ソフトバンクエアー 速度。 SoftBank Air(ソフトバンクエアー) の速度制限などについて

ソフトバンクエアーの速度が遅い・繋がらない時の対策と原因を解説

ソフトバンクエアー 速度

ソフトバンクエアーの評判からわかった全デメリット それでは、ソフトバンクエアーの口コミからわかった契約前に知っておくべき注意点を以下の順でくわしくご紹介していきます。 同じソフトバンク系列の光回線と比較したところ、1年目の料金はソフトバンク光と同じですが、2年目からはソフトバンクエアーの方が1,000円ほど高くなることが分かりました。 月額料金 SoftBank Air SoftBnak光 1年目 3,800円 3,800円 2年目以降 4,880円 3,800円 毎月1,000円の違いだけで圧倒的に高いわけではありませんが、最低でも2年の契約期間で利用するとしたら、ソフトバンク光よりも合計で12,000円損することになります。 公式サイトではキャンペーンで割引きされて月額3,800円と安く見せているので、実際は1年間限定のキャンペーンで途中から高くなるということを覚えておきましょう。 ポケットWiFiと比較しても料金が高い 先ほどは光回線のソフトバンク光と比較しましたが、ポケットWiFiと比べてもソフトバンクエアーの料金は高いことが分かりました。 サービス 月額料金 SoftBank Air 4,880円 1年目3,800円 Mugen WiFi 3,280円 ギガゴリWiFi 3,050円 どんなときもWiFi 3,480円 UQ WiMAX 3,880円 GMO WiMAX 4,263円 このように、ポケットWiFiの月額料金は3,000円~4,000円が平均的な料金になっていて、ソフトバンクエアーは1,000円以上も高いです。 とくに業界でも最安値となっている「ギガゴリWiFi」は毎月およそ3,000円払えば利用できるので、外でも使えるポケットWiFiを契約した方がお得になることは間違いありません。 レンタルする場合はさらに高くなる ソフトバンクエアーでは端末をレンタルするプランも用意されていて、たとえレンタルプランを選んだとしても月額料金は5,370円とさらに高くなってしまいます。 レンタルプランは半年や1年など短期的に利用する人には通常プランよりお得になりますが、もともとの料金が高いのでソフトバンク光やポケットWiFiを契約した方がお得です。 解約金については光回線やポケットWiFiとあまり変わりませんが、ソフトバンクエアーだと端末を分割で購入する場合に3年以上利用しないと端末代の未払い分も発生してしまうので注意しましょう。 以下の図を見ていただければ分かるように、ソフトバンクエアーの契約には2種類あり、「端末本体」と「インターネットサービス」の契約が別々に分かれています。 引用元: そもそも端末の本体代は59,400円ですが、利用期間中に毎月1,650円ずつ割引きされていって、3年 36ヶ月 後には全て割引きされて0円になります。 しかし、支払い期間の3年以内に解約してしまうと割引きされなくなるので翌月に一括で支払う必要があり、以下の口コミのように解約金が5万円にもなってしまうことを知っておいてください。 ソフトバンクエアーの解約金高すぎてびっくりした。 速度は遅いし,隣の部屋じゃ繋がらないし,だから解約するというのに本体は売ることもできないし,そもそも性能も悪くて契約者しか使えない本体が5万円もするのはマジ沼でしかない。 — ヒョンピョ guitarh2p 上の口コミを投稿した人は、契約から1年後に解約した場合で端末代として39,600円、解約金として9,500円を払う必要があり、合計で5万円を越えてしまったのだと考えられます。 4年間使わないと無料で解約できない さらに、契約期間は2年なので2年後、4年後、6年後…の更新タイミングでないと途中解約になり、端末本体の支払い期間は3年間なので、早くても4年後に解約しないと違約金と端末代の両方を0円にすることができません。 ほかのインターネット回線を調べてみても、4年間使わないと無料で解約できないという不親切な内容になっているところはなかったので、長期利用をしたい人以外はソフトバンクエアーを契約しない方がいいでしょう。 解約方法にも注意点がたくさん… ソフトバンクエアーの解約方法は電話窓口 0800-1111-820 だけ。 10時から19時の間であれば手続きを受け付けていますが、電話がつながりにくいという以下の口コミが見つかりました。 また、端末をレンタルして契約している場合、解約された月の翌月20日までに以下の返却先まで端末一式を返送しないといけないので忘れないようにしましょう。 【レンタルした本体の返却先】 〒277-0804 千葉県柏市新十余二3-1 GLP柏物流センター1階 SoftBank モデム係 宛(0800-1111-820) 実際にこれからソフトバンクエアーを解約しようと考えている人については、を参考にしていただきたいです。 ソフトバンクエアー遅すぎて息抜きでストレスとか頭おかしくなる (上5G下2G) — Rulex rulex0917 これらの悪い口コミは利用しているユーザーのほんの一部にすぎないかもしれませんが、他のサービスと比べても速度が遅いことが分かりました。 SoftBankAir 光回線 WiMAX 最大速度 481メガ 1,000メガ 867メガ ソフトバンクエアーは工事をしなくていいサービスということもあって、光回線よりも速度で負けてしまうのは仕方ないかもしれませんが、WiMAXの速度にも負けてしまうとなると快適にネットが使えない可能性が高いです。 WiMAXではソフトバンクエアーと似たようなホームルーターを出しているので、工事をしたくないけど速度にもこだわりたいという人におすすめできます。 しかし、最大速度はあくまで公式が発表している数値で、利用する場所や時間帯によっては混雑して速度制限にかかる場合があり、実際は最大速度440メガとはかけ離れたスピードになります。 夜の時間帯に速度制限がかかる ソフトバンクエアーの公式サイトには以下の注意書きがあり、夜などにソフトバンクエアーを使っている人がたくさん増えすぎると速度が制限されてしまうというものです。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 引用元: 実際に、僕もソフトバンクエアーを利用していたときは夜の21時~23時ぐらいにネットが繋がりにくくなってスマホで見ていた動画が止まることが毎日のようにありました。 速度制限にかかってしまうと、Wi-Fiで繋いでいるよりもスマホの通信を使った方がダンゼン速くなるので、ソフトバンクエアーを契約している意味がないです。 もしも速度が遅くてネットが使えない状況になってしまった場合は、をご覧になってください、それでも改善しなかったらソフトバンクのサポートセンター 0800-1111-820 に相談しましょう。 Airターミナル4の最大962メガは一部エリアのみ 最新の「Airターミナル4」は最大962メガ出るとされていて、光回線の最大速度1ギガ 1,000メガ とほぼ同じだと話題になっていましたが、2020年2月現在で対応しているエリアは主要都市のさらに一部地域に限られてしまいます。 Airターミナル4のエリア別に分かれた速度についてはで確認できます。 さらに、最大962メガに対応しているからといって光回線と同じくらいの速度で利用できるわけではなく、先ほど説明したように使う人が増えれば夜に速度制限がかかってしまうので注意しましょう。 \光回線について詳しく書いた記事/ ソフトバンクエアーよりソフトバンク光がおすすめ ここまでお話しした注意点を知ったうえで、ソフトバンクエアーよりもおすすめの光回線として「ソフトバンク光」をご紹介します。 ソフトバンク光がおすすめ ソフトバンク光はSoftBankのスマホとセット割 毎月1,000円割引き になる光回線。 とにかく料金が安いので、一人暮らしやネット使用量が少ない人にとってもソフトバンクエアーよりおすすめできるサービスです。 ソフトバンク光では光回線の工事をしないといけませんが、どの時期でも24,000円分の「工事費キャッシュバックキャンペーン」をやっていてお得に利用できます。 このように、ソフトバンクエアーを契約するならソフトバンク光の方がおすすめできるので、以下で詳しく見ていきましょう。 月額料金が1,000円も安い 月額料金 SoftBnak Air SoftBnak光 1年目 3,800円 3,800円 2年目以降 4,880円 3,800円 上の表を見ると、ソフトバンク光はソフトバンク光よりも2年後の料金が1,000円も安いことが分かります。 注意点としてもお伝えしたように、ソフトバンクエアーの割引キャンペーンは1年間限定なので、ずっと月額3,800円で利用できるソフトバンク光の方がお得です。 光回線の料金は高いというイメージがあるかもしれません。 戸建ての場合は月額5,200円なので少し高いですが、マンションの場合は戸建てより1,000円以上も安く利用できます。 2年後に無料で解約できる ソフトバンクエアーの最大の注意点は、解約時に端末代の未払い分がプラスされるため高額な解約費用が発生することでした。 以下の表では、解約する時期ごとに発生する費用を比較しています。 解約時期 SoftBnak Air SoftBnak光 1年後 49,100円 9,500円 2年後 19,800円 0円 3年後 9,500円 9,500円 4年後 0円 0円 ソフトバンクエアーだと契約期間の2年後に解約しても2万円近くの費用を払わないといけませんが、ソフトバンク光は2年後に解約すれば負担額が0円になります。 さらに、どの時期に解約しても発生する解約費用は最大でも9,500円となっていて、高額請求される心配がなくて安心です。 ソフトバンクエアーの速度より2倍速い ソフトバンク光は自宅を工事してケーブルを直接つないでいるので、ソフトバンクエアーよりも速度が安定しています。 公式サイトで発表されている最大速度と、利用者がまとめサイトで計測した実際の速度 実測値 を以下の表にまとめました。 数字だけで比較しても分かりづらいかもしれませんが、Twitterで口コミを見てみると、以下の投稿のようにソフトバンク光の方が速いという利用者がたくさん見つかりました。 SoftBankのスマホを使っていて光回線の工事が面倒な人にとってはおすすめできますが、それ以外の人にとっては損する可能性が高いサービスです。 皆さんの今の状況に合ったインターネット選びが重要なので、この記事を読んでいただいて少しでも貢献できることを祈っています。

次の

「SoftBank Air(ソフトバンクエアー)」住所別下り最大通信速度情報

ソフトバンクエアー 速度

ソフトバンクエアーのデータ通信量は無制限(使い放題)? スマホや携帯電話のよくある契約では毎月のデータ通信量(パケットとも言う)には「7GBまで」などの上限があります。 上限のデータ通信量を利用すると速度が最大128kbpsまで低下します。 ソフトバンクエアー(SoftBank Air)は、スマホや携帯電話と同様に「電波」を利用してインターネットに接続するサービスです。 その為、スマホなどの契約と同様に「無制限で使えるのではなく毎月の上限があり、上限に達すると速度が低下するのでは」と思っている人も多いようです。 データ通信量は無制限で利用可能 結論から先に言えば、 ソフトバンクエアーは 毎月のデータ通信量には上限がなく「無制限」でインターネットが利用出来ます。 引用: ソフトバンクエアーの公式サイトにも、上記のように 「データ容量無制限で使い放題」と記載がありますので 無制限で間違いありません。 スマホのように「月間〇GBを超えると速度規制されちゃう」「今月は〇GB超えそうだから利用を控えよう」のような速度低下を心配する事はソフトバンクエアーにはなく、データ通信量は毎月無制限で利用できるという訳です。 ソフトバンクエアーは「毎月のデータ通信量〇GB」のような制限はなく無制限ですが、速度制限される場合や速度が低下する場合はあるんですね。 無制限でもソフトバンクエアーの制限や速度低下はある ソフトバンクエアー(SoftBank Air)にはデータ通信量の上限がなく無制限のため、インターネットを使いすぎて上限に達すると速度低下の制限をされる事はありません。 しかし、上記でご紹介したように、 ソフトバンクエアーは 毎月のデータ通信量は無制限でも、 速度制限や速度の低下はあります。 SoftBank公式サイトにも以下のように記載があります。 引用: サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 では、どんな時に速度が低下したいり制限されるのでしょうか。 ソフトバンクエアーのインターネットの速度が遅くなる「速度制限」が実施される理由で、最低限知っておくべき理由は以下の3つです。 混雑する時間帯に速度制限される場合あり• 大量のデータ通信をすると制限される場合あり• 設置場所住所以外でネット接続すると制限される場合あり 理由が記載されていますので、以下で詳しく解説してみたいと思います。 引用: ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 上記のような記載があります。 これはソフトバンクエアーで利用する「電波」を使ってインターネットの利用が集中するとパンクする恐れがあります。 パンクしてしまうと利用者全員がインターネットに接続出来ない事態になり大変混乱します。 その為、利用が集中する時間帯には速度を低下させて、速度が遅くても利用者全員がインターネットに接続出来るよう制限をされる場合があるという事です。 引用:• 音声通話やテレビ電話などのパケット信号に変換し、データ通信にて実現するサービス• MPEG、AVI、MOV形式などの動画ファイル• BMP、JPEG、GIF形式などの画像ファイル• 動画閲覧、高画質画像閲覧、P2Pファイル変換、ソフトウェアダウンロードなどを伴うサイト、アプリケーションなど 意味が解りませんよね 笑 簡単に説明すれば、LINE電話のようなインターネットで通話が出来るサービスやFace Timeのようなテレビ電話は大量のデータをやり取りしなければなりません。 また、高画質な画像や動画を見る時も大量のデータをダウンロードしなければなりませんよね。 このような大量のデータ通信を行うと速度を低下させて、他の人に迷惑が掛からないようにする処置が実施されるという事です。 この事はソフトバンクエアーの契約者でも意外と知られていません。 ご登録の設置場所住所と実際にご利用している住所が異なる場合は、通信制限がかけられている場合があります。 引用: 上記のように、SoftBank公式サイトにも記載されている通り、ソフトバンクエアーを契約した際に登録した 「設置場所の住所」以外でインターネットに接続すると、利用は無制限ですが 速度制限されて速度が遅くなる処置が実行されます。 ソフトバンクエアーはあくまでも自宅で利用する為の「固定インターネットサービス」ですので、登録住所以外で利用するのは利用規約違反となります。 ソフトバンクエアーの無制限まとめ この記事ではソフトバンクエアー(SoftBank Air)は無制限(使い放題)で利用可能かをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? スマートフォンなどのように毎月のデータ通信量の上限はソフトバンクエアーにはなく毎月のデータ通信量は無制限です。 ただ、ここで勘違いする人が多いのですが、ソフトバンクエアーはデータ通信量は無制限なので速度制限がないと思っている人もいるようですが間違いです。 ソフトバンクエアーはデータ通信量が無制限というだけで速度制限は実施されます。

次の

ソフトバンクエアーとWiMAX徹底比較

ソフトバンクエアー 速度

端末を自宅に置くだけで、インターネットが無制限で使えるようになるソフトバンクエアーですが、速度制限がかかるという口コミが見受けられます。 速度制限がかかるという口コミを見ると、ソフトバンクエアーの契約を検討していても不安になるのではないでしょうか? 確かに、ソフトバンクエアーは、夜になると通信速度が低下する傾向があります。 しかし、ネットを使う目的によっては、そこまでデメリットには感じません。 そこで、ここではソフトバンクエアーに速度制限があるのか解説します。 ソフトバンクエアーの通信速度や、速度制限がかかる条件を知りたい人は参考にしてくださいね。 ソフトバンクエアーに速度制限はない それでは速度制限について解説していきます。 ソフトバンクエアーは使い放題のインターネット回線 そもそもソフトバンクエアーは、ホームページやパンフレットに記載している通り「使い放題」のインターネット回線です。 端末を設置するだけで、自宅がインターネット使い放題の場所に変身します。 下り速度の最大値は、261Mbpsから350Mbpsです。 最大1Gbpsの光回線と比べると劣る印象がありますが、 ウェブサイトやYouTubeなどの動画を見る分には、とても快適なネット回線だと言えます。 ソフトバンクエアーには速度制限がかかる条件がない 工事をする必要がないインターネット回線と聞くと、3日間に一定のデータ量を使うと速度が制限されるのではと思う人は多いのではないでしょうか? 確かに、モバイルWi-Fiルーターだと、3日間である一定のデータ量を消費すると、速度が制限されますよね。 しかし、 ソフトバンクエアーには、このような速度制限がかかる条件がありません。 そのため、ソフトバンクエアーは、名前の通りインターネットが使い放題のサービスだと言えます。 夜になると通信速度が遅くなるが、用途によっては不便ではない しかし、そんなソフトバンクエアーにも、地域によっては夜に通信速度が遅くなる事例はあります。 とくに夜の20時から深夜の1時までは、下り速度が7Mbpsまで低下してしまう地域も見受けられます。 ソフトバンクエアーの最大下り速度は261Mbpsから350Mbpsとなっていて、実効速度はおおむね50Mbpsから100Mbpsです。 下り速度が7Mbpsまで低下するとネットが使いづらくなるように思えますが、 ウェブサイトやYouTubeなどの動画を見る分には、最低で5Mbpsの下り速度があれば問題ありません。 そのためソフトバンクエアーは夜に速度制限がかかるといっても、普通にネットを使う分には気になるレベルではありません。 速度が低下することには違法性がない ソフトバンクエアーのホームページやパンフレットには、インターネットが使い放題なうえに通信速度が速いと表記されています。 そのため、 夜に速度制限がかかることには、何かしら法律に抵触しないのかと疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。 しかし、ソフトバンクエアーのホームページやパンフレットを見てみると、このような文面が記載されています。 ベストエフォート形式のため、お客様の通信環境により実際の通信速度は変化します。 ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。 動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。 ここで表記されている「ベストエフォート形式」とは、日本語に訳すと 「最大限の努力をする形式」という意味です。 そのため、利用者が多くなる時間帯になり、回線の混雑を緩和するために速度を制限していても法律に抵触しないわけです。 現状のソフトバンクエアーの回線は、夜に速度制限をかけなくなるとサーバーがパンクしてしまい、ネットの接続自体ができなくなってしまいます。 そのため当分は夜に速度が制限されると思ったほうがいいでしょう。 MEMO ちなみに、この「ベストエフォート形式」という言葉は、光回線サービスでもほとんどの事業者が表記しています。 通信速度にこだわってネット回線を選びたい場合は、Twitterなどの寄せられている口コミ評判などを基準にして、ネット回線を選んだほうがいいでしょう。 通信速度が優れているネット回線を選びたい人は、以下の記事で厳選しているのであわせて参考にしてみてください。 ソフトバンクエアーと他の回線を比較 ソフトバンクエアーの対抗馬となるインターネット回線と言えば、モバイルWi-Fiルーターを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? また ソフトバンクエアーと光回線の速度を比較してどうなのか気になる人もいるでしょう。 モバイルWi-Fiルーターと光回線を、ソフトバンクエアーと比較してみましょう。 モバイルWi-Fiルーターと比較 WiMAXやY! mobileなどのモバイルWi-Fiルーターは、下り速度の最大値が440~1,200Mbpsとソフトバンクエアーよりも優れています。 さらに、 対象のプランを契約すれば、ソフトバンクエアーと同様にインターネットを無制限に使うことができます。 しかし、モバイルWi-Fiルーターには、3日間で10GBを消費すると、翌日の夕方から速度が制限されるデメリットがあります。 WiMAX・Y! mobile 速度制限条件表 項目 WiMAX Y! mobile 速度制限がかかるデータ量 3日間で10GBを消費した場合 3日間で10GBを消費した場合 速度制限がかかる時間 3日間で10GBを消費した 翌日の18時から26時 翌日の18時から25時 制限時の最大下り速度 おおむね1Mbps おおむね1Mbps 備考 LTEオプションで7GBを消費 すると、月末まで速度が制限される。 (制限時の下り速度は128Kbps) 「Pocket Wi-Fiプラン+」 「Pocket Wi-Fiプラン」は 3日間で1GBを消費すると、 翌日の6時から24時間 速度が制限される。 速度制限がかかっているときの下り速度は、どちらもおおむね1Mbpsとなり、ウェブサイトの閲覧がギリギリできる速さです。 ただ、 WiMAXは「LTEオプション」で7GBを消費すると、月末まで速度制限がかかります。 この場合は、下り速度が128Kbpsとなり、ウェブサイトの閲覧も実質できなくなってしまいます。 また速度制限がかかっていない状態でも、ネットを使う場所によっては速度制限がかかったように低速になることもあります。 光回線と比較 光回線の最大速度は1Gbps(一部の集合住宅では100Mbps)となっているうえに、速度制限がかかる条件がありません。 一部例外はあり速度制限にかかる回線もありますが、30GB使用時などと桁違いの利用に限ったものなので、ほとんど無いと思っていいでしょう。 光回線は回線やプロバイダによって速度が違う 光回線はソフトバンクエアーと同様に、ベストエフォート形式と表記しているサービスがほとんどです。 そのため、契約している事業者やプロバイダによっては、速度が著しく遅くなることがあります。 17kbps 平均速度:580. 62kbps ビッグローブ光の計測結果です。 マジでauひかり早くこのマンションまで来てくれ…。 — やお yaoya800 ただ現在の光回線は、新しい接続規格の「iPv6」を使うことで通信速度が向上する傾向があります。 お、ビッグローブ光IPv6 IPoEに切り替わって快適になった。 VDSLの上限くらいスピード出るようになった。 嬉しいアップデートです! — あんこぱん はてなブログ ankopan01 光回線を使う場合はiPv6を利用すれば、ソフトバンクエアーよりも優れた通信速度でネットができると言えるでしょう。 注意 ただ、iPv6は利用する光回線サービスによって利用できるエリアが限られています。 また、iPv6に対応している光回線サービスを契約しても、対応のルーターを利用しなければ意味がありません。 光回線で通信速度を求める場合、iPv6が利用できるサービスを選び、対応している機器を用意する必要があります。 簡単に利用できる速度の速い回線 IPv6の設定や申し込みをしなくても通信速度が速い回線はあり、それはNURO光です。 NURO光は特別に何か申し込みや設定をしたりプロバイダを選んだりしなくても、速い通信ができる回線です。 この回線も速度制限はもちろんなく、利用できるならソフトバンクエアーよりも断然におすすめできます。 に興味のある方は以下のボタンリンクから公式サイトもあわせて参考にしてみてください。 とにかく通信速度のスピードを求めたい人はソフトバンクエアーの契約を避けるべき ゲームの種類にもよりますが、オンラインゲームを遊びたい人は、ソフトバンクエアーの契約をあまりおすすめできません。 とくにアクションゲームをはじめとしたオンライン対戦型のゲームは、優れた通信速度と安定性が必要です。 ソフトバンクエアーでは速度が足りず、とくに速度が低下する夜になると動きにカクつきが出やすくなります。 そのためオンラインゲームを遊ぶためのインターネット回線は、光回線を選んだほうがいいでしょう。 光回線の中ではNURO光がもっとも安く、もっとも速い 光回線の中でどれを選べばいいかわからない方もいらっしゃるかと思いますが、もっともおすすめなのはNURO光です。 優れているのは2Gbpsの速さで、NURO光は普通の光回線の二倍の速さ。 それでいて価格が安いのです。 月額料金はもともとかなりリーズナブルで安く、ソフトバンクのスマホを契約していれば割引でさらに安くなります。 気になる方は の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。 (以下のボタンリンクからもご覧になれます。

次の