グレイヘア くせ毛。 グレイヘア特集② 白髪染めからの移行期を乗り切る方法

グレイヘア特集② 白髪染めからの移行期を乗り切る方法

グレイヘア くせ毛

もくじ• パサパサのくせ毛でお悩みでしたが、くせ毛だからこそトップにボリュームが出る理想的なデザインにすることができました。 「ショートにした後、飽きたら伸ばしてオシャレにできる?」と疑問に思った貴女でも大丈夫ですよ。 毛の量が多くて硬いくせ毛さんでも、女性らしい「くびれ」ができる今どき風の髪型にする事ができました。 けれどくせ毛のケアをしなくては広がってしまう!いわゆる「爆発」してしまうから注意をしなくてはいけません。 その 重要な「くせ毛のヘア法」については後程解説します。 50代からのくせ毛の髪型は、 重めにカットをしてはいけない! 驚かれるかもしれませんが、重めにカットをしてはいけません。 でも誤解をしないでいただきたいのは 「軽くしすぎではいけない」ということです。 AFTERのようにスカスカにカットをされてしまっては、 くせ毛が強く出るだけではなく 傷んで見えるから対策として必要なのは「くせ毛で広がるから梳きすぎに注意をしてほしい」と言うこと。 カットをして くせ毛に必要なケアをして仕上げました。 ブローやアイロンのセットをしていません。 先ほどからくせ毛には重要なケア法があるとお伝えしてきました。 いよいよ!! その くせ毛のケア法をご紹介します! 必見!くせ毛に必須のヘア法 まずは以下の画像をご覧ください! (Aはパサパサして強いくせ毛に見える・・・) (Bはツヤのあるくせ毛だな) Q「AとB、それぞれ何歳に見えますか?」 答えは簡単! A「Bが50代女性です!」 実はAとBどちらも同一人物なんですよ(笑) ありえない!と思いますよね。 なにをいいたいのかって、 同じくせ毛でもケア法を怠っていると老けて見えてしまうんですね。 カット料金3万円美容師が開発した くせ毛のためのヘアケア製品。 向かって左側がくせ毛を美しくメイクするプリュムワックスで右がくせ毛の美容液プリュムヘアオイル。 乾かす前にプリュムヘアオイルを1プッシュ、乾かした後や出かける前にくせ毛が気になる箇所に付ける。 たったそれだけの習慣で綺麗で若々しい髪に変身することができるんです。 このように を使うというシンプルなケアだけで、くせ毛でもツヤのある髪に仕上げる事ができるんです。 くせ毛だから 「サロントリートメントや縮毛矯正をしないといけない」は嘘 今までの常識ではこのようなツヤとまとまりを出すためには サロントリートメントを繰り返さないといけないと言われてきていた、ほとんどの方が美容師さんにおすすめされるから施術を受けてきたかと思います。 でもトリートメントの 効果って3日じゃないですか? どんなに安くてもサロントリートメントは3千円でしょうか?その 3千円が3日で効果がなくなるのなら1日1000円ですからコスパ悪すぎですよね。 それでは、お客様は喜んでもらえないから、美容師である僕は「 1日103円で毎日サロン帰りを実現できる」と評判をいただく、ヘアオイルとワックスの開発に成功しました。 当然結果にはこだわっていますが、お肌のことも考え品質にも力を入れています。 理由は「敏感肌で肌荒れが怖い」というお客様の生の声を反映したからです。 詳細についてはMAX戸来公式オンラインショップでお伝えします。 40、50代がバッサリ短く ショート、ショートボブに切るときの注意点 今までずーっとロングをキープしてきて、短く切ったことがない40代、50代女性は切るのが怖いはずです。 頼み方だけではなく、デザイン的に失敗をしないように意識をして髪型を選ぶ必要があります。 ・前髪は隙間が空き、流れるデザインにする ・くせ毛を抑えるより、生かす ・うねる、跳ねるを上手に出す ・セット法は簡単な髪型にする ・縮毛矯正をやめる ・髪色は極端に明るくしない このように細かいですけど注意点があります。 例えばこんな風にです。 もちろんカットだけで上記でお伝えしたくせ毛に必要なケアをしただけ。 ブローをしてしまうとくせ毛を生かすことができないですから、うねりを生かすことができるデザインにしましょう! こちらもご覧ください 長年、縮毛矯正をして来た女性が「卒業」した瞬間です。 今では カラーも楽しむことができて美容院の頻度は三ヶ月に一回です 縮毛矯正をやめると美容院の滞在時間は二時間以内だから疲れない!! 芸能人も40代でくせ毛を生かした風のショートの髪型にする 芸能人でもそうですよね。 出産をきっかけにバッサリ髪を切る方は人気者になりファッション雑誌にもよく出るようになっていますし、素敵な男性と結婚をされてセレブな生活をされている方だっています。 例えば田丸麻紀さんだってくせ毛を生かした風の髪型でショートにされていますよね。 ですが芸能人なのでセットをしてくれる方がいて、お仕事柄自分の美容にかける努力が普通ではないです。 昔はこのような髪型でしたね。 これを見てもわかるようにくせ毛ではなく巻髪をされています。 地毛は僕が担当させてもらうお客様のような「美容師に強いと言われるくせ毛」ではないです。 今ではこのように短くされていてフワってトップのボリュームを出してますよね。 だから 40代でショートにするのは全然おかしなことではなくむしろ流行ですから。 MAX戸来に寄せられる \嬉しい喜びの声/ 「時は金なり」まさにその通りですね。 必要とされるように技術を磨き続けます! 今回の記事ではくせ毛を生かす女性の髪型について重要な事を書かせていただきました。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

グレイヘアは男性こそ大注目。メンズのグレイヘア、おススメとケア方法。

グレイヘア くせ毛

before うーん なかなかの暴れっぷりのくせ毛ヘアです。 でも、グレイヘアの色が良い感じ!! だけど、この髪型では、どうしてもだらしないというか乱れている感が満載です。 グレイヘア、とくにこういったまだらな状態を綺麗にみせるには、ヘアスタイルでメリハリをつける。 つまりヘアカラーがぼやけるぶん、ヘアスタイルできっちりつくるとバランスがとれスタイルとして、成立するようになります。 今回めざすのは、ダンディーな大人の男!! グレイはを活かして、渋さあふれるヘアスタイルにしていきいと思います。 もちろん くせ毛もきっちりコントロールしつつです。 after いかがですか? グレイカラーを活かした渋さのあるダンディーなヘアスタイル って長い名前 笑 スーツにめちゃくちゃ似合うヘアスタイルです。 ブローも手で乾かすだけで、この形に収まります。 くせ毛であったのがウソのようなまとまりですね。 beforeと比べるとサイドとバックがすっきりした分、きっちり感がでて、スタイルにメリハリがでたことで、グレイカラーがより綺麗に見えています。 ヘアスタイルを作る際は、対比を利用することで、メリハリがつきキマル!! ヘアスタイルを作る際に、大事にすることの一つのテーマは対比。 ヘアカラーとヘアスタイルこの二つのバランスがヘアスタイルを良く見せる上で大事です。 色がぼやけているなら、スタイルできっちり作り、メリハリをつけているのが今回のケース。 逆に、ヘアスタイルが、動きがあたり、ラフな感じなら、色で引き締めるといったバランスをとるのが好ましいですね こうやって、ヘアスタイルをつくっていくことで、簡単にキマル ヘアスタイルになるのです。 素材を見極めることが、良いヘアスタイルの秘訣ですね。

次の

グレイヘアは男性こそ大注目。メンズのグレイヘア、おススメとケア方法。

グレイヘア くせ毛

出典: でも闇雲に白髪を放置しておけばよいかというとそう簡単な話ではないようです。 今回は白髪からグレイヘアなんておしゃれな呼ばれ方をされるよな作り方や押さえるポイントについてまとめていきたいと思います。 認められ始めたグレイヘアの自然な生き方 白髪も30代に入るとちらほらと目立ち始めてきます。 40代に入れば部分的であったり結構な量の白髪をお手入れされている方もいるのでは? 美容院で定期的に白髪染めをしていてもやはり白髪が減ることはなく増える一方という厳しい現実を受け入れられずにいるのかもしれません。 それはやはり• 老けて見える• 疲れて見える• 貧相に見える• おばさんになった感じ などなど人それぞれだとは思いますがネガティブな理由からだと思います。 しかし、時代も変わり考え方や生き方が多様化した現代では今までマイナス要素であった白髪もポジティブに受け止められている方が増えて生きているんですね。 少し前まではしっかりと白髪になればカッコいいなんて言っていましたが最近では40代でもメッシュのように部分的な白髪を有効に活用されている楽しみ方もあるようです。 肩ひじ張らずに自分の体の自然な流れをそのまま受け入れているという生きることへの潔さのような感覚が伝わってくるのでしょう。 やはり、いつまでも白髪染めに頼って若く見せているのにも限界が来ますよね。 どうせなら内面の強さをしっかりともって内からあふれ出るような艶やかな生き方を見せていく方がよいのかもしれません。 グレイヘアの難しさ 白髪染めをしつつおしゃれを楽しむことに私は賛成です。 とはいえ楽しんでいるのならいいのですが白髪を隠すことにつかれてしまったり無理を感じているようであるなら考え時かもしれません。 受け入れてしまえばかっこよさを追求すればいいのですがグレイヘアにはいくつか難しいといわれる点があるようです。 グレイヘアにする時期• グレイヘアにするまでの期間• グレイヘアに似合う髪型やメイク・ファッション 1、グレイヘアにする時期 グレイヘアといっても白髪のことです。 白髪が目立ち始める方は人それぞれですが平均的には30代くらいから目立ち始める方が多いようですね。 いくらグレイヘアを目指すといっても30代ではいささか早いですよね。 平均的にはアラフィフくらいが早いかなくらいの認識かと思われます。 とはいえ準備期間も含めると40代中盤くらいからが自然なのかなというイメージです。 2、グレイヘア移行期 グレイヘアにするといっても髪の毛はそうそう早く伸びるものではありません。 さらに思い通りに白髪に代わっていってくれるとは限りません。 白髪の増え具合を予測することは難しいといえます。 多くの方が白髪染めをやめてグレイヘアと呼べるまでの期間をどのようにしたらよいか悩まれるようですね。 正に子の期間こそが若さへの執着からの脱却期とも呼べる時期なのです。 白髪染めをピタッとやめてしまうことへの抵抗がある方のほうが多いのでは? そんなときはカラーを少しずつ明るくしていきましょう。 カラーを明るくすることで白髪をそのままにしても良いですし、しっかり染まらなくても大丈夫になります。 ただ注意したいのはヘアダイなどの2剤式の白髪染めです。 このスタイルは髪へのダメージがかなり高いのでこれからグレイヘアにしていきたい方にはお勧めしません。 ダメージが残った髪ではパサつきや広がりが出てしまうので老けた感じや髪の広がりなどイメージダウンにつながるスタイルにつながりやすいのです。 いこうきには出来るだけカラートリートメントやヘアマニキュアなどで色付けをしておくことをお勧めします。 3、ファッションやメイクが合わなくなる グレイヘアに移行してカラーの感じが変わると今まで来ていた服が似合わなくなるということが多々起こります。 髪のトーンが変わるので当然似合うファッションや服の色も変わってきてしまうのです。 同時にメイクもやはりなんだかマッチしなくなるんですね。 これは髪色が白に近づくので肌の色がくすんで見えやすくなってしまうのです。 パーソナルカラーが変わるということなのですがここをしっかりと押さえておけばグレイカラーが素敵といわれるポイントに代わります。 グレイヘアにするならメイクやファッションも一新するつもりで準備していくことをお勧めします。 反対に見ればそのポイントをしっかりと理解して準備したり変えたりすればグレイヘアにしたとき素敵といわれるようになるということですね。 ファッションもそれほど大げさなものではなく押さえるポイントさえ知ってしまえばさほど難しくはありませんので安心してください。 一気のおばさん臭い服にしなきゃダメなんてことではないですからね。 かえって大人の雰囲気が出てエレガントでかわいさを出すことができるのです。 髪やメイクに気を使いましょう まずは髪やメイクに気を使っていくことです。 黒髪や茶髪と違いグレイヘアは軽さは出るのですが乾いた感じやパサついて見えるという傾向があります。 素敵なグレイヘアにするためには「ツヤ」を意識していきましょう。 ヘアオイルなどで髪に潤いと艶を出すひと手間が必要になってきます。 また、マメにブラッシングで髪を整えていくことで広がりを押さえたり小ぎれいに見えるようになります。 おすすめヘアオイルはこちらにご紹介しました。 メイクは髪の色とのバランスをとったファンデーションを選びましょう。 始めは美容師さんや化粧品の店頭などで相談されるとあなたに合ったカラーが見つかると思います。 注意したいのはアイメイクやリップメイクは若いときのままの方法で行うと失敗してしまいます。 最近のメイクは小顔効果などを考えていますのでやりすぎると目の周りがクマのように見えてしまったりやつれて見えてしまうこともあります。 始めは怖いかもしれませんが思い切って明るめのきれいな色を使って目元を明るく仕上げるとよいです。 もう一点は眉と唇ははっきりしっかりとしてあげましょう。 年齢とともにぼやけやすいパーツでもあるので眉は濃すぎない程度に書き足したり、唇の輪郭を作ってあげるなどの一工夫は効果があります。 ファッションは一新するつもりで グレイヘアにすると当然ファッションも変わってきます。 イメージとしてはなんだかお年寄りのイメージしか浮かばないかもしれませんね。 でも、グレイヘアの場合は似合うファッションを探すよりはNGファッションを押さえておくだけで大丈夫です. グレイヘアで避けたいファッションは次のような服装です。 ジャージ• ラフすぎるファッション• フリルなどが付いた服• 横に広がっている服• 淡い色の服• ピンク系の服 このような点を押さえていくことです。 大きく抑える点としては、「手抜きをしない」ということになってきます。 フォーマルとカジュアルの間くらいでラグジュアリーなイメージがどこかに入っているとまとまりのあるグレイヘアスタイルにまとまるかと思います。 女性の場合はTPOも多くいろいろなバージョンのシチュエーションがあるのでいくつかパターンを作っておくとよいですね。 パーティーなどのフォーマルからレジャーやイベント用であったり時には運動をするときなどいろいろありますよね。 家での普段着も抜きすぎない程度に楽しめると内からにじみ出てくるおしゃれ感が伝わると思います。 正にパリのマダムの暮らし方のようですね。 結論は、グレイヘアは髪質が大切になってくることがわかりました。 また、メイクや髪型・ファッションも一新するつもりで意識を変えていくとよりかわいく美しい女性へと変われるのではないかと思われます。 最近ではグレイヘアも若いときから取り入れている方も増えているようです。 力み過ぎないわか作りしすぎない生き方が素敵だと思う方やそれを見て共感される方が増えてきているのでしょうね。 素敵な年の取り方は自然とにじみ出てくるものです。 と同時にファッションやメイクでも表現できることでもあると私は考えます。 何歳になってもメイクやファッションを含めた人生を長く楽しめる意識が若いということなのではないかと感じさせられるグレイヘアになれることを願っております。

次の