ご査収 意味。 間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

ご査収くださいの意味や使い方!上司にはよくても社外にはNGなのはなぜ?

ご査収 意味

「ご査収」の意味とは? まずは、ご査収の意味を解説します。 曖昧なまま使っていると、思わぬところで誤った使い方をしてしまうかもしれません。 しっかり正しい意味をチェックしておきましょう。 「ご査収」の意味は「確認して受け取る」こと 「ご査収」という言葉には、「確認の上受け取る」という意味があります。 たまに、「よろしくお願いします」といった意味で使っている人がいますが、その使用方法は誤りです。 「ご査収」の「査」には調べるという意味が、「収」はおさめると読み、手にするという意味を持っています。 そこへ丁寧な表現としての「ご(御)」がついたのが「ご査収」なのです。 つまり、何かを調べ、確認してもらったうえで手にしてもらいたいという意味を伝える文章になっているのです。 ですから、相手へお願いする「宜しくお願いします」と同意義では使用ができません。 「ご査収」は添付資料がある場合にのみ使う ご査収は、相手へ何かを送る際に使われる言葉です。 そのため、メールや郵送で何かの添付資料がある時のみに使用可能です。 そのため、メールを確認して欲しい時や、添付資料のないときは使用できない表現です。 癖付いてしまっており、なにも資料がないのに「ご査収ください」と送ってしまうと、誤用になります。 また、相手に「資料がないけど?」と言われてしまう可能性もありますので、充分注意しましょう。 簡単な資料なら「ご確認」でもよい 「ご査収」という言葉を使う場合、内容の精査が必要となる資料の添付という意味合いが強くなっています。 例えば請求書や見積書などの金銭に関わる資料や、企画書や提案書などの社内資料などは「ご査収」に当たります。 ですが、簡単な資料や軽く見ておけばよい資料の場合は、基本的にご査収くださいは使わず、ご確認下さいを使うのが一般的です。 受け取るという意味の「お受け取りください」という表現でもよいですし、より丁寧な言葉で表現したい場合は「御高覧ください」も同様の意味合いで使用が可能です。 【ビジネスシーン】「ご査収」の正しい使い方 ここからは、実際に「ご査収」をビジネスで使用する場合の正しい方法について紹介していきます。 よく使われる表現を見つつ解説しますので、よくチェックしてみてください。 「ご査収ください」が最も使われる 「ご査収」が使われる際、最もよく使われる言い回しが「ご査収ください」という表現です。 目上の人、目下の人関係なく使用できるため、汎用性の高い言葉となっています。 ついで使われることが多いのが、「ください」に「ませ」を付けてより丁寧な言い回しにしたものです。 こちらは、取引先などの外部に向けて使う際に用いられやすい表現となっています。 相手への丁寧な気持を表せるので、ビジネスシーンでは特に言い方を変えず、そのまま使用できます。 「ご査収の程よろしくお願い致します」はより丁寧な言い回し 「ご査収くださいませ」よりもさらに丁寧な言い回しにしたい場合は、「ご査収の程よろしくお願いいたします」と使います。 取引先の上の人に資料を送る場合や、新しいクライアントに見積もりを送る際などによくつかわれます。 「ご査収」に丁寧語が付いているのに加えて、「~の程」という文脈で文章にクッションを置き、さらに「よろしくお願いいたします」で最後の念押しです。 「よろしくお願いいたします」の代わりに、「お願い申し上げます」「いただければ幸いです」と言う場合もあります。

次の

「ご査収」は誤用しやすい?!正しい意味と使い方を解説します

ご査収 意味

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の正しい意味は、『よく調べてから受け取ること』であり、ビジネス文書や公文書でよく使われます。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際、添え状や送付通知書の中で登場します。 簡単に言うと、「添付書類をよく確認してから受け取ってください」ということになります。 査収の「査」には調べるという意味があります。 そして「収」には収める・取り入れるという意味があり、これに敬語表現の「ご」を付けて「ご査収」となっています。 そこに「のほど」を入れることで、より自然な印象になります。 それでは「ご査収のほどよろしくお願い致します」の使い方を見ていきましょう ビジネスシーンではどう使う? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」は、通常ビジネスシーンや公文書を扱う時にしか使われません。 ビジネスメールでは資料などの書類を添付したうえで、この言葉が用いられます。 相手がまだ添付書類を見ていない場合に使う言葉で、「確認する」という作業を依頼していることになります。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」を使おう! 「ご査収のほどよろしくお願い致します」とひとことで言っても、その言い方はさまざまです。 ここでは、使い方の一例を挙げてみます。 ・本日、ご注文の商品をお送りいたしましたので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 ・見積書を送付いたしましたので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 ・履歴書と提出書類を送付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 というように、中身をしっかりと確認してもらいたい時に使います。 しかし、一度見てもらった書類を訂正し、再び確認してもらう場合などには「ご査収のほどよろしくお願い致します」は使いません。 この場合は「お納めください」の方が適しています。 また、確認の必要がない時やよく調べなくてもよい場合に使うのも、間違った使い方になります。 『よく調べて受け取る』という意味を把握して、「ご査収のほどよろしくお願い致します」を正しく使いましょう。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」どう返す? 先方より「ご査収のほどよろしくお願い致します」との連絡を受け返答する場合は、何と返せばいいのでしょうか?内容をよく確認したということを相手に伝える必要があります。 その際、受け取った側は「ご査収」という言葉は使いません。 ・拝見いたしました。 ・受領しました。 ・拝受(はいじゅ)いたしました。 などと返すのが一般的です。 中でも「拝受」という言葉は、一番丁寧な返答になります。 大事な資料を大切に受け取りましたという意味であり、相手に対する気遣いを感じられる言葉になります。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」目上には? さて、先ほどご紹介しました「ご査収ください」「ご査収願います」「ご査収のほどよろしくお願い致します」などの言い方ですが、目上の人に使う場合、どれを使ってもよいのでしょうか。 相手への気遣いを忘れないように! 「~してください」は丁寧な言い方ですが、あくまでも命令形になります。 最近は接客などでも「~してください」ではなく、「~していただけますか」などの言い方をする場合が多いです。 そこからふまえても、目上の人や取引先などに使う時は「ご査収のほどよろしくお願い致します」とする方が断然印象がやわらかくなります。 また「ご査収のほどよろしくお願い致します」に「何卒」を付けて「ご査収のほど何卒よろしくお願い致します」とすると、さらに丁寧な言い方になります。 確認作業をお願いしているのだから、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 送付状には何と書くの? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味はわかったけど、何だか堅苦しいイメージがして使いにくいという人もいるのではないでしょうか。 そこで、「ご査収」と同じような意味で、違う表現をご紹介します。 例えば、添付書類を確認してほしい時には、「添付書類のご確認、よろしくお願いいたします」または、「添付させていただきます」という表現でもOKです。 そのほかにも、「ご確認の上、お受け取りくださいますようお願いいたします」「ご検討のほど、よろしくお願いいたします」という言い方もできます。 また、「ご確認いただけますと幸いです」や、「ご一読くださいますようお願いいたします」も同様の意味になります。 「ご一読」は、目を通しておいてくださいという意味になるので、書類などに目を通すことを促すことになります。 「ご査収」に似ている言葉とは? 「ご検収」 「ご検収」-納入品が発注どおりか検査したり、品物の種類や数量、破損の有無、機会の動作確認を行って品物を受け取ることを言います。 また、コンピューターのシステム開発を外注した時に、納品されたシステムを検証する時にも使われます。 つまり、発注した商品などをよく検査して受け取るという意味になります。 よく確認して受け取るという点では「ご査収」と同じですが、受け取るものによってどちらを使うか変わってきます。 「査収」は金品や書類などを受け取る場合、「検収」は納入品やシステムを受け取る場合に使い、物によって使い分けされています。 使い方の例としては、 ・ご注文いただいた商品を発送いたしましたので、ご検収のほどよろしくお願いいたします。 ・商品に不備がないか、ご検収くださいませ。 などとなります。 「ご査証」 「ご査証」-言葉の響きも字面も「ご査収」によく似ていますが、実は大きく意味が違います。 「ご査証」は「調べて証明すること」という意味になります。 つまり証明してほしいのではなく、あくまでも確認して受け取ってほしいという前提である以上、確認を依頼する場合は「ご査収」の方が正しい表現だと言えるでしょう。 使い方の例をあげると、 ・査証を免除されました。 ・問題のあった資料につきまして、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 などのように使います。 他の人が「査証」を使っていたから、自分も使っていたという人もいます。 しかし、大きく意味が異なりますので、しっかり意味を把握して、誤用しないように注意しましょう。 「お納めください」 先に説明したように、資料や添付ファイルなどを相手がすでに確認済みの場合には、この「お納めください」が適しています。 また、「お納めください」は「受け取り手に渡す」という意味もあり、ビジネスだけでなく多くのシーンで使われます。 結納での場面や、お土産などを手渡しする際に「持って帰ってください」という意味でも使います。 使い方としては、 ・心ばかりの品ですが、どうぞお納めください。 ・記念品をご用意いたしましたので、どうぞお納めください というように使われます。 「ご査収」を使いこなそう!.

次の

「ご査収ください」の正しい意味と使い方は? 例文つきで解説

ご査収 意味

ご査収の正しい使い方、どのようなビジネスシーンで使われる? 「ご査収ください」は、メールに書類やデータを添付して送付する際に添える言葉です。 メールだけでなく郵便で送る場合も「ご査収ください」という言葉を使います。 メールへの添付や郵便物への同封書類がない場合は「ご査収ください」は使用しません。 請求書や契約書など、相手に確認してもらわなければ不都合やトラブルが生じる恐れがあるときに「内容を確認してください」という意味の「ご査収ください」という言葉を添えます。 「ご査収ください」という言葉は相手に添付資料があることを知らせる役割もはたしてくれます。 「ご査収ください」には、コンテンツの作成などで修正の必要が生じる場合にも使います。 「間違ったところがないか確認してください」という意味で「ご査収ください」という言葉 を添えて送ります。 「ご査収いただき、修正点がございましたらお知らせください」といった使い方になります。 「ご査収」の例文 ・さきほど、今月分の請求書を送付いたしました。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・メールにて資料を添付してお送りしました。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・先日いただいた資料へ必要事項を記入してお返しします。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 ・エントリーシートを同封しています。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 ・お問い合わせの件につきまして、資料を添付して送付しました。 「ご査収」くださいませ。 ・スケジュールを送付いたします。 「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。 まとめ 「ご査収」の正しい意味と正しい使い方について解説してきました。 「ご査収」はメールに資料やデータを添付して送付する場合に添える言葉です。 郵便に資料を同封しているときにも添えます。 資料やデータを添付していないときには使いません。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 直接会って話すときに使用するのは不自然ですので気をつけましょう。 ・執筆:ヤマダ ユキマル 国公立の美術大学を卒業後、広告代理店やデザイン事務所のクリエイターを務める。 現在はライターとして活動中。 ビジネス関連や健康分野、デザイン関係、茶道、アウトドア、DIYなど幅広い分野のオウンドメディアに連載中。

次の