岡田 有希子。 岡田有希子の死後の新事実が衝撃的だった?死因に関する噂のまとめ!

自殺した女性芸能人たち…岡田有希子、日テレアナ、可愛かずみ…彼女たちが命を絶った理由

岡田 有希子

岡田有希子の自殺原因の真相!後追いは300人以上!? 岡田有希子が自殺した理由は? 岡田有希子が投身自殺したのは、1986年4月8日正午ごろでした。 自殺した場所は、岡田有希子が所属していたサンミュージックの事務所ビルです。 堀越高校を卒業し、本格的に芸能活動に打ち込み始め、すでにポスト松田聖子と期待される清純派アイドルとして大人気だった岡田有希子。 自殺というニュースは、あまりにもショッキングでした。 実は岡田有希子は、投身自殺を図る前にも、自宅で手首を切りガス自殺を図っています。 ガスの匂いに気付いた人の通報で未遂になり、病院で手当てを受けた岡田有希子は、事務所社長と共に事務所ビルに戻りました。 惨事が起こったのは、その直後のこと。 「トイレに行く」と言って出ていったその足で、岡田有希子は、ビル屋上へ行き、飛び降りてしまったのです。 自殺の理由が明確にされなかった分、共演俳優との恋愛関係や、将来への不安など、岡田有希子の自殺原因については、さまざまな憶測を呼びました。 サンミュージック社長の話によると、岡田有希子は、真面目だったが、躁鬱の激しい子でもあったとのことです。 岡田有希子の自殺により後追い自殺が300人に?! 岡田有希子自殺のニュースは、連鎖反応を懸念した番組が、報道を控えるほど衝撃的でした。 当時の報道の中には、絶命している岡田有希子のカラー写真もあり、ショックを受けたファンが、次々と後追い自殺し社会問題にもなりました。 世間では「有希子シンドローム」と言われ、後追いした若者は100名にも300名にも上ったと騒がれたものです。 実際のところは、岡田有希子の後追い自殺として確認されているのは数件のようですが、岡田有希子の自殺が、彼らの心の何らかのスイッチを押してしまった感は否めません。 現在でも岡田有希子の命日にたくさんの献花がされている光景を見ると、当時の岡田有希子の若者への影響力がどれだけ大きいものだったかを思い知らされます。 岡田有希子にまつわる心霊都市伝説!妊娠していたって本当? 岡田有希子の幽霊が生放送に!!都市伝説にもなったアイドル 岡田有希子が衝撃的な自殺をしてから後、真相が謎のままとされていることからは、さまざまな都市伝説も生まれています。 1つは、当時、アイドルとして人気を二分していた中森明菜が生放送で歌っていた時に、血まみれのドレスを着た岡田有希子の心霊が映り込み、視聴者からの問い合わせ電話が殺到したという伝説。 中森明菜が出演すると岡田有希子の姿が現れるとの噂は、その後もたびたび聞かれました。 また、中森明菜の「ジプシークイーン」の歌詞は岡田有希子の自殺を予見していた、トーク番組に出演していた松田聖子の首を絞める岡田有希子の心霊を見た、岡田有希子の自殺には「4」がつきまとっていたなどなど……。 突然自ら命を絶った岡田有希子というスーパーアイドルは、いつしか心霊に姿形を変え、都市伝説となってしまいました。 岡田有希子の自殺の要因のひとつは妊娠か? 岡田有希子が自殺した後に、岡田有希子の書いたという1冊のノートが見つかります。 そこには、ドラマで共演した、俳優の峰岸徹との関係について書かれていたそうです。 自殺するほどなのだから、単なる恋愛ではなく、妊娠してしまうくらい大変な悩みを抱えていたのだろうとするのはファン心理だったのでしょうか。 いつしか、岡田有希子の自殺原因には、妊娠も加わるようになりました。 妊娠させた相手には、峰岸徹の他にも、松田聖子と結婚間もない神田正輝や、枕営業の相手だったという舘ひろしらの名前が。 いずれも憶測の域を出ませんし、そもそも司法解剖をしていないので、岡田有希子が妊娠していたかどうかは確認されていないというのが事実のようです。 岡田有希子の死から30年 伝説になってしまったアイドルの本当の顔とは 岡田有希子は、1967年8月22日に名古屋で生まれ、地元の小学校中学校に通う成績優秀な女の子だったといいます。 しかし家庭に恵まれていたとはいいがたく、岡田有希子の父親は、岡田有希子が母のお腹に入ったことを知ると、「堕ろせ」と言ったとか。 そんな悪環境の中、未熟児で生まれた岡田有希子は、幼い頃から、「お前が20歳になったら離婚する」と父親に言われ続けながら育ちます。 たくさんの本を読み、絵画に熱中し、小学校の学芸会で「乙姫」役を演じたことをきっかけに、さまざまな芸能オーディションに応募しはじめた岡田有希子。 時には学校を無断で休んでオーディションに行くこともあったほど夢中になっていた中、「スター誕生」の名古屋地区予選に出場し、見事決戦大会への切符を手に入れました。 しかし、親からも、学校からも反対されてしまった中学3年の岡田有希子は、ハンガーストライキを決行。 根気負けした母親から条件付きで芸能界入りを許され、サンミュージックと契約し、アイドル活動を開始。 しかし、夢のスタートは、自殺へのカウントダウンでもあったのです。 「スター誕生」の決戦大会で歌ったのは、中森明菜の「スローモーション」というのは偶然だったのでしょうか。 論理的ではありませんが、自殺後に、岡田有希子の幽霊が、中森明菜の出演映像に現れているという噂になぜか頷いてしまいます。 何事にも真面目に打ち込んだこと、アイドルとしての成功、年上の男性に憧れた恋愛……全てが「父親に自分の存在を認めて欲しい」という心の叫びだったのではなかったのかとは考えすぎでしょうか。 岡田有希子が背負っていた何かしらの想いを理解してくれる人が傍にいなかったことが残念で仕方ありません。

次の

岡田有希子の自殺原因の真相!後追いは300人以上!?

岡田 有希子

正統派女性アイドルとして一世を風靡した 岡田有希子のコンピレーションアルバム 1980年代アイドルブームの中で、正統派女性アイドルとして短い活動期間ながら、一世を風靡した 岡田有希子。 その抜群のアイドル性と歌唱力は他のアイドルと一線を画し、超一流の作家陣から楽曲を提供され続けた。 その中でも 竹内まりやは、先日発売した自身のニューアルバム「Turntable」のセルフカバーで、初CD化して話題になった 「ファースト・デイト」「憧れ」 「恋、はじめまして」をはじめ、デビュー当時から多数の楽曲を提供した。 「昭和」に彗星のように出現したアイドル 「岡田有希子」。 その歌声を、世代を超えて再評価してもらうために、「令和」の今、この時代に届けます。 16 release 彼女が生きていたら52歳… 没後33年経った今も、あの愛くるしい笑顔と、ほのかな憂いを含んだ歌声が私の胸の奥に深く残っています。 デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。 33年の歳月を経て、やっと私自身がデビュー40周年記念のアルバムで「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品がここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心から嬉しく思います。 まぶしいティーンエイジャーのまま姿を消してしまった彼女は、まさに「永遠のアイドル」となり、あの頃と変わらぬ歌声で青春のときめきとせつなさを私たちに与え続けています。 令和元年 8月吉日 竹内まりや 10. CD6枚とDVD1枚がセットになった岡田有希子のスペシャルBOX。 1984年~1986年の間に発表した、シングル&アルバムからのナンバー全55曲と、掘り出し物の音源やオリジナル・カラオケ、さらに、プロモーション・ビデオ&CM映像を盛り込むなど、岡田有希子の思い出をあますところなく押さえた作品です。 ファンの間で根強い支持があるというバラード「Believe In You」から、ヴォーカルだけを抜き取り、フルオーケストラ演奏に合わせたという、2002年12月4日リリースのニュー・シングル『Believe In You (2003 StringsVersion)』も収録。 11 release CD - DISC6 収録楽曲• さよなら・夏休み(オリジナルカラオケ)• リトル・プリンセス(オリジナルカラオケ)• 憧れ(オリジナルカラオケ)• ソネット(オリジナルカラオケ)• ファースト・デイト(オリジナルカラオケ)• -Dreaming Girl-恋、はじめまして(オリジナルカラオケ)• 二人だけのセレモニー(Single Version)(オリジナルカラオケ)• あなたを忘れる魔法があれば(オリジナルカラオケ)• Sweet Planet(オリジナルカラオケ)• ロンサム・シーズン(オリジナルカラオケ)• 水色プリンセス-水の精-(オリジナルカラオケ)• Summer Beach(オリジナルカラオケ)• Love Fair(オリジナルカラオケ)• くちびるNetwork(オリジナルカラオケ)• 恋のエチュード(オリジナルカラオケ)• 花のイマージュ(オリジナルカラオケ)• Believe In You(オリジナルカラオケ)• [プロモーションビデオ]• お支払いはクレジットカード/コンビニエンスストア支払いにて承ります。 コンビニ店頭での支払期限は、ポニーキャニオンショッピングクラブで購入手続日時の2日後23時59分までです。 お客様のご都合によるご注文のキャンセル・個数変更・返品・交換のご希望はお受けすることができません。 【お届けについて】• 海外へのお届けはできません。 We do not have the rights to sell our products CDs and videos overseas. So we can not accept order from overseas. 【お問い合わせ】• お買い物方法でご不明な点は をお読みください。 商品等でご不明な点は上記 ページ内の「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。 お客さまのご注文状況は からご確認いただけます。

次の

自殺した女性芸能人たち…岡田有希子、日テレアナ、可愛かずみ…彼女たちが命を絶った理由

岡田 有希子

まず、岡田有希子についてのwikipediaのページを確認しましょう。 Wikipedia上の岡田有希子と「父」 中学3年生の1982年6月、一年前に応募していたオーディション番組『スター誕生! 』 日本テレビ の予選会通知が、中京テレビから届く。 彼女は「中学2年生で出場して、中学3年生でデビューする」という計画を立てていたが、1年遅れの通知だった。 「出場するなら内申書を書かない」と担任教諭に反対される中、学校を無断欠席して名古屋地区予選に出場。 北原佐和子の『マイ・ボーイフレンド』を歌い、決戦大会への切符を掴む。 しかし、担任教諭だけでなく祖 父や家族にも反対されたため、12月の決戦大会出場を断念。 ハンストを起こし、食事をせず自分の部屋に閉じこもる。 数日後、見るに見かねた母親が、芸能界入りの条件として「学内テストで学年1位になること、中部統一模擬試験で学内5位以内に入ること、第一志望の向陽高校に合格すること」の3つを提示する。 普段から通信簿で「5」並びの成績だったものの、それでもクリア不可能と思われる条件だった。 しかし彼女は猛勉強の末、それらの条件を全てクリアする。 さらに、地区予選に立ち会っていた芸能事務所『サンミュージック』専務・福田時雄と番組プロデューサー・金谷勲夫が家族へ説得したこともあり、1983年 昭和58年 3月の決戦大会への出場を許された。 3月30日、『スター誕生! 』の第46回決戦大会で中森明菜の『スローモーション』を歌う。 結果は、後日発表されることとなった なるほどーって感じですね。

次の