まどか マギカ 3 解析。 【まどマギ3叛逆】設定差まとめの最新解析【SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語】|パチなう!パチスロ・スロット新台解析

まどかマギカ3 叛逆の物語 設定判別・終了画面・天井・フリーズ・穢れ・セリフ

まどか マギカ 3 解析

7 97. 2 99. 9 101. 4 106. 5 111. 1 116. 本機は純増約2. 2枚の擬似ボーナスおよびART「マギカラッシュ」にて出玉を増やす仕様。 ボーナスは「エピソードボーナス」「ビッグボーナス」「プチボーナス」「裏ボーナス」の4種類でボーナス中に条件を満たすとART突入となる。 通常時からのART直当りもあり。 また、出玉性能のみならず原作を忠実に再現した多彩な演出も大きな見所の一つと言えるだろう。

次の

まどかマギカ3叛逆の物語

まどか マギカ 3 解析

技術介入要素 ほとんど無し。 通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 1000円あたりの回転数 約30G ボーナスでの純増枚数 純粋なボーナスは存在しないが、4種類の疑似ボーナスが搭載されている。 天井 疑似ボーナス間999G消化で天井到達となり、疑似ボーナス当選が確定する。 設定変更時 設定変更時は高確移行抽選が行われている。 各設定ごとの設定変更時の高確振り分けは以下の通り。 3 さらに、設定変更時は穢れポイントを再抽選する。 設定変更時の穢れポイント振り分け抽選は以下の通り。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中リール適当打ち後、右リールにいずれかのボーナス絵柄を狙う。 右リール中段にボーナス絵柄が停止すれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目 or 確定役。 中リールに赤7、右リールに薄赤7を狙ってスイカをフォロー。 スイカがハズれればチャンス目。 ハズれたスイカが小V字になれば確定役。 ==左リール下段に白BARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 「ボーナス絵柄が右上がりに入賞」・「中段にリプレイ・ベル・ベルが停止」となればチャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 5 ボーナスについて 純粋なボーナスは存在しないが、4種類の疑似ボーナスが搭載されている。 60G継続のART。 終了後は必ずART「マギカラッシュ」へ突入。 50G継続のART。 消化中はART抽選が行われ、「ほむら揃い」が成立すればART「マギカラッシュ」確定。 30G継続のART。 消化中はART抽選が行われ、最終ゲームのマジカルルーレットでART当選可否を告知。 プチボーナス画面から画面が歪み始めたら、裏ボーナス確定。 裏ボーナスへ昇格した時点でART「マギカラッシュ」確定となり、裏ボーナス中は毎ゲームARTゲーム数上乗せが発生する。 継続ゲーム数は30G。 疑似ボーナス中の打ち方 中身はARTなので、基本的には押し順ナビに従うだけでOK。 カットイン発生時は、指定された絵柄を各リールに狙う。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。 プチボーナス中のART抽選 プチボーナス中はモード1~6の6種類が存在。 ベルやレア小役で徐々にモードを上げ、最終的にモード5以上に滞在していればART確定。 なお、モード6ならアルティメットバトル確定となる。 滞在状態によって、疑似ボーナス当選期待度が異なる。 液晶ステージが「ほむら部屋」となった場合は、高確滞在の可能性が高い。 小役による状態移行抽選 通常時の小役成立時には、状態移行抽選が行われている。 状態昇格抽選のメインは「弱チェリー」。 その他の小役でも状態昇格抽選が行われているが、滅多に昇格することはない。 小役からの状態昇格は、ほぼ弱チェリーからのみと考えてOK。 状態転落抽選は、ハズレ時・リプレイ成立時に行われる。 転落率を考慮した場合の平均高確滞在ゲーム数は約25Gほど。 疑似ボーナスによる状態移行抽選 疑似ボーナス終了後は、高確移行抽選が行われる。 概要 通常時のレア小役成立時には、疑似ボーナス抽選が行われている。 当選時は、最大36Gの前兆を経由してから疑似ボーナスが告知される。 各状態中/各小役成立時の疑似ボーナス当選率については以下の通り。 下2ケタが27~49Gのゾーンが最もアツく、次に下2ケタ80~99Gのゾーンがアツい。 各モードごとの規定ゲーム数振り分けについては以下の通り。 通常Aモード 1~99G : 3. 穢れシステムとは、打ち手にとって不利なことが起こるほどART当選が近づく、というもの。 「打ち手に不利なこと」とは、「ボーナス間でのハマリ」や「レア小役間でのハマリ」や「プチボーナスが続いてしまう」など。 こうした「打ち手が嫌うようなこと」が起こるたびに、液晶の右にある赤い玉(=ソウルジェム)がどんどんくすんでいき、黒ずんでいく。 つまり、どんどん穢(けが)れていく。 そして、穢れれば穢れるほど、次回ボーナス当選時にART突入が期待でき、MAXとなる100ポイントに達すると、次回ボーナスがエピソード or 裏ボーナス確定となる。 なお、 液晶にて 「夜の見滝原市ステージ」へ移行した場合は、次回ボーナス時に必ずART当選となるので、ART突入まで続行すべき。 穢れの大きさ 穢れ獲得時に発生するモヤの大きさは小・中・大の3種類が存在。 ただし、モヤが発生しなくてもポイントを獲得している場合あり。 ボーナス時のポイント 特殊モード滞在時やレアな契機でエピソード or 裏ボーナスが当選した場合でも、貯まった穢れポイントが減る事はない。 ただし、穢れが放出されたものなのかどうかを判断することは出来ない。 設定変更時 設定変更時は穢れポイントがリセットされるが、新たに初期ポイントが再抽選される。 よって、設定変更時でも早い段階で穢れがMAXに到達する可能性あり。 穢れ告知演出 ソウルジェムから液晶上にまでモヤがあふれ出す告知演出が発生することがある。 発生した時点で71ポイント以上の蓄積が確定。 穢れポイント獲得契機 ボーナス間ハマりなど、ハマりによってポイントが獲得できるものは、ハマりの大きさによって獲得ポイントも多くなる。 ハマりによるポイント獲得の詳細は以下の通り。 滞在モードによって、疑似ボーナス当選までの規定消化ゲーム数振り分けが異なる。 各モードの特徴については以下の通り。 最低モードであり、通常時の多くはこのモードに滞在する。 「通常Aより少しはマシ」程度のモードで、通常Aの次に滞在しやすい。 天国Aへの昇格が期待できる。 主に設定変更後に移行するモード。 その名の通り、ほぼ移行することがない特殊なモード。 特殊モードへ移行した場合は、次回はいずれかの天国モードへ移行する可能性大。 連チャンモード。 天国A同様に連チャンモードだが、違いは天国ループ率。 天国B滞在時は、次回もいずれかの天国モードへ移行する。 ボーナス終了後のセリフによる次回モード示唆 ボーナス終了後(獲得枚数が表示されている画面の時)に、リールの右にあるミニ液晶をタッチすると、キュゥべえのセリフが発生する。 そのセリフの内容により、現在どのモードに滞在しているのかがある程度推測できる。 セリフは全部で6種類。 各セリフによる滞在モード期待度については以下の通り。 ただし、ボーナス成立時に「通常Aモード」には滞在していないことがほぼ確実 or 確実なのに、ボーナス終了後にこのセリフが出たような場合は、「天国モード」の可能性が高くなるため100Gまで回すべき。 かつ、最高モードである天国B滞在も期待できる。 当然、ボーナス後は必ず100Gまで続行する。 当然、ボーナス後は必ず100Gまで続行する。 当選時は、4~8Gの前兆を経由してから突入する。 マジカルチャレンジ概要 スイカ成立時に当選する可能性のある、通常の自力チャンスゾーン。 規定回数は基本3回で、レア役成立により規定回数延長抽選が行われる。 なおBAR揃いがなくとも、カットイン数を残したまま規定ゲーム数を消化した場合も疑似ボーナス確定となる。 キュゥべえチャレンジ概要 「強ベル/弱チェリー成立時の0. キュゥべえチャレンジ中は、BAR揃い成立 or レア小役成立でキュゥべえチャレンジ成功となる。 なおBAR揃い成立の場合は、エピソードボーナス or 裏ボーナスが確定する。 マジカルチャレンジ前兆中のキュゥべえチャレンジ昇格抽選 マジカルチャレンジ当選後は、4~8Gの前兆に入る。 ARTの概要 1セット50G継続。 ストック方式+ゲーム数上乗せ方式となっている。 ART中のレア小役成立時 ART中のレア小役成立時には、「ゲーム数上乗せ抽選」・「上乗せ特化ゾーン突入抽選」・「疑似ボーナス抽選」のトリプル抽選が行われている。 運が良ければ、すべてに当選する場合もあり。 ART中のARTゲーム数上乗せ抽選 ART中にレア小役が成立した場合の、ARTゲーム数上乗せ当選率は以下の通り。 ただし、9割以上が10G上乗せとなる。 ART中のワルプルギスの夜当選率 ART中にレア小役が成立した場合の、ワルプルギスの夜当選率は以下の通り。 期待度は「薔薇園の魔女 < ハコの魔女 < 鳥かごの魔女」の順。 ステージが昇格するほど、上乗せ特化ゾーン突入や疑似ボーナス当選の可能性が高まる。 ARTの引き戻しについて ART終了後は、引き戻しに期待。 ARTが終わっても即ヤメせず、30Gほど様子を見てからヤメるようにする。 各設定ごとの引き戻し当選率と、当選時のストック数振り分け抽選は以下の通り。 概要 ワルプルギスの夜とは、継続するごとにゲーム数上乗せが発生する上乗せ特化ゾーン。 規定ゲーム数消化ごとに継続抽選が行われ、継続すれば上乗せ確定。 規定ゲーム数は、初回は10G、以降は5G。 バトル演出時、「ほむらが攻撃」・「敵の攻撃をよける」・「攻撃を喰らっても立ち上がる」といったパターンが出現すれば継続確定。 もちろん、一旦敗北した後の復活演出もあり。 なお、消化中のレア小役成立により追撃上乗せもあり。 BGM変化 BGMが「Kalafina」の「Magia」に変化すれば、セット継続が確定。 かつ、その後2セットの継続も保障される。 ただし、レア小役成立時は「追撃上乗せ」に期待が持てる。 ワルプルギスの夜で大きく上乗せゲーム数を伸ばすには、この追撃上乗せでの獲得ゲーム数が重要になってくる。 アルティメットバトル突入抽選 ワルプルギスの夜が単発で終了すれば、その時点で究極上乗せ特化ゾーン「アルティメットバトル」突入が確定。 単発終了は、むしろ喜ばしい。 そして、2連目以降もワルプルギスの夜が終了するごとに、アルティメットバトルへの突入抽選が行われている。 しかし、その抽選確率は0. ほぼないものと思っておいた方がいいだろう。 規定ゲーム数消化ごとに継続抽選が行われ、継続すれば上乗せ確定。 規定ゲーム数は、初回は15G、以降は5G。 最低5連保証となっている。 演出中、最終的に「まどかが攻撃」・「敵の攻撃をよける」・「攻撃を喰らっても立ち上がる」となれば継続確定。 消化中の上乗せゲーム数 バトル演出や上乗せ性能は、「ワルプルギスの夜」と同じ形式。 ただ、継続時のゲーム数上乗せに関してはアルティメットバトルの方が上。 ワルプルギスの夜の場合は基本5G or 10Gの上乗せとなるが、アルティメットバトルは、2連目以降ならば+20G以上も充分にありえる。 スイカ3回に1回程度の割合でマジカルチャレンジへ突入するような台があれば粘る価値あり! ART直撃当選率 疑似ボーナスを経由せずに通常時からいきなりARTに突入する「ART直撃」。 このART直撃の発生率が、高設定ほど高くなる。 3 なお、中段チェリー成立時はART当選が確定するので、上記の直撃当選率からは除外する。 疑似ボーナス合成出現率とART初当たり出現率 高設定ほど、「疑似ボーナス合成出現率」と「ART初当たり出現率」が高くなる。 引き戻し当選率は以下の通り。 3 弱チェリー出現率 弱チェリー出現率にそこそこの設定差あり。 通常時・ART中・疑似ボーナス中を問わず、しっかりカウントしていこう。 9 設定変更時の高確スタート 設定変更時は高確移行抽選が行われている。 高設定ほど、朝一高確スタートの可能性が高いようだ。 当日680ゲーム、ノーボナの台を打ち800辺りで据え置き天井ぽい当たり。 ボナ準備中にART獲得、その後50ゲームで戯れ大獲得、60ゲーム目にも戯れ大。 おーっ、戯れMAXやん。 いきなり最初のボナが裏ボに。 1ゲーム連(詳しくないので原因分からず)でまみさんエピボ。 ラッシュ突入。 ワルプル上乗せ30ゲームも、強チェ引きまくり強チェだけで100ゲーム以上上乗せ。 まだです復活で6連くらい。 そろそろ終わりかと思った頃に時間遡行フリーズで100ゲーム上乗せ。 2回目(ゲーム数当選?)のワルプルまたも上乗せ30ゲーム。 ボナの絡みとワルプル頑張れればもっと良かったのですが、初代マドマギの楽しい部分をほぼ満喫出来ました。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

【まどマギ3叛逆】やめ時の最新解析【SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語】|パチなう!パチスロ・スロット新台解析

まどか マギカ 3 解析

com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 『スロット解析. com』はパチンコスロット業界で店舗管理をしているサイト管理人が運営しているサイトです。 穢れシステム 今作まどマギ3の穢れシステムは発動=くるみ割りの魔女突入となる。 今作は穢れがMAXまで溜まらなくても発動の可能性あり。 もう1件は、AT中に穢れ小演出が1回発生。 AT終了後にくるみ割り突入。 穢れはポイント管理性となっており、 20pt到達で穢れ発動が確定する。 また、20pt未満の場合でも穢れ発動抽選が行われ獲得ポイント数が20ptに近いほど発動率が上がる。 まどマギ3でも同じく穢れMAX示唆はあるようだが、今作はそれに加えて『悪魔モード滞在』を示唆する役目もあるようだ。 どちらにせよ黒セリフ出現後はボーナス当選まで打ち続けたほうがいいだろう。 9G 当初は4段階設定での販売予定でしたが、6段階設定スペックが検定を通過したようで差し替えになりました。 設定1の割は変更なし。 設定2は下がりましたが、設定3と4が新しく追加。 設定6は機械割が若干アップしました。 2 2. 2円 97. 7 1. 9円 98. 5 1. 8円 100. 6 1. 6円 103. 3 1. 4円 106. 2 1. 1円 111. ユニメモは据え置き 電源OFF時 全て据え置き。 通常状態時の液晶ステージは「見滝原中学校」へ 天井詳細 天井ゲーム数 通常時699G消化 天井恩恵 マギカボーナス当選 前日のユニメモが残っていても据え置きとは限らないので注意! 現段階で判明している恩恵はマギカボーナス確定のみ。 天井ゲーム数が浅いのでおそらくこれ以外の恩恵はなさそう。 0 まどマギ叛逆ゲームフロー 通常時 通常時からのおおまかな移行ルートは、 前兆ステージの記憶の回廊or チャンスゾーンとなる。 どちらも成功すればボーナス当選となる。 移行契機 移行先 レア役成立 前兆ステージ 記憶の回廊 成功でボーナスへ ゲーム数消化 スイカ成立 2種類のCZへ ステージは4種類あり 夕方背景のステージだと【 高確or前兆】に期待できる。 さらに上記のルート以外に チャンスゾーン経由でのボーナス当選もあり、主に 通常時のスイカ成立時にチャンスゾーンの抽選を行っている。 チャンスゾーン まどマギ叛逆には2種類のチャンスゾーンが搭載されており、稀に突入するキュゥべえチャレンジはマギカボーナス以上が確定する上位CZとなる。 どちらも純増は3枚となる。 マギカボーナス 基本となるボーナス。 ボーナスの20G間の成立役に応じてソウルジェムをランクアップ最終的にまどかのソウルジェムまで育てばATマギカラッシュが確定する。 エピソードボーナス ATマギカラッシュの当選も確定する上位版ボーナス。 6種類のエピソードがあり特化ゾーンへの移行が確定するエピソードもあり。 消化中の40G間はAT差枚数の上乗せ抽選を行っている。 マギカチャレンジ マギカボーナス後に突入する3G間のAT抽選ゾーン。 1人でも変身成功すればマギカラッシュ確定となり、2人以上が成功した場合は特典報酬が付くぞ! ATマギカラッシュ 差枚数タイプのATマギカラッシュ。 初当り時は必ず特化ゾーン【ホーリークインテット】からスタートし、ここで初期の差枚数を決定する。 AT中はレア役成立時やベル回数テーブルによってボーナスや特化ゾーンへの突入を目指す。 サブ液晶のゲーム数が進行しない状態の時は非有利区間となり、有利区間がスタートするとサブ液晶上でゲーム数のカウントが始まる。 他機種のように有利区間ランプの点灯での判別は不可能(内部有利区間であっても表面上は常に消灯状態である為)となります。 追加情報があれば追記しますのでお待ちください。 非有利区間中はレア役成立時にAT抽選が行われ、強レア役成立でAT確定となる。 滞在モードによってボーナスの当選ゲーム数テーブルとAT当選期待度が変化する。 また高設定ほど100G以内の当選率が優遇される模様。 基本は通常orチャンスに滞在しておりどの設定でも悪魔モードへの移行は稀である。 また モード移行のタイミングは有利区間移行時となる。 まどマギ3通常時のモード モード 特徴 通常 200・400G台でボーナスの当選しやすい チャンス ・100,300,500G台でボーナスに当選しやすく、AT期待度が約40% ・ボーナス開始時、ソウルジェムの杏子以上が最低1個保証される 悪魔 どのゲーム数でもボーナス当選に期待できる。 設定別モード移行率 設定 通常 チャンス 悪魔 1 87. 1% 12. まず最初に100の位のゲーム数を決定後、下2桁のゲーム数を決定する。 通常モード滞在時規定ゲーム数振分 規定ゲーム数振分-通常モード滞在時、百の位 百の位の ゲーム数 設定 1 2. 4 5 6 0G 17. 2% 21. 6% 25. 8% 0. 8% 200G 31. 2% 31. 2% 31. 2% 31. 8% 0. 8% 400G 26. 6% 25. 0% 25. 0% 25. 8% 0. 8% 600G 25. 0% 21. 9% 18. 8% 15. 6% 50~80G ー 81~99G 84. 4% チャンスモード滞在時規定ゲーム数振分 規定ゲーム数振分-チャンスモード滞在時、百の位 百の位の ゲーム数 設定 1 2. 4 5 6 0G 11. 7% 15. 4% 50~80G 1. 4% 50~80G 1. 4% ボーナス振分 ボーナスの当選契機によってボーナスの振分が異なる。 中段チェリーと弱チェリーからの当選はエピソード以上が確定する。 前兆ゲーム数と前兆中の抽選 ボーナス、CZ、ATでそれぞれにおおまかな前兆ゲーム数が決まっている。 特殊カウンタは最大3個まで獲得する可能性があり、ボーナスやAT当選時に消費され獲得数に応じた恩恵を受けることが出来る。 特殊カウンタ消費時の恩恵 ボーナス当選時 カウンタの数だけソウルジェムが 右から順にまどかに書き換え エピソードボーナス当選時 カウンタ1個以上でEPボーナス終了後に悪魔ほむらゾーンへ AT当選時 カウンタ1個でほむらVSマミ、2個以上で悪魔ほむらゾーンへ 特殊カウンタ振分 成立役 1個獲得 3個獲得 弱チェリー・スイカ 0. 7 2 16. 1 3 17. 8 4 18. 6 5 20. 9 6 25. 0 CZ干渉遮断フィールド中の抽選 干渉遮断フィールド中のボーナス当選率 小役 当選率 共通ベル・ハズレ 6. もちろん突入時点でボーナスは確定しておりさらにエピソードボーナスへの昇格抽選を行うぞ! 干渉遮断フィールド前兆中のスイカ成立時キュゥべえチャレンジ当選率 設定 当選率 1 全設定共通 12. キュゥべえチャレンジ中の当選率 小役 当選率 共通ベル・ハズレ 12. 高確状態はゲーム数で管理されており高確移行時は11G~20Gの間から選択される。 なお高確ゲーム数の振分は均等。 また弱チェリーでの高確移行率には設定差が存在する。 レア役での高確移行率 設定 共通ベル 弱チェリー 1 1. 通常滞在時のボーナス当選率には設定差が存在。 弱チェリーからのボーナス当選時はエピソードボーナスが確定となる。 1% チャンス目 33. 6% 強チェリー 40. 2% 直撃AT抽選 やはり通常時の直撃AT確率には大きな設定差が存在していたぞ!直撃ATは通常時のハズレ時に抽選される。 下記確率はハズレ確率も加味した実質当選確率。 コメントありがとうございます。 厳しいお言葉ですね 笑 私も連日打ち込んでいますが毎度絶望感に打ちひしがれています。 苦笑 中段チェリーを引こうがフリーズさせようが区間完走は夢物語や! ホールデータでも低設定域は利益の取りやすい機械です。 それだからこそ、今は設定狙い目ですよ。 少なくとも初期稼働から現在まででは他の機種よりも稼働しており、11月までは目立った対抗馬もない状態ですのでそれまではまどマギに力を入れるホールも多いと思います。 設定6は比較的見抜きやすいので、設定6のみに絞って狙えば勝率はそれなりになると思います。 ちなみに当店は速攻で減台売却手続きを取りました 笑 少な目の台数で設定を使いながら育成していく方向ですね。 勝てないと聞いて避けてましたが、初回・二回目とも勝ち越しでした。 初回のみ完走ですがレア子役がほむら盾でガードされて無効化されてるのは見てて辛いですね。 初回は演出が目まぐるしかったので4以上かな。 設置初日なので6だったのかも。 演出派手でも550G近く飲まれた時は心折れそうでした その後挽回。 ユニメモの7000Gのミッションクリアを目指さなければ4000枚は残ってたと思います。 驚いたのはホーリークインテット時にマミさんで特殊役が揃ったら+500枚があった事ですね。 滅多にない事だと思いますがコイン減りが遅いので大きめのスタートは有難い…。 中段チェリーは1度引きましたが、皆さん言うように美味くはなかったです。。 子役後の展開の潜伏がまどか1・2と比べて長い、長く飲まれてから大きく出る、ボーナス中は適当消化厳禁等、攻略パターンを決めてやり続けないといけないようなので、長く根気強くやる必要がありますね。 知人は劣化版化物語と言っていましたが、言い得て妙というかその通りというか。 上乗せは悪魔ほむら以外あまり期待出来ず地味に思いました。

次の