かぜ あざみ 意味。 風あざみの意味とは?少年時代の歌詞からわかる井上陽水の変人ぶり

指定居宅介護支援事業所楓あざみ [ 札幌市清田区 ]

かぜ あざみ 意味

特徴 [ ] は深い切れ込みがあるものが多い。 また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。 触れれば痛い草の代表である。 は管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花がならばない。 花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色はやをしている。 種子には長い冠毛がある。 若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。 別名刺草。 名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。 文化 [ ] では、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされとなっている。 は「 独立、報復、厳格、触れないで」。 を象徴する花となっている。 地方や青森市、東北町を中心とするや長野県の一部では、春先にアザミの若芽がに並び、食用として売られ、主にの具として使われる。 新や根は、などにしてとして食べられる。 「 山ごぼう」や「」などといわれることもあり、などの加工品として山間部の・温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根である。 種 [ ] 世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。 地方変異が非常に多く、日本では100種以上あるとされるが、現在も新種が見つかることがある。 さらに種間の雑種もあるので、分類が難しい場合もある。 以下の種は比較的分布が広いものである。 japonicum DC. :春のアザミは大体これと考えてよい。 本州〜九州。 この種の園芸品種をドイツアザミというが、実際はドイツとは無関係である。 nipponicum var. incomptum:大薊。 大きなアザミのことで、別名、トネアザミ(利根薊)という。 ナンブアザミの変種で関東地方に多い。 purpratum Maxim Matsum. :花の直径が8cmにも達する。 関東〜中部地方の山地。 tanakae :秋に花を咲かせる。 本州中部地方以北の山地。 martitimum Makino:海岸性のアザミで、葉が厚くてつやがある。 本州中部以南、九州までの太平洋岸。 dipsacolepis Maxim Matsum. :本州〜九州の草原。 時に食用に栽培される。 nipponicum Maxim Makino:本州中北部では普通。 変種を含めると、四国まで一帯に分布。 borealinipponense Kitam. :中部地方、東北地方の日本海側。 sieboldii :湿原。 yezoense :近畿以北の日本海側沢沿。 inundatum Makino: 北海道から本州の日本海側の湿地。 suffltum Maxim. Matsum. :九州では一番普通なアザミ。 四国、九州に分布。 pendulum Fisch. ex DC. :北海道、本州の北部に分布。 東アジアにも分布する。 ごく分布の限られたものも多い。 chokaiensis Kitam. :東北の高山の草原。 homolepis Nakai:およびその周辺の湿地のごく一部区域。 aidzuense Nakai ex Kitam. :本州日本海側のごく一部区域。 okamotoi Kitam. :群馬県、新潟県の県境の山域のごく一部区域。 南方島嶼には以下の種がある。 breviaule A. Gray:に分布。 boninense Koidz. :に分布。 繁殖方法 [ ] 根が冬越しする他に、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増える。 受粉は昆虫による虫媒花である。 近縁な群 [ ] アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある(、、、、など)。 また、やもよく似た花を咲かせる。 も花はよく似ている。 (アーティチョーク)はアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である。 有毒植物との区別と注意 [ ] 学術上の種名、とはいずれもではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いであり、薬用にはなるが、食用になるどころかであり、混同して誤食しないよう注意を要する。 その他の画像 [ ].

次の

井上陽水「少年時代」に出てくる“風あざみ”の意味って? SNS「天才ですよね」:イザ!

かぜ あざみ 意味

井上陽水さんの『少年時代』の冒頭部分の歌詞です。 曲とともに聞いたことがない人はいないはずの歌詞なんですが、この中で、意味の分からない言葉が入っていませんか? …そう、以下の言葉です。 「 風あざみ」 この「風あざみ」って、言われてみればよくわからないですよね。 なんとなくわかるような気がするけど、いざ説明を求められると答えられない…そんな人が多いのではないでしょうか? まあ答えられないのは当然です。 実は「風あざみ」という言葉…、 存在しないみたいです(笑) 「どぉーーーーい!! 」って感じですね。 実はこれ、井上陽水さんが何となく雰囲気で勝手につくった言葉なのです。 「風あざみ」なんていう言葉自体、本来存在しないのです。 この事実を知った当時、私は衝撃を受けました。 まず第一に、意味のない言葉を勝手につくり、歌詞のこんな冒頭に持ってくる井上陽水さんの神経に驚いたというのがあります。 ただ一応、彼はもともと探し物をしている人に対して「探し物は何ですか?」と尋ねた後、すぐに「それより私と踊りませんか?」とわけのわからない誘いを仕掛け、最終的には「夢の中へ」といざなおうとする変人です。 「探すの手伝ってやれよ!」とも思いますが、それが常人を超越する井上陽水ですので、これはこれで受け入れるしかありません。 私がそれ以上に衝撃を受けたのは、意味の分からない言葉を含む『少年時代』という歌が、一般大衆に「いい曲」として受け入れられていることです。 一部言葉の意味が分からなくても、その音楽が醸し出す全体の雰囲気を感じ取り「いい曲だな~」と思ってしまう…これは言い換えれば、本来意味のないものにすら価値を感じてしまうということになります。 人間はどのような時に価値を感じるのか? これを考えることはビジネスに限らず、あらゆることにおいて重要であると思いますが、人に価値を感じてもらうために、どうやら「言葉で説明する」ということは必須ではないようです。 「風あざみ」からわかる論理的説明を凌駕するもの 私は過去のこちらの記事「」において、ソシュールの言語論的転回を取り上げました。 ここでの理論を簡単におさらいすると、 「私たちは言葉を用いることによって初めて、世界を理解することができる」 というものになります。 何かを理解しようとする時、人間はそのモノを言語化することではじめて理解したことになります。 言葉に表すことによってのみ、そのモノをプラス・マイナスのニュアンスを含んだ、理解できるものとして脳の中におさめることができるのです。 しかし、音楽の世界においては一概にそうとも言えないようです。 先ほどの「風あざみ」の例のように、意味不明な言葉が入っていたとしても全体として「いい曲」として受け入れてしまうことがあります。 理解不能な言葉すらそうとは感じさせずに肯定的に受け入れてしまう、そのような力が音楽には備わっているのでは…と考えられます。 人が価値を感じるのに、論理的な言葉による説明は究極的には不要なのかもしれません。 そしてそれを考えるにあたり、「音楽」というのは一つのヒントになると言えるでしょう。 ではここで少し、音楽と脳科学について触れておきましょう。 音楽と脳科学 「音楽は人に快感や勇気を与える」ということには、脳内の快感作用の仕組みが関係しているようです。 これは一部脳科学的にも明らかになっています。 音楽にはリズムというものがあり、そのリズムは「音域の高低」「音の強弱」等を組み合わせることで作られます。 この「音域の高低」(キーが高くなったり低くなったりすること)と、「音の強弱」(音が大きくなったり小さくなったりすること)とが、一種の振動波を生み出すのです。 人はこの振動派を、聴覚や体の振動で感じ取り、それが感覚神経によって脳に集められ、脳の神経に興奮や安らぎ等の快感をもたらすとされています。 この時、脳内で働いている主な神経伝達物質には、 ・ ドーパミン(やる気とともに快楽・喜びの感覚を引き起こす) ・ ノルアドレナリン(緊張や恐怖とともに覚醒を引き起こす) ・ セロトニン(バランスを整え、精神の安定をもたらす) があります。 一般的に「テンポが早く、音量の大きい曲」は、神経の覚醒・興奮を伴った快感を引き起こしますが、この時脳内では快感物質ドーパミンやノルアドレナリンが分泌されていると推測されています。 逆に「テンポがゆっくりで、音量の小さい曲」は神経の興奮を鎮め、気分をリラックスさせてくれます。 この時、脳はノルアドレナリンやアドレナリンの分泌を抑え、セロトニンを分泌して休息状態を作っていると考えられます。 また、音楽を聴く際は上記三つ以外にも、アセチルコリン等の脳内の神経伝達物質は少なからず作用しているでしょう) そして、年代の特性に関していえば、一般的に若い世代の人は、覚醒興奮作用を持つ快感物質ドーパミンやノルアドレナリンの分泌量が多い傾向にあるため、その分泌速度に合った興奮・覚醒を引き起こす「テンポの速い、音量の大きな曲」を好むことが多いです。 逆に年配層の人は、脳や体が疲労しやすい状態であるため、疲労を和らげるような「テンポのゆっくりした、音量の小さい曲」を好むようになると考えられています。 たしかに、アップテンポの曲を好む年配層は少ないですよね。 当然個々人で差はあるので年代だけを取り上げて一概に言えることではありませんが、この傾向は脳科学的に説明ができるものなのです。 このように、音の振動波が脳の神経に快感をもたらします。 さらに、その音に乗せられた歌詞が人に具体的な共感をもたらすことで、音楽は人の心を揺さぶる強力なものになるのでしょう。 どうやら、音楽には意味不明な言葉をも覆いつくして人に共感を与える力が備わっているようです。 「風あざみ」のように、一部知らないはずの言葉が出現しても、その音楽全体が作り上げた世界観という強い魔力によって、人の脳はそれを肯定的に受け入れてしまう…。 そんな音楽に支配された、 私の心は夏模様 早稲田大学商学部卒。 大学卒業後、進学塾の講師として大学受験指導に携わり、東大・早稲田大・慶應義塾大等の難関大学合格者を多数輩出。 しかし長年続けていくうちに、次第に現代の教育産業のあり方に疑問を持ち始め、このまま塾講師だけを続けていくことの意義が薄れ始める。 その後、進学塾の現場を離れ、さまざま模索している中で、教育産業の負の側面の突破口としてインターネットビジネスに大きな可能性を感じる。 そして2013年からは「ピオリム」というハンドルネームで個人でビジネスを展開し、メディア構築・コミュニティ運営・個別コンサルティング・リアルセミナーなど様々な活動を実施。 そのまま事業を軌道に乗せ、2015年に法人化。 現在は「塾講師としての活動」と「インターネットビジネスでの活動」を通じ、そこで培った経験・スキルを統合させて教育分野に変革を起こすという思いから、心理学・脳科学・言語学等の様々な視点を取り入れた体系的・実践的講義を展開。 主にオンラインのコンサルティングやオフラインのセミナー及び通信制高校のサポート校の運営などを通して、インターネットで独自の価値を創造して社会の中でお金を生み出す力を発揮できる人間の育成に携わる。

次の

かぜあざみ

かぜ あざみ 意味

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 長い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 これが一番の歌詞です。 メロディーを載せると、懐かしいような雰囲気ですが、歌詞だけを見るとなんだか意味が分かりにくいですよね。 想い出のあとさき…?宵かがり…? まず最初に出てくるのは「風あざみ」という言葉。 この言葉については、本人も意味がないことを語っています。 井上陽水の『少年時代』の歌詞に込めた意味とは 「夏が過ぎ 風あざみ」 から始まるこの曲は、夏の終わりによく流れる曲です。 この曲は夏休みの終わりに聞くから、新学期の憂鬱さを思い出す、という方もいるのではないでしょうか。 風あざみの意味から見る井上陽水の歌詞の作り方 「風あざみ」には明確な意味はありません。 SONGSで本人により、これが造語であることが語られ、ネットで話題になったことがありました。 「オニアザミ」という言葉のインスピレーションから生まれた言葉のようです。 他にも、「夏模様」「宵かがり」「夢花火」という言葉が出てきます。 井上陽水は、こういった言葉に意味はなくて「響きのよさで作った」ことを本人の口から語っているのです。 有名な歌手の中でも、歌詞の意味を重視せずに響きだけで作る人は多いですよね。 例えは椎名林檎の『丸の内サディスティック』もそうみたいですよ。 そのため難解で、いろいろな人に考察がなされていて逆に面白かったりします。 歌詞考察のし甲斐はあるかもしれませんね。 少年時代も、まさに考察のし甲斐がある歌詞です。 では1番の歌詞の考察をしていこうと思います。 敢えて、考察しない部分を残しますので、それぞれ考察してみて欲しいなと思います。 「夏が過ぎ 風あざみ」 夏はもう過ぎって、あざみも散って風に消えていった「誰のあこがれにさまよう」 時は過ぎるのに自分はここで立ち止まって、誰かにあこがれられたりしてるんだろうか。 それとも… 「青空に残された 私の心は夏模様」 こうして青空をひたすら見ている私の心は夏から抜け出せずに、立ち止まり続けているんだ。 「夢が覚め 夜の中」 青空から夜になると、人は眠るけど私は目が覚めてしまい 「長い冬が 窓を閉じて」 冬の長い夜の暗くなった窓を閉じて 「呼びかけたままで 夢はつまり思い出のあとさき」 だけど夏の鬼ごっこなんかして呼びかけた声が頭に残っている。 見ることのできる夢というのはつまり、思い出があるから見れるんだな… 「夏まつり 宵かがり」 夏祭りは青空とこの夜の間の宵の暮れそうなときだったな… 「胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火」 胸がわけもなく高鳴るのに合わせて上がる八月の花火も、この夢の中に出てくるんだ 「私の心は夏模様」 まだ私は夏の思い出を夢で見ているんだ。 子供の頃の思い出を思い返して、 昼は青空を見ながら。 夜は夏祭りなどの夢を見ている自分を描いています。 こうした夢は想い出があるからこそ見ることが出来るものだな… としみじみ感じながら、 思い返すのはいつも夏。 思い返す自分は永い冬の中にいる。 私の考察では… 目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 この部分はぜひそれぞれ考察してみてください。 面白いですよ。 少年時代の概要をこちらに書いておきますね。 Wikipediaに面白いエピソードがありました。 『少年時代』の概要 1990年9月21日にリリースされた通算29枚目のシングル。 作詞は井上陽水 作曲・編曲は井上陽水と平井夏美。 当初、荻野目洋子のシングル『ギャラリー』のB面に使用される予定だった曲で、B面にしては良い出来だったのでシングル化されたそうです。 出典: まとめ 『少年時代』の歌詞考察をしてきましたがいかがでしたか? 「少年時代」というワードを挟まないまま、多くを語らなくてもその情景を思い起こさせる井上陽水って やっぱりすごいなと思います。 夏の終わりの歌か、と思いきや「冬」というワードも出てくる。 想い出を想起しながらも、夏の懐かしい時代を夢に見てノスタルジックになっている感じが十分伝わりますね。 メロディーに乗せると、その情景はもっと色濃くなるような感じもします。 これがプロだな… 皆さんも、井上陽水の歌詞考察してみてはいかがでしょうか。 この歌のこの歌詞の意味考察してほしい、というリクエストもお待ちしています。 良ければコメント欄に書き込んでいってください。

次の