そんなsfを妄想してる。 ハンゲ

命に嫌われている。という曲を最近聴きました。この曲の解釈を教えてくださ...

そんなsfを妄想してる

カンザキイオリさんの作品でしょうか。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 本当に死にたいと思ってる人にそんな言葉は関係ないし、そんなことを歌にするのは馬鹿げてる 実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 自分は死んでもいいけど周りが死んだら悲しいから「死なないで」って言う自分中心の考え。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう。 どこかで誰かの命が助かっても所詮どこか他人事。 なんて矛盾した世界だろうって感じ 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年が ナイフを持って走った。 少年が犯人を殺しに行ったのか模倣犯になったのかは分かりません。 けれど、一つの歌で簡単に命が失われることを風刺してると思います 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 今のボカロの歌や、そこらへんの歌では簡単に死にたいだとか、誰かへの恨みを勝手に電波にのせている。 死を押し付けてる お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 寂しいなんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る 命があるのに、命を使っていない。 これはこの歌を歌っている主人公だと思いました。 命があるのに命を使わないのも命を軽視してる、と自分を嘲笑っている感じでしょうか 少年だった僕たちはいつか青年に変わってく。 年老いていつか 枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分たちもいつか簡単に枯葉のように朽ちていってしまうのだ。 最初の歌詞と似てますが、こっちのほうがわかりやすく直球ですね。 自分はしんでもいいけど周りには死んで欲しくない。 どちらも命の大切さは同じはずなのに 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいなら ずっと一人で笑えよ。 いじめられてもあなたは正しいからそのままでいなさい、死にたくないなら生きていればいい、といった身勝手な励ましについて、こっちが悲しくなってもそれでもいいならずっとそう言ってればいい。 という感じですかね…うまくいえないですが… 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。 本当の幸福はお金を手に入れることでも結婚することでもない、ただ自分の命があることが幸福。 それを知らない僕達はただ「こんな場所に産まれなかったら」と過去を恨んでいる。 主人公は虐待を受けてたのかなとも思います。 カンザキイオリさんの歌はそのような歌が多いので。 投稿日の8月6日。 広島に原爆が落ちてたくさんの命が失われた日であることから、友達や家族が簡単に失われる、そんな本当の別れも知らない僕達は命を軽視してる。 単純にここでは本当に友達や家族が死ぬところなんて経験してないくせに、という感じだと思います。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 幸福も別れも愛情も友情も全部お金で買える時代。 そんなことはいらない、死にたがっている人にそんな言葉は必要ない。 たくさんの人が今のこの瞬間も死んでいくけど、ゆめだって明日だっていらない、ただ『あなたが』生きてくれていればいいんだという強いメッセージが入っている部分だと思います。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 確かにいつか人は死ぬけれどそれでも僕達は必死に生きなければならない。 僕達が思ってる以上に命は大切なものだから。 必死に抱えてどんなに辛くても気持ちを殺して、足掻いて、そして笑っていきていく。 だから生きろ!と言っていると思います。 カンザキイオリさんの作品は虐待されている子の目線で歌ったものなどが多いと思います。 またカンザキイオリさんのTwitterで「あの曲は、生きるだけで大変な環境の人、環境になってしまった人たちに向けた曲であると同時に、友達に向けた曲でもありました。 」とあるので、虐待を受けていた、もしくは受けていない、自殺したがっている友人に向けて歌ったのかなとも思います。 もしかしたらその友人はもう死んでしまっているのかも知れません。 カンザキイオリさんからの強いメッセージを感じる歌ですね! 乱字、乱文、自己解釈失礼しました。 こんな風に解釈しなくても、心に突き刺さったまま感じればいい歌だと思います…! またカンザキイオリさんの「アダルトチルドレン」もいい曲ですのでぜひ聴いていただきたいです(笑).

次の

レジ袋、そんなに悪い?環境問題のウソと罪|いわのふ|note

そんなsfを妄想してる

コンビニの商品だけでディストピアの食事を再現する完成度を競う企画 『コンピュータに管理された未来』チーム 作品名「昨日Aブロックで騒ぎがあったらしいぜ」 — 死んだゾンビbot celerytube コンビニの商品だけでディストピアの食事を再現する完成度を競う企画 『核戦争後の荒廃した世界』チーム 作品名「今日は肉にありつけただけまだマシだぜ」 — 死んだゾンビbot celerytube 2. ヴィクトリア朝時代の義手。 鋼と真鍮で作られ、肘・手首・指が可動する。 手の骨格を模したような造形。 クラシカルな装飾性と近代的技術が融合し、スチームパンク的な雰囲気を醸す。 ロンドン科学博物館収蔵。 — 日本美学研究所 bigakukenkyujo 4. 方南町駅の配管レイアウトは神がかってるな。 — 筑波マサヒロ masariro 6. スーパー銭湯で、自販機にリストバンドを読ますとエラーとなり珈琲牛乳を買えなかったんだけど、「ディストピアSFにありがちな、市民IDを剥奪されて一切のサービスを受けられなくなり、アイデンティティ崩壊する元小市民の主人公だ…」と興奮した。 この後、地下組織の亜人の美少女と逃避行します。 — かつて敗れていったツンデレ系サブヒロイン wak 7. 今日はじめて食ったけど、このSF感はむしろ本物の肉よりもありがたみがある。 「本物の肉が食いてえなあ」とか言いながら食うと、子供の頃に夢見た未来の下層階級ごっこが楽しめるのでおすすめだ。 — ヒライヌス hirainus 8. なんかのSF小説に「金持ちは天然の肉ばかり食べてるのに、俺たちは合成肉しか食えない」って愚痴るシーンあったけど、そんな時代がマジでやってきた感凄い。 KEKの一般公開では敷地が広いので構内バスが走ってますが、車内放送が路線バスと同じトーンで「放射光を使って物質や生命の起源を探るフォトンファクトリーは次でお降り下さい〜」みたいなのが流れる日常系SFを是非お楽しみください。 地図みてたら「分杭峠(ゼロ磁場)」て書いてあるんだけど、なんなのそのSF感ある場所は。 重力波1面のSFアニメ感すごい — 月崎灯夏 TsukisakiTouka 12. 初めて豊島区役所来たけどディストピアみあって最高にクールだ👍 — のりパチ noripachi スポンサーリンク.

次の

初音ミク『命に嫌われている』歌詞の意味・解釈と考察

そんなsfを妄想してる

命に嫌われている。 「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生きろよ。 」 そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。 実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 他人が生きてもどうでもよくて 誰かを嫌うこともファッションで それでも「平和に生きよう」 なんて素敵なことでしょう 画面の先では誰かが死んで それを嘆いて誰かが歌って それに感化された少年がナイフをもって走った。 僕らは命に嫌われている。 価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を 簡単に電波で流した。 僕らは命に嫌われている。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する 生きる意味なんて見い出せず、 無駄を自覚して息をする。 「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る 少年だった僕達はいつか青年に変わっていく。 年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく。 不死身な身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 「正しいものは正しくいなさい。 」 「死にたくないなら生きていなさい。 」 悲しくなるならそれでもいいならずっと一人で笑えよ。 僕らは命に嫌われている。 幸福の意味すらわからず、生まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない 僕らは命に嫌われている。 幸福も別れも愛情も友情も 滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物。 明日死んでしまうかもしれない。 すべて無駄になるかもしれない。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 夢も明日も何もいらない。 君が生きていたならそれでいい。 そうだ。 本当はそういうことが歌いたい。 命に嫌われている。 結局いつかは死んでいく。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちていく。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺して あがいて 笑って 抱えて 生きて、生きて、生きて、 生きて、生きろ。

次の