イズミ バリカン。 【マクセルイズミのバリカン】自粛中のセルフカットで役に立った!おすすめはヘアカッター「HC

坊主用バリカンにオススメ「IZUMI クリーンカット」を解説

イズミ バリカン

セルフカットで使うバリカン購入の基本的な考え方。 理容室、美容室に行ったらカットだけでいくら必要ですか? メンズカット平均とかで検索すると、 3,000円〜4,000円が相場と言われているようで、予約やお店に行ったりする手間や待ち時間などがかかります。 最近は1,000円程度でカット出来るお店も流行ってて予約無しで行けるメリットもありますが、話題のコロナウィルスで懸念されてる濃厚接触も気になるところ。 バリカン購入=セルフカットお試し価格 失敗しにくいモデル選び 購入なら1回使用するだけで元が取れてしまうので、手先が器用でなくてもバリカンにアタッチメントが充実してるので安心。 金額が安くても失敗するリスクを少なく出来るのも嬉しいポイント。 月に一回ぐらいの使用なら一年はノーブランドでも普通に使えちゃいます。 切れ味って落ちたりする? 今までバリカンを使って来て切れ味を感じたのは数回で、付属のオイルを使うだけで元に戻ります。 子供に使えますか? バリカンは大人用で子供の髪も切れます。 むしろ、子供用のバリカンを買っても使いにくいと思いますし不要です。 敏感肌にも使えますか? 敏感肌にバリカンが使えるか重要ですよね!アタッチメント(3mm以上のヘアスタイル)を使用したら刃先が直接肌に当たらないので、敏感肌とかお肌の状態は関係なくなるので安心です。 ちなみにアタッチメント無しでもみ上げをカットしても長時間(同じ箇所に3秒以上)当てなければ大丈夫です。 直接刃先を当てても不思議と痛みはありません。 出血も1度もありませんよ! バッテリー充電忘れてた!充電しながら使えるの? 問題なく充電しながら使えるので場所やタイミングを選びません。 思いついたらすぐカットが可能です。 一回の充電で何分ぐらい使えるの? 満充電で40分前後使用できます。 充電なくても充電しながら使えます。 満充電までの充電時間は8時間になります。 2ブロックに美容室でカットしてもらったけど、短い部分に使えますか? セルフカットで一番簡単なのが坊主よりも2ブロックだと思ってます。 坊主って意外とシビアですもんね。 2ブロックは短いところに髪が乗っかるので多少失敗しても隠しやく、セルフカット初心者に1番おすすめな髪型です。 完全防水ですか? 水洗いは可能程度に考えて置いた方が無難です。 水につけてしっかり洗うと故障の原因になるようです。

次の

ヘアーキャッチケープ

イズミ バリカン

【セルフカットや子どもの髪に】電動バリカンの選び方 ここからは、電動バリカンの選び方についてご説明します。 それぞれの製品に向いた用途がありますから、自分の用途に合ったものを選ぶことが製品選びのコツです。 どんな髪型が調髪できるかは【アタッチメントの種類】で決まる! まず最初にどんな用途でバリカンを使うか考え、その 用途に合ったアタッチメントが用意されているかどうかをチェックしましょう。 バリカンでどんな髪型を作れるかは、アタッチメントの種類である程度決まってきます。 使う人のテクニックによる部分もありますが、素人が使う場合、やはりアタッチメントの種類と数が重要です。 基本的には、 アタッチメントの種類が多いものを選んでおけば様々な髪型に対応できるのですが、アタッチメントによって刈れる長さや、スキ刈りができるかなどが変わってきます。 アタッチメントが何個くらい付属しているのか、そのアタッチメントにはどんな機能があるのかについては、必ずチェックしてから製品を選びましょう。 【あなたは何mmに刈りたい?】刈り高さをチェック アタッチメントとも関連しますが、製品選びでは 刈り高さのチェックも重要です。 その製品でどのくらいの長さの髪に刈ることができるかを、「刈り高さ」と呼びます。 例えば刈り高さ3mmであれば、3mmの長さを残して刈ることができるということになります。 この刈り高さの調節は、アタッチメントで調節する場合と、バリカン本体に調節機能がある場合、その二つを併用する場合があります。 どのくらいの刈り高さで刈れるのか、刈り高さの調節は何mm単位で行えるのかといった点は、製品によって違いますから、この点も必ずチェックしてください。 【一部個性的な製品も】電源方式は、どこで使いたいかに合わせて選ぶ 電動バリカンの一般的な電源方式は、充電式と交流式の両用タイプです。 交流式というのは、コンセントに繋いで使うタイプのことをいいます。 このタイプは、普段はバッテリーに充電した電気を使って、コードレスで便利に使えますし、充電するのを忘れてしまったときや、使用中に充電が切れてしまったときには、コンセントに繋いで使うことができるので便利です。 最も多いタイプですし、基本的にはこのタイプを選んでおけば問題ありません。 ただ製品によっては、充電式のみ交流式のみといったものもあります。 充電式のみの場合、バッテリー切れのときは使えませんが、バリカンは基本的に緊急で使う必要が生じるような製品ではないので、実際に困ることはあまり多くありません。 交流式のみの場合、コードが多少じゃまに感じることはあるかもしれませんが、バッテリーがない分、低価格の製品が販売されています。 コードが気にならない人は、あえて交流式を選ぶのも手です。 また一部には電池式の製品もあります。 電池式はパワーはあまりありませんが、新品の電池に取り替えることで、すぐに使えるというメリットがあります。 あまり使用頻度が高くない人や、思い立ったらすぐに使いたいという人、子どもが寝ている隙にチャッチャと散髪を済ませたいといった人には、電池式は案外便利です。 【充電式のバリカンの要チェックポイント】充電時間と使用時間 充電式のバリカンを購入する際には、 充電時間と使用時間を必ずチェックしましょう。 フル充電までにかかる時間は、8時間以上から1時間程度まで製品によってかなり幅があります。 使用時間の方は、短めの製品でも40分以上はある場合が普通なので短すぎて困ることはあまりありませんが、長い方が安心して刈ることができます。 また小まめにヘアスタイルを整えたい人は、バッテリーの持ちが良い製品を選んだ方が、充電する頻度が少なくなって、手間が省けます。 【手入れの手間を減らしたいなら】水洗いができる製品を選ぶ バリカンは、使用した後は毛クズを始末して、刃に油をさしておく必要があります。 この手入れを怠ると、切れ味が鈍って使い心地が悪くなりますし、刃の寿命も短くなります。 そこで、手入れ方法として水洗いができる機種なら、手入れの際の毛クズの始末が楽になります。 特に本体ごと水洗い可の製品なら、ブラシで掃除をするよりも手軽です。 この場合も刃に油をさす必要はありますが、一部のメーカーの製品には油をさす必要がないものもあります。 なおバリカンは基本的に髪が乾いた状態で使います。 ボウズヘア(いわゆる坊主頭)の場合には、頭が濡れた状態でもカットすることができますが、この場合は防水性が高い製品で、充電式のものである必要があります。 防水性がない製品や電源方式が交流式の製品を浴室で使うのは故障や感電の危険がありますから避けてください。 【決め手がないなら】持ちやすく軽い製品が使いやすい 最後の選び方のポイントとして、サイズと重さを挙げておきます。 上に挙げたような点を検討した上で候補を絞りきれないときは、大きさやサイズも考慮に入れてください。 バリカンは、大きすぎる(太すぎる)製品は持ちにくいですし、重い製品は取り回しが悪くなります。 あまり小さすぎても持ちにくいという場合がありますから、小さければ小さいほど良いというわけではありませんが、基本的には小さく軽いものを選ぶと使い勝手が良くなります。 電動バリカンの人気おすすめ製品ランキング ここからはバリカンのおすすめ製品をご紹介します。 自分の用途に合った製品がないか見てみてください。 水洗いが出来てお手入れラクラク この製品は、髪の毛を刈る長さの調節はアタッチメントを差し替えることで行います。 少し面倒に思う人もいらっしゃるかもしれませんが、本体はスイッチをオンオフするだけのシンプルさです。 シンプルな製品ですが、刈る長さは4通りに変更できますし、スキ刈り用のアタッチメントも付いているので、 簡単なカットならこれで十分です。 また本体が水洗いできるので、お手入れも簡単ですから、手軽に使えるバリカンが欲しい人にはピッタリの製品です。 バリカン本体をカバーで包み込む構造になっていて、刃が直接肌に触れることがありません。 安全性が極めて高い製品ですから、小さい子どもや赤ちゃんの髪の毛を刈るのに最適です。 スキ刈りもできるので、毛の量の調節にも使えます。 乾電池式ですから、どこでも使えて、充電の手間がなく便利です。 作動音も静かなので、子どもがお昼寝しているときに、散髪を済ませてしまうこともできます。 子どもの髪をハサミで切るのはちょっと怖い、そんなお母さん・お父さんには特におすすめです。 スキ刈り用のアタッチメントなどは付属していないので、髪が長めの人はこれだけで散髪を済ませることは難しいかもしれませんが、ちょっとしたカットには使いやすい製品です。 商品名も「メンズバリカン」とされていますが、男性が少し伸びた髪を刈って、床屋や美容室に行くまでのつなぎとしたり、ヒゲを整えるのに使ったりするのに向いた製品です。 ただアタッチメントを外した状態でも0. 5mmの長さまでしかカットできないので、シェーバーの代わりには使えません。 バリカンは携帯することはあまりないかもしれませんが、長期の旅行や出張などにも持っていけるサイズです。 小型の製品なので、全体的な調髪というよりも、エリ足やもみあげといった部分的に気になるところをカットするのに向いています。 小さい製品ながら、刈り高さ切替リングを回転させることで、5mmから25mmまで5mm刻みで5段階の刈り高さの調節が可能です。 アタッチメントを外せば刃を直接当てられるので、もみあげなどのカットに便利です。 本体のスキ刈り板を上げることでスキ刈りもできます。 小型ながら多様な刈り方ができるので、使いこなせれば様々な髪型にも対応することができます。 小型軽量のバリカンとしてイチオシです。 バリカンについても、多くの優れた製品を販売していて、今回のランキングでも最も多くの製品がランクインしています。 この記事ではあまり似たタイプの製品はご紹介しないようにしていますが、似た形状の製品もあるので、購入の際は品番までしっかりチェックしてください。 さて数多いパナソニックの製品の中でも、この製品は最も安価なものの一つです。 シンプルな製品のため、あまり特筆することもないのですが、刈り高さアタッチメントで3mmから12mmまでの刈り高さの調節ができて、スキ刈りアタッチメントも付いているので、様々な髪型に対応できます。 レビューの評価を見ると、 安価な製品ながら切れ味が良いという声が多く、非常にコスパの良い製品であることが分かります。 バリカンについてあまり拘りがなく、最低限度の性能があれば良いという人は、この製品を選んでおけば後悔することはないはずです。 本体も防水なので、風呂場での ウェットカットも可能です。 ウェットカットにすると、毛の飛び散りも少なく、後片付けも楽になります。 ウェットカットをする場合、シャンプーで髪を泡立てた状態でカットします。 せっけんやシェービング剤、ボディソープなどは使わないように取扱説明書で指示されていますから、ご注意ください。 ボウズの人にとってはとても使いやすい製品ですが、アタッチメントを付けても刈り高さは最高で10mmなので、ボウズ以外の髪型の人には使いにくい製品です。 セルフカットがしやすいようなカーブデザインになっていますから、ボウズヘアーで散髪代を節約したい人、ボウズヘアーにこだわりがあってベストの長さを常に維持したい人におすすめです。 ヘッドが回転するので、後頭部を刈ったり、利き腕でない方の腕でカットするときにも扱いやすくなっています。 この製品は、8位でご紹介した製品のようにボウズ専用とはされていないのですが、ボウズカットに便利なアタッチメントが揃っています。 レギュラーコームは3mm~15mmまで2mm刻みで刈り高さが調節でき、細部コームは1mm~3mmまで0. 5mm刻みでの刈り高さ調節が可能、合計で11段階の調節ができます。 またヘアーシェービングヘッドも付属するので、スキンヘッドの仕上げも簡単に行えます。 ボウズヘアーやスキンヘッドの人にはとても使いやすい機種です。 5mm刻みの刈り高さ調節と鋭い切れ味 この製品は、アタッチメントの付け替えと本体の長さ切替ダイヤルの使用で、1mm~20mmまで0. 5mm刻みで、38段階に刈り高さの調節ができます(10. 5mmは設定不可)。 細かな調節ができるので、丸刈りだけでなく、ツーブロックなどのちょっと凝った髪型も自分でカットすることができます。 また、この製品にはプレシジョンカッティングブレードという新しい形状の刃が採用されています。 プレシジョンというのは「正確に」といった意味で、刈り残しが減り従来よりもスピーディにカットできるだけでなく、エリ足などの輪郭もよりはっきりと仕上がります。 本体の水洗いが可能なので、汚れが激しくない場合は、スイッチをオンにした状態で本体背面の入水口から水を流し入れて洗浄する「ウォータースルー洗浄」で簡単に毛クズを始末できます。 少し高めの価格帯の製品ですが、 バリカンとしての基本性能が高い、おすすめモデルです。 8mm 質量 約121g アタッチメント ショートアタッチメント、スキ刈りアタッチメント コスパ抜群の低価格バリカン とにかく安価なバリカンです。 もっとも、ただ安価なだけではなく、刈り高さは1mmから36mmまで1mm刻みで調節できますし(2mmは不可)、スキ刈り用のアタッチメントも付いていますから、バリカンの基本的な機能は満たしています。 この製品を購入する際の注意点としては、バッテリーは搭載していないということがあります。 バリカンの多くの製品が充電式と交流式の両用あるいは充電式ですから、それらと同じような製品だと思って購入すると失敗することになります。 常に電源コードを付けた状態で使用することになりますから、この点は承知した上で購入してください。 低価格の製品ですが、レビューの評価を見ると切れ味についての不満は少ないようです。 コードレスで使えなかったり、本体が水洗いできなかったりといった欠点もありますが、価格から考えれば十分な性能があるといえるでしょう。 コスパ重視で選びたい方には持って来いの製品です。 1mmから23mmまで2mm刻み、12段階の調節が可能です。 またこの製品を含めて、今回ご紹介しているフィリップス製のバリカンには、 自動研磨式の刃が採用されています。 刃が自動研磨されることで切れ味が長持ちしますし、使用後に注油する必要もありません。 本体は水洗い不可ですが、刃は水洗いでき、刃を洗ったらそのまま乾かすだけでオイル不要です。 バリカンのメンテナンスが面倒だと思っている人には、フィリップスの製品がおすすめです。 この製品はフィリップスの製品の中でも比較的低価格のものなので、始めてバリカンを購入するといった人におすすめです。 家庭用電動バリカンの定番商品の一つと言ってよいでしょう。 製品の特徴としては、 便利なアタッチメントが付属していることがあります。 刈り高さアタッチメントやスキ刈りアタッチメントが付属しているのはもちろん、長めのヘアスタイルの調髪に便利なスライドアタッチメントも付属しています。 このスライドアタッチメントは、20mm~40mm、50mm~70mmの長さに対応したものが付属していて、アタッチメントを頭皮から離さないように動かすだけで、好み長さに髪をカットすることができます。 耳まわり&ナチュラルアタッチメントは、耳まわりのカットと髪のボリューム調節に使えるアタッチメントで、スイッチを切り替えることで2役に使えます。 本体の水洗いOKで、ウォータスルー洗浄もできますから、お手入れも簡単です。 どんな人にも便利に使えますが、色々な髪形に対応できるので、 家族で使用する人に特におすすめしたい製品です。

次の

マクセルイズミのCleancutバリカンを購入

イズミ バリカン

いたって普通のバリカンですが、 価格が安かったのと、レビューが良いのが、購入の決め手となりました。 それもそのはず、 価格はなんと982円です。 普通のホームセンターとかでバリカンを買えば、2千円くらいはだいたいします。 「安いからそれ相応のバリカンじゃないの?」って思ってませんか?僕もレビューが良いのは知ってましたが、実は結構不安でした。 まず、ちゃんと動くのかとか、刃が折れたりしないのかとか不安で眠れない。 ぐっすり眠りました。 ってことなんでー、届いたんで開けちゃいます。 IZUMI Cleancut ヘアーカッターの性能・中身 見た目は以外としっかりしてる!箱も大きくて想像よりしっかりしていました。 それもそのはず、 Amazonの安い商品にしては珍しい日本製なんですよね。 付属品もしっかりあって、説明書も丁寧な日本語で書かれていました。 アタッチメントはショートとロング二つあるので、どんな髪型でも対応できますね。 あとこのバリカン、コード付きかと思ってたら、 充電式のコードレスでした。 しっかり油もついてました。 触ってみた感じも特に、問題はなく、画像の親指上のローラーを回すと刈り高を調整できます。 この調整方法はラバーダイヤル式と言うらしいです。 良い操作感だ。 そしてバリカンでの問題である細かな髪の毛がバリカンの至る所に問題は、本体まるごと水洗いOK!とのことで、水につけるだけでほとんどの髪の毛は取れてしまうので使用した後のお手入れも簡単にできそうです。 実際に使用してみた 充電式でしたが、最初から多少は充電されているようで、充電せずにいきなり使用しました。 今回使用するバリカンは僕一人で洗面台にて行いました。 特に無駄に伸びすぎている襟足ともみあげ。 それと前髪ですね。 鏡を見ながら慎重に切っていきます。 バリカンの刃にはあらかじめ付属品の油を塗っておいたので、全く痛くなく切ることができました。 今回使用したアタッチメントは「ショートアタッチメント」ショートと言っても3. 6㎝まで調整で長くできます。 行くぜ! ブィーンーーーーー…ガガガガガブィーンーーーーーーー…ガッガガガガ 15分経過… いいぞー、よしよし、OKだ。 カチッ。 まぁまぁ上手く切れたようです。 もみあげは軽くツーブロックみたいな感じで刈りました。 そして前髪も鏡みながらなので簡単でした。 問題は見えない襟足ですが。 ちょっと禿げた。 まぁすぐ伸びるんでいいや!それか合わせるように全体をもっと刈り上げようかと思います。 バリカンを使用する際は、家族や友人に頼んでもらった方がミスは少なくなりそうです。 また前髪なんかは自分でやっても問題はないと思います。 使用後のバリカンは水に漬けてグルグル回して細かい髪の毛を取って、タオルで拭いて終わり。 価格も安く。 別に失敗してもいいやと思って買いましたが、普通良い買い物でした。 と…ロイが物語った。

次の