ポケダン dx ランク。 【ポケダンDX】セーブ方法|体験版からのデータ引継ぎについて

ポケダンDX個人的稼ぎ用メモ

ポケダン dx ランク

ところで、DXは?となりそうですが本音を言うとあまりにも優しすぎて何回もやるゲームではないなと感じて発売10日後にはを再開していました DXはまだすら作られていないらしいですね… 誰か作ってあげて まあ、DXの話はこの辺にしておくとして本題の について書いていきます。 前2つは深層に行けば行くほど、その問題は浮き彫りになりダメージが入らないことすらある。 50f〜はキャス、にて公開してあります。 階段まで行き、降り。 2F 経験値稼ぎ及びアイテム回収をしているとワープスカーフを入手。 しかし、lv4では心許ないためlv10までは上げようと考えた。 とりあえず、lv上げは が出ないかつ経験値100超えが多い5Fで経験値は稼ごうと考えた。 2〜4Fはワープスカーフで全部屋探索しながら倒せる敵のみを選んで倒していった。 石やリンゴは比較的多く入手していたのもよかったか。 14F MH、催眠持ちを考慮して階段を見つけ次第、降りた。 15F 同 16F 開幕MH。 17F せいなるスカーフが発動して階段に。 「アイテム1つも拾ってないし、試しに引き寄せ使ってみるか」と使ってみると…。 19F 開幕でせんたくだまを使用し、みとおしメガネを選択して装備。 ワープスカーフは詰み配置 主に通路で挟まれること のみでの使用を心掛けて、みとおしメガネで敵を回避しながら移動。 ワープスカーフには罠を踏みにくいと言うメリットも存在するが、 MHや敵の有無が分かる方がよっぽど大事。 これ以降、 MHなどを引くことなく50階までやってくる 主にみとおしメガネのおかげ 53F ワープスカーフでMHに突入。 足踏みや空振りを行ったわけでもないが、何故か敵に先制される。 このときにしばりだまを使うか悩んだがワープスカーフ装着のままだったので使ったあとにワープするとどうしようもなくなると判断。 唯一、隣接していた に身代わり玉を使い、2マス先の階段に。 69F ワープスカーフでワープ後、MH突入。 そのまま階段へ。 83F 開幕MH。 ワープのタネを食べて逃走。 階段部屋に飛んだことでことなきを得る。 84F 開幕隣接。 画質が悪いがこのような配置。 このとき、通過タイプに対してふっとびだまを使ったときに壁の中まで吹き飛ぶ仕様だったか忘れた。 びびったあまり、身代わり玉を使う。 90F 開幕見えない範囲の赤点。 だったときのことを考えてどんそくだまから様子見。 その結果は案の定。 既に足止めアイテムが枯渇しており、どうしようもないため願望のバクスイだまを使ってみるが最速起きでぎんいろのかぜが…。 テロップを見た時点で言葉を失ったが奇跡的に耐える。 この後は、 1t目 オレンのみを食べる。 敵は鈍足故に動かない 2t目 ワープスカーフを装着。 再びぎんいろのかぜが来るが耐える。 3t目 オレンのみを食べてワープ。 そうしたら再び の部屋に。 幸いにも鈍足状態なので助かった。 また、2歩ぐらい歩いてワープ。 因みにぎんいろのかぜは4発発動し、3回当たった。 だが、全て耐えることができた。 この階を含め、これ以降の階は足止めがバクスイ以外ないため バクスイは不眠不休、回復体質を考慮すれば積極的に使いたくなるようなアイテムではないので実質0 及び呼び寄せorおんねんスイッチを引かないことを願った。 91F が、プレミで余計なことをしてよびよせスイッチを踏む。 しかし、不発に終わったことで助かった。 ここからは特に何もなく踏破。 序盤の経験値稼ぎこそ難しいもののワープスカーフさえ拾えば耐久も相まって逃げプレイには徹しやすいので 同様にZ格上げでも良い気がする。

次の

【ポケダンDX】メタモン(???)で清森攻略

ポケダン dx ランク

初めましての方が多いと思います。 bp5です。 を使って、清らかな森を攻略したのでレポートを書きます。 タネ未使用 テンプレートな形でのレポートではないので予めご了承ください。 をに存在するうんめいのとうでも使っていたが、その時期のの攻略ランクは絶望の" Z"であった。 しかし、今作のレベリセダンジョンでは様々な仕様変更によって、の攻略ランクはA〜Bまで跳ね上がったと見ていい。 へんしんは強い敵をコピーすることに意味があるが、フロアが変わればリセットされるので敵だけを頼りにしたへんしんは非常に心許ない。 リスクは無に等しい。 では、何をコピるか問題だが清らかな森には1〜5?階ぐらいまでに出現する がおすすめだ。 その理由は、主に3つ。 や遠距離技としても強い。 眠り対策にもなる。 しかし、このたまなげは昔のゴローンの石の命中不安verで1tに5回放てる。 ppは10ぐらいあるので実質ゴローンの石50個分。 それがたまなげの命中率。 フロアが変わると再びへんしんをすることになるが、その時にはまた全ての技のppが回復しているため、 へんしんのppは5ということを考えると、 実質、すいみんのタネ60個分、ゴローンの石250個相当である。 そこに全体技まであるのだから恐ろしい。 とここまでドヤ顔で話したが、この挑戦時にはまだれんぞくひっちゅうの存在を知らなかったのでオニせいちょうで挑んでいた。 その結果がこちらである。 レベリセダンジョンで65とは……。 ここからは、おおまかな進行状況について記載します よくあるテンプレートなやつ 1階 開幕 に遭遇。 たまなげを躱すことを祈りつつ、へんしん。 倒して仲間に。 当たりまくると当然死にます 2階〜30階 CPUにさわぐや電光石火などを使ってもらい、瀕死直前で敵を倒して仲間を増やす作業。 23階でlv30に。 45階付近? lv9 がワンキル。 ふっかつのタネがあるとはいえ、流石に使う勇気はなく諦め。 みんなふっかつだまがあったが忘れていたのは内緒 しかし、 の代わりに が仲間に。 タネマシンガンやつばめがえし、フェイントもあり、優秀だったので新たな寄生要因に。 〜85階ぐらいまで 順調にレベル上げや仲間交換を進めたが、余裕すぎて舐めプ 土産探し を始めた結果、 以外 が全滅。 困り果てていた中、 を仲間に。 へんしんは移動タイプもコピーできるので を護衛しながら移動開始。 95階 への鬼火を外しCPUの が気絶。 再び1体に。 残り4階はその場のへんしんで乗り切ることに。 そして99階の階段に到達。 ワープスカーフ、みとおしメガネ、あしらいスカーフ、みきりハチマキ、つうかスカーフ等、強い装備品無しで来れたあたり、BやCに配置されるではない。 まじないリボン? 急所に当たらなくなるアイテム しか入手出来なかったので永遠に装備していたが、意外に強かった。 また、オレンのみやドーピングに恵まれたのもよい。 HPが140ぐらい増えている。 もう書くことはないがとにかく は強かった。 以上! 因みに、色違いの は地底遺跡で死ぬほど漁って捕まえました でも攻略したので、後日書きます。 bpfive5.

次の

【悲報】ポケダン最新作さん、ダンジョンのボスを8匹の集団でボコれてしまう…(※画像あり)

ポケダン dx ランク

先日のゲームニュースの記事で書いた通り、情報の鮮度を高めるため、週間ゲーム売上ランキングを別の記事として設けることとしました。 とはいえ、記事を書いている本日も土曜日で、ゲームニュースの記事は日曜日なのでそんなに大きな差はないんですが。 個別の記事として、週間ゲーム売上ランキングを見ていきたいと思います。 恒例の通り、ファミ通様のゲーム販売本数ランキングを参考にしています。 やはり強かったポケダンDX。 初登場の 「ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX」が見事一位に輝き、13万本を売り上げました。 2位のポケモン剣盾にも圧倒的大差をつけ、先週唯一の10万本越えでフィニッシュ。 とはいえ、実際にプレイした感覚としては、 もっと売れるべき作品というのが本音。 当ブログでも絶賛する出来の良さですし、まだまだ売れて欲しいと思いますね。 ただ、集計期間が8日までだったので、実質ポケダンDXは3日間しか期間がありませんでした。 次週も確実にランクインするでしょうし、その点も踏まえると妥当な数字かもしれません。 ポケダンDXに続き2位に輝いたのは、前回1位だった ポケモン剣盾。 同IPのゲームで首位独占ということで、ポケモンの強さを実感する週となりました。 しかし、驚きですよね。 11月発売のソフトで、未だに2万本以上がコンスタントに売れ続けるのは脅威です。 このペースで売れつづければ、本当に赤・緑を超す販売本数になるかもしれません。 剣盾には大型DLCも控えていますし、最終的な売り上げは注目ですね。 そういえば、ポケモンの映画の情報が公開されましたね。 前売り券には、映画の主役 「ザルード」と、色違いの 「セレビィ」が付くようです。 「劇場版ポケットモンスター ココ」の特別前売券で受け取れる、2匹の幻のポケモン「オコヤの森のセレビィ」「オコヤの森のザルード」の技や持ちものなどの新情報が判明! 特別前売券は4月17日(金)販売開始だよ。 今回はシェイミ以来に映画館まで足を運ぼうかと思っています。 さて、話を週間ゲーム売上ランキングに戻しましょう。 ポケモン以外で注目すべき点といえば、やはり ペルソナ5Sでしょう。 前々回1位を獲得したペルソナ5Sが粘りをみせ、 Switch以外のソフトで唯一のトップ10ランクイン。 Switch版も15位にランクインしており、滑り出しからの好調をキープしています。 その他の顔触れは、いつもの面子、といった感じ。 相変わらず、マイクラ・マリカー・スマブラが強いですね。 特にマイクラ。 Switch版だけでなく、PC版やPS4版、更にはスマホ版まで売れていますからね。 売上はとんでもないことになりますね。 マイクラの強みとしては、とにかく 年齢層が幅広いんですよ。 ゲーマーなら、年齢問わずとりあえずやってるみたいな。 今世界で流行っているゲームを上から挙げていくとしたら、まず間違いなく5本の指には入ると思う。 最後に、少し違う視点からの話を。 ペルソナ5Sのところでも触れましたが、 Switchばかりなんですよね。 日本において、Switchというハードがいかにシェア率が高いのかが分かる。 Xboxはともかく、PS4は中々のシェア率を誇っていると思うんですけどね。 PS2に並ぶほどの大ヒットハードですし。 持ってる方は多いはず。 ただ、やっぱりキラータイトルが少ないんですよね。 年末にはPS5が発売されることもあって、どうしても今の時期はPS4のソフトも勢いに欠けているようです。 来月にはFF7リメイクが発売されますが、果たしてどうなることやら。 1位を取ることはほぼ間違いないでしょうが、どのくらい売れるかはちょっと未知数ですね。 あと、PS4ソフトの弱点として、 継続的に売れないんですよね。 例えキラータイトルが少なくとも、継続的に売れるソフトがあれば賑わって見えます。 ですが、PS4のソフトはそれが少ない。 発売直後は凄く売れるんですが、イマイチ伸びが悪いというか。 そういった印象があります。 その点では、ペルソナ5Sは凄いなあと素直に感心しています。 PS4のソフトで、これだけ連続してランクインできる物は中々ないです。 そういった意味でも、ペルソナ5Sは注目の一品ですね。 良いオチが思いつかなかったので、PS5も期待しています!ということでフィニッシュ。 来週はもう少し早い段階で記事を出せるよう努力します。

次の