埼京線 時刻表 池袋。 池袋駅(JR埼京線 大宮・川越方面)の時刻表

相鉄・JR直通線の全列車時刻表。2019年11月30日開業ダイヤを掲載!

埼京線 時刻表 池袋

広告 西谷~羽沢横浜国大間が開業 相鉄・JR直通線は、相模鉄道西谷駅と羽沢横浜国大駅を結ぶ2. 7kmの新線です。 相鉄とJR線の列車が相互直通運転をして、新宿~二俣川間を最短44分で結びます。 一部列車は、埼京線にも乗り入れて、武蔵浦和、大宮、川越まで直通します。 開業日は2019年11月30日です。 相鉄とJR東日本は、2019年9月6日に、相鉄・JR直通線の開業時の時刻表を発表しました。 直通列車は1日あたり46往復の運転で、朝ピーク時は毎時4本、それ以外は毎時2~3本程度の設定です。 列車種別は特急と各駅停車の2種類。 特急は相鉄線内で、大和、二俣川、西谷に停車します。 特急運転は相鉄線内のみで、JR線内では全ての列車が各駅停車となり、武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷に停車します。 画像:JR東日本プレスリリース 広告 新宿~海老名間890円 最速の所要時間は、二俣川~新宿間が44分、大和~渋谷間が45分、海老名~武蔵小杉間が36分です。 相鉄は12000系電車、JR東日本はE233系電車がそれぞれ充当されます。 列車は10両編成で、グリーン車はありません。 運賃は新宿~海老名間で890円(IC874円)、新宿~大和間が840円(同822円)、新宿~二俣川間が780円(同769円)、新宿~羽沢横浜国大間が570円(561円)などとなっています。 定期券を利用する場合、横浜経由(乗り換え)と羽沢横浜国大経由(相鉄・JR直通線)では価格が異なります。 新宿~二俣川間の通勤定期1か月を例に取ると、横浜経由が25,200円、羽沢横浜国大ルートが24,760円です。 複数ルート定期券は発売されません。 定期券の経由と異なる路線を利用する場合、別途運賃が必要になります。

次の

池袋から新宿 時刻表(JR埼京線)

埼京線 時刻表 池袋

赤 30• 赤 40 5• 川 0• 川 30• 川 51 6• 武 9• [通]川 26• 武 30• [通]川 38• 武 47• [通]川 56 7• 武 2• [通]川 9• 武 14• [通]川 25• 武 29• [通]川 39• 武 42• [通]川 56 8• 武 1• 赤 11• [通]川 16• 武 25• [通]川 34• 赤 42• [通]川 52• 武 55• 58 9• 赤 4• [通]川 10• [通]川 29• [快]川 40• 武 58 10• [快]川 3• 武 12• [快]川 21• 武 33• [快]川 40• 武 53 11• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 12• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 13• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 14• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 15• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 16• [快]川 1• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 52 17• [通]川 3• 武 21• [通]川 26• 川 35• 武 40• [通]川 43• 54 18• 武 0• [通]川 3• 武 18• [通]川 24• 川 35• 武 39• [通]川 45• 武 58 19• [通]川 3• 武 18• [通]川 23• 川 38• [通]川 43• 56 20• [通]川 4• 赤 13• [通]川 23• 赤 33• 川 38• [通]川 43• 赤 53• 58 21• [通]川 4• 赤 13• 川 18• [通]川 23• 赤 33• 川 39• [通]川 43• 赤 53• 川 58 22• [通]川 3• 赤 13• 川 18• [通]川 23• 赤 33• 川 43• [通]川 49• 56 23• 赤 1• 川 6• 赤 17• 川 21• 赤 28• 川 35• 赤 48• 川 52• 58 0• 川 5• 赤 21• 赤 41 4• 赤 30• 赤 40 5• 川 0• 川 30• 川 52 6• [快]川 16• 武 32• [快]川 38• 武 52• [快]川 58 7• 武 11• [快]川 18• 武 33• [快]川 39• 武 53• [快]川 59 8• 武 13• [快]川 19• 武 33• [快]川 39• 武 54 9• [快]川 0• 武 10• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 10• [快]川 0• 武 13• [快]川 19• 武 33• [快]川 39• 武 54 11• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 12• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 13• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 14• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 53 15• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 16• [快]川 1• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 53 17• [快]川 0• 武 13• [快]川 21• 武 27• 武 33• [快]川 39• 武 53 18• [快]川 1• 川 7• 武 14• [快]川 19• 武 33• [快]川 38• 武 53 19• [快]川 0• 川 5• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 55 20• [快]川 1• 武 13• [快]川 20• 武 34• [快]川 40• 武 53 21• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53• [快]川 59 22• [快]川 20• 川 33• 赤 39• 赤 54 23• 川 0• 川 12• 赤 27• 川 33• 川 52• 赤 57 0• 川 5• 赤 21• 赤 41 4• 赤 30• 赤 40 5• 川 0• 川 30• 川 52 6• [快]川 16• 武 32• [快]川 38• 武 52• [快]川 58 7• 武 11• [快]川 18• 武 33• [快]川 39• 武 53• [快]川 59 8• 武 13• [快]川 19• 武 33• [快]川 39• 武 54 9• [快]川 0• 武 10• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 10• [快]川 0• 武 13• [快]川 19• 武 33• [快]川 39• 武 54 11• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 12• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 13• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 14• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 53 15• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53 16• [快]川 1• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 53 17• [快]川 0• 武 13• [快]川 21• 武 27• 武 33• [快]川 39• 武 53 18• [快]川 1• 川 7• 武 14• [快]川 19• 武 33• [快]川 38• 武 53 19• [快]川 0• 川 5• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 39• 武 55 20• [快]川 1• 武 13• [快]川 20• 武 34• [快]川 40• 武 53 21• [快]川 0• 武 13• [快]川 20• 武 33• [快]川 40• 武 53• [快]川 59 22• [快]川 20• 川 33• 赤 39• 赤 54 23• 川 0• 川 12• 赤 27• 川 33• 川 52• 赤 57 0• 川 5• 赤 21• 赤 41.

次の

池袋から新宿 時刻表(JR埼京線)

埼京線 時刻表 池袋

Contents• 埼京線の時刻表 埼京線の時刻表は、大宮から北側と南側で大きく分かれてきます。 大宮より北側、住宅地にはなりますが田んぼなどが多くそこまで需要がありません。 そのため、1時間に6本から8本程度の本数になっています。 これに対して大宮より南側に関しては、利用者数が圧倒的に多いため1時間12本から20本位の本数の列車が走っています。 特に通勤ラッシュの時間は3分に1本ほどの列車が走っており、1本逃したとしてもすぐ次の列車が来るため便利です。 とは言え、始発以外は既に座席が埋まっている状態ですので座ることができる可能性は少ないです。 特に通勤時間帯は、かなり混雑しますので注意をしなければならないところでしょう。 埼京線の路線図、停車駅 埼京線の路線図を見ると、名前の通り東京都埼玉を結んでいる鉄道になります。 最近はりんかい線なども走行しているため、多少わかりにくいですが再挑戦としては恵比寿より北側の路線になります。 昔は、池袋から赤羽の間は赤羽線と呼ばれる列車が走行しており、現在埼京線がその路線を利用しています。 当時は池袋と大宮の間しか走行していませんでしたが、それからしばらくすると池袋と新宿がつながるようになりました。 新宿より南側に関しては、貨物線を利用していますので貨物線と埼京線が同じ路線を走行しています。 大宮から川越は、もともと川越線が走っていたため、そこをそのまま利用する形になりました。 このように、新しくできたの先と若真似せんそして川越線さらには貨物線を利用して1つの路線ができあがったわけです。

次の