男鹿 あじさい寺。 【男鹿】雲昌寺のあじさいが2018年に大盛況だった理由

〈男鹿市〉一度は見たい絶景!雲昌寺のあじさい×海×空が織りなす青の世界

男鹿 あじさい寺

前回はここまでご紹介しました。 山門を入り、ここで 右へ分け入りましょう。 広くはない境内なので、すぐです。 そこに待っていたのが ここが、 人気沸騰あじさいスポット 限られたスペースの一面に、 びっしりとアジサイが植栽されています。 撮影タイミングの都合で一部が日陰になっていたり、歩道が写ったり、他の拝観者が写ったりしていて…いい写真ではないのですがご勘弁ください 見晴台(お立ち台)が設置されていて、写真を撮りやすくなっていて。 話題沸騰後、さっそく JR東日本のポスターに採用されたのもここ。 また今年は、ここのライトアップが TV朝日系「報道ステーション」で生中継されたそうです また、振り向くと 北浦の街と、その先に広がる 日本海を、あじさいとともに一望出来ました 海とあじさい 観光地ぽくて良いです まるで鎌倉みたいです (秋田県に「観光地っぽさ」を感じる場所は実はあまりない) お寺ですから、あまりはしゃぎ過ぎないようにしましょうね。 両側いっぱいのアジサイ園を抜けると、このお寺の 本堂があります。 本堂の周囲にもびっしりとアジサイが咲き誇っていました お寺ですから、必ず御本尊様にお参りいたしましょう。 本堂の内部装飾や本尊の釈迦牟尼像も見事です。 本堂の中は撮影禁止ですからご紹介いたしません。 ぜひ現地で見ていただきたいと思います あじさい期間中は、寺務所(トイレあり)から本堂の廊下(縁側)に入ることが可能です(畳には上がれません)。 あじさい期間以外は寺務所にお問い合わせください。 あじさい寺は、竹林も見事です。 竹林の小径と銘打って通り抜けが可能です。 秋田県では真竹または孟宗竹の竹林は非常に珍しく、県内では規模が大きいほうだと思います。 竹の根元に、かわいいお地蔵さんがいました。 竹林の中に限らず、境内に点在しています。 探してみましょう! また、境内に点在しているものがもうひとつあります。 ハート型の敷石 境内に 7か所あるそうです。 7つ全部みつけて願掛けしてみましょう。 寺務所の隣では、期間限定(?) オープンカフェが出ていました。 これも「観光地」らしい! (超ド級観光地「角館」にだってそんなにない) 筆頭メニューの「ナガハマコーヒー」というのは、秋田で超有名な焙煎所です。 「お釈迦様アイスコーヒー」も気になりますが、皆さん注文されるのがこれ あじさいティー あじさい寺の境内でなければすごい色の紅茶だと思うこれは、 「青いあじさい」の色の紅茶です。 そして、この紅茶は、 あることをするとこうなります 紫色のあじさいティーに変化 これはいわゆる「インスタ映え」ですね 何をどうすれば、紫色になるのかは、現地でお確かめいただきたい (画像をよく見るとヒントがありますね) なお、 お団子は別売りです。 このお寺から坂の下にあるお菓子屋さんが出店していました。 柔らかいおいしいお団子で、持ち帰りもしました いかにも「インスタ用」な撮り方をしている女性陣が続出していました (私Kazuはいまのところインスタやってません) といったわけで、およそ1時間以上にわたり、じっくり拝観させていただきました。 今回初めて行きましたが、なるほどこれは人気が出る名観光地です。 平日でしたが多くの拝観者が訪れていました(なるべく 他の方が写らないように撮っているだけです)。 土休日はものすごい人出で観光バスも来るそうです もうお寺の方々だけでは人手が全く間に合わないようで、地元の住民の方や観光協会がお手伝いに出ていました。 来年(2020年)以降の、6月中旬~7月中旬の男鹿観光には、ぜひ組み入れてみてください 何度も言いますが「 お寺」ですのでご本尊様へ忘れずお参りし、はしゃぎすぎないようにお願いします!。 男鹿のあじさい寺 雲昌寺(うんしょうじ) 秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57 秋田県民でもこのお寺は 「船川」(駅や市役所)にあると思っている人が時々いるのですが 違いまして、 あじさい寺は半島の向こう側「北浦」にあります 2019年は夜間ライトアップも行われました。 日中と夜とで入れ替え制でした。 拝観料は時間帯により異なりますので、現地で提示された額をお支払いください。 (あじさい時期以外も拝観料をお納めください) 列車・バスでのアクセス 【路線バス利用 通年運行】 JR男鹿駅または JR羽立駅より、 秋田中央交通路線バス「 男鹿温泉ゆき」に乗り、「 北浦(きたうら)」下車。 徒歩5分ほど。 路線バスは、お寺より下の北浦の集落内にバス停があります。 この路線の時刻は、バスNAVITIMEなどで検索できます。 【観光あいのりタクシー・バス「なまはげシャトル」特別停車】 JR男鹿駅より、「 なまはげシャトル なまはげ便」に乗車し「 雲昌寺」で下車。 徒歩5分ほど。 「なまはげシャトル」は、お寺より上の県道沿い臨時駐車場前に停車。 2019年は「あじさい」期間中のみ雲昌寺に停車したということです(通常は通過)。 時刻確認・予約は「男鹿なび」サイトでできます。 乗車人数により使用車両を変えるシステムになっていますので、なるべく予約してください。 臨時駐車場(約100台収容)となまはげ便停留所 マイカーでのアクセス 秋田自動車道(E7 「 昭和男鹿半島IC」を出て交差点は直進し、7~8分の走行で突き当たる交差点を男鹿国定公園方向へ右折。 あとは道なりで、国道101号線、県道55号線経由で40分ほど。 北浦の「ホーマックニコット」を過ぎるとまもなく、看板があります。 (秋田市中心部からだと70分程度) 最短ルートは広域農道「なまはげライン」経由ですが、 「なまはげライン」に入らず 国道101号・県道55号を直進した方が道なりで到着できるため、初めての方にはわかりやすいです(「なまはげライン」経由だと、左折2回・右折1回あり)。 ちなみに、現地の看板もgoogle mapも「なまはげライン」経由に誘導していました 「あじさい期間」中は、お寺隣の駐車場は閉鎖(物販エリアに使用)または福祉車両専用です。 一般車は県道沿い駐車場(約100台・お寺まで約400m)か、北浦漁港(お寺まで約1500m)に駐車となります。

次の

2020/6/13~7/19 雲昌寺のあじさい特別観覧

男鹿 あじさい寺

秋田県は男鹿市にあるアジサイと日本海を臨むビューが定評を得ています。 男鹿は半島なので山なのに海に囲まれているという不思議な地形。 だから眺めがとってもいいんです。 由緒 雲昌寺の歴史は、1624年 江戸時代前期 にはじまり、寺伝では秋田市にあった正洞院二世観庵喜察大和尚を開山として開創されたといわれています。 本堂は江戸時代に建立され、本尊は大阪の仏師作の墨書がある説法の釈迦牟尼像を祀る、曹洞宗の寺院です。 the大ぶりです。 何たる絶景。 カメラワークが悪くて分かりづらいですがとにかく素敵でした。 日中 夜間ライトアップ 時間 9:00~17:00 18:30~21:30 拝観料 500円 700円 中学生以下は無料という優しい世界!! ご利益• 病気平癒• 商売繁盛• 家内安全• 厄除け• 学業成就 本尊釈迦牟尼仏 言わずと知れたお釈迦様です。 全ての人と悟りへと導いてくれます。 龍頭観音菩薩 三十六観音の1つで龍に乗っています。 悩める全ての衆生を声を見てくれて導いてくださる仏様です。 また、水の神様でもあります。 達磨大師 中国禅宗の開祖とされるお坊さんです。 はりこだるまのモデルと言われていいるだけあり、そのご利益も豊富。 文殊菩薩 『3人よれば文殊の知恵』という諺があるように、知恵の神として有名です。 合格祈願や学業成就にご利益あり。 勉学としての『知恵』もそうですが、正しい物事を見極めるための『智慧』に特化しています。 ここ一番の勝負の時にもあやかりたいですね。 思い出 道幅狭く手こずるwwwwww 現場は幅の狭い道を通って行きます。 友人の車は無駄にでかいので少し苦労していました ありがとう。 駐車場は完備されていますが広大という訳ではありません。 お寺に入り駐車場までも少し狭かったかな。 行くの遅すぎて日向の花は若干枯れてるorz 参拝は7月。 6月半ばから観賞できることを考えると少し遅かったです。 そのため、日向の紫陽花は少し元気がなかったです。 花も結構大きくなっていました。 日陰が境内の方はとても見ごろでした。 但し秋田駅から男鹿駅まで1時間程かかるので結構かかりますね。 まとめ.

次の

2020年秋田県男鹿市雲昌寺の紫陽花(あじさい)見頃はいつ?現在の開花状況も

男鹿 あじさい寺

秋田県は男鹿市にあるアジサイと日本海を臨むビューが定評を得ています。 男鹿は半島なので山なのに海に囲まれているという不思議な地形。 だから眺めがとってもいいんです。 由緒 雲昌寺の歴史は、1624年 江戸時代前期 にはじまり、寺伝では秋田市にあった正洞院二世観庵喜察大和尚を開山として開創されたといわれています。 本堂は江戸時代に建立され、本尊は大阪の仏師作の墨書がある説法の釈迦牟尼像を祀る、曹洞宗の寺院です。 the大ぶりです。 何たる絶景。 カメラワークが悪くて分かりづらいですがとにかく素敵でした。 日中 夜間ライトアップ 時間 9:00~17:00 18:30~21:30 拝観料 500円 700円 中学生以下は無料という優しい世界!! ご利益• 病気平癒• 商売繁盛• 家内安全• 厄除け• 学業成就 本尊釈迦牟尼仏 言わずと知れたお釈迦様です。 全ての人と悟りへと導いてくれます。 龍頭観音菩薩 三十六観音の1つで龍に乗っています。 悩める全ての衆生を声を見てくれて導いてくださる仏様です。 また、水の神様でもあります。 達磨大師 中国禅宗の開祖とされるお坊さんです。 はりこだるまのモデルと言われていいるだけあり、そのご利益も豊富。 文殊菩薩 『3人よれば文殊の知恵』という諺があるように、知恵の神として有名です。 合格祈願や学業成就にご利益あり。 勉学としての『知恵』もそうですが、正しい物事を見極めるための『智慧』に特化しています。 ここ一番の勝負の時にもあやかりたいですね。 思い出 道幅狭く手こずるwwwwww 現場は幅の狭い道を通って行きます。 友人の車は無駄にでかいので少し苦労していました ありがとう。 駐車場は完備されていますが広大という訳ではありません。 お寺に入り駐車場までも少し狭かったかな。 行くの遅すぎて日向の花は若干枯れてるorz 参拝は7月。 6月半ばから観賞できることを考えると少し遅かったです。 そのため、日向の紫陽花は少し元気がなかったです。 花も結構大きくなっていました。 日陰が境内の方はとても見ごろでした。 但し秋田駅から男鹿駅まで1時間程かかるので結構かかりますね。 まとめ.

次の