ポケモン剣盾マホイップ育成論。 マホイップ

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾マホイップ育成論

マホイップ対戦考察 新ポケモン「マホイップ」の育成論。 専用の道具「あめざいく」を使って、回転する方向、長さ、時間帯で45種類もの見た目のデザインが変化するとても変わったポケモンです。 可愛い見た目に関わらず、強力な技を覚えます。 マホイップの種族値 種族値 HP 65 攻撃 60 防御 75 特攻 110 特防 121 素早さ 64 合計種族値 495 「とくこう」「とくぼう」の数値が高く、「こうげき」「ぼうぎょ」の数値は低いです。 「すばやさ」の数値が低いので、「とうぼう」の高さを生かした受けで使う方が強いと思います。 アタッカーで使っちゃうと、1匹倒してもその次に上から殴られちゃって倒されるのでな… マホイップのタイプ フェアリー単体 マホイップのタイプは「フェアリー」単体です。 弱点も2タイプと少なく、よく対戦環境でみかける「あく」「ドラゴン」などメジャーなタイプに耐性を持つためサイクルに組み込みやすく、 弱点の「どく」「はがね」タイプにそれぞれ打点を取れる技を覚えるのでとても優秀なポケモンです。 弱点2倍 「どく」「はがね」 耐性2分の1 「かくとう」「あく」「むし」 耐性無効 「ドラゴン」 マホイップのとくせい アロマベール メンタルこうげきが効かない。 「ちょうはつ」「かなしばり」「アンコール」「いちゃもん」「かいふくふうじ」「メロメロ」を無効化する 上から「ちょうはつ」や「アンコール」「かなしばり」で動きをしばってくるポケモンに対して強く出れます。 対策を対策できるのでとても強いと思います。 こちらがメジャーな型です。 スイートベール 自分や味方のポケモンは眠り状態にならない。 「あくび」「さいみんじゅつ」などの眠り技に対して強く出れます。 こちらも使えます。 意外性を突くならこっち。 受けで使う場合はまず守りが崩されると話にならないので「とくぼう」があがる「おだやか」がオススメです。 逆に「こうげき」種族値が低く、物理攻撃をする機会はなさそうなので、「こうげき」に下降補正がかかっても問題ないです。 マホイップの持たせる道具 回復系のアイテムが望ましい マホイップの持ち物は、相手に押し負けないための回復アイテムが望ましいです。 それぞれ良し悪しがあるので、お好みでどうぞ。 「たべのこし」 毎ターン最大HPの16分の1回復 「オボンのみ」 HPが半分以下になると最大HPの4分の1回復 「3分の1回復きのみ」 HPが4分の1以下になると最大HPの3分の1回復 マホイップの努力値 「HP」と「とくぼう」にぶっぱ。 両受けにしたい場合は、「ぼうぎょ」に振ろうとも考えましたが、ぼうぎょにぶっぱしても受けは厳しいので、努力値は「HP」と「とくぼう」に振ります。 マホイップの技構成。 こうげき技 マジカルシャイン フェアリー技打点。 一致こうげき技。 威力80 命中100 安定した攻撃技。 威力が少し低いのが難点。 ドレインキッス フェアリー技打点。 威力50 命中100 与えたダメージの4ぶんの3を回復する。 もともと威力が低いため、あまり大きな回復量を見込むのは難しい。 良い技だが微妙。 接触技のため「てつのとげ」や「ゴツゴツメット」などのダメージを受ける。 マジカルフレイム ほのお技打点。 威力75 命中100 相手のとくこうランクを1段階さげる。 はがね対策。 優秀な技。 相手のとくこうランクを下げるため、とくしゅ受けとしての役割も遂行しやすくなる。 アーマーガアの「ミラーアーマー」に打つと逆に受けられてしまうため注意が必要。 サイコキネシス エスパー技打点。 苦手などくタイプに有効な技。 サイコショック エスパー技打点。 威力80 命中100 とくしゅ技だが、相手のとくぼうではなく、ぼうぎょ力に依存したダメージを与える。 「めいそう」の積み合いに強い。 こうげき技がこの技のみだった場合、物理受けに受けられてしまうという、不思議な事態が起きる。 アシストパワー エスパー技打点 威力20 命中100 1ランク能力アップごとに、威力が20あがる。 「めいそう」や「とける」を一回積めば、威力が60、2回積めば100に上がる。 受け型のマホイップととても相性が良い技。 エナジーボール 草技打点。 みず、じめんタイプなどに良いが、あまり使い道は無さそう。 ギガドレイン 草技打点。 威力75 命中100 与えたダメージの半分回復する。 ドレインキッスと威力が同じになる。 ドレインキッスと同じ理由で使い辛いので優先度は低い。 補助技 じこさいせい 回復技。 最大HPの半分を回復 耐久ポケモンはこの技を覚えるか覚えないかで、かなり評価が変わる。 そしてマホイップは、覚える側なので、かなり受けが安定する。 めいそう 積み技。 とくしゅ版ビルドアップ。 とくこうととくぼうを1段階あげる。 マホイップは、威力が高いこうげき技を覚えないが、隙を見てこの技を積むことで決定力をつける事が可能。 とける 積み技。 ぼうぎょを2段階あげる。 ぼうぎょに性格補正や、努力値を振っていなくても、この技を一度積めば、物理方面もかなりの耐久になり、両受けが可能に。 とても使いやすい。 アンコール アンコールをうけたポケモンは同じ技しか使えない。 受けポケモン対策に。 すばやさ種族値が高くないマホイップは、後攻で使うことが多くなるため、読みが必要になり安定しないだろう。 マホイップより遅い「ナットレイ」「ドヒドイデ」「ヌオー」などに打つと効果的だが、そこをこのポケモンでメタる必要はそこまでない気もする。 ひかりのかべ とくしゅ技の威力を半減する壁を5ターン張る 「めいそう」と選択。 こちらのメリットは、後退しても他ポケモンに効果が持続すること。 受け回しのチームではこちらもあり。

次の

マホイップ育成論 : 王道特殊受けマホイップ|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾マホイップ育成論

ラプラスの基本データ HP 130 タイプ みず こうげき 85 こおり ぼうぎょ 80 特性 ちょすい とくこう 85 シェルアーマー とくぼう 95 夢特性 うるおいボディ すばやさ 60 ラプラスの特徴 専用技「キョダイセンリツ」が強力 キョダイマックスラプラスのみが使用できるキョダイセンリツは追加効果でオーロラベールを貼ることができます。 これにより、味方を含めた耐久をしばらくの間高めることが可能です。 ラプラス自身の耐久も高いため、長く居座ることができます。 ラプラスの技 有用な攻撃技 ハイドロポンプ タイプ一致技。 高威力だが命中不安。 うたかたのアリア タイプ一致技。 味方を巻き込んでしまう点に注意。 ふぶき タイプ一致技。 高威力。 れいとうビーム タイプ一致技。 命中が安定している。 フリーズドライ タイプ一致技。 みずタイプに弱点をつける効果が優秀。 かみなり ダイサンダーのベースとして。 雨状態では必中となる。 10まんボルト ダイサンダーのベースとして。 命中安定。 こおりのつぶて 先制技。 じゃくてんほけん発動後は火力が上がる。 ぜったいれいど キョダイセンリツになると威力130となる。 有用な変化技 ほろびのうた 詰め筋として強力な技。 まもる 大事に扱いたい場合に。 ねむる 特性「うるおいボディ」+ダイストリームですぐにねむり状態を回復できる。 ふぶきベースのキョダイセンリツで丁度耐久無振りのダイマックスドラパルトを倒すことができます。 ダイマックスが切れたあとは ぜったいれいどや ほろびのうたで相手を倒すことを狙います。 また、 特性「うるおいボディ」によって、天候が雨であればねむるを使用したターンの終了時にねむり状態を回復することが可能です。 ラプラスの使用率 当サイトが集計した、ランクバトル(ダブル)の使用率の記事からラプラスの順位を参照しています。 集計期間 順位 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 ランキング外 9位 6位 11位 12位 20位 12位 20位 15位 18位 19位 30位 ラプラスとの主な組み合わせ マホイップ デコレーションや うそなきで ラプラスの火力をサポートします。 特性「スイートベール」で味方と自身がねむらなくなるため、シーズン4から解禁され数を伸ばしているフシギバナを筆頭としたポケモンの催眠系の技に耐性がある点が優秀です。 ライチュウ、トゲデマル 特性「ひらいしん」 で相手のでんき技からラプラスを守りながら、ボルトチェンジなどでラプラスのじゃくてんほけんを発動させる立ち回りが有名です。 あまえるや かいでんぱ、 ほっぺすりすりなどでラプラスのサポートをします。 ラプラスの対策 パッチラゴン 特性「はりきり」と高威力のでんげきくちばしでラプラスに大ダメージを与えることができます。 ですが、 はりきりで技が外れる可能性があることや特性「ひらいしん」持ちがラプラスの隣にいる場合はでんき技が通らない点 には注意が必要です。 ナットレイ ナットレイであればラプラスから大ダメージをもらうことがなく、タイプ一致のくさ技で大きく削ることができます。 バークアウト、かいでんぱ ラプラスのとくこうを下げる技があれば、ダイマックスしたラプラスからの攻撃は脅威ではなくなります。 マホイップが採用されている場合はデコレーションで毎ターンラプラスのとくこうを強化してくることが予想されるため、先にマホイップを倒すようにします。 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 08 レンタルチームID: 0000 0005 HPR2 YN 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 10 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. バンギ […][…]• 2020. 05 レンタルチームID:0000 0002 J2P1 DV 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 27 目次 1. ガオガエンの基本データ2. ガオガエンの特徴2. 特性「いかく」と技「ねこだまし」に […][…]• 2020. 13 レンタルチームID: 0000 0000 JBKK VN 目次 1. はじめに2. コンセプト3. […][…].

次の

【ポケモン剣盾】マホイップの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾マホイップ育成論

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の