ゴミ屋敷 片付け 自力。 ゴミ屋敷片付け業者の料金費用は?業者に頼むメリットとデメリットも解説!

ゴミ屋敷業者の片付け費用と料金相場

ゴミ屋敷 片付け 自力

部屋がいつの間にかゴミ屋敷に… テレビに映るゴミ屋敷の様子を見て、どうしてあそこまでの状態になってしまう前に、何とかしなかったのだろうという疑問を感じる人もいるでしょう。 しかし、そういったゴミ屋敷は多くの場合、一朝一夕に生まれたものではありません。 ものが少しずつ家の中に増えて行ってしまい、気が付いた時にはもう手が付けられないほどひどい状態になってしまうのです。 片付けるのが面倒 部屋がゴミ屋敷状態になるのも、それと同じような流れです。 ものが増えた時にすぐ整理したり、ゴミが出た時にすぐ処分したりすれば良いのですが、仕事などで忙しい、疲れていて片付けを行う気にならないといった理由で、手を付けないでいることもあるでしょう。 そのような状態が長く続くと、いつの間にか部屋の中がものであふれてしまい、どうすれば良いのかと途方に暮れてしまうことは珍しくありません。 掃除をするとこんな良いことが! 自分の部屋がゴミ屋敷になってしまったら、もう掃除なんてする気になれないと思ってしまう人が多いかも知れません。 しかし掃除をすれば色々と良いことがあるので、そういったことをイメージすると、掃除しようというやる気につながるでしょう。 そのような例としては、探していたけどずっと見つからなかった、または存在そのものを忘れてしまっていた大事な物が出てくることがまず挙げられます。 人生も好転する? それ以外にも、家に帰るのが楽しくなる、自分の部屋でやれることが増える、友だちや好きな人などを招待しようという気になれるなど、色々な良いことがあると考えられます。 さらに、掃除することにより部屋がきれいになると、運気が上がって人生が良い方に動いていくことも期待できると言われています。 自力で掃除できるの? 掃除をするとうれしいことがあったり、運気が良くなったような気がしたりすることがわかって、自分も掃除をしてみようかという気になっても、いざそれを実行しようとすると不安になってしまうこともあるでしょう。 特にゴミ屋敷となってしまっている部屋を前にすると、これを自力で掃除できるのだろうかという心配が出て来て、一気にやる気がしぼんでしまうことがあるかも知れません。 順番に片付ければできる しかし、千里の道も一歩からということわざが示しているように、困難なことを一気に済ませようとするのではなく、少しずつでも進めて行こうとすることが肝心です。 ゴミ屋敷状態の部屋の掃除がどんなに大変なことでも、頑張って最初の一歩を踏み出せば、解決への道筋が見えてくるでしょう。 掃除に必要なもの ゴミ屋敷となった部屋の掃除を始める前には、必要なので準備しておくべきものが色々とあります。 中でも非常に重要になるのが、ゴミや不用品などの捨てるものを入れるためのビニール袋です。 捨てようか、保管しておこうかで迷ってしまうものをとりあえず入れておくために、段ボール箱を準備しておくと良いでしょう。 ゴミやその中に隠れているものの中には、素手で触れると気持ち悪いものや、手に傷つけてしまうものがある場合が考えられるので、軍手やゴム手袋も必要です。 また掃除の際には大量のホコリが空気中に舞い上がるので、マスクを用意しておくとそれを吸い込まずに済みます。 普段の掃除で使うものも もちろん、ホウキや雑巾、住居用洗剤といった掃除自体に必要となるものも用意しなければなりません。 近年ではシートの部分が使い捨てのフローリングモップや、ホコリをしっかりと絡めとるハンディモップといった便利なグッズもあるので、それらを活用するのも良いでしょう。 掃除の手順 必要となるものが用意できたら、次はいよいよ本番の掃除に取りかかることになります。 ゴミ屋敷状態の部屋の掃除となれば、効率良くやらなければ無駄に時間を浪費してしまうので、その手順を考えることが大事です。 まずは明らかにゴミと判断できるものや、もう使わないことが確実だと思うものなどを、ゴミ袋に詰めて行くことから始めます。 今後も必要だけど一時的に移動させられるものや、捨てるかどうかがすぐに決められないものは段ボール箱などに入れておき、ゴミ袋と一緒に部屋から出しておくとその後の手順が楽になるでしょう。 床が見えてきたら そうすると、かなりものが減って床が見えて来るでしょうから、ホコリをホウキやで掃除機で取り除いたり、雑巾やフローリングモップで汚れを拭き取ります。 床だけではなく家具や壁などに付着したホコリや汚れも、雑巾やハンディモップで取り除きます。 そのようにして部屋全体がきれいになったら、後は必要なものだけを再び配置すると、見ためがスッキリして生活しやすい部屋になるはずです。 それでも片付かない時は ここまで見てきたように、ゴミ屋敷のようになってしまった部屋の中も、一念発起して掃除に取りかかれば、自力できれいにすることが可能だと言えます。 しかし、あまりにもゴミや不用品が部屋の中に積み上げられすぎていると、それらを片付けるのは困難だと思ってしまう場合もあるでしょう。 一度はやる気を振り絞って掃除に取りかかっても、時間と労力を浪費するだけで全然片付けが進まなくて、やる気が失われてしまうことは珍しくないのです。 やる気が出ない場合 そのような時には、部屋をきれいにすること自体ではなく、自力でという部分だけを諦めると良いかも知れません。 プロの清掃業者の手を借りるのです。 業者に片付けを依頼すると、大きな費用がかかるのではないかと心配する人もいるでしょうが、意外にリーズナブルな価格で引き受けてくれる業者も少なくありません。 まずはネットで情報を集めるなどして、自分の希望に合った業者を探して片付けを依頼すると、ゴミ屋敷での生活から脱出することができるでしょう。

次の

自分でできるゴミ屋敷の片付け・掃除方法

ゴミ屋敷 片付け 自力

ゴミ屋敷の片付けでは、捨てることが一番大切になります。 ゴミ屋敷のように物が非常に多い部屋では、とにかく物の量を減らしていくことをしなければ片付けを完了できないのです。 ゴミ屋敷の片付けにおいては、自力で行うやり方と業者に依頼するやり方の2つのパターンがあります。 自力でゴミ屋敷の片付けを行う場合には、下記の手順に則って行うのが良いでしょう。 事前の準備を行う• 片付ける部屋を決める• 部屋の1か所を選んで、そこにある物を出す• 出したものを「必要」「不要」でごみ袋に入れていく• 「不要」なものはゴミとして捨てて、「必要」なものは収納する• 「上から下に」を意識して掃除を行う 自力でゴミ屋敷の片付けを始めてみたら「思った以上に大変だった・・・」という場合には、ゴミ屋敷片付け業者に依頼すれば良いでしょう。 ゴミ屋敷片付け業者に依頼する際の手順は下記のとおりです。 どこまで片付けたいのかを決める• いつまでに片付けたいのかを決める• ゴミ屋敷片付けに出せる予算を決める• ゴミ屋敷片付け業者をインターネットなどで調べる• 信頼できそうなゴミ屋敷片付け業者にお見積りに来てもらう• 金額や作業日に納得したら依頼して片付けてもらう ゴミ屋敷片付けはコツを知っているかどうかで効率が2倍以上変わってきます。 自力でゴミ屋敷片付けをするにしても、業者にゴミ屋敷片付けをしてもらうにしても、ゴミ屋敷片付けの基本的な知識を学んでおいて損はありません。 ぜひ最後まで読んでいってください。 オコマリは、ゴミ屋敷片付けを始め遺品整理や生前整理、片付け、木の伐採や剪定といった生活のお困り事を解決するサービスを提供しています。 ゴミ屋敷片付けに関して専門知識のあるスタッフが親身になって無料で相談に乗っておりますので、0120-916-397までご相談いただければと思います。 オコマリのゴミ屋敷片付けのサービスの詳細については、「」のページからご確認いただけます。 ご相談内容は秘密厳守いたしますので、安心してご連絡ください。 ゴミ屋敷の片付け方とは?自力が無理なら業者に依頼しよう ゴミ屋敷の片付け方は、自力で行うか、ゴミ屋敷片付け業者に依頼するかの2パターンあるとお伝えしました。 オコマリにゴミ屋敷片付けのお問い合わせや相談をいただいて、「まずは自力と業者のどちらで片付けるべきでしょうか?」という質問を受けた際には「 まずは自力で行って、無理そうであれば業者に依頼するのが良いですよ」とお伝えしています。 まずは自力でゴミ屋敷片付けを行うことを進めている理由は3つあります。 貴重品を先に分けておくため• 同じようになりたくない!と反省の気持ちを持つため• ゴミ屋敷片付けの費用を格安にするため まず、ゴミ屋敷といっても現金や貴金属類などお金になるものも混ざっているはずです。 これらを先に自分で仕分けしておくことで、後々ゴミ屋敷片付け業者に作業してもらったとしても安心して任せられます。 「ゴミ屋敷片付け業者の選び方はしっかりと!」でお伝えしますが、ゴミ屋敷片付け業者の中には悪徳な業者もいて、悪徳なゴミ屋敷片付け業者に依頼してしまうと不当な追加料金や私物の盗難被害などに逢ってしまうのです。 特に現金や貴金属類は、軽くて小さいために簡単にゴミ屋敷片付け業者の作業員のポケットに入れられてしまいます。 安心して依頼するためにも、まずは自分で貴重品の片付けだけは行っておきましょう。 また、ゴミ屋敷片付けを自力でやろうとすると想像以上に大変だということが身をもって理解できます。 一度自力で片付けることで、「もう二度とゴミ屋敷にはしたくない」と自戒の念を持つことができるのでオススメしています。 最後の理由は、自力でゴミ屋敷の片付けを行っておくことで、ゴミ屋敷の片付け費用を格安にすることができます。 ゴミ屋敷片付けを業者に依頼する場合の費用の決まり方は、「どれくらいの物が部屋にあるのか?」という点だけです。 したがって、 事前に自分でゴミ屋敷片付けを行っておくことで、ゴミ屋敷片付け業者の依頼費用を下げることができるのです。 ゴミ屋敷の自力での片付け方とは? ゴミ屋敷を自力で片付けるには、自力でのゴミ屋敷の片付け方を学んで実践することが何よりも大切です。 また ゴミ屋敷から脱却するには、「捨てる」という行為を必ず行うようにしましょう。 ゴミ屋敷の片付け方を紹介している本などでもただ単に「整理整頓すればよい」と書いてあることがありますが、それは間違いです。 ゴミ屋敷は物が多いからゴミ屋敷なので、しっかりと部屋にある物を減らすようにしましょう。 ゴミ屋敷の自力での片付け方の手順は、冒頭でもお伝えしましたが下記の通りで行っていきましょう。 事前の準備を行う• 片付ける部屋を決める• 部屋の1か所を選んで、そこにある物を出す• 出したものを「必要」「不要」でごみ袋に入れていく• 「不要」なものはゴミとして捨てて、「必要」なものは収納する• 「上から下に」を意識して掃除を行う それでは、それぞれの自力での片付け方の手順をご紹介していきます。 事前の準備を行う ゴミ屋敷の自力での片付け方の1つ目の手順は、ゴミ屋敷の片付けの事前の準備を行うことです。 マスクと手袋、そしてゴミ袋は最低限準備するようにしましょう。 下記には自力でゴミ屋敷片付けを行う際に準備しておくべきことを表にまとめてみました。 事前に準備すべきもの 必要な理由 マスク 片付けを長く行っていないとホコリなどが溜まっており、片付けを始めると空気中に舞い上がってきます。 咳き込んだり、目が痛くなったりする原因にもなりますので、マスクは着用しましょう 手袋 ゴム手袋なら液体がしみ込みにくく、掴んだら滑りにくいのでオススメです。 軍手だと液体に弱く、鋭利なものが隙間から刺さってしまうケースもありますので注意しましょう ゴミ袋 最低でも45リットルのゴミ袋は用意しましょう。 小さいゴミ袋だと一気に不要なものを入れていけないので効率が悪くなってしまいます。 自治体によっては指定のゴミ袋があるので、その場合には指定のものを使いましょう 段ボール 必要なものを仕分けしておく箱として重宝します。 段ボールに入れておけば、仕分けした必要なものをそのまま収納することもできるのでオススメです 掃除用具 ゴミ屋敷片付けの終盤には掃除も行いますので、その際に使用します。 箒や塵取り、雑巾くらいは最低限用意しましょう 友人や家族 自力で片付けるのは非常に手間がかかります。 人は多いほど早く作業は進むので、応援に来てくれないか呼び掛けましょう 自治体のゴミ出しの日の表 ゴミ出しの日を把握していないと、せっかく不要なものをまとめても処分することができません。 可燃ごみ・不燃ごみ・資源ごみ・粗大ごみの処分方法や処分できる曜日は最低限知っておきましょう 自力でゴミ屋敷片付けを行う際に準備しておくべきことをまとめてみましたが、 一番大事なのは「自治体のゴミ出しの日の表」です。 例えば東京都渋谷区の場合不燃ごみの日が1か月に1度なので、それまでは不燃ごみのゴミ袋は部屋の中で保管しておく必要があります。 そうするとそれまではゴミ屋敷片付けを終了することができません。 また粗大ごみはインターネットで申し込みしておかないと処分できないのです。 自治体によって全くルールが異なるので、まずは自分が住んでいる自治体のゴミ捨てのルールを学ぶところから始めましょう。 片付ける部屋を決める ゴミ屋敷の自力での片付け方の2つ目の手順は、片付ける部屋を決める事です。 オススメは狭いスペースから始めることですので、玄関が一番良いでしょう。 玄関はゴミ袋をまとめて置いておく場所でもありますし、ゴミ袋などの通り道でもあります。 玄関が通れないと何も搬出できませんので玄関なのです。 下記には部屋別の片付けの優先度をまとめた表になります。 ゴミ屋敷の片付けに不慣れなのであれば、出来るだけ狭い部屋から行っていくことをオススメします。 そして慣れてきたら広い部屋に挑戦する方が途中で挫折せずにやり遂げることができます。 絶対に避けたいのは、複数の部屋を同時並行で片付けることです。 複数の部屋を同時並行で片付けると進捗感を感じることが出来ずに「全然進まない・・・やーめた」となってしまう確率が高くなります。 ゴミ屋敷を自力で片付ける際には必ず一部屋ずつ終わらせていきましょう。 片付けの優先度 部屋 片付けの優先度が高い理由 高い 玄関 物の通り道なので、ここが片付かないと他のゴミ袋などを搬出することができません。 ゴミの量を減らすためにも優先的に片付けましょう 普通~高い トイレ スペースが狭いことから片付けを簡単に終えられるのでオススメです。 ただし、トイレが問題なく使える状態であれば一旦スキップしても良いでしょう 普通~高い お風呂 トイレと同様にスペースが狭いことが多いので、簡単に片付けられてオススメです。 1日のうちで使う頻度は高くないので、他の場所が終わってからでも良いでしょう 普通~高い 寝室 部屋の広さとしては少し大きくなるので片付けの難易度は上がります。 自力で片付ける場合には人数を集めて一気にやってしまう方が短時間で終わります 低い キッチン キッチンを多用する人は優先度を上げても良いでしょう。 しかし基本的に外食の方には優先度は低くて問題ありません。 スペースは狭いケースが多いので、片付けの難易度は比較的低めです 部屋の1か所を選んで、そこにある物を出す ゴミ屋敷の自力での片付け方の3つ目の手順は、選んだ部屋のある場所(例えば押入れやクローゼット)を決めて、そこにあるものを一度すべて出すのです。 すべて出すことで、そこに何が閉まってあるのかを把握することができます。 ただし、ゴミ屋敷となるとすべてを出すことが難しい場合もあるでしょう。 その場合には出せるだけ出して、次のステップに進みましょう。 出したものを「必要」「不要」でごみ袋に入れていく ゴミ屋敷の自力での片付け方の4つ目の手順は、手順の3で出したものを「必要」「不要」の判断をしていき、不要なものはゴミ袋へ入れて必要なものは段ボール箱に入れていきましょう。 ここで大事なのは「 判断に迷ったら保留箱に入れておく」ということです。 ゴミ屋敷の片付けでは物が多いため一度手が止まると、時間がどんどん経ってしまいます。 したがって、 1品の判断にかけてよい時間は「5秒」としておきましょう。 それ以上のものは「保留」としておいて、「保留箱」という段ボール箱を準備して入れておきましょう。 ゴミ屋敷の片付けをしているので、全体のうち約6~8割は「不要」と判断するようにしましょう。 最初に申し上げたように、ゴミ屋敷の片付けで大事なのは「捨てる」ということです。 捨てることをしなければ、ゴミ屋敷の片付けは成功しませんので心を鬼にして捨てるようにしましょう。 「不要」なものはゴミとして捨てて、「必要」なものは収納する ゴミ屋敷の自力での片付け方の5つ目の手順は、「不要」と判断したものは「売ってお金にしよう」と考えるのではなく「捨てる」ようにするのと、「必要」と判断したものは収納していきましょう。 自力でゴミ屋敷片付けを行っていると、「これは売れそうかな・・・」と思って手が止まったり、「不要」と判断したものを「必要」にしたりとしてしまうものです。 しかし、自力でのゴミ屋敷片付けの成功のカギは「捨てる」だとお伝えした通り、 捨てて物が減っていかないと片付けは上手くいきません。 確かに売れれば物の量が減るわけですが、売れるまでの期間は部屋にずっと残ったままになります。 そうなるとゴミ屋敷の片付けが全く前に進まないのです。 したがって、 原則としては捨てるようにして、本当に高いもの、価値のある物は売るようにしましょう。 また、「必要」だと判断したものは、1つの部屋の片付けが終了したら綺麗に収納していきましょう。 すべての部屋が終わらなくても、ある1つの部屋が片付けば収納をしても問題ありません。 もちろん、すべてを終えてからがよいという方は、そのようにしても構いません。 「上から下に」を意識して掃除を行う ゴミ屋敷の自力での片付け方の6つ目の手順は、1つの部屋のゴミ屋敷片付けが終わったら掃除を行っていくことです。 その際には「上から下に」を意識して掃除をします。 例えば電球やカーテンレール、タンスの上など上のホコリや汚れから掃除していくと、下に落ちたとしても後々掃除ができるので綺麗になるということです。 ゴミ屋敷の場合には床に物が溜まっているケースが多いと思いますので、床上の掃除は念入りに行いましょう。 ここまでの手順をすべての部屋で行えばゴミ屋敷片付けは完了 ここまでお伝えした自力でのゴミ屋敷片付けの手順の1~6を1部屋1部屋繰り返していけば、最終的にはすべての部屋の片付けが完了します。 読んでみると大変そうに見える自力でのゴミ屋敷片付けの手順ですが、実際に手を動かして慣れてくればどうってこともありません。 慣れるまでの間は大変だと感じることもあると思いますので、やはり狭い難易度の低い部屋から行うのをオススメしています。 「自力で」といっても一人で行う必要はありません。 手伝ってくれる人がいれば是非お願いして一緒にゴミ屋敷片付けをしてもらうのが良いでしょう。 一人で行うと非常に時間がかかってしまいますので、一人でも多く手伝ってもらって、素早くゴミ屋敷片付けを完了させましょう。 ゴミ屋敷片付けを業者に依頼する手順とは? ゴミ屋敷片付け業者は、依頼すれば自分はほとんど手を動かすことなく片付けをしてくれるので非常に便利です。 ゴミ屋敷片付け業者に依頼すれば、自力でゴミ屋敷片付けを行うよりも半分以上の時間で片付けを終えてくれます。 ゴミ屋敷片付けを業者に依頼する際の手順は下記のようなものが一般的です。 どこまで片付けたいのかを決める• いつまでに片付けたいのかを決める• ゴミ屋敷片付けに出せる予算を決める• ゴミ屋敷片付け業者をインターネットなどで調べる• 信頼できそうなゴミ屋敷片付け業者にお見積りに来てもらう• 金額や作業日に納得したら依頼して片付けてもらう まずは、 「どこまでを」「いつまでに」片付けたいのかを決めておきましょう。 「どこまで」というのは家全体なのか、家の一部分だけなのかということです。 ゴミ屋敷片付けの費用は、片付ける部屋の多さで変動しますので、しっかりと決めておくことが大切です。 また予算についても事前に決めておきましょう。 ゴミ屋敷片付け業者によっては「〇〇円までで行えるところまで任せたいです」という要望にも応えてくれます。 ゴミ屋敷片付けの概要が決まったら、実際に手を動かしてゴミ屋敷片付け業者を探してみましょう。 インターネットを活用すれば簡単に見つけることができるはずです。 その中から1社、もしくは複数の業者を選んでお見積りに来てもらいましょう。 「」でお伝えするゴミ屋敷片付け業者の選定基準と見比べながら、しっかりと業者の精査を行います。 ここを適当にしてしまうと、悪徳なゴミ屋敷片付け業者に依頼してしまってトラブルになる可能性があるので注意しましょう。 金額や作業日に納得がいったら依頼をして作業をしてもらいましょう。 当日の鍵開けと作業後の確認さえすれば、ゴミ屋敷の片付け中はどこにいても構いません。 「貴重品が出てくるかもしれないから立ち会いたい」という人もいれば、「すべて任せてしまいたいので、終わるまではカフェにいます」という方もいらっしゃって半分半分の割合です。 作業完了後に片付けを終えた部屋をチェックして問題なければ、ゴミ屋敷の片付け費用を支払って終了です。 これでサッパリとした部屋を手に入れることができます。 ゴミ屋敷の片付け業者に依頼するのは効率的なのか? ゴミ屋敷片付けを業者に依頼する手順を見て、「自力でゴミ屋敷片付けを行うのと、業者に依頼するのでどれくらい違いがあるのだろう?」と疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。 実は、 ゴミ屋敷片付け業者に依頼するのは自力でゴミ屋敷片付けを行うよりも非常に効率的なのです。 ゴミ屋敷という部屋にある物の量が多いこともあり、通常の片付けよりも1. 5倍~2倍の時間がかかるのです。 下記には間取り別の作業時間の比較を表にまとめてみました。 ただ、やはり時間がかかってくることは事実なので、期限が決まっているゴミ屋敷片付けであったり、自分一人だけで行うゴミ屋敷片付けであったりする場合には、ゴミ屋敷片付けを業者に依頼する方が非常に多いのが実情です。 ゴミ屋敷片付けを業者に依頼することで、時間の面においてはかなりの恩恵を受けられることになりますので、依頼するメリットは非常に大きいと言えます。 間取りが大きくなればなるほどゴミ屋敷片付け費用は高くなっていく傾向にあり、これは間取りが大きくなればそれだけ部屋にある物量が多くなっていくからです。 物量が多ければ、それだけゴミ屋敷片付け業者の作業員や作業時間が必要となるため、ゴミ屋敷片付けの費用が上がっていくのです。 つまり、3LDKのような広い部屋であっても部屋にあるゴミの量が少なければ、1Kの物の量が多い部屋よりも安く片付けられる可能性があるということです。 下記には間取り別のゴミ屋敷片付けの料金・費用相場をまとめた表を記載しました。 幅があるのは、冒頭でお伝えした部屋にある物量に関係していきます。 ちなみに、 このゴミ屋敷片付けの料金・費用相場表にはハウスクリーニングや害虫駆除などの費用は含まれていませんので、もし希望する場合には別途お見積りをしてもらう必要があります。 ゴミ屋敷片付けの料金・費用相場は、上記のように大きな幅があるのでお見積りをしっかりと取って作業を行ってもらうようにしましょう。 ゴミ屋敷片付け業者の選び方はしっかりと! ゴミ屋敷の片付け業者選びはしっかりと行わないと、悪徳なゴミ屋敷の片付け業者に出会ってしまってトラブルに巻き込まれてしまうので注意が必要です。 「」でご紹介したように、ゴミ屋敷片付けの料金・費用相場にはかなり幅があるのがお分かりいただけたかと思います。 この料金・費用相場の大きな幅を悪用して、可能な限り高い費用を請求しようとするゴミ屋敷片付け業者が後を絶ちません。 ゴミ屋敷片付け業者とのトラブル実例を表にまとめてみましたので確認してみましょう。 ゴミ屋敷片付け業者とのトラブル例 トラブルの内容 高額なゴミ屋敷片付け費用の請求 相場よりも2~3倍の片付け費用を請求されるトラブルです。 例えば、実際は50,000円で作業できるのに100,000円を請求します。 依頼者のゴミ屋敷片付けの料金・費用相場感が分かっていないことにつけ込んだ行為です 不当なゴミ屋敷片付けの追加料金 作業日当日に突然「思った以上に大変な作業だったので、追加料金〇〇円をいただきます」と言って不当な追加料金を請求するトラブルです。 依頼者が気弱そうな方だったり、お見積書がないで作業を依頼する場合に多く起こります 私物の盗難被害 ゴミ屋敷片付けの際中に出てきた現金や貴金属類を依頼者に返さずにポケットに入れてしまうトラブルです 壁やドアの破壊 ゴミ屋敷の片付け中に物を移動させる際、壁やドアに傷を付けてしまうトラブルです。 作業の質が悪いゴミ屋敷片付け業者だと頻発します 上記でお伝えしたゴミ屋敷片付け業者とのトラブルは一例に過ぎません。 ゴミ屋敷片付け業者に依頼して自分の片付けの負担を無くそうとしたにも関わらずトラブルに巻き込まれてしまっては意味がありませんので、ゴミ屋敷片付け業者の選定はしっかりと行う必要があります。 下記にはゴミ屋敷片付け業者の選定基準をまとめてみましたので、ぜひ確認してみてください。 ゴミ屋敷片付け業者の選定基準 選定基準の内容 お見積り時の服装が綺麗か ゴミ屋敷片付け業者がお見積りに来た時の服装をチェックしましょう。 だらしない格好で来ている業者には依頼しない方が身のためです お見積り時の言葉遣いが丁寧か お見積り時のゴミ屋敷片付け業者の言葉遣いをチェックしましょう。 馴れ馴れしく話す人や敬語が使えない方には依頼しない方が良いでしょう お見積り時に相談にしっかり乗ってもらえているか お見積り時にゴミ屋敷片付けのことでしっかりと相談に乗ってもらえるかをチェックしましょう。 親身になって相談に乗ってくれないのであれば、依頼しない方が良いでしょう 電話やメール対応がしっかりされているか 電話やメールで問い合わせした際の対応の丁寧さをチェックします。 作業中に電話を取るようなゴミ屋敷片付け業者には依頼しない方が良いでしょう お見積り書を紙・データでくれているか お見積り書をくれるゴミ屋敷片付け業者に依頼しましょう。 お見積り書がない業者は当日に追加料金をしてくる可能性が高くなります ゴミ屋敷片付け業者の選定基準に沿ってお見積りを依頼した業者を選定し、 少しでも怪しいと感じたらその業者には依頼しないようにしましょう。 ゴミ屋敷片付け業者の選定が大変・面倒という方もいらっしゃるかと思いますので、その際には オコマリ(0120-916-397|通話料金無料|受付時間9時~19時|土日祝も対応)までご相談いただければと思います。 お客様のご要望・ご希望をしっかりお伺いした上で最適なゴミ屋敷片付け業者をご紹介させていただきます。 ゴミ屋敷片付け業者の作業を近隣の人に知られるのが恥ずかしい場合はどうすればよい? ゴミ屋敷片付け業者の作業を恥ずかしいと感じてしまう方は、「近隣の方がいない平日に行ってもらう」「段ボールに入れて運び出してもらう」などの工夫をしてもらうと良いでしょう。 お問い合わせいただく方で深夜に作業を行えば近隣の方に知られないと思っている方もいらっしゃるのですが、深夜は逆に近隣の方が帰宅していますし、深夜で音を立ててしまって騒音トラブルに発展する可能性もあってオススメをしていません。 近隣の状況は、お住まいのマンションやアパート、一軒家の状況によって異なると思います。 ゴミ屋敷片付け業者のお見積りを取った際に、近隣の人たちの生活状況を話したうえで、どうすればできる限り恥ずかしい思いをせずに作業を行ってもらえるかを相談するようにしましょう。 ゴミ屋敷片付けを女性スタッフにお願いしたい場合には? ゴミ屋敷片付けを女性スタッフに依頼できるかは、依頼しようと考えているゴミ屋敷片付け業者に聞いてみるのが良いでしょう。 女性スタッフが勤務しているゴミ屋敷片付け業者であれば対応してくれるでしょう。 ただし気を付けないといけないのは、 女性スタッフだけで対応できるゴミ屋敷片付け業者は少ないという点です。 ゴミ屋敷片付けでは重たいものの移動や運搬がありますので、女性スタッフだけで対応するのは難しいのです。 「部屋の中に入るのは女性スタッフだけ」「部屋の中の仕分けは女性スタッフで、移動は男性スタッフ」という風にできる限り依頼者の希望に沿いつつも、女性スタッフと男性スタッフを混ぜて作業をする業者が多いようです。 基本的には女性スタッフの作業を希望しても追加料金になることはありませんが、たまに「女性スタッフは派遣で応援を呼んでいる」というゴミ屋敷片付け業者の場合には、人件費の部分で追加料金が発生する可能性もあります。 ゴミ屋敷の片付けを格安にするためのコツ ゴミ屋敷片付けを格安に行うには、自分である程度片付けておくことが一番です。 ゴミ屋敷片付けの費用は、片付ける物の量で決まるとお伝えしました。 したがって、ゴミ屋敷片付け業者が片付ける量が少なければ少ないほど、格安に作業を行ってもらえるということなのです。 重たい家具や家電はゴミ屋敷片付け業者に任せるとして、小さいゴミや生ごみ、雑誌や紙類などは自分でゴミ袋に詰め込んで捨てていけば簡単に量を減らす事ができますので試してみましょう。 また、適正なゴミ屋敷片付け業者に依頼することも格安に片付けを行うコツです。 「」でお伝えしたように、ゴミ屋敷片付け業者の中には悪徳業者が混ざっており、そのような業者に依頼すると相場の2倍・3倍も費用請求されてしまいます。 ゴミ屋敷片付けを格安で行うためにも、「自分である程度片付ける」「適正なゴミ屋敷片付け業者に依頼する」を徹底するようにしましょう。 一軒家のゴミ屋敷の片付け時間や費用相場はどれくらい? 一軒家のゴミ屋敷の片付けの作業時間や費用相場は、作業時間でいうと2~3日、費用相場であれば180,000〜600,000円になるでしょう。 一軒家のゴミ屋敷の片付けは自力で行うには相当大変です。 「」でお伝えした自力でのゴミ屋敷の片付けの作業時間は6~10日とゴミ屋敷片付け業者が行うよりも約3倍の時間はかかります。 一軒家の場合には、部屋の中だけではなく庭や物置など家の外も片付ける必要があり、さらに作業時間が必要なケースが多いです。 したがって、 一軒家のゴミ屋敷の片付けは業者に依頼した方が良いでしょう。 ゴミ屋敷片付け業者に依頼する際には、「」でご紹介した業者の選定基準をしっかりと守り、正しい業者に依頼するようにしましょう。 金額が高くなる分、ゴミ屋敷片付け業者選びも慎重になる必要があります。 もし、「ゴミ屋敷片付け業者の選定が大変・・・」「自分では選定できないからお任せしたい」という方がいらっしゃれば、 オコマリ(0120-916-397|通話料金無料|受付時間9時~19時|土日祝も対応)までご相談いただければと思います。 お客様のご要望・ご希望をしっかりお伺いした上で最適なゴミ屋敷片付け業者をご紹介させていただきます。 ゴミ屋敷の片付けバイトの探し方5選! ゴミ屋敷の片付けバイトの探し方は、最も効率的なのが業者の採用ページを確認することです。 ゴミ屋敷片付け業者のホームページを確認すれば、採用情報が掲載されているケースがあります。 もし掲載されてないならば、直接電話して聞いてみるのも良いでしょう。 下記にはゴミ屋敷片付けのバイトの探し方をまとめてみました。 ゴミ屋敷片付けのバイトの探し方 見つけやすさ 探し方の内容 業者のホームページの採用情報を確認する 見つけやすい ホームページを隈なく探して採用情報をチェックします。 ハローワークに行かなくてもインターネットから確認できます 派遣登録をしておく 普通 派遣登録をしておくと、作業員が必要な際にスポットで依頼が入るケースがあります。 スポットからの契約でいずれは定期的に作業の仕事を依頼される関係に発展するようです 「業者の採用ページを確認する」以外にも、ゴミ屋敷片付け業者に知人がいる人に紹介してもらうというのも効果的です。 なかなかそのような繋がりがないとは思いますが、もしいる場合には聞いてもらうと良いでしょう。 ゴミ屋敷片付けのバイトの時給は、1,000~2,000円というのが多いようです。 やはり「ゴミ屋敷」という現場もあるので少し高めに設定されていることが多いのです。 ゴミ屋敷の中でも「誰かが亡くなってしまっていた現場」や「糞尿が散乱している現場」などでは、その時だけは時給が高く設定されるというケースもあります。 作業員がやりたがらない現場であるがゆえに、給料で還元して対応してもらうようにしているようです。 ゴミ屋敷片付けのバイトは、「ただ単に片付ければよい」という訳ではなく、依頼者の希望や意向に則って作業を行うことが必要です。 面白半分でバイトをすることは決してせず、仕事としてしっかりと取り組むようにしましょう。 ゴミ屋敷清掃のことならオコマリ ゴミ屋敷清掃のことについて、わからないこと・不安なこと・他人には相談しづらいことなどおありかと思います。 オコマリではゴミ屋敷清掃について、予算・スケジュール・安心できる業者なのか、など様々なご質問にゴミ屋敷清掃に詳しいベテランのスタッフが親切丁寧にお答えし、お客様の不安を解消いたします。

次の

片付け業者厳選集|自力では無理!なモノ屋敷・ゴミ屋敷の片付けなら

ゴミ屋敷 片付け 自力

業者に頼むメリット ゴミ屋敷片付け、自力でやるのは諦めましょう。 プロの業者さんに頼んだほうが楽々。 即日でも対応してくれるかもしれません。 業者さんに頼むメリットを解説しますので、ご覧くださいね。 ゴミ屋敷の自力脱出はやめましょう! 自分の部屋がゴミ屋敷になってしまったとしましょう。 そこで…「散らかった部屋を見られたくないから自分でなんとかしよう」なんて思っちゃダメ!ゴミ屋敷にまでなってしまったらもう自力で片付けるのは無理よ。 躊躇している間にも、どんどん部屋は散らかって近所迷惑になってしまうから、早めに業者さんに頼んで綺麗にしてもらいましょうね。 女性は「恥ずかしい」と思うかもしれないけど、業者さんはゴミ屋敷には見慣れたもの。 あなたの部屋を見ても「汚い」なんて思わないでテキパキと片付けてくれるわ。 だってそれが仕事だもの。 部屋が片付いたら 「もっと早くに頼めばよかった」と思うはずよ。 思い立ったら即日!すぐに来てくれる業者さんに頼んでみたら?電話で話すのが恥ずかしいならメールでもOKのところに頼むと良いわよ。 ゴミ屋敷片付け業者さんに頼むメリットとは? ゴミ屋敷の片付けは自分でするよりも、専門の業者さんに頼むことのメリットについて説明するわね! ゴミ屋敷に慣れている ゴミ屋敷にしちゃう人って、片付けるのが苦手で物を捨てられない人が多いのよ。 ゴミ屋敷にまでなってしまうと1人で解決するのは時間も労力もかかるもの。 一度業者さんに頼んで綺麗にしてもらって、それからはゴミ屋敷にしないように気をつければいいと思うわ。 プロの業者さんは色々なゴミ屋敷を見ているから、 ちょっとやそっとのゴミ屋敷じゃビックリしないから安心して!即日で見積もりしてくれて、作業が始まると数時間でスッキリと片付いた部屋にしてくれるから。 大量のゴミの処理も業者ならOK ゴミ屋敷からは大量のゴミが出るし、臭いのきついゴミがたくさんあると近所迷惑にもなるから。 しかも、自分で片付けるとなると保管場所の問題も出てくるのよ。 でも、 業者さんに頼めばゴミも持っていってくれるから、それだけでもかなり気持ちが楽になるわよ。 部屋の汚れのクリーニングもしてくれる 部屋のゴミがなくなっても、壁や床はかなり汚れて臭いも結構残るものなのよ。 長年ゴミがあって掃除出来なかったのだから当然よね。 でも、業者さんに頼めば、 最後はクリーニングもしてくれるの。 中には壁の張替えや畳の入れ替えもしてくれる業者さんもいるから、希望なら聞いてみると良いわよ。 とはいえデメリットも… ゴミ屋敷を清掃してくれるありがたい業者さんだけど、メリットだけじゃないわよ。 では、どんなデメリットがあるか説明するわね。 他人が家に入る 特に女性は、 散らかった部屋に入られるのは、相手が業者さんでも恥ずかしいものよね。 でも、片付けを頼むからには家に入ってもらわないと仕事にならないので、そこはもう割り切って開き直るしかないわ。 大丈夫!恥ずかしいのは最初だけ!テキパキと仕事をしている業者さんを見ていたら「もっと早くお願いすればよかった」と思えてくるわよ。 お金がかかる ゴミ屋敷をほぼ即日で片付けてもらうのだもの。 それなりのお金はかかってしまうのはしょうがないわね。 料金は業者さんによって違うし、追加料金の有無などもちゃんと確認しないとトラブルになるから、見積もりは絶対に必要よ! 何社か比較してみて決めるのが良いと思うわ。 明瞭な料金設定の業者さんはいます!ご安心を ゴミ屋敷の片付けの料金って、ちょっとわかりにくいのがデメリットね。 片付け料金は、部屋の広さやゴミの量、そしてもちろん散らかり具合で変わるから、最初に見積もってもらうことはとても大切よ! メールで料金目安を伝えてくれる 大事なのは、あとで話すけど訪問見積もり。 でも、その前に料金目安を知っておきたいわよね?たとえば、画像などの状況が分かるものをメールで送って 料金を知らせてくれる業者も多いのよ。 正直、どのくらいかかるのか先に知りたいところよね? 大丈夫!親切に教えてくれる業者はいるからね。 でも、気をつけないといけないのは「訪問させて、まず」みたいなことをいう業者よ。 きっぱり断って! 訪問見積もり 抵抗があるかもしれないけど、見積もりは 訪問見積もりじゃないとダメよ!実際に見て見積もってもらわないと、あとで追加料金を請求されるなどのトラブルが結構多いのよ。 ほとんどの業者さんは即日で見積もりしてくれるから、必ず訪問見積もりをお願いしてね。 追加料金NO 料金が安いから申し込んだのに、莫大な追加料金がかかった!なんてトラブルも残念ながらあるのよ。 そうならないためにも、 追加料金の有無は必ず確認する必要があるわ。

次の