充放電器。 DENSO V2H

Amazon

充放電器

HTRCの充電器です ドローンに限った事じゃありませんが、今の主流バッテリーはリチウムポリマー Li-po かリチウムイオン Li-ion ですよね? でもコイツ等は扱いを誤ると結構危険なのです。 コンセントに繋いでバッテリーのバランス端子をブチ込むだけのフルオート。 シンプルなモデルですが十分安全に充電出来るし最低限の機能は果たしてます。 Li-fe リチウムフェライト バッテリーも充電したいし。 そこで選択したのはHTRCのT240 DUO。 電源がAC入力なら出力は最大150Wですが、その150Wを2つの充電ポートで折半する為実際は75W:75W。 比率は120W:30Wまで変更出来ます。 ヘビーなユーザーにはモノ足りないって人も居るでしょうが、マイクロドローン用のバッテリー程度なら必要にして十分です。 リンク Aタイプの電源ケーブルですがアース線のある3本仕様。 PC関係機器の備品が沢山ある砂井家にはこの手のアダプターも当然死ぬほどあります。 でも引っ越しに備えてこの間実家に持ち帰ったので今は無いんですよね~。 わざわざ買うのもアレなんで、とりあえず延長タップに裏技で接続します。 XT60が必要な4S以上のレーシングドローンなんてオッサンにはデンジャラス。 キ〇〇〇に刃物って感じなので今後も購入する気もありません。 とういう訳でXT30コネクタに変更します。 早速保護被膜をムキムキして丸裸~。 平端子で付いてるかと思ったら直接ハンダ付けなんですね。 中華製の質の悪いハンダはプライヤーで挟むとポロっと簡単に取れますよ。 なのでこのT型2Pコネクタ部から直接ハンダ付けしました。 剥き出しの端子部を熱収縮チューブで保護して完成。 コレでもまだ長いので最初は根元のバナナプラグから付け替えようとも思いましたが、汎用性を重視してT型2Pコネクタからにしました。 標準で付いてくる各種ケーブルはこのT型2Pコネクタから分岐するので。 ついでにタミヤコネクタも ミニコネクタ変換アダプタを取付け。 使用頻度の低いタミヤコネクタは付け替えが面倒だったのでアダプタです。 コレで電動ガン用バッテリーにも対応出来ますよ~。 本体に向かって右には外部DC入力用XT60コネクタがあります。 高価でハイテクな充電器でも 直接コンセントから抜き差しするとか〇〇なの?って思ってたのです。 操作は全てタッチパネルでレスポンスは良好。 メインで使うLi-poの他、Li-fe、Li-HVにも対応するのでコネクタさえ合えば主流バッテリーは殆ど対応出来ますね。 「Smart」はオプションの充電ケーブルを使ってDJI製ドローンのバッテリーを充電出来るらしいですが、試したくありません。 2S Lipo 350mAhのバッテリーです。 電圧はもちろん抵抗値とかも見れます。 でも抵抗値の意味は分からないので見れたから「何?」って感じです。 35Aで充電ですが、設定範囲が小数点1桁までなんでここでは0. 4Aに設定。 でも最初はこの数値が 4. 2Aとかになってます。 設定ミスで発火させちゃった事案。 多機能充電器の多機能故の落とし穴。 なんか自動で1C充電してくれる設定とか有ればイイんですケドね。 温度に応じて回転数とか変わるんじゃなく、設定温度に対してONかOFFかしかない超シンプルisデジタル制御。 充電中は定期的に「ブオオォォーー!!」とFANが鳴り響きます。 なんかもう一声!ってトコもありますが値段を考えたら十分な性能ですね。 もちろん放電やバランス機能も付いていますんで今のところコレ1台でイキますよ~。

次の

多機能な充放電器T240 DUO

充放電器

レースに対応した高いスペックでありながら、初心者にもお買い求めやすい価格を実現した急速充放電器「YZ-114PLUS」登場! 昨今主流であるLi-poバッテリーはもちろん、Li-fe、Li-ion、さらにNi-MH、Ni-cdなど多彩なバッテリーを充放電可能。 最新のスペックであるHV ハイボルテージ 仕様Li-poバッテリーにも対応。 充電電流6A、放電2Aをベースとして、バランス充放電機能やサイクル充放電機能、ファストモード、ストレージモード、Ni-MH・Ni-cdバッテリーのリピーク機能など多様なプロファイルを、内部メモリーにより10件記憶することが可能。 バッテリーの内部抵抗計測や電圧の監視、充電時の電流制限、容量制限、温度制限、充電時間制限など、安全面でも優れた機能を搭載。 アクセサリ用として使えるUSB出力も装備した超高性能充放電器です。 0A 最大充電電圧:4. 1Hで完了しましたが その後盛大にバッテリーが爆発しました。 まだ2,3回しか使ってないバッテリーなのにどうしてくれるの・・・ この場合どこに保証してもらえばいいんでしょうね 追記、商品到着後直ぐさまヨコモのアフターへ着払い返送という悲しい結果に。 破裂したバッテリーと同等品の交換もしてくれるというので、バッテリー、充電器一緒に送りました。 それにしても充電中の冷却ファンの音の大きさはびっくりです。 普通にドライヤーくらいの騒音ですね。 1時間この騒音に耐えられる人、更に最後に爆発のおまけ付きが許せる人はどうぞ 進展あればまた追記 無事ヨコモカスタマーが1日で返送されました。 破裂したバッテリーの交換も無償でやって頂けましたが、肝心のノーバッテリーの件に関して全く触れられず。 何度やってもノーバッテリー!! どうやったら充電出来るのでしょうか? バランスケーブルを刺すとノーバッテリー、抜くと充電開始されます。 これは一体どういうことなのか 最終追記 某メーカーバッテリーのバランスケーブル不具合でした。 返品交換品にて充電確認出来ました。 それにしてもヨコモのカスタマーは丁寧、親切、しっかりサポート!何があっても大丈夫!安心して購入出来ますよ。 以前の充電器も多機能でしたが、冷却ファンが付いてなくケース全体がアルミ製で、内部放熱が充分に出来ず たまに誤作動起こす! にいました。 こちらはケース全体が樹脂素材、ファンが付いているので充電器の内部冷却が出来ます。 惜しいのは充電コードの少なさかなと 2セルバランスコネクターの延長コードは必須で、多セルバッテリー充電にはバランスボードが必要なくらいですね。 それ以外は大変扱い易く便利です。

次の

ラジコンショップ リトルベランカ

充放電器

【概要】 NiCdバッテリの寿命を最大にし、出力性能を長持ちさせるためには、充電の 仕方にポイントがあります。 最良の充電条件にするためには、 メモリ効果を避ける必要があります。 そこで これを避けるために 放電機能も内蔵させることにしました。 【充放電器の仕様】 今回製作したNiCdバッテリの充電、放電機能の仕様は下記としました。 バッテリ個数 最大6個 個別制御(1個づつ独立制御) 対象バッテリ 単3型NiCd電池(500mAH〜1000mAH) 入力電源 商用AC100V 消費電力 約5W 表示 16文字2行の液晶表示器にて状態表示 表示内容は下記 バッテリNo 状態 充電、放電時間 バッテリ電圧 また充電中は個々に発光ダイオードが点灯 充電電流 1個当たり 約85mA 放電電流 1個当たり 約150mA at 1V 制御方式 実際の充電放電の制御は、NiCdバッテリの充電、放電特性から 下記としました。 放電 バッテリが装着されたことを自動認識し、バッテリ電圧が0.9V 以上であれば放電を先に開始する。 充電 放電が0.9V以下になったら自動的に充電に切り替わり 下記3つの条件のいずれかで充電終了とする。 1 充電継続時間が15時間を超えた。 2 バッテリ電圧が1.50Vを超えた。 3 バッテリ電圧上昇率が4%/分を超えた。 これはバッテリの満充電付近で急に端子電圧が上昇する ことを利用しています。 【NiCdバッテリ充放電器の構成】 本器の全体構成は下図のようになっています。 図の中で全体の制御を取り 仕切っているのはPIC16F877で、充電、放電の回路を除けばPICしかありません。 PIC16F877は、色々な周辺回路が内蔵されているので便利に使えます。 10ビットありますから、1024の分解能があることになります。 そこで、Vref+の基準電圧に「2.047V」を入力して、フルスケールが2.047V となるようにすれば、バッテリ電圧を0〜2.047Vまで、2mVステップで計測でき ることになります。 これなら十分の分解能でバッテリ電圧を計測することが出来ま す。 従来の8ビット精度では、256の分解能しか無く、電圧を測定するには10mV 単位が限界であるため、ちょっと精度不足でしたが、これで十分の分解能を得る ことが可能になりました。 【充電放電回路】 バッテリを充電、放電する回路の部分は下図のようにしました。 1 放電時の回路 放電回路は、放電終止電圧 0.9V まで確実に放電できるように、MOSトラン ジスタと抵抗の直列回路でショートするようにしました。 大部分の発熱を抵抗側で消費することができるので、MOSトランジスタの発熱を 抑えることが出来ます。 しかし、抵抗でほぼ大部分の放電を行いますので、全て熱 に変わります。 従って抵抗は容量の大きなものが必要となります。 15Wですから、ちょっと大き目の1Wの抵抗を使いました。 尤も、最近の抵抗は、1Wといっても1/4Wタイプの抵抗と大きさは余り変わらなく なってしまいましたので、実装に苦労することは無いでしょう。 ここで放電終止電圧を何ボルトにするかですが、NiCdバッテリの資料によれば 放電特性は下図のようになっており、終止電圧を0.9V〜1.0V程度にするよう 推奨されています。 そこで、 放電終止電圧は最低電圧の0.9Vとしました。 図で「C」はバッテリの容量を示しています。 例えば500mAhのバッテリなら 2CmA=1000mA ということです。 2 充電時の回路 充電回路は定電流充電をするため、定電流回路となっています。 この回路は下図 の回路で実現しています。 この充電回路では、2SC1815がOffされると、2SD415がOnとなり充電電流が流れ 始めます。 この両者の電圧は電流にかかわらずほぼ一定で、LEDの順電圧=約2V、トランジ スタBE間電圧=0. 7Vとなっています。 つまり 充電電流が一定の85mAの定電流となったことになります。 10D1のダイオードはバッテリから逆向きに電流が流れてしまうのを防止します。 次に充電の終了を何で判断すれば最適かということになります。 これも、NiCdバッテリの充電特性が下図のようになっていますので、図中に吹き出 しで示したように、3通りのいずれかの条件を超えたら充電を終わらせます。 今回は、基準電圧を2.047Vにすることにしましたから、これに丁度使える基準 電圧発生用のICには、一寸古いICですが、ナショナルセミコンダクタ社の 「 LM336H-2. 5V」が使えます。 これを使った基準電圧回路は下図のようにしました。 LM336の端子電圧が安定な 2.5Vとなるので、その電圧を抵抗とボリュームで分割して、2.047Vに調整しま す。 これで、安定な基準電圧が得られたことになります。 【製作】 実際の製作には、ちょっと大きめのプリント基板に大部分の回路を組み込んでしまい ました。 充電、放電回路が6組必要になりますので、これが大部分を占めています。 まず基板の回路図は下図のようになります。 これに電源とバッテリーソケットを外部に 追加してケースに組み込みます。 左写真が全体の外観で、アルミのケースに 全てを組み込みました。 上部に金属製のバッテリソケットで単3を2個づつの ものを3組固定しています。 真中は液晶表示器です。 ケース内部は左写真のようにカバー側に基板を、 底側に電源トランスとダイオード、平滑コンデンサを 取りつけています。 基板の全体外観です。 上側が充放電回路で6組 あります。 PICは液晶表示器の下側となっています。 基板の液晶表示器を取り外したところ。 PIC16F877が中心になっています。 電源部。 トランスは5,6,7,8Vタップ付きで 0. 5Aの出力容量です。 ちょっと6本全部 充電になった時には容量ギリギリですが 何とか間に合っています。 基板の取りつけはカラースペーサで浮かせて 液晶表示器がピッタリシャーシに付くように 取りつけます。 【プログラム概要】 本バッテリチャージャのプログラムは全てCCS社のCコンパイラで作成しました。 そのため 意外と簡単にプログラムを書くことができました。 特に液晶表示器に表示出力するには、printf文が有効に活用できるため、非常に楽に プログラムすることが出来ました。 全体は本体のプログラムと、液晶表示器制御ライブラリ、標準ヘッダーの3つで構成され ています。 標準ヘッダーファイルは、CCS Cコンパイラの中に含まれています。 その他の2つは下記のようになっています。 メインプログラム部は、スイッチの入力チェックを常時繰り返しており、入力があれば それぞれの処理を行います。 スイッチ1:バッテリの選択で1〜6をサイクリックに切り替えます。 スイッチ2:予備、なにもせず スイッチ3:状態の更新で、そのときに選択されているバッテリの状態を順次更新 します。 タイマ1の割込みが1秒毎に入るようにセットし、毎秒の割込み処理で、現在選択中の バッテリの状態表示を更新します。 これでバッテリ電圧をチェックすることが出来ます。 また全バッテリの状態をチェックし、条件が整えば次の状態に進みます。 浮動小数点数もprintf文のフォーマット文で簡単に指定することが出来ます。 またバッテリの電圧を計測するときには、充電も放電もしないで開放電圧を測定 する必要があります。 そうしないと正確なバッテリ電圧が測定できません。

次の