保健所 桐生。 施設案内 総合福祉センター|桐生市ホームページ

群馬県桐生市の保健所一覧

保健所 桐生

ページ番号1010486 更新日 令和2年4月21日 令和2年4月より、健康づくり課 母子保健係と子育て支援課 子育て相談係・子育て支援センターが統合して保健福祉会館内に「子育て相談課」を設置しました。 妊娠期から子育て期までの総合窓口の「子育て世代包括支援センター」 機能は保健福祉会館内の子育て相談課にあり、保健師や管理栄養士、歯科衛生士、保育士、作業療法士など資格と経験のあるスタッフが常駐しています。 日頃の子育ての悩みなどお気軽にご相談ください。 秘密厳守・相談無料です。 「子ども家庭総合支援拠点」機能も子育て相談課にあり、すべての子どもやその家庭の不安や悩み、発達についての悩みをご相談ください。 主な相談内容 妊娠がわかったら 妊娠届出時に、保健師が妊婦さんの健康状態を確認しながら相談に応じます。 母子手帳と妊婦健診14回分の受診票をお渡しし、ママ&パパ教室(両親教室)や助産師訪問も紹介しています。 また、「妊娠したかもしれない」「出産するかどうか迷っている」「妊娠できない」など、妊娠届出以前の心配についてもご相談ください。 赤ちゃんが生まれたら 子育て世代包括支援センターへ出生連絡票が届くと、母子保健コーディネーターのマネジメントにより、地区担当保健師がママと赤ちゃんを訪問します。 赤ちゃんの体重計測やママのメンタルヘルスチェックをします。 産後うつにならないようなアドバイスもあります。 予防接種の説明をして予診票をお渡しし、赤ちゃんサロンや産後ケア事業のご紹介もします。 「母乳が足りているか不安」「退院したけど家族の支援が受けられない」「赤ちゃんが泣いてばかりでどうしていいかわからない」などのご相談に、保健師が対応します。 子育てしているときに 3か月児健診・7か月児健診・1歳児かみかみ教室・1歳6か月児健診・2歳児歯科健診・3歳児健診など、子育て期のヘルスチェックのお知らせは、母子保健推進員がお届けします。 地域ごとに担当を持ち、身近な相談相手となる通称「母推さん」は、ママと子育て世代包括支援センターの保健師をつないでいます。 お子さんの成長に合わせて、食事や歯の問題も変化しますから、管理栄養士や歯科衛生士に相談できるのも安心です。 また、ママとお子さんのお出かけ場所のひとつでもある「桐生市子育て支援センター(保健福祉会館3階)」では、子育てサロンを開催(祝日・年末年始以外)しています。 保育士による遊びの提供や子育て相談を行っています。 保育施設や子育て情報に関することは、『子育て支援の専門員』が応じますので、お気軽にご相談ください。 相談場所 桐生市保健福祉会館(桐生市末広町13番地の4) お出かけいただくか、電話でお受けしています。 相談内容によっては訪問もできますので、まずご連絡ください。 地区担当保健師が妊娠期から子育て期までのご家庭を担当しておりますので安心してご相談ください。 また、管理栄養士、歯科衛生士もおります。 母子手帳の交付や出産後の家庭訪問、乳幼児健診、育児に関する教室や相談、離乳食等の栄養相談、歯科相談、予防接種に関する相談も行っております。 ひとりで抱え込まずに相談してみませんか。 来所や電話等で相談することができます。 子どもの発達相談に作業療法士等の専門職が対応します。 子どもを遊ばせながら、子育ての相談ができるだけではなく、それぞれの人に合った幼稚園・保育園・認定こども園などの教育・保育施設や、地域の支援情報も案内しています。 土・日曜日(祝日、年末年始を除く)も開いていますので、是非、遊びに来てください。

次の

群馬県

保健所 桐生

群馬県桐生市から絞り込み• 旭町 0• 東町 0• 泉町 0• 稲荷町 0• 梅田町 0• 永楽町 0• 織姫町 0• 川内町 0• 川岸町 0• 清瀬町 0• 小梅町 0• 小曾根町 0• 琴平町 0• 境野町 0• 桜木町 0• 新宿 0• 末広町 0• 高砂町 0• 堤町 0• 天神町 0• 巴町 0• 仲町 0• 錦町 0• 西久方町 0• 浜松町 0• 東 0• 東久方町 0• 平井町 0• 広沢町 0• 広沢町間ノ島 0• 本町 0• 美原町 0• 宮前町 0• 宮本町 0• 三吉町 0• 元宿町 0• 横山町 0• 菱町 0• 黒保根町上田沢 0• 黒保根町下田沢 0• 黒保根町宿廻 0• 黒保根町水沼 0• 黒保根町八木原 0• 新里町赤城山 0• 新里町板橋 0• 新里町大久保 0• 新里町奥沢 0• 新里町小林 0• 新里町関 0• 新里町高泉 0• 新里町武井 0• 新里町鶴ヶ谷 0• 新里町新川 0• 新里町野 0• 新里町山上 0.

次の

保健所

保健所 桐生

ページ番号1010486 更新日 令和2年4月21日 令和2年4月より、健康づくり課 母子保健係と子育て支援課 子育て相談係・子育て支援センターが統合して保健福祉会館内に「子育て相談課」を設置しました。 妊娠期から子育て期までの総合窓口の「子育て世代包括支援センター」 機能は保健福祉会館内の子育て相談課にあり、保健師や管理栄養士、歯科衛生士、保育士、作業療法士など資格と経験のあるスタッフが常駐しています。 日頃の子育ての悩みなどお気軽にご相談ください。 秘密厳守・相談無料です。 「子ども家庭総合支援拠点」機能も子育て相談課にあり、すべての子どもやその家庭の不安や悩み、発達についての悩みをご相談ください。 主な相談内容 妊娠がわかったら 妊娠届出時に、保健師が妊婦さんの健康状態を確認しながら相談に応じます。 母子手帳と妊婦健診14回分の受診票をお渡しし、ママ&パパ教室(両親教室)や助産師訪問も紹介しています。 また、「妊娠したかもしれない」「出産するかどうか迷っている」「妊娠できない」など、妊娠届出以前の心配についてもご相談ください。 赤ちゃんが生まれたら 子育て世代包括支援センターへ出生連絡票が届くと、母子保健コーディネーターのマネジメントにより、地区担当保健師がママと赤ちゃんを訪問します。 赤ちゃんの体重計測やママのメンタルヘルスチェックをします。 産後うつにならないようなアドバイスもあります。 予防接種の説明をして予診票をお渡しし、赤ちゃんサロンや産後ケア事業のご紹介もします。 「母乳が足りているか不安」「退院したけど家族の支援が受けられない」「赤ちゃんが泣いてばかりでどうしていいかわからない」などのご相談に、保健師が対応します。 子育てしているときに 3か月児健診・7か月児健診・1歳児かみかみ教室・1歳6か月児健診・2歳児歯科健診・3歳児健診など、子育て期のヘルスチェックのお知らせは、母子保健推進員がお届けします。 地域ごとに担当を持ち、身近な相談相手となる通称「母推さん」は、ママと子育て世代包括支援センターの保健師をつないでいます。 お子さんの成長に合わせて、食事や歯の問題も変化しますから、管理栄養士や歯科衛生士に相談できるのも安心です。 また、ママとお子さんのお出かけ場所のひとつでもある「桐生市子育て支援センター(保健福祉会館3階)」では、子育てサロンを開催(祝日・年末年始以外)しています。 保育士による遊びの提供や子育て相談を行っています。 保育施設や子育て情報に関することは、『子育て支援の専門員』が応じますので、お気軽にご相談ください。 相談場所 桐生市保健福祉会館(桐生市末広町13番地の4) お出かけいただくか、電話でお受けしています。 相談内容によっては訪問もできますので、まずご連絡ください。 地区担当保健師が妊娠期から子育て期までのご家庭を担当しておりますので安心してご相談ください。 また、管理栄養士、歯科衛生士もおります。 母子手帳の交付や出産後の家庭訪問、乳幼児健診、育児に関する教室や相談、離乳食等の栄養相談、歯科相談、予防接種に関する相談も行っております。 ひとりで抱え込まずに相談してみませんか。 来所や電話等で相談することができます。 子どもの発達相談に作業療法士等の専門職が対応します。 子どもを遊ばせながら、子育ての相談ができるだけではなく、それぞれの人に合った幼稚園・保育園・認定こども園などの教育・保育施設や、地域の支援情報も案内しています。 土・日曜日(祝日、年末年始を除く)も開いていますので、是非、遊びに来てください。

次の