ひらがな 練習 プリント。 ひらがな練習の無料プリント

ひらがな練習プリント(無料)

ひらがな 練習 プリント

ひらがな練習プリント、こちらは1文字ずつの文字練習になっていて、 ひらがなを一通り練習し終わった後の「苦手なひらがな克服用」 を想定して制作してあります。 2文字ずつ練習のプリントはこちら:。 当サイトでは「2文字ずつ」練習の方から使用する事をオススメしています。 最後まで飽きさせない工夫 同じひらがなだけを何十回も練習するのは単純作業なので、どうしても飽きてきます。 特に文字練習ではダラダラ書き流しても上達にはつながらず無駄が増えがちです。 後半に集中力が切れて尻つぼみ学習にならないように工夫を施しています。 プリントの前半部分(青マスの所)は言わば、ひらがなの練習作業になっていて、 プリントの後半部分(赤マスの所)が本番で、清書作業という位置付けにしています。 最後の最後まで集中できるように、「偉い!」「天才!」と 気持ちを鼓舞する為に、私なりの悪あがきメッセージも入れてあります。 さらに「綺麗に書けるとパパママが褒めてくれるよ」とプリントに書いてしまいましたので、 お子さんが上手に書けた暁には、たくさん褒めてあげて下さい。 もし綺麗に書けなかったとしても「よく頑張って書けたね!」 と、過程や努力した部分をたくさん褒めてあげて下さい。 どちらにせよ結局、たくさん褒めてあげて下さい。 ステップアップ学習対応 「なぞり書きだけ」バージョンのひらがな練習プリントも用意しました。 3歳~4歳ぐらいのお子さんにはコチラの方が使い易いかも知れません。 同じ種類のレベルアップ版として も用意してますので良かったらご利用下さいませ。 ひらがなのステップアップ学習は や があります。 注意!! 家庭内での個人利用以外はを一読して下さい。 左クリックでPDFのプリントデータを別窓で表示します。 右クリックの場合は"対象をファイルに保存する"を指定して下さい。 "画像を保存する"を指定しまうと見本の小さな画像しか保存できません。

次の

【大人向け】ひらがな50音の見本プリント【美文字の練習】

ひらがな 練習 プリント

ワードで自作する方法 真っ先に思いついたのが、WordやExcelで点線で文字を入力するやり方でした。 しかし、私が調べる限り そのような方法はありませんでした。 CADなどのソフトウェアを使えばできるようでしたが、 我が家のパソコンには入っていないので別の方法を探すことにしました。 そして下記の二つの方法を思いつきました。 ワードアートで点線文字を作成する方法 WordやExcelにもともと入っている「ワードアート」を用いると、 輪郭が点線で囲まれた文字を表示することができます。 しかし、どちらかというと文字の中を塗りつぶすような出来栄えで、 イメージ通りとは言えないものでしたので、他の方法を考えることにしました。 文字色と薄いグレーにする方法 続いて思いついたのが「文字色を薄いグレーにする」方法です。 上記画像(下)のようなイメージです。 普通に文字を入力して、文字色をグレーに変更するだけでとっても簡単です! グレーの文字を濃い色の鉛筆・ペンなどでなぞればよいので、 変に点線にこだわらなくても、この方法で十分ですよね。 さらに調べていたところ、 インターネット上で好きな文字でひらがな練習プリントをつくるサービスを発見しました。 10文字以内の文字を入力して「プリントを作る」ボタンを押すと、 ひらがな練習プリントが出来上がります。 書き順の見本を表示することもできて、市販されているひらがなワークのようです。 娘の名前だけではなく 「あいうえお」「かきくけこ」などの50音順のプリントもたくさん印刷して、 どんどん練習させてあげたいなと思いました。 なによりすごいのが、 ひらがなだけではなくてカタカナ・ローマ字にも対応をしているところ。 娘が小学生になってからも、ずーっとお世話になる予感がします。 おわりに いかがでしたでしょうか。

次の

ひらがな練習プリント(無料)

ひらがな 練習 プリント

利用ガイド 個人利用の方 無料 個人利用の方は無料で、このサイトの学習教材をご利用いただけます。 学力アップに役立てていただければ幸いです。 「個人利用」とは、「自己のための利用」と「家族間での利用」を指します。 家庭内以外で、問題を配布する場合は二次利用・有料となりますので、ご注意ください。 なお、広告なしで利用できる「」の会員も募集しております。 ぜひこちらもご検討ください。 二次利用される方 有料 個人利用以外・家庭内以外でのご利用・配布をされる場合 二次利用 は、有料となります。 メニューにある申請フォームからご登録の上、年会費をお振込ください。 学習塾・学校・幼稚園・保育園・各種施設 無料配布でも有料 ・医療機関での配布・家庭教師での利用をされる場合が有料となります。 施設拠点単位 住所単位 での登録が必要になります。

次の