しっかり 敬語。 しっかり押さえたい!敬語まとめ【尊敬語・謙譲語・丁寧語】

目上に対して「しっかりしていますね」という言い方

しっかり 敬語

この言葉を嫌いな上司や取引先もいる、と言いましたが全員がそういうわけではありませんので、一旦おいておいて、ビジネスシーンでの「以後気をつけます」の正しい意味と使い方を紹介します。 ビジネスシーンでの使い方、と言っていますが日常的な会話で使用するよりもビジネスシーンで使うことが主ですよね。 意味としては謝罪やお詫びをする際に「もうしないように気をつけていきます」のような反省の意味をこめた丁寧な言い方が「以後気をつけます」になります。 例えば業務中のミスを上司に報告し、謝罪する場合が当てはまるでしょう。 「同じことを繰り返さぬよう、以後気をつけます。 」といった言い回しになります。 一般的に使用される場合と意味や使い方に差異はないことがわかりました。 上記でも少し触れましたが、この「以後気をつけます」という言葉が嫌いな上司や取引先の方もいます。 嫌いな理由としては、「その言葉では解決になっていない」や「反省に具体性がない」、「信用できない」、「その場しのぎで言っているのではないか」というものが挙げられます。 最後の「その場しのぎで言っているのではないか」に関しては正直理不尽さを感じますし、どうしたらいいんだ、と思ってしまいますよね。 ですが、たしかに謝罪でこれらを言われても「うーん?」となるのもわかります。 この言葉が嫌いかどうかを判別する方法なんてないのですが、前半の嫌いな理由として挙げられていた「反省に具体性がない」と言った部分が主な理由になりますので、謝罪文を送る際には「~でしたので、今後は~しません。 」といったように具体性をもたせることで普通に「以後気をつけます」というよりも、より誠意が伝わります。 とはいえ、この言葉が必ずしも悪い言葉というわけではありませんので、「じゃあ使わないようにしよう」等と思わないようにしてくださいね。 あくまでも、とりあえず言っているような文章にならないようにすることが大切です。 今回は「以後気をつけます」という言葉についてまとめました。 主に謝罪をする際に使用する言葉だということがわかった反面、「とりあえず言っているんじゃないの?」といったように思われてしまいがちな言葉でもあることがわかりました。 間違えてしまった、指摘をいただいたので、とにかく謝罪をしなければ!といった気持ちで急いで「以後気をつけます」や類語に当たる言葉を用いて「とりあえずの謝罪」に見られてしまう文章を作るのではなく、しっかりと具体的な反省点とできれば改善点を添えた文章を作るように心がけましょう。 また、自分のミスの修正を手伝っていただいた際にはしっかりと感謝の言葉も伝えることで、相手に良い印象を与えることができますし、トラブルを避ける要因の1つにもなります。 こういった細やかな部分にも目を向ける事でより「できるビジネスマン」へと近づくことができます。 ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

「しっかり」の敬語表現・しっかりの使い方と例文・別の敬語表現

しっかり 敬語

まずは、「頑張る」という言葉の正確な敬語表現について見ていきます。 相手に、頑張ってくださいという意味で使う「頑張る」は、尊敬語で「お励みになる」、謙譲語で「努力させていただく」となります。 なかなか聞きなれない言葉ですが、最上級の敬語として使われるケースがあるのです。 とはいえ、、非常に難しいの言葉であり、先ほども言ったようにビジネスはおろか普段の生活でも「頑張って」という意味の敬語としては、余り使わないフレーズでもあります。 それに、「頑張ってください」というフレーズは、もともと目下の人に対する言葉なのであまり意識する必要もないという考えもあります。 ですので、現実にビジネスシーンで使うのであれば、次にご紹介する「頑張る」と同義の言葉もあるという事を覚えて、頑張ってくださいの敬語としていくつか認識しておくのが吉です。 表現方法は大いに越した事はないですからね。 敬語として「頑張る」の代わりに使える言葉 頑張ってください、を目上の人に使う場合、または自分が目上の人に対して「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする際に、「頑張る」の代わりに使いたい言葉がいくつかあります。 それを、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けてご紹介しますので、覚えておきましょう。 ですが、どんな動詞でも謙譲語、尊敬語が作れる訳ではなく、それは「頑張る(頑張って)」という言葉についても同様です。 注意しましょう。 まるで相手が、手抜きをしているかのように受け取られてしまいます。 「頑張ってください」が敬語としては一番無難 上記で紹介したように「頑張る」を敬語に変換したからと言って、必ず使える敬語になるという訳でもないようです。 むしろ、嫌味に聞こえて相手にとって不快に感じるケースもありますので、「頑張る(頑張って)」という意味合いで掛ける言葉としては、「頑張ってください」が一番無難で使いやすい言葉だと考えておきましょう。 とはいえ、ビジネスでは目上の人に使う言葉は丁寧語でもなく謙譲語でもなく、尊敬語ですよね?その場合も「頑張ってください」で良いのでしょうか? では次に、「頑張る」を尊敬語にするときの、正しい言い回しについて見ていきます。 「頑張る」の尊敬語は色々!ビジネスで目上の方への正しい使い方とは? ビジネスシーンで気をつけるべき言葉遣いですが、目上の人に「頑張る」を使う場合は、応援する意味を込めた言葉が最適です。 あくまでも正しい敬語としては、「頑張ってください」となりますが、同じ意味でも目上の人に使う場合は少し違ってきます。 ですが、言い方は非常にたくさんあります。 では、「頑張る」を目上の人に対して言うときに、使う場合が多い尊敬語について詳しく見ていきましょう。 ビジネスで目上の方に「頑張ってください」はNG!「頑張る」を言い換えよう ビジネスシーンで、目上の人に対して「頑張る」という動詞を、そのまま用いて尊敬語とすることはできません。 しかし、形の上では「お励み下さい」「お励みなさいませ」「期待しています」「陰ながら応援させていただきます」「御健闘をお祈りします」などという言い方に変換して使えば、相手を敬っているので問題ありません。 これらの敬語を、そのときの状況に合わせて使い分けるようにするのがビジネスで「頑張ってください」と目上の人に声を掛ける際の、正しい敬語となります。 「頑張ってください」を目上の方に使う場合のケース例をご紹介 目上の人に対して「頑張れ!」「頑張って」いう気持ちと伝えたいときに、例えば「お頑張りください」はおかしいですよね。 ですが、上に挙げた尊敬語を単純に当てはめてみても、「部長、お励みになってください!」となります。 なんだかしっくりきません。 そもそも「頑張る」という言葉は、最初に述べたように、目下の人に対して使う言葉です。 そこで、こういった場合は尊敬語にこだわらず「頑張ってください」「陰ながら応援させていただきます」のように言うのが無難でしょう。 これが、状況に合わせた使い分けですから、是非とも覚えておきましょう。 「頑張る」を謙譲語で言うと?目上の方に決意表明をする際の使い方とは では最後に、目上の人に対する決意表明として、「頑張る」を謙譲語にする場合の言葉遣いについて紹介していきます。 「頑張る」とは、自分自信が努力する意味で、この「頑張る」を謙譲語に直すと「頑張ります」ではなく「努力させていただきます」や「努めさせていただきます」という形で使うのが最適です。 ですが、ビジネスメールなどで「努力します」「頑張っています」という意思表示をする際などは、こんな長いフレーズを使うのも少し気を遣いますよね。 その際の最適な使い方もチェックしておきましょう。 「努力させていただく」「努めさせていただく」は堅すぎる謙譲語に 「努力させていだたく」というのは「頑張る」の正しい謙譲語で、「努めさせていただく」も同じです。 ですが、これだと「頑張ります」という意味としてはやや固すぎるので、受け取る方にとっても、何だか仰々しく感じてしまいますよね。 固い表現では、「犬馬の労をも厭わず精勤する所存です」なんて言い方もあるようですが、ビジネスシーンではもう少し違い言い方をするのが好ましいでしょう。 「頑張れ」の謙譲語は「精一杯努力させていただきます!」がベスト 目上の人に対して、「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする場合は 「精一杯努力させていただきます!」 「精一杯努めさせていただきます!」 のように言うのがベストでしょう。 上記にある、「頑張る」を謙譲語に変えたものは、自分をちゃんとへりくだった言い方にした言葉遣いで、かつ自分を下げて相手を上げる言い方にもなっています。 そのため、仕事では、上司や目上の方や先方などに使う敬語として最適であり、使用機会も多くなるので、必ず覚えておきたいですね。 結論:場面とその人との間柄にもよるので特段これだとNGというわけではない 「頑張る」という言葉を敬語(尊敬語・丁寧語・謙譲語)に変換して使う言葉の言い回しについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 「頑張る」という言葉を、相手に対して「頑張ってください」もしくは自分が「頑張ります」という意味で使う際は、そもそも「頑張る」という言葉を敬語に変換するのは難しいといえるので、結論としては失礼にならない言い方であれば自由で構わないでしょう。 ですが、今回紹介した敬語の言い回しを覚えておくのも、ビジネスマナーを弁えた社会人として見られるかどうか、大切な部分でもあります。 非常に細かい部分ではありますが、ビジネスシーンにおいて正しい言葉遣いは必須のスキルと言っていいものです。 そのため、この機会にこういったビジネスで使うであろう言葉遣いのポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の

尊敬語・謙譲語・丁寧語のよく使う動詞5つの使い分け|「マイナビウーマン」

しっかり 敬語

まずは、「頑張る」という言葉の正確な敬語表現について見ていきます。 相手に、頑張ってくださいという意味で使う「頑張る」は、尊敬語で「お励みになる」、謙譲語で「努力させていただく」となります。 なかなか聞きなれない言葉ですが、最上級の敬語として使われるケースがあるのです。 とはいえ、、非常に難しいの言葉であり、先ほども言ったようにビジネスはおろか普段の生活でも「頑張って」という意味の敬語としては、余り使わないフレーズでもあります。 それに、「頑張ってください」というフレーズは、もともと目下の人に対する言葉なのであまり意識する必要もないという考えもあります。 ですので、現実にビジネスシーンで使うのであれば、次にご紹介する「頑張る」と同義の言葉もあるという事を覚えて、頑張ってくださいの敬語としていくつか認識しておくのが吉です。 表現方法は大いに越した事はないですからね。 敬語として「頑張る」の代わりに使える言葉 頑張ってください、を目上の人に使う場合、または自分が目上の人に対して「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする際に、「頑張る」の代わりに使いたい言葉がいくつかあります。 それを、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けてご紹介しますので、覚えておきましょう。 ですが、どんな動詞でも謙譲語、尊敬語が作れる訳ではなく、それは「頑張る(頑張って)」という言葉についても同様です。 注意しましょう。 まるで相手が、手抜きをしているかのように受け取られてしまいます。 「頑張ってください」が敬語としては一番無難 上記で紹介したように「頑張る」を敬語に変換したからと言って、必ず使える敬語になるという訳でもないようです。 むしろ、嫌味に聞こえて相手にとって不快に感じるケースもありますので、「頑張る(頑張って)」という意味合いで掛ける言葉としては、「頑張ってください」が一番無難で使いやすい言葉だと考えておきましょう。 とはいえ、ビジネスでは目上の人に使う言葉は丁寧語でもなく謙譲語でもなく、尊敬語ですよね?その場合も「頑張ってください」で良いのでしょうか? では次に、「頑張る」を尊敬語にするときの、正しい言い回しについて見ていきます。 「頑張る」の尊敬語は色々!ビジネスで目上の方への正しい使い方とは? ビジネスシーンで気をつけるべき言葉遣いですが、目上の人に「頑張る」を使う場合は、応援する意味を込めた言葉が最適です。 あくまでも正しい敬語としては、「頑張ってください」となりますが、同じ意味でも目上の人に使う場合は少し違ってきます。 ですが、言い方は非常にたくさんあります。 では、「頑張る」を目上の人に対して言うときに、使う場合が多い尊敬語について詳しく見ていきましょう。 ビジネスで目上の方に「頑張ってください」はNG!「頑張る」を言い換えよう ビジネスシーンで、目上の人に対して「頑張る」という動詞を、そのまま用いて尊敬語とすることはできません。 しかし、形の上では「お励み下さい」「お励みなさいませ」「期待しています」「陰ながら応援させていただきます」「御健闘をお祈りします」などという言い方に変換して使えば、相手を敬っているので問題ありません。 これらの敬語を、そのときの状況に合わせて使い分けるようにするのがビジネスで「頑張ってください」と目上の人に声を掛ける際の、正しい敬語となります。 「頑張ってください」を目上の方に使う場合のケース例をご紹介 目上の人に対して「頑張れ!」「頑張って」いう気持ちと伝えたいときに、例えば「お頑張りください」はおかしいですよね。 ですが、上に挙げた尊敬語を単純に当てはめてみても、「部長、お励みになってください!」となります。 なんだかしっくりきません。 そもそも「頑張る」という言葉は、最初に述べたように、目下の人に対して使う言葉です。 そこで、こういった場合は尊敬語にこだわらず「頑張ってください」「陰ながら応援させていただきます」のように言うのが無難でしょう。 これが、状況に合わせた使い分けですから、是非とも覚えておきましょう。 「頑張る」を謙譲語で言うと?目上の方に決意表明をする際の使い方とは では最後に、目上の人に対する決意表明として、「頑張る」を謙譲語にする場合の言葉遣いについて紹介していきます。 「頑張る」とは、自分自信が努力する意味で、この「頑張る」を謙譲語に直すと「頑張ります」ではなく「努力させていただきます」や「努めさせていただきます」という形で使うのが最適です。 ですが、ビジネスメールなどで「努力します」「頑張っています」という意思表示をする際などは、こんな長いフレーズを使うのも少し気を遣いますよね。 その際の最適な使い方もチェックしておきましょう。 「努力させていただく」「努めさせていただく」は堅すぎる謙譲語に 「努力させていだたく」というのは「頑張る」の正しい謙譲語で、「努めさせていただく」も同じです。 ですが、これだと「頑張ります」という意味としてはやや固すぎるので、受け取る方にとっても、何だか仰々しく感じてしまいますよね。 固い表現では、「犬馬の労をも厭わず精勤する所存です」なんて言い方もあるようですが、ビジネスシーンではもう少し違い言い方をするのが好ましいでしょう。 「頑張れ」の謙譲語は「精一杯努力させていただきます!」がベスト 目上の人に対して、「頑張る」「頑張ります」という意思表示をする場合は 「精一杯努力させていただきます!」 「精一杯努めさせていただきます!」 のように言うのがベストでしょう。 上記にある、「頑張る」を謙譲語に変えたものは、自分をちゃんとへりくだった言い方にした言葉遣いで、かつ自分を下げて相手を上げる言い方にもなっています。 そのため、仕事では、上司や目上の方や先方などに使う敬語として最適であり、使用機会も多くなるので、必ず覚えておきたいですね。 結論:場面とその人との間柄にもよるので特段これだとNGというわけではない 「頑張る」という言葉を敬語(尊敬語・丁寧語・謙譲語)に変換して使う言葉の言い回しについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか? 「頑張る」という言葉を、相手に対して「頑張ってください」もしくは自分が「頑張ります」という意味で使う際は、そもそも「頑張る」という言葉を敬語に変換するのは難しいといえるので、結論としては失礼にならない言い方であれば自由で構わないでしょう。 ですが、今回紹介した敬語の言い回しを覚えておくのも、ビジネスマナーを弁えた社会人として見られるかどうか、大切な部分でもあります。 非常に細かい部分ではありますが、ビジネスシーンにおいて正しい言葉遣いは必須のスキルと言っていいものです。 そのため、この機会にこういったビジネスで使うであろう言葉遣いのポイントはしっかりとおさえておきましょう。

次の