すいか ドラマ。 ドラマ「すいか」を語りましょう!

ドラマ「すいか」を語りましょう!

すいか ドラマ

46分 出勤直前、基子(小林聡美)は、クリーニング屋で受け取ったはずの会社の制服がないことに気付いた。 前夜、酔っ払って帰った際、勢いでどこかに捨ててきてしまったことを思い出した基子は、すぐさま下宿のゴミ箱を確かめる。 だが、清掃車はすでにゴミを運び去った後。 出勤するタイミングを逸した基子は、入社して以来初めてズル休みを決意し、風邪をひいたフリをして会社に連絡した。 絆(ともさかりえ)は、編集者と対立し押し切られたことから、漫画家廃業をゆか(市川実日子)らに宣言 出勤直前、基子(小林聡美)は、クリーニング屋で受け取ったはずの会社の制服がないことに気付いた。 前夜、酔っ払って帰った際、勢いでどこかに捨ててきてしまったことを思い出した基子は、すぐさま下宿のゴミ箱を確かめる。 だが、清掃車はすでにゴミを運び去った後。 出勤するタイミングを逸した基子は、入社して以来初めてズル休みを決意し、風邪をひいたフリをして会社に連絡した。 絆(ともさかりえ)は、編集者と対立し押し切られたことから、漫画家廃業をゆか(市川実日子)らに宣言し、下宿を飛び出した。 絆は、ファミレスでバイトを始めるが、慣れぬ仕事に右往左往。 ところが、そこに偶然響一(金子貴俊)が現れて、絆に再び猛アタック。 いくらたしなめてもダメだと察した絆は、店内で両方の鼻の穴に指を突っ込んで響一を牽制する。 しかし、これが店長に見つかり絆はあっさりクビになってしまった。 一方、夏子(浅丘ルリ子)は、京都の大学から招聘の話が舞い込んだことから、思い悩んでいた。 夏子は、やってきた間々田(高橋克実)にこの招聘話を明かすが、結論はなかなか出そうになかった。 まもなく、下宿でのんびりと一日を過ごそうとしていた基子の元に、生沢冴子という女刑事が訪ねてきて…。 あらすじ 出勤直前、基子(小林聡美)は、クリーニング屋で受け取ったはずの会社の制服がないことに気付いた。 前夜、酔っ払って帰った際、勢いでどこかに捨ててきてしまったことを思い出した基子は、すぐさま下宿のゴミ箱を確かめる。 だが、清掃車はすでにゴミを運び去った後。 出勤するタイミングを逸した基子は、入社して以来初めてズル休みを決意し、風邪をひいたフリをして会社に連絡した。 絆(ともさかりえ)は、編集者と対立し押し切られたことから、漫画家廃業をゆか(市川実日子)らに宣言し、下宿を飛び出した。 絆は、ファミレスでバイトを始めるが、慣れぬ仕事に右往左往。 ところが、そこに偶然響一(金子貴俊)が現れて、絆に再び猛アタック。 いくらたしなめてもダメだと察した絆は、店内で両方の鼻の穴に指を突っ込んで響一を牽制する。 しかし、これが店長に見つかり絆はあっさりクビになってしまった。 一方、夏子(浅丘ルリ子)は、京都の大学から招聘の話が舞い込んだことから、思い悩んでいた。 夏子は、やってきた間々田(高橋克実)にこの招聘話を明かすが、結論はなかなか出そうになかった。 まもなく、下宿でのんびりと一日を過ごそうとしていた基子の元に、生沢冴子という女刑事が訪ねてきて…。

次の

すいか(ドラマ)第1話から最終回まで全話を見逃し動画無料フル視聴【キャスト:小林聡美 / ともさかりえ】

すいか ドラマ

ドラマ「すいか」が好き 15年前に放映された「すいか」というドラマが好き。 DVDを持っているので毎年夏になるとよく見ている。 今回このドラマの10年後の物語が書き下ろしとして収録されているを読んだ。 34歳、独身、実家暮らしの信金OL・基子、双子の姉を亡くしたエロ漫画家の絆、曲げない信念ゆえに恐れられ、だけど慕われる大学教授の夏子、幼い頃母が男と出て行った大家のゆかちゃん。 4人が一緒に暮らした、なんてことないけれどかけがえのないひと夏。 10年後のハピネス三茶を描いた、書き下ろしのオマケも収録! このドラマが放送された当時の私は25歳。 「会社行きたくない」 「結婚したい(会社辞めたいだけ)」 「なにもしたくない(ずっと寝てたい)」 「でも何かしなくちゃ(何を?)」 「きちんとした大人にならなくちゃ(きちんとした大人ってどんなだ?)」 などといつも焦って生きていた。 心の中の口癖は、常に「あぁ、幸せになりたい」。 そんな私は「すいか」に出てくる小林聡美さん演じる主人公の基子さん(信用金庫職員)が将来の自分に見えた。 当時世田谷線沿線沿いに住んでいたので、休みの日に用もないのによく三軒茶屋に出かけた。 そして木皿泉さんが書くドラマの台詞にたくさん励まされた。 一寸先は闇よ。 人生はさっきみたいに何にも見えないの。 私だって、あなただって、先のことは全く分からないんだから。 生きていくのが怖いのは、誰だって同じです。 自分で責任を取るような生き方をしないと納得いく人生なんて送れないと思うのよ。 教授の生き様が実にカッコいいのだ。 ドラマが終わって10年以上経っているのに、こうやって当時のメンバーと会っているのは、演者の人にとっても特別なドラマだったんだろうな。 (市川実日子ちゃん、可愛すぎ!) 「すいか」のシナリオと10年後のお話 当たり前の生活 馬場チャン「ハヤカワの下宿、行った時さ、梅干しの種見て、泣けた」 基子「梅干しの種?」 馬場チャン「朝御飯、食べた後の食器にね、梅干しの種が、それぞれ、残ってて ー何か、それが、愛らしいって言うかつつましいって言うかー あ、生活するって、こういうことなんだなって、そう思ったら、泣けてきた」 基子「そんな、おおげさだよ」 馬場チャン「全然、おおげさじゃないよ」 基子「-」 馬場チャン「掃除機の音、ものすごく久しぶりだった。 お茶碗やお皿が触れ合う音とか、庭に水をまいたり、台所で何かこしらえたり、それ皆で食べたりーみんな、私にないものだよ」 主人公の基子の同僚、小泉今日子さん演じる馬場チャンが会社のお金3億円を横領して逃走している中、久しぶりに基子と会って会話するシーン。 放送された当時から好きなシーンの一つだけど、年を重ねるごとにグッとくる。 今は母と猫と暮らしているけど、自分以外の生活音が聞こえると落ち着く。 そしてありがたいと思う。 それはこの恵まれた生活はいつか終わりが来るとわかっているから。 寿命で考えたら、おそらく私が母と猫を見送ることになるだろうけど、そうなったら今まで当たり前だった生活音が聞こえなくなり、そのありがたみが身に沁みるだろうなと思うと切ない。 だから毎日感謝して過ごしている。 このブログの名前の由来 お墓って人類の発明よね、死んだ人を忘れないように。 でも安心して忘れなさいって言う為に、作られたものだと思うわ。 このブログの『忘れるために書くブログ』は、この台詞が由来となっている。 10年後の物語 オマケとして書かれた10年後の物語、とても良かった。 読みながら涙が出たし、映像も全部浮かんだ。 ぜひドラマで見てみたいけど、難しいのかな? 女刑事生沢と馬場チャン #13 道 逃げている馬場チャン。 生沢「待って」 馬場チャン「(待たない)」 生沢「(息切れ切れ)わたし、もう、ケーサツ、やめたから」 馬場チャン「(スピードを落とす)」 生沢「(足を止めて叫ぶ)わたし、農家に嫁ぐの。 ハッサク作ってる家。 もう手錠持ってないから」 馬場チャン「(立ち止まる)じゃあ、何で追いかけるのよ」 生沢「そっちが、逃げるから」 馬場チャン「追いかけてくるから逃げるんじゃない」 生沢「もう、追いかけることできなくなったけど、私、忘れないから」 馬場チャン「ー」 生沢「みんなが忘れてしまっても、私だけは絶対、あんたのこと忘れない」 馬場チャン「ー」 生沢「私が覚えているかぎり、あんたは世の中とつながってるんだからね」 馬場チャン「ー」 生沢「言いたかったの。 それだけ」 片桐はいりさん演じる女刑事生沢が馬場チャンに最後に語るシーン。 映像が浮かぶ。 そして泣きそうになってしまう。 あいかわらずの基子と絆 基子「いや、それは勘違い。 あいかわらず独身の信金OL」 絆「そーなんだ」 基子「世間的に見たら、私たちって不幸なんでしょーかね」 絆「だろうね」 基子「そーでもないのに」 絆「どっちかというと幸せのよーな気がするよね」 あいかわらずの2人。 なんだかホッとした(笑) これ以上はネタバレになってしまうので書くのは控えるけど、「すいか」が好きだった人にはおススメの本。

次の

ドラマ「すいか」名言集 :

すいか ドラマ

概要 [ ] 世のしがらみでガンジガラメになり、にっちもさっちもいかなくなり行き詰まっている30代半ばの信用金庫職員が、売れない漫画家、大学教授、大学生の大家など、風変わりな人々が住む"賄い付き下宿"のハピネス三茶での出会いや出来事を通して、本当の自分を発見し成長してゆくドラマ。 舞台は。 視聴率はあまりふるわなかったが、主演のをはじめ出演者の演技や脚本への評価は高く、第41回テレビ部門優秀賞 、第21回テレビ記者賞 、第22回() を受賞。 シナリオ集が2004年11月に日本テレビ放送網株式会社から刊行された。 同書は長らく絶版となっていたが、2013年8月に河出文庫から『すいか1』『すいか2』として刊行される。 なお、この『2』には、「オマケ」として、基子たち主要登場人物の10年後が描かれている。 この作品の後も木皿泉は河野プロデューサーとペアを組み、日本テレビで『』、『』、『』の3作を世に送り出していくこととなる。 話題性の高い原作や旬のアイドル、俳優などを使うようになったのは本作の低視聴率を反省しての局側の判断だと思われる。 あらすじ [ ] 早川基子は信用金庫に勤めるOL。 34歳になった今でも結婚もせず、親離れも出来ずに平凡な日々を送っていた。 そんなある日、数少ない同期であった馬場ちゃんが3億円を横領していたことが発覚し、逃走したことから物語は展開する。 逃走を続ける中、日常の何気ない幸せに気付く馬場ちゃん。 一方、「ハピネス三茶」という下宿屋で、エロ漫画家の亀山絆、大学教授の崎谷夏子、大家の芝本ゆかなどの同居人との交流を通して変化していく基子を対照的に描いている。 特徴 [ ]• 基子とその母は、せんべいを吸って食べる(「くずの落ちる物は吸って食べなさい」という母の教えのため)。 他にも母離れ・子離れが出来ない姿を描いたシーンが多く、基子がそこからどう変わっていくかが主題の1つとなっている。 絆はお金持ちのお嬢様だが、訳あって実家とは決別しハピネス三茶に住んでいる。 なんでもニオイを嗅ぐのが癖であり、ウェイトレスのバイトでは鼻に指を突っ込んだ事が理由で辞めさせられるなど、風変わりな一面を持つ。 エロ漫画雑誌に連載している漫画のタイトルは「鬼の居ぬ間に洗濯を」である。 ハピネス三茶のオーナーはスリランカに滞在中であり、娘のゆかが大家になり賄いを担当している。 泥舟のママは毎回、お店を閉める時間になると客に「帰ってちょうだい」という。 彼女はこのセリフ以外ほとんど喋らないが、店以外のある場所で一度だけ「帰らないでちょうだい」と言う。 基子・絆・ゆかの3人のドラマの衣装がホームページやDVDで紹介されているが、ブランド物以外に古着やスタイリストの私物が少なくなく、服装の個性へのこだわりが感じられる。 ドラマのタイトルともなっている「すいか」が劇中で何度も登場する他、おにぎりもすいかに似せている場面がある。 ハピネス三茶のロケ地は神奈川県川崎市多摩区宿河原1丁目。 教授が時々見ている漫画は「」だと思われる。 登場人物 [ ] 下宿「ハピネス三茶」の住人 [ ] 早川 基子〈34〉 演 - (中学生期:) ハピネス三茶3号室の入居者。 代田谷信用金庫の職員。 16年間コツコツと働いてきたマジメなOL。 自己主張しない人生を送ってきたが、同僚の馬場万里子が起こした横領事件を機に依存していた母と決別し、ハピネス三茶に転がり込む。 亀山 絆〈27〉 演 - ハピネス三茶5号室の入居者。 生活のためエロ漫画を描いている売れない漫画家。 1999年に双子の姉を亡くしたことがきっかけで、未来に希望を持てないでいる。 「綱吉(ツナヨシ)」という猫を飼っている。 芝本 ゆか〈20〉 演 - 女子大生。 スリランカに行ってしまったいい加減な父親に押し付けられて、オンボロ下宿、ハピネス三茶の家主を務める。 嫌々賄いを作っていたが、新メニューにも挑戦するなど前向きなところも。 崎谷 夏子〈年齢不詳〉 演 - 大学教授。 女学生の頃から39年、ハピネス三茶に住み続ける。 ハピネス三茶と共に過ぎ去っていった月日と人々のことを見続けてきた。 思ったことをストレートに言い、学生にも厳しいが、心から涙を流す人には優しい。 代田谷信用金庫 [ ] 小川 演 - 代田谷信用金庫の部長。 基子の上司。 課長 演 - 代田谷信用金庫の課長。 基子の上司。 女性職員 演 - 代田谷信用金庫の職員。 仲井 演 - 代田谷信用金庫の職員。 馬場 万里子〈34〉 演 - () 代田谷信用金庫の元職員。 代田谷信用金庫から3億円を横領して逃亡中。 バー「泥舟」 [ ] バーテンダー 演 - ママと同じく普段は一言も喋らないが、ある時初めて口を開く(第9話)。 ママ〈年齢不詳〉 演 - ハピネス三茶の住人たちもよく通うバーのママ。 客に言う言葉は「もう帰ってちょうだい」だけ。 その他 [ ] 間々田 伝〈45〉 演 - 雑誌「男の小箱」編集長。 教授の教え子であり、ゆかの父親と知り合いであることから、度々ハピネス三茶に入り浸る。 バー「泥舟」の常連。 野口 響一〈22〉 演 - 就職浪人中でコンビニ「三津屋」のアルバイト店員。 間々田の娘にフラれ、慰めてくれた絆に想いを寄せる。 小心者だが気は優しい。 スミちゃん 演 - 崎谷教授の研究室の大学院生。 本編ではカットされたがある秘密を持つ。 生沢 冴子 演 - 馬場万里子の事件を捜査してハピネス三茶にやって来る刑事。 クマのぬいぐるみに「ミシェル」と名付け持ち歩いている。 早川 梅子〈57〉 演 - 主婦。 基子の母親。 口うるさくて、おせっかい。 未だに子離れできていないが、基子の家出をきっかけに自立を認め、友達も作るようになる。 亀山 結 演 - ともさかりえ 絆の双子の姉。 ゲスト [ ] 第2話• 松下 雄介(週刊ヘヴンの記者) - 第3話• 崎谷教授のけんか相手 -• 木山 也寸志(タマ子の息子) -• 木山 タマ子(崎谷教授の女学生時代からの友人) - (第9話にも出演) 第6話• 乾 克由(亀山結の元婚約者) -• 基子に馬場万里子からの荷物を届けた男性 - 第7話• 花柳 もえこ(花柳セミナーの講師・本名は八木田悦郎・崎谷教授の元助手) -• 上条 真希子(花柳セミナーの参加者) -• 館長(坪山ゆたか記念図書館の館長) -• 井出 佳織(花柳セミナーの参加者) -• 亀井 恵理(花柳セミナーの参加者) - 第8話• 後藤 裕美子(崎谷教授の教え子) - (第9話にも出演)• 医師 -• 後藤(裕美子の母) -• サラリーマン -• 後藤(裕美子の父) -• 男子学生(崎谷教授の教え子) - スタッフ [ ]• 脚本 - 、(第7話のみ)• 音楽 - (サウンドトラック:)• 演出 - 、吉野洋、佐久間紀佳• 主題歌 - 「」()• フードコーディネート - 赤堀博美• スタイリスト - 安野ともこ• 協力 -• チーフプロデューサー -• プロデューサー - 河野英裕• 製作著作 - 日本テレビ 放送日程 [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2003年7月12日 逃げる女煮つまる女 木皿泉 佐藤東弥 10. 佐藤東弥 9. 山田あかね 佐藤東弥 7. 2003年8月23日は、放送のため休止。 DVD [ ]• すいか DVD-BOX(4枚組)ASIN: B0000TXORW• vol. 1 第1話、第2話、第3話、特典映像(レンタル版除く)収録• vol. 2 第4話、第5話、第6話収録• vol. 3 第7話、第8話収録• vol. 4 第9話、最終話収録 書籍 [ ]• 木皿泉・山田あかね『すいか シナリオBOOK』(2004年11月、日本テレビ放送網、)• 木皿泉『すいか 1』 2013年8月、河出文庫、• 木皿泉・山田あかね『すいか 2』 2013年8月、河出文庫、 脚注 [ ]• 2010年5月14日. 2016年3月19日閲覧。 2016年4月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年3月19日閲覧。 2016年3月19日閲覧。 2016年3月19日閲覧。 当作放送と同時期にロゴマークが『(マーク)日本テレビ』から『(なんだろうマーク)日テレ』に変更されている。 2016年3月19日閲覧。 関連項目 [ ]• - 「すいか」と同じく小林聡美・もたいまさこ・片桐はいり出演。 スローライフをテーマに荻上直子監督でに製作された日本映画。 「すいか」にスタッフとしてかかわった霞澤花子が企画を担当。 - 「すいか」と同じく小林聡美・市川実日子・もたいまさこ出演。 スローライフをテーマに荻上直子監督でに製作された日本映画。 「すいか」にスタッフとしてかかわった霞澤花子が企画を担当。 - ・・ともさかりえ・出演。 1999年に系で放送されたテレビドラマ。 失意のどん底に叩きのめされそのショックを癒すかのごとく古いアパートメント『メゾン・アフリカ』に引っ越してきた主人公と、生命力あふれる奇妙だが愛すべき住民たちが引き起こすハートウォーミングなエピソードの数々を描く。 物語の概要がすいかと似ている。 - 両方ともレギュラーなのは小林聡美だけだが、ともさかりえ・もたいまさこ・高橋克実・篠井英介・中丸新将・六角精児が出演している。 小林聡美が「きらきらひかる」で直接接するのは篠井のみ。 逆に、「すいか」では、篠井のみ直接接しない。 なお、高橋克実と六角精児は、『きらきらひかる』では、チョイ役。 - 第3話で野口響一がバイト先で手にする漫画雑誌の表紙に著者名とともに掲載されている。 この表紙には亀山絆の『鬼の居ぬ間に洗濯を』の名前も見える。 ただし、内容的なかかわりは全くない。 外部リンク [ ]• - (2012年5月18日アーカイブ分) 前番組 番組名 次番組.

次の