イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応。 イエスタデイをうたって 7話 海外の反応 まとめ

[B!] 海外反応! I LOVE JAPAN : 日本のアニメ曲『デビルマンのうた』が海外で大絶賛されてた! 海外の反応。

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

今期のアニメ 23• あ行 140• か行 169• さ行 140• た行 85• な行 43• は行 159• ま行 63• や行 29• ら行 50• わ行 13• その他 4• アニメ海外の反応まとめ[あにかん]について 外国人達のオーバーリアクションな反応が翻訳文からでもよく伝わってきて、それを読むとそうそうここが面白かったよねとか、こんな細かい描写にも気が付くなんて凄いなとか、特に自分も気に入った同じアニメを見て共感した嬉しさがこみ上げてきます。 そういった外国人の反応を手間をかけて翻訳して記事にしてくださるサイトの存在を知り、主に自分が閲覧するのに便利なようにこのアニメ海外の反応まとめ[あにかん]を作りました。 このサイトは定期的に手動でまとめてますが、別館としてアンテナサイトもありますので、早く海外のアニメ反応を読みたい人はをご覧ください。 また、巡回先に追加してほしいサイトがあれば、よりご一報いただければ助かります。 アンテナにも追加します。

次の

イエスタデイをうたって5話6話の感想と海外の反応【アニメ・見逃し配信】

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

from より引用 以下コメント ・ハルにとっては良くない終わり方だったな。 エンディングのゲームは最初見てて楽しかったけど、注意してみるとキャラクターはハルがモデルになってる。 そして、魚住と榀子が離れていくとGAMEOVERになる。 序盤はハルと榀子のどっちになるかは正直気にしてなかったけど、進むにつれてハルの方が榀子より魚住のことを理解していくのは明らかになったきた。 ご飯を食べてる間にハルが魚住にどう感じるかを微妙な感じで聞いてきた。 魚住は答えたくなかったから、ハルは一見関係のないコンビニのバイトの話を話し始めた。 そうすると、魚住は何を心配してるのか話し始めた。 初めて自分自身で何かを決めてるような感じに思えたな。 榀子がそういう風にしていたことがあるかな?今までの魚住と榀子の会話のほとんど全部は榀子が魚住に相談するってだけだった。 榀子が魚住と一緒に過ごしている時間は、一方的に助けてもらうときと複数の知り合いとあってる時だったけど、榀子はようやく魚住に対する気持ちに気づき始めたみたいだね。 ハルとの関係に色々厄介が生じるかもしれないけど、榀子には魚住に対する気持ちを告白してほしいね。 結局のところ、どっちが魚住とくっつくかは魚住がどっちの子と一緒に居たいかによると思う。 ハルは幸せでいたい、自立している女の子。 ハルは他人を理解することができて、支えにもなってあげれるけど、魚住が榀子にやってるような説明をするのではなく、その人自身で決めるように、その人がありのままでいれるように後押しするタイプ。 一方、榀子は協力的ではあるけど、優柔不断で、自分が決断するときにも他の人の助けが必要でもある。 榀子は何かに行き詰ったときに、決断を合理的に考えるし、他人の意見を待っている。 そういう意味で、ハルと榀子は正反対の性格。 そして、これがこの作品の本質の部分を捉えてると思う。 魚住は自分がやりたいことを励まして応援してくれて、愛以外の見返りを求めないハルと一緒にいたいのか。 もしくは、自分を必要としてくれる榀子と一緒に居たいのか。 今はまだ7話で、残りは11話。 俺の望んでた榀子の陸男に対する依存を榀子が自分で考え始めてくれたよ。 もし、榀子が陸男に対する気持ちに納得がいくなら、一方的な依存ではなくもっと健全な関係になると思うな。 榀子はもう少し自立しないと一緒に入れないだろうね。 現時点で榀子と陸男が一緒になるってのは榀子が他人に頼りすぎていて、自分自身を信用していないということを自覚しないと厳しいと思う。 2人がもう少し成長しないといけないね。 1話とは違って、陸男は自分の人生設計を始めてるみたいだね。 それについては作品を見てれば分かる通り、ハルがかなりの影響を与えたみたいだから、榀子との関係にどう影響するのかは分からないな。 陸男も榀子に同じことをしてるように思う。 浪もハルに対して同じことをしてるように思えるな。 浪に関しては理解を示してないように思う。 ただ、過去のことで他人を傷つけることを恐れてるんだよ。 でも今はそれを克服しようとしているけど、その考えがまた起きてしまったら、それが陸男との関係を台無しにしてしまうと思う。 ハルは陸男のいい部分だけを切り取っていていい関係性に見えるけど、実質的な解決には至ってないと思う。 変化ってのは難しいものだから、榀子が依然として有利だと思うよ。 ハルは陸男に興味があって、どうすれば陸男が話してくれるかを分かってるけど、陸男が関心を示してないんだよね。 陸男のハルに対する行動は、完全な拒絶から謝罪を含めた食事だったりと色々なんだよね。 その食事中ですら、意欲的に話したり、彼女の愛情を認めたりはしなかった。 ハルは支えるだけで問題ない人の様に振る舞ってはいるけど、その理由はハルの育った環境、親からの拒絶が原因ってことは3話で示唆してた。 そしてミナトのエピソードで、誰かがハルの話を聞けばオープンになるっていうのは明らかだった。 俺は陸男とデートすることがハルと幸せにするのか、傷つけるのかは分からないよ。 陸男は榀子を好きだったから、ハルを支えるってことはしていない。 ハルはそれで問題ないと振る舞っているけど、そうじゃないのは明らかだよね。 なんでハルがそういうふうに振る舞うのかは分からないから、次の数話でそこら辺を掘り下げてほしいな。 君が言うように、ハルと陸男の関係は陸男がどう思うかにかかってる。 一方的な関係は長くは続かないからね。 現段階では論理的とかじゃんくて感情に基づくものが「正しい答え」だから、陸男が誰と付き合うかってのはあんまり気にしてない。 人間ってのは複雑で、人間関係ってのはもっと複雑。 ほとんどの視聴者は「正しい答え」はハルだと思っていると思うけど、「正しい答え」は陸男の感情に基づくものだから、誰もそれを断定できないよ。 パートナーを選ぶことについては感情が一番重要だろうね。 陸男と榀子は2人に思い出も共有してるだろうし、来週のエピソードで大学生活を振り返ったりして、付き合うとかになっても驚きはしないね。 ・ハルの対比。 ハルを苦しめないでくれええええ。 ・俺は榀子と陸男が年齢的にも、思い出的にも一番お似合いだと思ってるから応援してる。 それに、榀子は花澤香菜だ。 傷つけちゃダメだ。 俺はハルを応援してるけど、榀子になっても怒りはしない。 幸せなカップルになることは分かってるからね。 陸男はどっちと一緒になっても幸せになれると思うけど、今ハルは劣勢だね。 流れに身を任せるよ。 残念だけど、どっちも別の人を見つけたほうがいいよ。 榀子は浪にお兄ちゃんの影を見てしまうし、浪はそれを受け入れてはくれないだろうね。 ・榀子はまたしても死んだ人を思い出してしまった。 陸男で浪に蓋をしようとしているみたいに見える。 陸男が榀子と付き合えば、浪は身を引くと思うからね。 そういう理由で陸男を使っているのかも知れない。 けど、本当に陸男に気があるのかもしれない。 ・榀子!! 謝罪の意を込めたハルとの食事は楽しそうだ!! ハルは躊躇なく頼みまくってたなw 浪のバカヤロー。 こういう行動こそが、子ども扱いされる理由だよな。 ようやく気付いたのか? 3話で皿洗ってる時、そして今回で2回目だぞ。 陸男の友達は良いやつだね。 しかも、陸男に結婚式の写真まで頼んでた!陸男の才能を信じ切ってるな。 これは俺の心にも刺さったな。 俺はハルの献身的な支えが好きだ。 どんだけ短期間ででかくなるんだよww ノーーー!! またしても面影を見てしまった、、、 そして後ろからハグ。 当然榀子は陸男に相談するよね。 榀子にも欠点はあるけどいい子だよ。 ・クソ榀子め!!自分勝手な奴だわ!! ・エンディングで叫んだわ。 ・マジでこのアニメ面白いわ。 ・ハルが3-5分くらいしか画面に映ってないのが悲しいわ、、、 ・さユりの曲は好きだけどさ、あのエンディングは、、、 ・終盤になるにつれてどんどん心がやられそうだ、、、準備は出来てるよ。 ・ハルファンが最後の瞬間を見たとき。 ・RIPハル。 管理人のコメント 短い文がたくさんあるよりは、長文の方が作業的には楽なんですけど、見てる人たちにとってはどうなんですかね?w.

次の

イエスタデイをうたって5話6話の感想と海外の反応【アニメ・見逃し配信】

イエスタデイ を うたっ て 海外 の 反応

舞台はイギリスの小さな海辺の町サフォーク。 シンガーソングライターのジャックは、幼なじみで親友のエリーの献身的なサポートも虚しくまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢は萎んでいた。 そんな時、世界規模で原因不明の大停電が起こり、彼は交通事故に遭う。 物語はジャックの驚きや興奮、戸惑いや葛藤、そして喜びがビートルズの珠玉の名曲とともに語られていく。 音楽・楽曲のセンスの良さに定評のあるボイル監督とカーティス、ふたりの深いビートルズ愛に溢れ、誰もが笑顔で映画館を後にできる本作は、これまで数多の名作を生み出してきた製作会社ワーキング・タイトルの真骨頂。 そして、何よりもビートルズがこの世に存在している幸せ、そして彼らの楽曲を聴く幸せを噛み締めることができる。 キャスト陣は、ジャック役の新星ヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、本人役で登場する世界的人気アーティスト、エド・シーランの出演が大きな話題を呼んでいる。 街角の路上からカフェ、ライブハウス、巨大なウェンブリー・スタジアムに至るまで、臨場感たっぷりのライブシーンは、口パクではなくライブで撮影したかったというボイル監督の強いこだわりが感じられ、物語の中でビートルズを初めて聴く人々と同様、私たちにもあたかも初めて耳にするかのような高揚感とともに、至福の音楽体験を約束する。 それが『イエスタデイ』だ。 真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目を覚ますと… あのビートルズが世の中に存在していない! 世界中で彼らを知っているのはジャックひとりだけ!? ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況、 SNSで大反響、マスコミも大注目! すると、その曲に魅了された超人気ミュージシャン、エド・シーランが 突然やって来て、彼のツアーのオープニングアクトを任されることに。 エドも嫉妬するほどのパフォーマンスを披露すると、 ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。 2010年にギルドホール音楽演劇学校を卒業後、舞台で経験を積んだ。 ドミニク・ウェスト共演の「オセロ」のデズデモーナ役で、「スター女優の誕生だ…昨年に演劇学校を卒業したばかりなのに、皆の注目を独り占めにした」と絶賛された。 2016年にはケネス・ブラナー演出「ロミオとジュリエット」でジュリエット、直近ではイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出「イヴの総て」でイヴを演じた。 世界的ヒット映画『シンデレラ』(15)のシンデレラ役で大ブレイクを果たす。 TVでは2012年、「ダウントン・アビー」のキャストに加わり、3シーズンにわたり出演。 BBC制作のTV映画「戦争と平和」(16)ではナターシャ役で称賛を浴びた。 主な映画出演は、『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』(18)、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『高慢と偏見とゾンビ』(16)、『タイタンの逆襲』(12)など。 21世紀を象徴するアーティストで、数々の楽曲でセールス新記録を樹立し、ライブでも記録的な人数を動員。 歴史に残る名曲を発表して、数多くの賞に輝いている。 イギリス、サフォークで育ち、2011年に英国の音楽シーンに彗星のごとく登場。 以来、唯一無二の楽曲と優れたショーマンシップ、共感を呼ぶ歌詞で世界中をとりこにしている。 その非凡で無限な才能は、独特なライブパフォーマンスでも発揮されている。 ルーパーペダルとアコースティックギターを駆使した特徴的な演奏で、9万人収容の大会場でも、プライベート感あふれる小さなパブで聴いているかのような感覚を観客に与える神秘的な能力を持っている。 2015年には、ウェンブリー・スタジアムでのバックバンドなしの単独ライブが3夜連続でチケット完売を達成した史上初のソロアーティストとなった。 2017年、音楽業界と慈善活動における功績で大英帝国勲章を受勲。 グラミー賞4回、アイヴァー・ノヴェロ賞4回、ブリット・アワード6回(2018年と2019年のグローバル・サクセス賞を含む)、ビルボード・ミュージック・アワード6回受賞など、数多くの賞を獲得している。 劇場映画監督第1、2作にあたる『シャロウ・グレイブ』(94)と『トレインスポッティング』(96)でBAFTAを獲得。 その他の主な映画監督作に、『スティーブ・ジョブズ』(15)、『トランス』(13)、『サンシャイン2057』(07)、『ミリオンズ』(04)、『28日後... 』(02)、『ザ・ビーチ』(99)、『普通じゃない』(97)他。 また、2011年のナショナル・シアター公演「フランケンシュタイン」などの舞台やTVでも監督・演出を務めている。 脚本家・監督。 脚本を手がけた主な映画は、『トラッシュ! -この街が輝く日まで-』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13/監督・脚本)、『パイレーツ・ロック』(09/監督・脚本)、『ラブ・アクチュアリー』(03/監督・脚本)、『ブリジット・ジョーンズの日記』(01)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)など。 長年にわたるビートルズの大ファンとして知られ、8歳の時にストックホルムを訪れた際、フォレスタ・ホテルのバルコニーに姿を現したメンバーを一目見るために外で待ち続けた。 また、自身の60歳の誕生日パーティーでは、6人のファン仲間と共にビートルズの楽曲40曲を5時間にわたって演奏したという。 1992年から共同で会長を務めるワーキング・タイトル・フィルムズは、世界有数の映画製作会社。 1984年の創業以降、100作品以上の製作を手掛け、世界興収累計は約75億ドルにのぼる。 権威ある賞を数々受賞し、イギリス王室から大英勲章第3位(CBE)を叙勲された。 同社の代表作に、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(17)、『ベイビー・ドライバー』(17)、『リリーのすべて』(15)、『博士と彼女のセオリー』(14)、『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(13)、『レ・ミゼラブル』(12)、『裏切りのサーカス』(11)、『つぐない』(07)、『ラブ・アクチュアリー』(03)、『アバウト・ア・ボーイ』(02)、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ(01、04、16)、『リトル・ダンサー』(00)、『ノッティングヒルの恋人』(99)、『ビーン』(97)、『ファーゴ』(96)、『デッドマン・ウォーキング』(95)、『フォー・ウェディング』(94)、『シド・アンド・ナンシー』(86)など。 最新作は、トム・フーパー監督、テイラー・スウィフト、ジェニファー・ハドソン出演『キャッツ』(20)。 62歳で本作のアイデアを考案。 最高齢で長編映画デビューを飾った脚本家と言えるだろう。 本作以前、カルト的人気を誇る「Roadside America」、「Roadside Hollywood」など7作のノンフィクション本を上梓。 TVでは、TVドキュメンタリーシリーズ「Japanorama」や「Asian Invasion」、「シンプソンズ」のエピソード「A Fish Called Selma」の脚本を担当。 また、ポール・マッカートニーがビートルズ解散の原因はオノ・ヨーコではなく当時のマネージャーのアラン・クレインだと明かしたことで話題となったTVシリーズ「The Frost Interview」の脚本も手掛けている。 現在の映画界で最もエキサイティングでオリジナル性あふれる作曲家の1人。 映画界を代表する監督とコラボしており、ダニー・ボイルとは2度目。 『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)、『オーシャンズ8』(18)、『ゲティ家の身代金』(17)、『キング・アーサー』(17)、『愛を綴る女』(16)、『コードネーム U. 』(15)、『悪の法則』(13)など。 ボイル監督作品『スティーブ・ジョブズ』(15)でゴールデングローブ賞音楽賞、『ゴールド/金塊の行方』(16)で同賞の歌曲賞(イギー・ポップ共作・演奏の「Gold」)にノミネート。 また、TVシリーズ「ブラック・ミラー」のエピソード「宇宙船カリスター号」で2018年プライムタイム・エミー賞ノミネートの他、2014年ワールド・サウンドトラック・アワードでディスカバリー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。 2016年同アワードのコンポーザー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

次の