恵俊彰 司会。 恵俊彰の妻はホンジャマカの元メンバーで超高齢出産でした

恵俊彰は昔何してた人?ホンジャマカ石塚英彦との芸人人生

恵俊彰 司会

スポンサーリンク 恵俊彰は韓国人?ひるおびが原因?実家は? 恵俊彰 プロフィール (画像引用元:) 生年月日 1964年12月21日 出身地 鹿児島県鹿児島市 血液型 O型 身長 170cm 最終学歴 鹿児島県立甲南高等学校卒業 事務所 ワタナベエンターテインメント 活動時期 1987年~ 他の活動 司会者、ニュースキャスター 1987年に渡辺プロダクションの若手お笑いタレント養成機関「BIG THURSDAY」のオーディションに合格し、芸能界入りを果たします。 そして、1988年に11人体制でホンジャマカとして初ライブを開催してデビューします。 しかし「ホンジャマカ」のメンバーが次々と抜けていき、唯一残った石塚英彦さんと改めてコンビ「ホンジャマカ」を結成し、1989年に再デビューします。 それから1992年から1993年頃に恵俊彰さんは痩せて、痩せとデブの現在のコンビの形となりました。 ホンジャマカは単独でのイベントやライブを積極的に行い、1990年初期の関東を代表するコンビとして活躍していきました。 1990年代末期からは個人での活動に重点を置くようになり、恵俊彰さんは1998年「ロケットパンチ! 」で司会を担当したのを皮切りに司会業の仕事を増やしていきます。 特にTBSの出演が多く、2004年9月からは同系列局で平日昼・午後の時間帯に放送される情報番組の司会を務めています。 恵俊彰は韓国人?言われた理由は「ひるおび」が原因? 恵俊彰さんが韓国人と言われている理由は、情報番組 「ひるおび」で韓国よりな発言、日本批判をすることが原因のようです。 (画像引用元:) 「ひるおび」では政治ニュースで辛辣な政権批判が多いのが特徴です。 そして、自民党の批判をしていますが、これが日本を批判ともとれるとして、視聴者は不快に思うことも多いです。 そのため、 「自民党や日本を批判する人間=韓国人」ということで、司会の恵俊彰さんは日本を批判する韓国人ではないかと言われたのです。 それだけでなく、「韓国の地下鉄は世界でもトップクラス」と恵俊彰さんが紹介したりと、終始韓国びいきの発言をします。 しかも、「韓国の地下鉄は日本の技術と安全で劣っているのにトップクラスなの?」と突っ込まれれば、「打ち合わせにない」と恵俊彰さんは批判を制止させて韓国自慢を紹介するのでした。 このように「ひるおび」で番組の方針上しかたがないが、 韓国よりな発言、日本批判で司会進行する恵俊彰さんの発言に韓国人ではないかと噂されてしまったのです。 スポンサーリンク 恵俊彰は本当に韓国人? 先祖は薩摩の名士? 「ひるおび」のせいで韓国人と言われている恵俊彰さんですが、 日本人で先祖は薩摩藩に使える武士だったとのことです。 恵俊彰さんはもともとは萩原の名字を名乗っていたと言われており、ご先祖様は薩摩藩に使える武士でした。 そして、江戸時代には、代官の補佐役の任を受けて奄美大島に移住したとされています。 実家は着物職人? 恵俊彰さんの祖父は着物の職人で、中古着物市場において高値で売買されるほどです。 恵俊彰さんの祖父は大島紬職人で、祖父が考案した大島紬の柄に「積五郎柄」は昭和天皇に献上されたこともあるほどでした。 それだけでなく、高度成長時代の大島紬ブームにより、従業員数80名を超える規模まで拡大していた時期もありました。 (画像引用元:) 現在はブームもさり、規模は大きく縮小して従業員も4名まで減りましたが、それだけ恵俊彰さんの実家は由緒ある着物職人の家だったのです。 また、恵俊彰さんは長男だったこともあり、跡継ぎとして期待されていましたが、芸人を目指したため、一時期は勘当されていたとのことです。 恵俊彰はひるおびが原因で韓国人の噂!純日本人で実家は由緒ある職人! 恵俊彰さんは番組の方針上しかたがないですが、「ひるおび」の韓国よりな発言、日本批判で司会進行することで韓国人と言われてしまったようです。 しかし、恵俊彰さんはれっきとした日本人で、先祖は薩摩藩の武士、実家は由緒ある着物職人でした。 ただ、今後も「ひるおび」で司会をするので韓国人の噂は絶えないですが、頑張ってください。 せばな~.

次の

恵俊彰の学歴は?ひるおびギャラや年収は?嫁と子供は?増毛?昔画像!

恵俊彰 司会

パワハラを彷彿とさせる恵の発言に、ネット上で批判の声が続出している。 【関連】ほか この日の番組では、政府が検討している〝マイナンバー〟と〝国民の預貯金口座〟の連結を義務化する方針について特集。 小笠原アナが進行を務め、フリップを使いながら連結の詳細を解説していった。 使っていたフリップには「マイナンバー」「金融口座」「国」の文言がイラストとともに表記されており、小笠原アナは「マイナンバーを作っているという人は2割に達していないそうなんですけれども」と説明する。 すると恵は「マイナンバーはみんな持ってんだけど、マイナンバーカードを持ってない。 そのことだよね?」「マイナンバーとマイナンバーカードは違うからね」と、それぞれ違いを指摘した。 しかし小笠原アナは、恵に指摘された後も再び「マイナンバー」と発言してしまう。 恵は「そこはマイナンバーカードなんだよ!」とフリップの表記を指摘したため、小笠原アナは動揺を隠し切れなかった様子。 恵はそんな小笠原アナにしびれを切らしたのか、「いやごめん、説明してるの、お前だよね?」と、厳しい一言を投げかけるのだった。 本性をさらけ出した瞬間…… 恵の〝お前〟発言に、スタジオからは爆笑の声が。 しかしネット上には、 《普段からあのアナウンサーを〝お前〟呼ばわりしてるのがバレたな》 《こういう言葉がポロッと出る人見ると、一気に冷めるんだよね……》 《見ていて良い気持ちがしないし、番組の品も下がる》 《さすがは恵俊彰だわ。 本性を隠そうともしない》 《恵 「お前」って司会者の言葉か?》 《司会者による「お前」呼ばわりは、パワハラに該当しないのですか?》 《アナウンサーに「お前」って、下品だわー》 などの批判で溢れかえっていた。 「恵だけでなく、相方のにも〝性格が悪い〟という疑惑が上がったことがあります。 ネット上には、石塚が握手を求めてきた女性に『もう(ロケが)終わったから』と低い声で拒否したという、某テレビ局カメラマンからのタレコミも。 コンビの片方に〝性悪疑惑〟が浮上することは多々ありますが、揃って性格の悪さが噂されるのはなかなか珍しいですよね」(芸能ライター) ちなみに恵は〝お前〟と発言したことに対して、一切謝罪を述べることはなかった。 番組MCだからといって、横柄な態度が許されるわけではないことを肝に銘じてほしい。

次の

恵俊彰の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

恵俊彰 司会

恵俊彰の苗字のルーツは? 番組の冒頭では、恵俊彰さんの実家を訪ね、恵俊彰さんの父を訪ねています。 番組取材班は、「恵家の先祖について、何か知っていることはないか」と訊きました。 すると、 「恵姓を名乗る前の姓は、萩原だった。 本当の苗字は萩原だ。 」と、インタビューに答えていました。 恵俊彰、まずは戸籍調査 取材班は、真相を調べるべく、戸籍を取り寄せています。 戸籍は明治19年式戸籍で、戸主・萩原萩和志とあります。 この萩原萩和志が、恵俊彰さんの高祖父にあたります。 戸籍をよく見ると、萩原萩和志の前戸主が「萩原萩賢」、そして妻が「傳 でん 」ということです。 実を言うと、高度な専門的知識を持った人であれば、こちらの戸籍を見ただけで、先祖の江戸時代の身分や職業が分かるのです。 恵俊彰の先祖は鹿児島城下にいた また、冒頭の恵俊彰さんの実家での取材において、以下のような逸話もありました。 「先祖は、鹿児島の島津氏の家臣だった。 城下の西田町というところに住んでいた。 」というのです。 そこで、番組取材班は、ファミリーヒストリーでは、おなじみの鹿児島県立図書館長・原口泉さんを訪ねました。 鹿児島にルーツのある方の調査となれば、必ず原口泉さんの出番となります。 今回も立派な館長室で、取材に応じてくださいました。 城下絵図を調べる 原口泉さんは、鹿児島城下の地図を広げました。 そして、その地図のなかに、恵俊彰さんの先祖と思われる方の屋敷を見つけています。 「西田町に、萩原一兵衛という名前の武士が住んでいた」と言います。 「西田町に、萩原という姓の家は一軒しかないので、こちらが恵俊彰さんの先祖である萩原氏の家だったのではないか」、ということです。 ちなみに、恵俊彰さんの先祖・萩原氏の屋敷の近くには、加山雄三さんの先祖・池端氏の屋敷がありました。 それぞれのご先祖様は顔見知りだったのかもしれませんね。 参照記事 恵俊彰の先祖は鹿児島から奄美大島に渡った さらに、番組スタッフは調査を進めます。 古文書を探ると、以下のような事実が分かりました。 恵俊彰さんの先祖・萩原氏の先祖は、鹿児島城下に住んでいたのですが、奄美大島に派遣されることになった、ということのようです。 奄美大島を支配する代官の部下として派遣されたのでした。 墓所の調査で分かること 番組では、萩原氏の墓所を訪ねています。 古い石で、墓石の形状や、書かれていることから、明らかに武士のものであることが分かります。 これは、恵俊彰さんの高祖父の父・萩原萩賢のものです。 そこに「與人」という文字が彫られています。 これは何を意味するのでしょうか? 参照記事 再び、原口泉さんを訪ねる そこで、番組スタッフは、再び鹿児島市内に戻り、前述の鹿児島図書館長・原口泉さんを訪ねました。 困ったときの原口泉さんです 笑 これくらい知識のある方がいると、心強いですね! 原口泉さんによれば、「『與人』というのは奄美大島を支配した役職のことで、かなり位の高い階級だった。 」ということです。 恵俊彰の先祖は? その後、番組では「恵」という苗字のルーツについて、話題が移っていきます。 調査によれば、恵俊彰さんの高祖父は、萩原萩和志という名前でしたが、 その二男である太助 恵俊彰さんの曽祖父 が恵 めぐみ という苗字の家に養子に入って、恵姓になったというのが真相でした。 改姓と養子入りを区別しよう 番組では、「もともと萩原という苗字だったのが、途中から恵になった。 」というようにナレーションされていたのが、誤解を与えているのではないかと感じました。 番組の冒頭で、恵俊彰さんの父が、「恵姓を名乗る前の姓は、萩原だった。 本当の苗字は萩原だ。 萩原を恵に変えた。 」と、インタビューに答えていましたが、これも誤解です。 萩原から恵に改姓したのであれば、このように言う事ができます。 しかし、萩原家から恵家に先祖が養子に入ったことで苗字が変わっているのであれば、「本当の苗字」とか「もともとの苗字」などというのは、ナンセンスです。 細かいことを指摘しているように思われる方もいらっしゃるでしょうが、これは「家系」を調べる際には、誤解してはならないことなので、明確にしておきます。 しばしば、先祖が養子に入っている場合には、このようにして伝えられていることが多いのです。 「他家から養子に入っている場合」と、「改姓」した場合は、明らかに異なるものです。 こうした誤解が、先祖調査を進めるうえで、障壁になることすらあるので、注意したほうが良いと思われます。 参照記事 恵家に養子入りした恵俊彰の曽祖父 さて、番組では、恵俊彰さんの曽祖父・太助が養子に行った恵家のルーツについて調べています。 実は、太助の母の実家が「恵」という苗字でした。 おそらく、母の実家に後継ぎがなかったので、太助は養子に入ったということなのでしょう。 原口泉さんに、恵俊彰さんの先祖を尋ねる では、太助が養子に入った恵姓の先祖は、どういう人だったのかということを、番組では調べています。 ここでまた、原口泉さん登場です。 原口泉さんに訊けば、何でも分かるんです。 「恵家は、萩原家と同じく、奄美大島の武士の家柄であり、家系図も残されている。 家系図によると、もともとは琉球王国から奄美大島を治めるべく派遣された者を先祖とする。 その後、鹿児島の島津氏の支配下に入った。 」ということのようです。 つまり、恵という苗字のルーツは沖縄県にあったわけですね。 それが、鹿児島藩に仕えるようになって、代々続き、恵俊彰さんの曽祖父は、その恵家に養子に入ったということのようです。 恵俊彰さんの祖父と父 その後、恵俊彰さんの祖父・恵積五郎が織物職人となり、奄美大島を出て鹿児島に渡ります。 積五郎は、鹿児島に出て、成功し工場を経営するまでになりました。 恵俊彰さんの父は、それを継ぎ、さらに事業を拡大させました。 もともと。 恵俊彰さんは、家業を継ぐ予定だったそうです。 それが、東京に出て「芸能界に入りたい」ということになったのだそうです。 今回のファミリーヒストリーの感想 今回のファミリーヒストリーは、なんといっても原口泉さんの活躍が目立っていましたね。 また、鹿児島に先祖を持つ方のファミリーヒストリーで、お目にかかりたいと思っています。

次の