こじらせ てる 意味。 こじらせ女子あるある|恋愛・人間関係をこじらせる原因と脱出法

こじらせの意味を知りたい!なぜなら「こじらせ女子だね」って言われたから…

こじらせ てる 意味

最近よく耳にするようになったこじらせ女子。 こじらせ女子とはどのような女性のことを指すのでしょうか。 今までなんとなくこじらせ女子という言葉を聞いていたけど、実は自分もこじらせ女子だった! なんてことも。 ここではこじらせ女子の特徴をはじめ、こじらせ女子診断や脱出方法、さらにはこじらせ女子が幸せな恋愛をつかむ方法まで紹介します。 こじらせ女子とは? こじらせ女子とは一言で言うと「自分に自信がない」女性のことです。 具体的に言うと、男性から興味を持ってもらったり、ほめられたりしても興味がないふりをしたり、女性らしいファッションや立ち振る舞いに対して嫌悪感を抱いてしまう人がこじらせ女子にあてはまります。 ちなみにこじらせ女子の口癖は「どうせ私なんか……」。 このように言って、何事も始める前から諦めてしまったり、他人に対してつんつんした攻撃的な態度をとってしまうことがあるなら、あなたも実はこじらせ女子かもしれません。 こじらせ女子度診断 実際に自分はこじらせ女子なのかどうかをチェック! 次のこじらせ女子の特徴に当てはまる項目が多ければ多いほど、こじらせ女子度は高め。 何事にも後ろ向きな考え方でのぞんでしまいます。 これを違う言葉で表すならば、自己肯定感が低い。 この自己肯定感とは普通、成長していく段階で自然と育っていくものですが、家庭環境が悪かったり、いじめなど過去の友人関係でトラブルを経験すると自分に自信がなくなる、つまり、自己肯定感が低くなってしまうのです。 また、容姿や性格を否定されたりするような経験も自己肯定感を低くすると言えるでしょう。 男性に何かプレゼントをもらったり、食事をごちそうしてもらっても自分にはそのものに値するだけの価値がないと思っているので、「ありがとう」じゃなく、「すいません」と返事してしまいます。 結果として、お互いにあまりいい気持ちにはなれず、すこし暗い雰囲気を作ってしまいがち。 そのような人々をみると自分を否定され、敗北感を感じてしまうことが理由のようです。 自分はどう頑張ってもキラキラした人間にはなれないと思い込んでいるのでそのような人たちを目指すのではなく、極力関わらないようにしてしまうのかもしれません。 何もかも自分には無理。 私にはできない。 など考えていませんか? その考え方はまさにこじらせ女子である証拠です。 こじらせ度が高くなるほど、このような考え方が染み付いてしまっているので人と接しているときも常に相手の悪いところにしか目がいかなくなって、他人からの印象も「つまらない人」や「暗い人」などマイナスなものにつながってしまうかもしれません。 この現象は恋愛においてもそうなので、きっといつか素敵な人が自分の前に現れていると考え、自分から合コンや婚活パーティーなど出会いの場に顔を出すことはめったにありません。 そのために彼氏がいない時期もドンドン伸びてしまうため、余計にこじらせ度が高まってしまう負のループに陥る危険性も……。 何より1人でいるときが1番落ち着くし、楽しい。 そのため、ほめてくれた人もほめてよかったなど前向きな気持ちになることができずなんだか恥ずかしいような気持ちになってしまいお互いに損をしたような雰囲気になってしまいがちです。 さらに振る舞いだけでなく女性らしいワンピースやふりふりのスカートを着ることに対しても抵抗を感じてしまいがち。 このようなことから普通にしていたらかわいいのに自分からマイナスなイメージをつけてしまっているなど周囲から思われているかもしれません。 ですので、実際にしゃべったりするとどうしても挙動不審な態度をしてしまいがちなのがこじらせ女子。 イケメンと言ってもルックスがいい人だけでなく自分のしていることに対して自信をもって日常を過ごしている人はキラキラと輝いて見えるので、そのような人たちに対して苦手意識を持っていたらあなたもこじらせ女子の仲間かも? タイプ別、4人のこじらせ女子たち ここまでこじらせ女子たちに共通する特徴を紹介してきましたが、一口にこじらせ女子と言ってもいくつかのタイプがあります。 それぞれのタイプにも特徴をもっているので、自分はどのタイプに当てはまるのかをしっかり把握しておくことが、こじらせ女子を卒業するための第一歩になるといえるでしょう。 タイプ1:現実逃避型こじらせ女子 リアルな恋愛と向き合うのが怖いタイプがこの現実逃避型こじらせ女子。 しかし、恋愛映画や漫画に登場するのは基本的に美男美女なため、自分に自信がないこじらせ女子は最終的にはBLの世界にはまってしまうことも……。 このようなタイプのこじらせ女子はリアルな恋愛偏差値は低めですが、恋愛に対する憧れは強いのが特徴です。 タイプ2:大和撫子型こじらせ女子 このタイプに共通していることは料理ができることや掃除も完璧にこなすことを異性にアピールするなど、会話の節々に「家庭的な私」を主張してくるところです。 知らず知らずに同性に嫌われていることも……。 タイプ3:オンリーワン型こじらせ女子 はやりのゆるふわ女子やキラキラOLタイプの女性に対して敵意をむき出しにするタイプのこじらせ女子。 そのため「個性的な自分」を追求し続けます。 マイナーな歌手の音楽や奇抜なファッションを好んでいますが、実はそんなに詳しくないというところがポイント。 奇抜なファッションにおいても年をとるにつれだんだん似合わなくなってきていることにも気づけない危険性もあります。 タイプ4:自虐型こじらせ女子 こじらせ女子に共通している自分に自信のないことを逆に明るくとらえて、それをネタにしている女性。 太ってしまったことやスタイルが悪いことを改善しようとするのではなく、それを利用して笑いをとります。 この行動の根本には「他人に容姿のことをバカにされて傷つくぐらいならば、自分からさらけ出して自爆した方がまだまし」という考え方があるのです。 こじらせ女子を脱出する4ステップ それが例えこじらせ女子の特徴にあてはまっていたとしても、自分が楽しくてそのような生き方をしている女性はとても素敵です。 しかし、もし、楽しくないし本当は女性らしく生活したいと考えているのであれば、すぐに対処しましょう。 ステップ1:こじらせ女子であることを自覚する こじらせ女子を卒業する第一歩は、まず自分がこじらせ女子であることを自覚することです。 自覚することでこじらせ女子という言葉に興味を持つことにつながります。 興味を持つことでそこから脱却するために頑張ろうという気持ちになるのです。 人は自分に関係のないことや興味のないことに関しては努力することもできないので、まずはこじらせ女子というものに関心を持つことから始めましょう。 ステップ2:ほめられたら「ありがとう」 こじらせ女子だと自覚できたら、次はこじらせ女子を卒業するための課題である、自分に自信をもつことをしなければなりません。 しかし、自信はすぐにわいてくるものではないです。 なので、せめてほめられたら素直に受け入れ、ありがとうと伝えることを心がけましょう。 絶対に「そんなことない」などの言葉で否定してはいけません。 そうすることで、ほめられることに対しての抵抗感もだんだんと薄れていきます。 ステップ3:常に笑顔を心がける 常に笑顔でいる人は周囲の人たちを明るい雰囲気にしてくれます。 ネガティブな人が多いこじらせ女子から卒業するには、明るい雰囲気を手に入れることも大切。 まずは見た目から! ではないですが、いつもニコニコな表情でいることで自然と明るい印象を相手に与えることができるのです。 笑顔が苦手という人は1人の時に自宅で鏡に向かって笑顔の練習をしてみるといいかもしれません。 ステップ4:休みの日でも誰かと会う 最後の仕上げとして、人と楽しく遊ぶ感覚を取り戻しましょう。 でも、合コンとか婚活パーティーとか、苦手。 という人は無理をしてまで、そのような場所に出向く必要はありません。 そういう人は趣味などの集まりなどでもいいので人と会うということを意識しましょう。 人と接していく中でだんだんと知らない人ともコミュニケーションをとることも億劫ではなくなるので、慣れたら合コンにいく! などの目標をたてるのもいいかもしれません。 こじらせ女子を卒業して、幸せな恋愛をつかむ方法 いざ、こじらせ女子を卒業できたら、次は幸せな恋愛をつかむための方法を紹介します。 素敵な恋をして、正真正銘、脱・こじらせ女子! 相手の話をしっかり聞く姿勢を持つ 好きな人ができると自分のことを知ってほしくて、身の回りに起きたことをついつい一方的に話してしまってはいませんか? 自分の話をするだけで相手の話を聞かない女性には男性も困り果ててしまいます。 相手の微妙な表情の変化などから心情をしっかりと察知して、彼の話も聞くことをこころがけましょう。 そのようにすることで、相手のことをもっと深く知ることにつながり、さらに好みなども把握できれば効果的なアプローチをすることもできるでしょう。 自分なりの愛情表現を身につける こじらせ女子にありがちなことが、相手のことを考えずひたすらアプローチしてしまい、男性に引かれてしまうこと。 そのことでさらにこじらせ度が高くなってしまうなんてことも。 反対に嫌われるのが怖くて素直になれずに自分の気持ちとは逆の態度をしてしまうことも。 ポイントはしっかり相手のことを考えながらも、自分の気持ちに素直になり伝えることです。 これであなたもこじらせ女子、卒業! いかがでしたか? 笑顔やちょっとした言葉の返し方で簡単にこじらせ具合は修正可能なのです。 恋愛に関することまできたら、完璧にこじらせ女子を卒業! 見た目だけでなく中身から明るい雰囲気を作り出すことでキラキラ輝く毎日を過ごしましょう。

次の

こじらせ女子とは?特徴・恋愛事情とこじらせ女子の卒業方法

こじらせ てる 意味

こじらせ女子の特徴 では、こじらせ女子にはどのような特徴があるのでしょう。 こじらせ女子には、以下の特徴があります。 ネガティブ思考・マイナス思考• 他人との比較が癖になっている• 嫌なことや辛いことを根に持つ• 女性らしさを苦手とする• 褒められても素直に受け取れない• ひとりで何でもできる• プライドが高い• 自虐ネタで周りから笑いを誘う• 恋愛になると消極的• どんなことも、何をしても、「どうせ自分なんて」と卑屈になっているのです。 ネガティブ思考やマイナス思考は、その感情を言葉にしなくても、表情や行動で周りは気がつきます。 知らずと近寄りがたいオーラが出ているので、気がつくと いつもひとりでいることになるのです。 こじらせをさらに加速させる原因にもなっています。 比較して、ネガティブになり、悩んで、どうでもよくなって、何も行動しないまま時間が過ぎていく、というのがルーティンになっています。 人は人、自分は自分と頭では理解してても、実際は比較してひとりでどん底に落ちていくのが通常営業です。 「人と比べても意味ないよ!」と言ったアドバイスは余計にこじらせてしまいます。 表面上では笑って流している人がほとんどなので、相手側は根に持たれていることに気がついていません。 日がかなり経ってから、「そういえばあの時〜」とされた事を掘り返して話しだすこともあるので、少し厄介な部分もあります。 しかし、実際は女性らしく華やかに過ごしたいのが事実です。 服装で言うと、スカートやワンピースを拒み、パンツスタイルを基本とし、常に シンプルな装いを目指しています。 全体的にシンプルでも華がある人なら映えるのですが、こじらせ女子のオーラでは映えることなく、だらしないと受け取られてしまうことも多いのです。 メイクの面では、 いつもと違うねの一言を恐れて、常に手の抜いた適当なメイクになっていることが多いでしょう。 相手は「いつもと違って良い」と思っていても、自分に自信が無いのでネガティブに捉えてしまうのです。 実際は嬉しいのに、自分に対して自信が持てないので、相手の褒め言葉を お世辞と受け取ってしまうのです。 また、服装や髪型、メイクなど、女性的な部分を褒められると、反抗的な態度を取ってしまうこじらせ女子も存在します。 お世辞ならまだいいのですが、 褒めて調子に乗らせているんだとひねくれた考えになってしまうのです。 基本的に自分に自信がないので、褒め言葉を受けても全く響かないのが事実。 度を超えた褒め言葉は関係を悪化させかねません。 相手のことを考えたり、気を遣う必要もなく、自分の好きなようにできるので、気を楽にすることができるのです。 良くも悪くもマイペースな一面を持っているので、ひとりの時間を邪魔されないようにバリアを張っている人も。 逆に言えば、自分を最後まで貫くタイプなので、ネガティブなイメージはありません。 ひとりでもある程度行動ができる女子は、たとえこじらせていたとしても格好良く見えるのが不思議です。 しかしこれは、自分の出来なささや未熟さを必死に隠すためのプライドであり、実際はポンコツな部分が大半を占めています。 そのため、少し厄介なこじらせ女子は、 自分の失敗を認めない場合が多く、何かと理由をつけて責任転嫁をしようとしてきます。 悪者でない人のせいにすることもあるので、注意が必要です。 「そんなことないよ〜」の一言を待っている彼女たちは、自虐ネタでその言葉を言わせようとしてきます。 具体的には、私は可愛くない、私はデブ、など外見的なことや私はモテない、私は性格悪いなど内面的なことまで、種類は様々です。 こじらせ女子のエキスパートになると、他人と比較した自分のことを勝手に想像して嫌になって人との距離を保とうとします。 相手がこじらせ女子が食いつきそうなネタを投げています。 あくまでもコミュニケーションのひとつとして、自虐をネタにしているのです。 仕事やプライベートでは、何事にも中心人物となって積極的に動けるのに、恋愛になると 何もできない女子になってしまいます。 好きな人ができても思うようにアタックできず、遊びの予定を組むなんて夢のまた夢。 実際は、連絡先を聞き出すことすらできません。 傷つくことを恐れて、自分を守るために見えないバリアを張ってしまうのです。 バリアが壊れると、仲を深めることがすぐにできるのですが、そこまで到達させるのが難しいのが本音。 よっぽどのことがない限り、誰にでも警戒心を持っているので、むやみに壊さないように注意しましょう。 こじらせ女子になりやすい人の性格 では、こじらせ女子になりやすい人の性格をみていきましょう。 こじらせ女子になりやすい人の性格として以下の6つが想定されます。 甘えることができない• 実は人見知り・奥手• 人に対して攻撃的• 完璧主義者• 自己肯定がニガテ• 甘えられない理由は様々で、具体的には、• 甘え方がわからない• 甘えることによって相手に迷惑がかかると遠慮する• 放っておくとこじらせ女子のエキスパートになってしまう可能性もあります。 また、無理に甘えようとしてぎこちなくなり、結果的にさらにこじらせてしまうことも。 すると「どんなことも自分でやった方がラク」という感情になり、甘えることに対して拒絶するようになるのです。 ファーストコンタクトで失敗をして、嫌われてしまったらどうしようと考えてしまうのが原因と言えます。 相手側からコンタクトを取ってくれれば、合わせるだけなので簡単なのですが、待っていても何も始まることはありません。 人見知りが原因で孤独でいる…、なんてこともあるのです。 具体的には、• 人気者、グループの中心人物• リア充 恋人がいる• 自分よりもポジションが高い 上司など• 自分が持っていないものを持っている などで、そのほとんどが 嫉妬・ヤキモチからきます。 特に同世代が相手だとその感情が強くなり、さらに攻撃的になるでしょう。 攻撃の仕方はこじらせ女子によって様々で、目に見える攻撃をしてこないパターンもあります。 ひどいモノになると、関係を断ち切ったり、事実でないことを噂で流したり、直接、身体的な攻撃をすることもあるので、気をつけてください。 こじらせ女子の中には無自覚で完璧主義者になっている人も多いのです。 完璧主義者のほとんどは、なりたい自分の理想が高く、到底たどり着く事ができないので、途中で折れてしまいます。 そして、折れてしまったことに対してイライラが増えていき、最終的に もう、ダメだ…と自滅してしまうのです。 完璧主義者なので、どんなに自分が努力をしても これぐらいまだまだ、と決めつけてしまいます。 「私はよく頑張った、偉い!」と自分を褒めてあげるだけで、明日への活力が沸いてきますが、こじらせ女子は違います。 自分自身を褒める、認める、励ますということができないので、ネガティブなことが起きた時にうまく対処ができないのです。 基本的には ひとりが好き、ラクと考えているので、引きこもりになることに抵抗感はありません。 ただ、落ち着くとは言っても、このままじゃいけないという自覚があるのが、こじらせ女子のポジティブなところ。 「外に出よう!」というよりも、「自分のペースでね!」という言葉の方が救われるので、そっと見守るのがベストです。 脱引きこもりになるためのキッカケは自分自身で作る事ができる女子なので、困った時だけ手を差し伸べてあげてください。 こじらせ女子の口癖 では、こじらせ女子の口癖にはどのような特徴があるのでしょう。 こじらせ女子の口癖には、以下の特徴があります。 「私なんかどうせ…」• 「でも」• 「だって」• 「気持ち悪いよね」• 「別に、どうでもいい」 続いて、それぞれの口癖を詳しくみていきます。 自分よりも良く見える相手に対する嫉妬からこの言葉が生まれるのです。 実はこの、「私なんかどうせ…」は少し厄介なことも。 こじらせ女子全員ではないのですが、一部、こういったネガティブ発言をして、相手の気を引こうとしている場合もあるのです。 つまり、「そんなことないよ!」のひとこと待ちの状況で、その言葉が出てくるまでは容赦なくネガティブ発言をしてきます。 やばい!と思ったら早々に話を切り替えるか、話を全部聞き流すかのどちらかをするのが賢明です。 これはごく自然なことですし、問題はありませんが、こじらせ女子の場合はこの「でも」の発言がかなり多くなります。 基本的に自分の意見が通らないことに納得がいかないのがこじらせ女子なので、本人には意識が無く、自覚がないまま「でも」が多くなっているのです。 相手が「自分の意見が反論されている」と考えていることに気がつかないので、少し面倒なのが本音です。 何を言っても「だって」なので、最終的には聞いている側が疲れてしまうことも。 直接言葉にしませんが、こじらせ女子は基本的に自分が正しいと思っています。 その考えを否定されているのですから、「だって」という発言が多くなってしまうことも仕方がないことです。 こじらせ女子かな?と思ったら、むやみに意見を言わないのが一番。 自分が困っている時は、相手がどんな内容で反論してくるか見据えるのもひとつの方法でしょう。 これが好きな自分、気持ち悪いよねという言葉をよく聞く方は注意しましょう。 こちらも、「そんなことないよ!」のひとことを待っています。 私は受け入れているよ、とアピールしつつ、聞き流すのがオススメです。 実際はどうでもよくないですし、自分のことを気にかけてほしいがためにツンツンして気を引いているだけです。 このようなことを言われた場合は、スルーしてもいいかもしれません。 かまってほしいだけなので、無理にこじらせ女子の話を聞く必要は無いのです。 すると、こじらせ女子は自ら話をしてくるようになります。 起きたことを誰かに話さないと気が済まないからです。 「ふ〜ん」と聞き流してみてください。 こじらせ女子は、自分のことを認めてくれない、受け入れてくれない人には距離を取るか、自ら離れていくかのどちらかをします。 知らない間に目の前からいなくなることもしばしば。 時間が解決をしてくれます。 こじらせ女子の恋愛事情 では、こじらせ女子にはどのような恋愛事情があるのでしょう。 こじらせ女子には、以下の恋愛事情があります。 理想が高い• 彼氏いない歴=年齢• 自称、恋愛マスター• 恋愛に対して良い感情がない• 惚れやすい• 好き止まり 続いて、それぞれの恋愛事情を詳しくみていきます。 自分には持っていないものを持っている相手に対して強い憧れがあるのです。 また、自分は できる女と思っている勘違いこじらせ女子も多いので、場合によっては 自分にふさわしい男性かというところも見ているかもしれません。 高い理想は相手を遠ざけてしまいます。 理想を持つことは大切ですが、人とシェアする理想と本当の理想は分けておいた方がいいかもしれません。 こじらせ女子は、様々な理由をつけて恋愛から遠ざかろうとしています。 ちなみに、ある程度の年齢を過ぎると、彼氏いない歴=年齢というのを隠す女性が出てくることも。 こじらせ女子はプライドが高いので、もし事実を知ったとしても、そっとしておくのが賢明でしょう。 人間観察が得意なこじらせ女子は、ちょっとした変化にもすぐ気がつきます。 聞かれてもいないのに、自分の経験を踏まえながら恋愛のアドバイスをしてきたら要注意。 その相談結果はもしかしたら、ネット記事にも載っているような解答かもしれません。 恋愛マスターはあくまでも 自称です。 恋愛アドバイスをされても、参考程度にしておくことをオススメします。 DVをされた、浮気をされた、一方的に捨てられたなど、理由は様々。 こじらせ女子は「次もまた、傷つくかもしれない」と考えてしまうのが悩みどころ。 実際は恋愛をしてみないとわからないと頭で理解をしていても、次を考えてしまうと、過去の辛さが蘇ってしまいます。 少し優しくされたり、気にかけてくれるだけで惚れてしまうこともあるのです。 しかし、その惚れてしまう相手も実はダメ男、チャラ男など、最終的にお付き合いができたとしても、再び苦しい思いをしてしまいそうなタイプばかり。 二度三度繰り返すのは、こじらせ女子の典型的なパターンなのです。 受け身になってしまい、相手から声を掛けてもらうのを待ってしまいます。 そもそも、どう動いたら良いのかわからないので、好きな相手に対して何もできません。 自分だけが一方的に好きでいればそれでいいと思うこじらせ女子もいます。 ひとりで好きになって、ある事無い事妄想をしてしまうのも、こじらせ女子の悪い癖です。 こじらせ女子を治す方法 では、こじらせ女子を治す方法をみていきましょう。 こじらせ女子を治す方法には、以下のものがあります。 自分を認め、褒めてあげる• 自虐ネタを言わない• 感謝の気持ちを持つ• 不満があっても言わない 続いて、こじらせ女子を治す方法を、それぞれ詳しくみていきます。 しかし、人は自分を認めてくれていたとしても、なかなかそれを口に出す事はしてくれません。 人から認められたいと思ったら、まずは自分自身で自分を認め、褒めてあげましょう。 今日はよく頑張った、私は偉い、さすが私!と何でもOKです。 自分自身を認め、褒めてあげることによってまた活力が沸いてきます。 認められたいという承認欲求が薄れることによって、意外と、人から認められるようになることもあるのです。 こんな私だけど受け入れてね!というこじらせた女子を受け入れる男性は、この世にほとんどいないと思っていた方が賢明です。 話を盛らない、自虐しない。 この2つを徹底するだけでも、こじらせ女子の印象は良くなりますし、自身も気持ちが上向きになります。 その感情になれなかったとしても、とりあえずでも大丈夫なので、「ありがとう」と口に出してみてください。 感謝の気持ちと言葉で嫌になる人はいません。 ずいぶんとこじらせてツンツンしていた人でも、きちんと感謝できることによって、見る目が変わってくるかもしれません。 「ありがとう」の一言だけで印象はかなり変わります。 こじらせ女子のイメージを払拭したいのなら、積極的に感謝の気持ちを伝えてみてください。 いつも不満ばかり言う人は、こじらせの世界にどんどんハマっていきます。 と言っても、不満を溜め込むとストレスに変わるため、どこかで発散をしなくてはなりません。 方法として、ノートにひたすた書いていくことをオススメします。 箇条書きでもいいですし、日記のように書くのもOKです。 イラストが得意な方は、気分転換も兼ねて4コマ漫画を書いてみても面白いかもしれません。 ストレスと感じていることを、文字化することによって、そのストレスはかなり軽減されます。 寝る前に1日のまとめとして書いて、よく朝、スッキリ迎えることができるようにしてみてください。

次の

恋愛の「こじらせてる」ってどういう意味?「こじらせ男子」の特徴と改善ポイント3つ

こじらせ てる 意味

こじら・せる【拗らせる】• 物事をもつれさせ、処理を難しくする。 めんどうにする。 病気を治しそこねて長引かせる。 つまり、こじらせ女子・こじらせ男子は、 面倒と感じる言動が多く、恋愛を拗らせる人たちのことです。 拗らせてしまう原因は人それぞれ違いますが、 コンプレックス・自己肯定感の低さ・自己中心的な考え方などがあります。 「ずっと恋人ができない」「恋愛関係が長く続かない」という人は、自分がこじらせ女子・男子ではないか確認しておきましょう。 こじらせ女子&こじらせ男子の特徴 こじらせている人には、行動パターンに特徴があります。 「こじらせ女子&こじらせ男子のあるある5選」をチェックしてみましょう。 こじらせ女子あるある5選 まずは、こじらせ女子あるあるを5つ紹介します。 ネガティブ発言が多い こじらせ女子は 自分に自信がなく、自己肯定力が低い傾向にあります。 容姿や性格にコンプレックスがあってマイナス思考になりがちなため、褒めても素直に受け止めません。 「何でこんな可愛くないんだろ?」「あたし誰にも愛されてない…」など、SNSでもネガティブな発言ばかり書き込むので、それを見た男性に引かれてしまうケースもあるようです。 恋している自分が好き こじらせ女子のなかには、少女漫画やトレンディドラマのような劇的な恋を望み、 恋をしているときの自分が好きなタイプもいます。 恋に悩んで泣いたり落ち込んだりしているとき、本人は存分に恋愛を楽しんでいるでしょう。 しかし、 付き合っている彼氏ですら、そんな感情の波が激しい女性に対して「面倒くさい…」と疲れてしまうことがあるのです。 余計な一言を発する こじらせ系女子は、自信のなさから マウンティングを取りたがることがあります。 そのため、 無意識のうちに余計な一言を言ってしまう場合も。 「あの子本当に性格良いよねー。 なんで男子に人気ないんだろ?」 「その服可愛い!そういう地味な服似合わないから羨ましいな~」 など、 けなすような言葉を付け足してしまうのが、まさに「こじらせ女子」といえるでしょう。 イケメンが苦手 イケメンに話しかけられると、目が合わせられず、オドオドした態度になってしまいがちなのもこじらせ女性の特徴のひとつです。 自分に自信がないため、明るくて周りに好かれるイケメンやモテ男と自分は釣り合わないと感じて、苦手意識を持ってしまうのでしょう。 甘え下手 自己評価が低いこじらせ女子は、プレゼントをもらったり、食事をおごってもらったりしても、 素直に「ありがとう」と言えません。 「自分なんかのためにごめんね」と、感謝するよりも謝ってしまうところがあります。 男性に甘えるのが苦手な女性に対しては、相手もどうしてあげたらいいのかわからなくて困ってしまうでしょう。 こじらせ男子あるある5選 次に、こじらせ男子あるあるを5つ紹介します。 マイペースすぎる こじらせ男子といわれる男性は、 マイペースで自己中心的な考えを持っている場合があります。 空気を読まず、自分のしたいことだけをするので彼女は置いてきぼりに。 それなのに自分の思い通りにならないと怒ってくる厄介なタイプも存在します。 ケチ 自分のためにはお金を使うけど、他人には使わない…そんなケチなタイプのこじらせ男子もいます。 彼女とのデートはいつも割り勘で、きっちり端数まで計算するような男性は、女性にドン引きされてしまうでしょう。 こだわりが強い 周りの人が引くほどこだわりが強いのも、こじらせ男子の特徴のひとつです。 こだわりが強い人は自分の意見や行動に自信を持っているので、付き合っている相手にも同じことを求めてきます。 また、お金や時間を惜しまずに自分の好きなことを突き詰めるので、一緒にいる女性は「この人、めんどくさい…」と感じることがあるでしょう。 女性に偏見を持っている 女性が信頼できないという心理から、こじらせ系男子になっている男性もいます。 女性に対してコンプレックスがあったり、つらい恋愛経験があったりすると、女性に偏見を持ってしまいがちです。 また、「女子ってみんなディズニーが好きなんでしょ」「女なんだから男を立てなきゃダメだよ」など、勝手な思い込みや時代錯誤な考えを持っている男性は、女性から嫌われるこじらせ男子といえるでしょう。 「俺なんか…」とすぐ言う 「どうせ俺なんか恋愛対象外だよね…」「俺なんかと一緒にいても楽しくないでしょ?」と、 すぐネガティブ発言をする男性はだいぶ拗らせています。 自分に自信がないので、女性にうまくアプローチすることができず、「そんなことないよ」と励ましても効果なし。 そんな男性を、周囲の人は正直めんどくさいと感じているでしょう。 こじらせ女子・男子を改善する方法 こじらせ女子・男子の傾向がある人は、良好な恋愛関係を作れるように対策するのがおすすめです。 改善する方法をチェックして、ぜひ実践してみましょう! こじらせてることを自覚する こじらせ女子・こじらせ男子から抜け出すには、まず 拗らせていることを自覚することが大切です。 恋愛がうまくいかないのを人間関係や環境のせいにする人もいます。 しかし、現状を変えたいなら、自分自身の改善するべきところを認めて、前向きに行動していきましょう。 笑顔でいることを心がける いつも不機嫌そうな人よりも、ニコニコと笑顔でいる人の方が仲良くなりたいと思いますよね。 意識的に笑顔でいることを心がけると、周りの人への印象が良くなり、自分自身も明るい気持ちになっていくでしょう。 人と話すときはなるべく口角を上げて、笑顔で接するようにするのがおすすめです。 人と接する機会を増やして視野を広げる 拗らせている人は、 自分の持っている価値観や恋愛観にこだわりすぎていることがあります。 変わりたいなら、 人と接する機会を増やしていろいろな意見に触れるのが大切です。 視野を広げる努力をすると、「拗らせ」を改善できるかもしれませんよ。 人を信じて心を開くようにする 恋愛で悲しい経験をしたことがきっかけで、拗らせてしまった人もいるでしょう。 これから素敵な恋愛をするためには、 人を信じて心を開くのが大事です。 ネガティブになったり偏見を持っていたりすると、出会いのチャンスを逃してしまいます。 まずは過去の恋愛に縛られずに、距離を縮める努力をしてみましょう。 出会いがあったら、はじめから避けるのではなく、相手とコミュニケーションをとってみてくださいね。 褒められたときは素直に「ありがとう」 人に感謝の気持ちを伝えると、お互いが気持ちよくいられます。 褒められたときに、「お世辞とかいいよ」「気使わせちゃってごめんね」など、ネガティブ発言をすると卑屈に聞こえてしまうことがあります。 相手が褒めてくれたら、笑顔で素直に「ありがとう」と伝えましょう。 自分に自信がない人は、自分自身の魅力をきちんと認めるのも拗らせ改善の近道ですよ。 拗らせから脱出したら理想の出会いを探そう! 拗らせから脱出できたなら、恋活・婚活もきっとうまくいくはずです。 出会いを探したい方におすすめしたいのが、 累計会員数2000万を超える「 ハッピーメール」です! 24時間いつでも使えて登録無料なので、誰でも自由に出会いを探すことができます。 いろんなタイプや価値観を持った人が利用しているので、拗らせを脱出したあなたの新しい魅力を、きっと好きになってくれるはずです。 ぜひ試してみてくださいね! 「拗らせ」から脱出して恋愛を楽しもう こじらせ女子・こじらせ男子といわれる人たちは、 自覚がなく拗らせた行動をしている場合が多いようです。 素敵な恋人や結婚相手を見つけて幸せになりたいと思っているなら、 拗らせていることを自覚して、改善するのがおすすめです。 「拗らせ」から脱却すると、今までより思いっきり恋愛を楽しめるかもしれませんよ。 ぜひ今回解説した情報を参考にして、拗らせ改善に役立ててくださいね!.

次の