ジャニーズ ユーチューブ チャンネル。 手越祐也の 筆跡 に異変? YouTubeチャンネル…

青木源太アナウンサーの筋肉チャンネルが閉鎖!ジャニーズ嵐大好き!ヒゲ脱毛も

ジャニーズ ユーチューブ チャンネル

ジャニーズ事務所 ジャニーズ事務所は17日、新型コロナウイルスの感染状況とそれに伴う政府や関係機関の方針を踏まえ、31日までの公演などを中止・延期することを公式サイトで追加発表した。 4月1日以降の公演については「政府や関係機関等の発表に注視しながら改めてジャニーズネットにてご案内申し上げます」としている。 また「新型コロナウイルスの影響により、コンサートや舞台公演の開催を見送ることとなってから約1カ月が経過しようとしております。 この間、皆様におかれましても、日常の生活や大切なライフイベントを諦めざるを得ない場面も少なくなかったことと存じます。 このまま、新型コロナウイルスの影響が長期間に及ぶようであれば、一人一人が予防対策を徹底し、最大限感染リスクを下げることに努めた上で、万が一、感染した場合の適切な対応を学びながらこれまで通りの日常生活を送る術を見出さなければならないと考えております」と記した上でこう続けた。 「皆様に日常を取り戻していただくために私達にできることはコンサートや舞台等の公演を再開し、エンターテイメントを通じて皆様に幸せをお届けすることだと認識しております。 公演を再開すべき時が目の前に迫っていることを信じて、皆様にエンターテイメントをお届けすることができる準備を進めてまいります」 公演再開への一歩として「感染予防活動をジャニーズグループとして実施することといたしました」と報告。 内容に関しては「感染予防を呼びかけるとともに少しでも皆様に元気と笑顔をお届けしたい想いから所属タレントより動画をお届けいたします。 ジャニーズ事務所公式YouTubeチャンネルにて3月28日より配信を予定しておりますので、詳細につきましては決定次第、ジャニーズネットにてご案内いたします」と説明した。 最後は「繰り返しとなりまして誠に恐れ入りますが、引き続きご自身の感染症予防対策とともに身の回りの方にも予防を呼びかけていただけますと幸いでございます。 皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます」と呼びかけて結んだ。

次の

嵐がYouTubeチャンネル開設 ストリーミングも解禁

ジャニーズ ユーチューブ チャンネル

YouTube、ここ数年でファンの満足度ナンバーワンのサービス 昨年3月、動画配信サイト・YouTubeに開設された「ジャニーズJr. チャンネル」。 人気の5グループ(Snow Man・Travis Japan・SixTONES・美 少年・HiHi Jets)が参加しており、ロケや室内でのゲーム企画から、パフォーマンス映像まで、多種多様な動画を配信している。 チャンネル登録者数は47万人(2月13日時点)で、一部ファンは再生回数の上昇を目指して協力し合っているが、出演者たちも数字には敏感になっているようだ。 同チャンネルは水~日曜まで5組の動画を更新し、月曜と火曜は特別企画を不定期にアップ中。 スタート直後こそファン向けの内容が多かったものの、半年後の昨年9月頃から、セブン-イレブン・ジャパンを皮切りにプロモーション企画の動画が始まった。 以降、セレクトショップのRight-on、クラシエホームプロダクツ、フジッコといった有名企業とJr. たちがコラボレーションし、企画を通じて商品や店の宣伝を行っている。 中でもSixTONESの動画は5組の中では圧倒的な再生数を誇り、日本アーティストとして初めて、YouTubeの「アーティストプロモ」キャンペーンに抜てきされたほか、滝沢秀明プロデュースのミュージックビデオ「JAPONICA STYLE」も11月4日に公開となった。 YouTubeでの動画配信はデビュー組の間でも注目を集めているのか、Snow Man・佐久間大介は「(V6・三宅)健くん、結構(Jr. チャンネルを)見てくれてるらしくて」と語り、「『YouTube向けだし、Snow Manに合うんじゃないかな。 やった方がいいよ』っていうふうに勧められた」と、V6の過去の番組内容をオマージュした動画を配信。 「嵐の面々も『Jr. チャンネル』を気にかけているようで、昨年の夏に美 少年(当時は東京B少年)メンバーが撮影を行っていたところ、車で通りかかった松本潤が窓を開け、『(YouTube)見てるよ!』と、声をかけてくれたんだとか。 さらに、嵐・二宮和也はラーメン店でSixTONESの京本大我&高地優吾と偶然会った際、MVをチェックしたことを報告。 ラジオ番組『BAY STORM』(bayFM、1月20日放送)でも、定点カメラで撮影したTravis Japanのダンス動画を見たとして、『すごいの、やっぱり』と、パフォーマンス力を絶賛しました」(ジャニーズに詳しい記者) 一方で、TOKIO・国分太一のラジオ『国分太一 Radio Box』(JFN系)に出演したSnow Man・岩本照は、同チャンネルの再生数に言及。 トーク中に「Jr. チャンネル」の話題になると、国分は単刀直入に「やっぱり再生回数っていうのは、気になるの?」と、質問。 これに対して岩本は、 「最初の方は、気になりましたね。 やっぱりでも、僕たちJr. まぁ、わかりやすい数につながるのかなっていう部分では、ちょっと考えちゃう時もあるんですけど。 でも、たくさんの人が見てくれれば、それで構わないっていうふうに思ってるんで。 僕はそこまで、再生回数とか、その数字には、そこまでこだわりはないですね」 と返答。 国分がさらに「(同世代の)SixTONESとかTravis Japanとかのね、再生回数も出るわけじゃないですか。 これもう、僕らの仕事は視聴率とかね、そういうものはあったとしても、やっぱ俺がたぶん、同じぐらいの年齢だったら、気にしちゃうのかなぁと思ったんだけどもね」と踏み込むと、「まったく気にしないわけじゃないですよ」と打ち明けた。 続けて、「それこそなんかもう、1,000回差とかってなってたら、もう自分で何回かこう、ちょっと(再生する)……」と漏らし、自らも再生回数に貢献している模様。 国分は「Snow Manのファンの子たちも頑張るわけだよね。 たぶん『上げたい』っていう部分とかね。 はぁ~! 揉まれてるね~、そう考えると」と、彼らが抱えるプレッシャーを推察したのだった。 また、国分は自身の仕事について国内をターゲットにしたものが多いとした上で、YouTubeは「世界の人たちが見てくれる」と指摘。 「まぁ、1回言ったことあるよね、俺ね?」「YouTubeの良さって、拡散できる良さがあるわけじゃないですか。 で、世界で岩本という人間は誰だかわかってなくても、踊りが評価されたら、それが拡散されていって。 岩本も「きっかけですよね、入りっていうか」と同調し、「『まず、拡散させることはした方がいいんじゃないの?』っていうことはね、言ったことがあったよね」(国分)「はい」(岩本)と、会話。 あらためて国分は「僕がね、『撮影したいな』っていう話もね。 言ってはいるんだけどね~」「そのぐらい僕もね、Snow Man、そして岩本くんの踊りっていうのはね、見てもらいたいなぁ~って思ってるんですよ」と、熱烈ファンである点を強調。 そして岩本は、今後の「Jr. チャンネル」について、「今までのジャニーズではない新しいやり方っていうか、YouTubeでいろいろなコンテンツやってみたりとか。 『ジャニーズでもこれするんだ』みたいなのにも、挑戦して行けたら、幅も広がるかな」と、展望を述べていた。 Snow Manといえば、今年1月17日にメンバー3人(村上真都ラウール、目黒蓮、向井康二)の増員が決定し、9人体制に移行する。 人数が増える分、再生数の向上にも期待したい。

次の

嵐、ジャニーズYouTube特別動画に出演決定 4・1まで追加配信

ジャニーズ ユーチューブ チャンネル

2019年8月8日、東京ドームで歴史が動いた。 そんな時ふと私の頭によぎった、 「あれ、って今どのへんにいるんだろう?」という疑問。 じゃあその差って何なのか?どれくらいなのか?今後どう策を講じていくべきなのか?そんなことが単純に気になった。 そこで、それらを的に把握する方法はないかと考えたところ、公式チャンネル 「ジャニーズJr. チャンネル」の再生回数データがめちゃめちゃ使えるということに気がついた。 今回は以下の2点に目的を絞った。 ジャニーズJr. 戦国時代の現状を知る @Jr. チャンネル内• 動画再生回数の高低差要因を知り、出のファンを作る方法を探る 無論、の再生回数が実力を測る全てではない。 数字を並べて殴りあうのはナンセンスだ。 「再生回数を上げないとデビューできないから頑張ろう!」ということを推奨する意図は一切ない。 しかし、せっかく自担の可愛さを普及できるツールなのだから、その現状と課題を把握し人気に繋げるヒントは得られないものか? ベールに包まれた社長采配に病んでるヒマがあったら、ウチらでガンガンまわしてこ〜〜!!!!!そんな主旨の記事にできたらいいなと思っている。 対象: ジャニーズJr. チャンネル内の「グループ横断企画」を除く動画 2018. 14〜2019. 11更新 の再生回数• 集計日:2019年8月14日 水• 方法:上記の順に、ユニットごとで最新更新分の動画から過去へ遡ってリアルタイムで表示されている数値を記録した。 人一人の生産性には限界があり、ユニットごとで時差が生まれてしまった点は課題として残る。 人気の高い動画は数時間で百〜千回単位で再生回数が増えるため、今回集計した回数は あくまで「集計されたある一時点」におけるデータであることは留意されたい。 以下の図1は、各ユニットの動画を更新日時順に並べ、これまでの再生回数の推移を示したものである。 大きく跳ねているのは主にライブ動画やダンス動画である。 ストは動画の多くが50万〜150万回、スノは50万〜100万回、トラ・Hi・美は50万前後に分布している。 図1 ところで通常、過去にアップされた動画ほど人の目に触れる日数が長くなるため、再生回数は最新になるにつれて低くなると考えられるが、一概にその現象を観察することは難しく、今回考慮しないこととする。 むしろ、新旧問わず同様の水準で推移していることから、 通常の企画モノ動画は、アップされてから数日は大きく再生回数を伸ばすが、動画のポテンシャルによって上限値が存在し、ある一定に達すると増加が止まる可能性が考えられる。 この辺りは次回以降で気が向いたら詳細に分析してみたい。 客観的指標を用いたときにはこういう結果になる、というただそれだけを示すものである。 表1 表2 MV ストのみ ・ライブ・ダンス動画はどのユニットにおいても再生回数が異常に高くなる、かつ表2が示すようにユニット毎で本数も異なるため、今回はそれらを除いた再生回数とトータルの再生回数両方で比較を行った。 表1を見ると、「これからはになってしまうんだろうか…」という内容のツイートをよく目にした理由がよくわかる結果となった。 トータル の最大再生回数を見るとストを除けばかなりの混戦具合であるが、 MV・ライブ・ダンス除く ではスノも他3組の1. 5倍ほどの最大再生回数を叩いており、 ライブやダンス以外の通常の企画モノでも高水準で人気があることによって、平均再生回数が高くなると推察できる。 これはストにおいても同様である。 さて、冒頭で述べた「って今どのへんにいるんだろう?」という私の疑問に答えるとすれば、 今回の集計時点において、平均値という指標を用いた場合、チャンネルをもつJr. の中では 5番手ということになる。 シビアすぎて泣きそう、誰だよこんなことやろうって言い出したのは! お前だよ しかし、ここでクヨクヨと悩んで枕を涙で濡らす必要はない。 だって!動画は!企画内容次第で伸びしろがあるから!!というかむしろを生かしきれてないだけじゃない???とか思ったりするわけである。 ということで、次章以降では、各ユニットの動画再生回数をより詳細に取り上げ、それぞれの企画傾向や、人気のある動画とはどのようなものか、何が人々に刺さるのかについて考察したい。 前述したように、MV・ライブ・ダンス動画はどのユニットにおいても再生回数が多くなるため、見事に上位をかっさらっている。 コンサートが円盤化されないJr. 界隈にとって貴重な映像であり、何度もリピート視聴されるため半永久的に再生回数が伸び続けると考えられる。 表3 ストを除く4組を比較すると、ライブ動画はどれも100万〜200万強だが、 スノ・トラはHi・美に比べてダンス動画も100万〜200万回稼いでいるという点が大きな違いだろう。 個人的に気になったのは、は代表曲である「Hi Hi Jet」ではなく「baby gone」が1位という点。 これは決して"君とJETでDOするLIFEなう"し飽きたわけではなく、Jetsとして初のオリ曲である「baby gone」への注目度が高く、ファンに繰り返し再生されたということだろう。 また、美 少年のコズメロはコズメロでも、サマステで披露されたコズメロの方が人気が高いというのも面白い。 そしてやはり、JAPONICA STYLEのMVの再生回数には圧倒される。 ストの人気度も勿論だが、ジャニーズJr. からオリ曲のMVが公開されたという話題性、注目度、クオリティ、MVという周囲への普及しやすさ…これら全ての高さが1000万回再生に迫る勢いを生み出しているのだと思う。 ここからは、ユニット別にどのような動画が人気なのかを見ていこう。 〜編〜 表4 まず、オリ曲「baby gone」を目隠ししたまま、しかも無音で5人がフリを揃えて踊れるのかを検証した 【無音ダンス】持ち歌なら目隠しでも踊れます?! が堂々の第1位に輝いた。 「でオススメの動画教えて!」と言われたオタクが用意する動画リストに、200億パーセントの確率で入ってくる作品だ。 baby goneを知らずとも、開始10秒で乱れる隊列、思い思いの動きでスタジオをさまよい歩く5人の姿を見たら最後である。 この動画が人気なのは、「無音ダンス」という企画自体に どう転んでも面白い感があることに加え、 メンバーがワチャワチャして可愛いに違いないとオタクの期待感を高められる点にある。 しかも踊っているだけなので、 の"ノリ" 雰囲気や会話のテンポ感 に魅力を感じないという人でも気軽に楽しんでいただけるという点も大きいと思う。 次に、2位以降に着目したいのだがこの時点で衝撃の事実が発覚する。 なんと2位は、チャンネル始動1発目に撮影された 企画会議なのである…。 いや、嘘!?嘘でしょ!?!?企画動画は、2018年3月21日に全ユニット同日公開されたものである。 そもそもジャニーズがチャンネルを開設するという話題性から、おそらく誰もが自担以外の企画動画も興味本位で一通り再生したのだろう。 表5が示すように、スト以外はどれも60万回前後に固まっていることがわかる。 表5 つまりこれはどういうことか。 率直にいうと、 数々のオリジナリティある動画が、企画会議以上の注目度を集めるに至っていないということである。 これはかなりショックがでかい…。 また、ベスト10に入っているのは2018年前半にアップされたものばかりで、それ以降にヒット作品が生み出されていないのも寂しい。 これは@の今後の課題といえよう。 ちなみに、3位の 【語彙力】「」シャンプーで香りレポート選手権!は、プロモーション動画なのだが、正直タイトルからは全く面白さが伝わってこない。 しかしなぜ3位!?その理由はおそらく お風呂タイムがあることと、 メンバー同士で髪の毛の匂いを嗅ぎ合う姿が見られるということだと私は思っている。 オタクのど変態すぎる欲望が滲み出た結果となった。 4位以降は面白いには面白いのだが、HiHi特有のゆる〜〜〜い動画になっているため、個人的にはファンでなければ視聴されにくいのではないかと思っている。 〜編〜 表6 の1位は、「JAPONICA STYLE」のレコーディング風景を撮影した 【レコーディング】裏側編となっている。 そのタイトルの通り、レコーディング風景を収めたものであるが、ただ歌っているだけではない。 ひたすらジュリタナカにいたずらを仕掛けに仕掛け倒す。 私はを 「場を回しまくって笑いが取れる、サークルにいたら絶対便利な男子たち」と認識しているのだが、その良さが前面に押し出されていて飽きることがない。 レコーディングという普段見られない映像への注目度もさることながら、 万人受けする圧倒的なおふざけセンスで高再生回数になっているのだと思う。 4位の【KYゲーム】も同様の理由だろう。 あと、何より 本人らが視聴者を差し置いて1番楽しそうなのが好印象を受ける。 2位は 【寝起きドッキリ】人生初体験にハプニング発生!in沖縄。 寝起きドッキリが嫌いなジャニオタなんかおらん!!!がお送りする安心安定の面白さに寝起きドッキリが組み合わさろうものならば、ファンでなくとも思わず見てしまう。 また、これを含めて3つの「旅行系」動画が10位内にランクインしている。 他のユニットに比べ、ストは旅行系が多い傾向にあるが、 より素に近いメンバーの姿を見られることが人気の理由だと考えられる。 そして興味深いのが、「1対1のサシ【不仲の噂】」「は本当に仲が良いのか?以心伝心ゲームで検証!」「【6人で食事会】1年ぶりで本音告白!! 」といった メンバーの関係性や仲の良さをのぞき見ることができる動画が共通してランクインしていた点だ。 こういった動画や旅行系にしても、ジャニオタのニーズにしっかりハマる企画が組まれていると感じる。 最後に、の驚異的な再生回数の多さについて考察したい。 そもそもファンの母数が大きく、数字に熱心なファンが多いとも耳にするが、きっとそれだけではない。 ちらっと前述したように、ストの面白さは万人受けするものに近い。 また、ジャニオタの好物でしかない企画を多く取り入れている。 これによって、ファンではなくとも「1回見てみよっかな」という行動につながり、再生回数を押し上げているのではないだろうか?現に、基本自担の出ているものしか見ない私でさえもストの動画は積極的に見るようになっている。 事務所の力の入れ具合はさておき、 ユニットのポテンシャルと企画内容が相乗効果を生み出している好事例には違いない。 じゃあ全員のようなお笑いセンスを磨け!ということではないが、ファンではない人にも興味を持ってもらうにはどうすればいいかはスト兄さんたちから教わるべし、と強く思った。 ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー さて、今回はここまで!!長々とお付き合いくださりありがとうございます。 集計してからもうすぐ1週間が経とうとしており、データの鮮度が落ちてきているのだが、心折れることなく後編も頑張ってアップしたい。 次回はスノ・トラ・美のユニット別分析と、知りたくないけど知りたいワースト10動画の特徴についてお送りする予定です。 興味があればぜひ見にきてくださいね。 では! 6057文字 : 曜日固定で週1回ずつ、ユニットごとにさまざまな楽しい企画動画を無料提供してくれる素晴らしいサービス : のJAPONICA STYLE MVとRecording版 は外れ値に近いため、グラフにする上で除いている。 また、スト以外の4組はグラフ上限を3,500,000に揃え比較しやすいようにした。 : ライブ動画は半永久的にリピート再生されるため、上限という概念がないと考えられる。 : アイドルのきらめきは数字で量れるわけがない。 : ダンス動画は、原則【ダンス動画】とタイトル頭に明記されているものとした。 よって【無音ダンス】や【倍速ダンス】は含まないが、ストの【Mr. ズドンがやってきた】は通常の企画モノではないとしてダンス動画にカウントした。 また、MVはJAPONICA STYLEとRecording版、これはかなりグレーだが「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。 」をカウントした。 また、ストスノ合同クリスマス企画やHiBのライブ動画等はいずれのユニットにも加算していない。 : 自己紹介を入れると厳密には2発目 kyryu1829.

次の