らを問責している。 北朝鮮が一旦死亡したと発表した10人が生存していると発表すれば、収拾できなくなると思っている。 仮に生存者として一人、あるいは二人返した場合、日本側は残りの人も生存していると言うのは間違いない。 そうなれば、収拾が付かなくなる。 軍部及び情報機関のトップは『生存していると発表してはならない、死んだままにしたほうがよい』と進言し、金委員長もそれを受け入れようとしている。 そうなれば、いくら金委員長でも、『生存していた』と発表するのは不可能だと思う。 但し、再調査したら、発表してなかった別の人物が出てくる可能性はある。 「軍部や労働党連絡所、対外工作員育成所で働いていた日本人はなるべくなら『廃棄処分』にしてしまうのではないだろうか。 日本に戻しても大丈夫との判断がつくまでの間は絶対に明らかにしないと思う。 労働党、国家安全保衛部、軍部、これは金正日政権を支える守護勢力、基本集団だ。 最高指導者とはいえ、彼らの立場は無視できない。 北朝鮮なりの国益のかかった問題なので、解決には多くの時間を要することになると思う。 今後認めるにしても、彼らが高齢となるか、記憶が乏しくなるか、もう使い道がなくなった時点ではないか。 あるいは、次の体制下(金正恩体制)で明らかにすることはあるかもしれない」.

次の

徴用工 アメリカや韓国内の資産差し押さえ!今後どうなる?対抗措置は?

徴用 工 問題 どうなる

元徴用工、資産差し押さえへ強制執行を申請 徴用工訴訟問題とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国での日本企業の募集や 徴用により労働した元労働者及びその遺族による訴訟問題のことです。 元労働者は奴隷のように扱われたとし、現地の複数の日本企業を相手に多くの人が訴訟を起こしています。 慰安婦問題もと同様、過去のしがらみを理由とした、韓国から日本への経済制裁ですね。 この問題を巡って対立する日韓でしたが、2日、複数の韓国メディアが元徴用工の韓国人への賠償を新日鉄住金に命じた韓国大法院(最高裁)の判決を踏まえ、 元徴用工側が、新日鉄住金が韓国国内に持つ資産を差し押さえるよう裁判所に強制執行を申請しました。 確定判決を受けたにもかかわらず新日鉄が判決を履行しないための強制執行ですが、 そもそも新日鉄は支払う義務はあるのでしょうか? 新日鉄の支払い義務は無い 結論から言うと、新日鉄に支払いの義務はありません。 日韓基本条約でそういった分(過去の清算)の補償金を既に日本政府が韓国政府に払っています。 しかし韓国政府はそのお金を個人補償にあてずに経済発展のための費用に使ってしまい「日本は一切賠償金を出してないから個人補償は日本がやるのが当然」だと主張しています。 韓国裁判所が関与出来るのは韓国国内のみで、もし日本に干渉しようとするなら内政干渉になるので大問題となります。 徴用工問題 今度どうなる? それでは、このまま新日鉄などの日本企業が支払いをしなかった場合、今後この問題はどうなっていくのでしょうか? 今後の展開としては以下のようなパターンが考えられるのではないでしょうか? 1)韓国政府に立法措置を促す まず日韓請求権協定の趣旨にのっとり、韓国政府が請求の権利がある元徴用工に対して賠償を行う。 そのような立法措置をとることを要請。 2)第三者の判断:国際司法裁判所(ICJ) 韓国政府が元徴用工への補償に対する立法措置をとらないとなれば、次の手段は、第三者に決めてもらう、つまり、国際司法裁判所(ICJ)に提訴する また、2013年ごろの韓国地方裁判所で徴用工に対する賠償支払いの判決(日本企業に支払いを命ずる判決)がでており、この時、 「最高裁で日本企業の敗訴した場合には、国際司法裁判所へ提訴する」という話が出ています。 しかし、国際司法裁判所への提訴は、両国の同意が必要。 1)両国同意のうえで共同付託 2)韓国が応じない場合には、日本が単独で提訴して、その後韓国の同意を得る という2つの流れがありますが、どちらも相手国(韓国)の同意が必要のようです。 しかし韓国の同意を得るのは難しい、との予想が大半ですが、 同意をしない場合も、どうして同意をしないかの説明義務は発生するみたいです。 資産差し押さえの対抗措置は? 韓国による資産差し押さえへの対抗措置として日本政府は以下のように考えているようです。 日本政府は、元徴用工らへの賠償命令を受けた日本企業の資産が韓国で差し押さえられた場合、日本国内の韓国側の資産を差し押さえる対抗措置の検討に入った。 この措置は相手国の国際法違反行為に対して国連が条件付きで認めている。 実現のハードルは高いが、強硬手段をちらつかせて韓国政府に賠償判決への対応を迫る思惑もありそうだ。 」 毎日新聞 具体的な対抗措置はまだ名言していないものの、やはり国際法違反行為として国際司法裁判所に申請して対抗をするのでしょう。 また余談ですが、これを報じたのは、比較的「政権寄り」な記事を書くことが多い産経新聞や読売新聞ではなく、安倍政権に批判的なメディアの1つである「毎日新聞」です。

次の