韓国 テロリスト。 文在寅の韓国は、アメリカに見捨てられ北朝鮮より先に「崩壊」するか(大原 浩)

テロリズム

韓国 テロリスト

はじめの一言 「日本の庶民階級の人々は、まるで子供のように物語を聞いたり歌を唄うのを聞いたりすることが非常に好きである。 職人の仕事や商品の運送などが終わるころ、仕事場の付近や四辻などで、職業的な辻講釈師の前に、大勢の男女が半円をつくっているのを毎日のように見かける (アンベール 江戸時代)」 「逝きし日の面影 平凡社」 今回の内容 ・安重根って、どんな人? ・日本での安重根とは? ・日本人が安重根を尊敬した理由 ・安重根って、どんな人? まずは簡単に、安重根という人を確認しておこう。 安重根(アンジュングン、あんじゅうこん) 1879~1910 朝鮮の独立運動家。 1907年沿海州で愛国啓蒙運動と義兵闘争に参加。 朝鮮の植民地化を決定づけたとして、09年10月に伊藤博文をハルビンで暗殺した。 (世界史用語集 山川出版) 安重根(ウィキペディア) 安重根は韓国の独立運動家で伊藤博文を暗殺した人。 射殺したといってもこれは韓国のためにしたことだから、韓国では英雄になっている。 この民族的英雄を知らないことは、韓国国民として許されない!! テレビ番組で、この英雄を「豊臣秀吉」とまちがって言ってしまった韓国のアイドルがいた。 かわいそうにそのアイドルは、涙を流しながら公開謝罪することになる。 私は今後、芸能人としてではなく大韓民国の国民として恥ずかしくない歴史観を持つために最善の努力を尽くします。 もう一度私の過ちを心より謝罪申し上げます。 申し訳ありません。 安重根は韓国では英雄。 これは間違いない。 でも、日本の側からしたら違う。 首相の伊藤博文を暗殺されたのだから、英雄であるはずがない。 ・日本での安重根とは? 日本では安重根をどうみているのか? ずるい言い方をしたら、いろいろ。 人に価値観がちがうから、安重根の評価もかわってくる。 韓国人と同じように、安重根は「義士」であり「英雄」だとみている人もいる。 では、「極めて公正なる第三者の目」からみたらどうか? 日本国政府は、安重根を「テロリスト」と認識している。 菅官房長官が、公の場でそうはっきりいっていた。 だから、これが日本政府の見解になる。 The Huffington Postの記事(2014年01月20日)から。 菅官房長官は、「アン・ジュングンは、わが国初代の内閣総理大臣を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだと認識している。 「安重根は、英雄かテロリストか?」 どっちでも正しい。 韓国人が「安重根は英雄だ!」といっても、日本人が怒るわけにはいかない。 同じように、日本人が「安重根はテロリストだ!」といっても、韓国人はそれを否定することもできない。 「そのように見える立場にいる」というだけのことだから そんなことで、争ってもしかたないよね。 ・日本人が安重根を尊敬した理由 安重根という人物は、その評価が真っ二つにわかれる。 韓国では英雄だけど、日本ではテロリスト。 でも意外なことに、この安重根という人は当時の日本人から尊敬されていた。 そのなかのひとりに「千葉十七」という人がいる。 首相を暗殺した安重根は、旅順の刑務所に入れられることになった。 そこで、「VIP」のような待遇をうけている。 旅順監獄における安重根の取り扱いは、きわめて丁重だった。 三度の食事はみんな白米、下着も四枚の綿入り布団も上等。 ミカン、リンゴ、ナシなどの果物が毎日三度もだされ、煙草も西洋の上もの(中略)検事、判事、看守にいたるまで、安重根に接する者はみんな彼を尊敬してしまう。 (韓国の悲劇 小室直樹) 安重根は日本の首相を射殺したテロリストなのに、なんで当時の日本人からこんな丁寧な対応をされたのか? そのことを次回書きます。 こちらの記事もいかがですか? ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。 folow me plz. amamatsushizuo3.

次の

コロナ禍でも「反日」の韓国で五輪代表が自国に激怒 韓国アスリートを悩ます「五輪潰し」のネガティブキャンペーン(1/3)

韓国 テロリスト

はじめの一言 「日本の庶民階級の人々は、まるで子供のように物語を聞いたり歌を唄うのを聞いたりすることが非常に好きである。 職人の仕事や商品の運送などが終わるころ、仕事場の付近や四辻などで、職業的な辻講釈師の前に、大勢の男女が半円をつくっているのを毎日のように見かける (アンベール 江戸時代)」 「逝きし日の面影 平凡社」 今回の内容 ・安重根って、どんな人? ・日本での安重根とは? ・日本人が安重根を尊敬した理由 ・安重根って、どんな人? まずは簡単に、安重根という人を確認しておこう。 安重根(アンジュングン、あんじゅうこん) 1879~1910 朝鮮の独立運動家。 1907年沿海州で愛国啓蒙運動と義兵闘争に参加。 朝鮮の植民地化を決定づけたとして、09年10月に伊藤博文をハルビンで暗殺した。 (世界史用語集 山川出版) 安重根(ウィキペディア) 安重根は韓国の独立運動家で伊藤博文を暗殺した人。 射殺したといってもこれは韓国のためにしたことだから、韓国では英雄になっている。 この民族的英雄を知らないことは、韓国国民として許されない!! テレビ番組で、この英雄を「豊臣秀吉」とまちがって言ってしまった韓国のアイドルがいた。 かわいそうにそのアイドルは、涙を流しながら公開謝罪することになる。 私は今後、芸能人としてではなく大韓民国の国民として恥ずかしくない歴史観を持つために最善の努力を尽くします。 もう一度私の過ちを心より謝罪申し上げます。 申し訳ありません。 安重根は韓国では英雄。 これは間違いない。 でも、日本の側からしたら違う。 首相の伊藤博文を暗殺されたのだから、英雄であるはずがない。 ・日本での安重根とは? 日本では安重根をどうみているのか? ずるい言い方をしたら、いろいろ。 人に価値観がちがうから、安重根の評価もかわってくる。 韓国人と同じように、安重根は「義士」であり「英雄」だとみている人もいる。 では、「極めて公正なる第三者の目」からみたらどうか? 日本国政府は、安重根を「テロリスト」と認識している。 菅官房長官が、公の場でそうはっきりいっていた。 だから、これが日本政府の見解になる。 The Huffington Postの記事(2014年01月20日)から。 菅官房長官は、「アン・ジュングンは、わが国初代の内閣総理大臣を殺害し、死刑判決を受けたテロリストだと認識している。 「安重根は、英雄かテロリストか?」 どっちでも正しい。 韓国人が「安重根は英雄だ!」といっても、日本人が怒るわけにはいかない。 同じように、日本人が「安重根はテロリストだ!」といっても、韓国人はそれを否定することもできない。 「そのように見える立場にいる」というだけのことだから そんなことで、争ってもしかたないよね。 ・日本人が安重根を尊敬した理由 安重根という人物は、その評価が真っ二つにわかれる。 韓国では英雄だけど、日本ではテロリスト。 でも意外なことに、この安重根という人は当時の日本人から尊敬されていた。 そのなかのひとりに「千葉十七」という人がいる。 首相を暗殺した安重根は、旅順の刑務所に入れられることになった。 そこで、「VIP」のような待遇をうけている。 旅順監獄における安重根の取り扱いは、きわめて丁重だった。 三度の食事はみんな白米、下着も四枚の綿入り布団も上等。 ミカン、リンゴ、ナシなどの果物が毎日三度もだされ、煙草も西洋の上もの(中略)検事、判事、看守にいたるまで、安重根に接する者はみんな彼を尊敬してしまう。 (韓国の悲劇 小室直樹) 安重根は日本の首相を射殺したテロリストなのに、なんで当時の日本人からこんな丁寧な対応をされたのか? そのことを次回書きます。 こちらの記事もいかがですか? ツイッターで、日本の良いところ、つぶやいてます。 folow me plz. amamatsushizuo3.

次の

ぼやきくっくり

韓国 テロリスト

「李奉昌(イ・ポンチャン)」という韓国人がいる。 この人物は「桜田門事件」を起こしたことで知られている。 1860年に大老の井伊直弼が暗殺されたという「桜田門外の変」ではない。 「李奉昌」は、1932年の「桜田門事件」で昭和天皇を暗殺しようとしたテロリスト。 一時,日本でくらし,大正15年 1926 中国にわたり上海で抗日運動にくわわる。 韓人愛国団にはいり,大韓民国臨時政府主席金九 キム-グ の支持のもと昭和天皇暗殺を計画し,昭和6年日本に潜入。 7年1月8日桜田門外で天皇の馬車に手榴 しゅりゅう 弾をなげ逮捕され 桜田門事件 ,同年10月10日処刑された。 33歳。 伊藤博文を暗殺した安重根とおなじ。 日本政府(菅官房長官)は、公式の場で安重根を「テロリスト」といっている。 でも韓国では「義士」となっていて英雄視されている。 「正義をおこなった人・すばらしいことをした人」という感じだろう。 「李奉昌(イ・ポンチャン)」も安重根とおなじ。 日本では天皇を殺害しようとしたテロリストだけど、韓国では義士(英雄)とされている。 韓国の中学校の歴史教科書のなかで、李奉昌についてこんな説明がある。 「躍動する韓国の歴史 明石書店」から。 この韓国の歴史教科書では、李奉昌(イ・ポンチャン)は尹奉吉(ユン・ポンギル)と同じページで紹介されている。 尹奉吉もまた、日本ではテロリストで韓国では義士と評価がわかれる人。 朝鮮独立運動家金九の指令でテロを実行し、上海天長節爆弾事件で爆弾を投擲した実行犯である。 (ウィキペディア) 尹奉吉(ユン・ポンギル)のテロによって、2人の日本人が殺され多くの人がけがをした。 この行為を韓国の歴史教科書では「義挙」とし、こう評価している。 彼の義挙は国内外で独立のためにたたかっていた人々に希望と勇気を与えた 「躍動する韓国の歴史 明石書店」 天皇を殺害しようとした李奉昌(イ・ポンチャン)に対しても、これとおなじく韓国では「正しいおこないをした人」と考えているのだろう。 日本と韓国とでは価値観や考え方がちがうから、どうしても評価はちがってしまう。 でも、これはしかたがない。 でも韓国の中学校では、日本にとってはテロリストである人物を「英雄」とする教育をうけているということは理解したほうがいい。 そうした教育によって、今の韓国人の日本人観がつくられているのだから。 おなじ人物でも、国によってその評価はちがってくる。 日本と韓国にとっての安重根や尹奉吉(ユン・ポンギル)のような人物は、世界にはたくさんいる。 前にマゼランについての記事を書いた。 マゼランは大航海時代の人物で、彼の部下は人類ではじめて世界一周に成功している。 マゼランはその途中、フィリピンで「ラプ=ラプ」という人に殺されてしまった。 マゼラン 部下による世界周航を成功させたポルトガルの航海者。 (中略) 21年フィリピン諸島のセブ島に到達したが、現地での抗争でマクタン島首長のラプラプに殺され、22年世界周航を達成したのは、彼の部下18名であった。 「世界史用語集 山川出版」 この戦いでマゼランは命を落とした(大航海時代 増田義郎 講談社)。 マゼランを殺したラプ=ラプは、「侵略者を倒した」ということで今のフィリピンでは英雄になっている。 でも、マゼランを殺されたポルトガルとしては、ラプ=ラプを英雄とみることはできないだろう。 ラプラプ(ウィキペディア) 安重根や尹奉吉(ユン・ポンギル)も李奉昌(イ・ポンチャン)、ラプラプとおなじ。 国によって見方はちがうけど、それぞれの国ではその見方が正しい。 世界にはよくあること。 李奉昌(イ・ポンチャン)のことを書いたのは、「日本はやさしいし、平和だなあ」と思ったから。 中央日報の記事(2017年03月01日)を読んでそう感じた。 海外の韓国歴史遺跡にハングル案内パンフレットを提供してきた女優のソン・ヘギョが、三一節(独立運動記念日)を迎えて「海外で会った私たちの歴史物語-東京編」案内パンフレット1万部を東京全域に配布した。 韓国の大学教授がつくったパンフレットを、韓国人の女優が東京でわけたらしい。 でも、東京にある「韓国歴史遺跡」ってなんだ? と思ったら、ここで李奉昌がでてきた。 2.8独立宣言記念資料室や李奉昌(イ・ボンチャン)義士の投弾義挙地および殉国地、抗日団体『新幹会』東京支会の創立地など、東京内の私たちの歴史遺跡について全面カラーで詳細に紹介している 「李奉昌(イ・ボンチャン)義士の投弾義挙地」って、彼が昭和天皇を殺害しようとした場所ってことでしょ? つまり、テロがおこなわれた現場。 そんなものを「全面カラーで詳細に紹介している」パンフレットを、東京で自由に配布できるんだから、日本は本当に平和で自由だと思う。 と同時に、日本と韓国はなんだかんだいって、そんなに仲が悪いわけではないんだろう。 日本は太平洋戦争でアメリカに負けた。 その後、GHQによって占領されることになる。 このとき、ある日本人がアメリカ大統領を暗殺しようとするテロをしたとする。 そんなことがあったとしても、今のアメリカで、テロ現場を「全面カラーで詳細に紹介している」パンフレットを自由に配布できるのだろうか? これはわからない。 こちらの記事もいかがですか?.

次の