太陽 の 末裔 キャスト。 太陽の末裔は面白い?感想と評価、キャスト一覧!無料動画視聴方法は?

太陽の末裔のキャスト『ソンジュンギ』とはどんな人物?

太陽 の 末裔 キャスト

太陽の末裔のキャスト・人物相関図 太陽の末裔のキャスト相関図 太陽の末裔のキャスト 太陽の末裔のキャストを紹介していきます! 今回、除隊した俳優ソン・ジュンギが、ドラマで再度軍人役を演じることになり、久しぶりにドラマに姿を見せる女優ソン・ヘギョは医者の役を演じます。 両者共、ここ数年間TVで姿を見ることができませんでしたが、有名な俳優なので、とても期待が高まりますね! それでは、韓国ドラマ『太陽の末裔』人物を1人ずつしていきます。 太陽の末裔のキャスト紹介はあらすじが多く含まれているため、初期の放送内容のネタバレも含まれています。 ご注意ください。 太陽の末裔のメインキャスト紹介 ユ・シジン役: ソン・ジュンギ 特殊戦司令部大尉 テベク部隊所属のモウル中隊中隊長 (アルファチームチーム長) 勉強も運動も出来る男。 シジンは陸軍になることを選んだ。 陸軍元士として名誉除隊したシジンのお父さんは、「今の世の中、軍人になったところで誰も認めてくれないだろう。 」と軍人になることを止めたが、父が歩んできた道を尊敬し、自分と同じ道を歩む息子が、父の人生において最も誇らしい勲章であるということを知っているがゆえに、シジンは軍人になった。 子供と老人、美人を守ることを最優先にし、道で煙草を吸っている高校生を見ると、恐怖に駆られたとしても注意できる勇気、こめかみに銃口を当てられても間違ったことは違うと指摘できる、これらによって守られる軍人の名誉、ソジンにとっての愛国心とはこういうものなのだ。 ソン・ジュンギが演じた役は、ユ・シジンという大尉である。 ユ・シジンは陸軍の中でも、特殊部隊司令部のテベク部隊に所属しており、モウル中隊の中隊長、アルファチームのチーム長である。 後半部においては、ヘリが直接迎えに来るほどの重大な任務を任されていた。 普通、軍においてヘリでの移動を許可されているのは、将官級以上であるが、大尉でヘリの移動を許可されているということを考えると、ユ・シジンはかなり重要な任務を遂行していたとみることが出来るだろう。 カン・モヨン役: ソン・ヘギョ 特診病棟VIP担当教授 胸部外科専門医 医療奉仕団チーム長 生れた時からすでに人生は複雑だった。 甘く幸せな思い出一つもなしに殺伐とした身体解剖図を覚えながら、女子大生ではなく、医大生として6年間を過ごした。 全ての医療分野が彼女を望んだが、彼女は胸部外科のレジデントに志願した。 正確で細かいモヨンの手は、手術教授たちに求められるアシスタントランキング1位であったし、一度も有給なしに29という若さで専門医にまで上り詰めたモヨンは計算通りに進んでいく人生に感謝していた。 そのときまでモヨンは知るはずもなかった。 自分の前で繰り広げられる予測不可能な状況を・・・ その生きるか死ぬかの状況の中で、命がけでモヨンを守る一人の男と再会することになろうとは・・・ ソン・ジェギョが演じた役はカン・モヨンという、胸部外科専門医で、医療奉仕団チーム長である。 登場人物紹介によると、カンモヨンは、実力のあるエリートロボだ。 一話からユ・シジンとのラブストーリーが今後繰り広げられることを予期させるようなシーンがあるが、部隊事情により、ユ・シジンとカン・モヨンのデートがなかったことに。 予告編の内容をみると、カン・モヨンが医療奉仕に行くことにより、二人は再開するだろうということが伺える。 ソ・デヨン役: チン・グ 特殊戦司令部先任上士 テベク部隊所属のモウル中隊副中隊長 (アルファチーム副チーム長、男35歳) 生れた時から、産着ではなく、カルカルリ(軍服の下に着る防寒ジャケット)着ていたような男。 自分の家族を、自分の祖国を自分の手で守っているという事実は彼の心を常に熱くしている。 テグクマークを夢見ていた柔道部時代、準決勝戦を前にコーチに「様子を見て、わざと負けろ」と要求されたことに納得が行かず、一本勝ちで相手選手に勝ってしまった。 その後、先輩たちに死ぬほど殴られたデヨンはその場で道着を切り裂き、学校にも行かなかった。 卑怯な戦い方をするくらいなら、裏通りでだけでも堂々と戦うという信念を持った兄貴たちについていくと決心したが、ヤクザはヤクザだった。 組織を抜けるために、検定試験の勉強を始め、検定試験に合格した日に軍隊に志願入隊した。 悪名高い数々の訓練をデヨンはもっと鍛錬し、デヨンの人生は輝いた。 その輝きに惚れた女性が、ミョンジュであった。 チン・グが演じた役は、ソ・デヨンである。 ソ・デヨンはヤクザから軍人になったケースだ。 ドラマでは単純にそのようにだけ描かれていたが、登場人物紹介では、もともと柔道部の一員として運動をしていたが、ある事件をきっかけにひねくれていったケースで、ひねくれはしたが、目を覚まし、特殊戦司令部の副チーム長として、懸命に軍生活をしている。 ユン・ミンジュ役: キム・ジウォン テベク部隊派兵軍医官・中尉 整形外科専門医(女32歳) 彼女は肩書を多く持っている。 軍医官として初めて赴任した部隊でデヨンと出会い、ミョンジュは人生で初めて女性でありたいとおもった。 しかし、司令官の娘であり、陸軍出身の軍の将校であるミョンジュと検定試験、高卒の副士官であるデヨンとの恋愛には多くの障害があった。 この時初めてミョンジュは軍人になったことを後悔した。 終わったデヨンとの関係に未練が残り、未練が愛憎になる間、ミョンンジュはデヨンを誠実に支えたが、デヨンは逃げていた。 悪い奴。 キム・ジウォンが演じた役は、特殊戦司令官の娘であり、中尉軍医官であるヤン・ミョンジュである。 上司の副士官出身のソ・デヨンとのラブラインがあったが、二人は別れてしまった。 ドラマで別途、回想シーンなどが出てきていないので、正確な情報ではないが、ヤン・ミョンジュのお父さんが二人の関係を反対しているがゆえに、ソ・デヨンはヤン・ミョンジュを愛してはいるが、わざと距離を置こうとしているようにみえる。 ユン・ジュンジャン役: カン・シンイル 特殊戦司令司令官 ユン・ミョンジュの父 特殊戦司令の全指揮をする司令官であり、ユン・ミョンジュの父。 代々、将軍を生んでいた軍人家系の長孫であるため、プライドも自負心もとても高い。 将軍家系を継ぐ息子ではなく、娘のミョンジュが生まれ、自責の念で育てた娘は、父に反抗し軍人の道に進むと言い張り、娘の結婚相手には軍人家系の命脈をと思って目をつけていたシジンとは友情と義理の付き合いしかしていない。 そんなミョンジュが選択した男性は、お父さんが娘の結婚相手として目をつけていたシジンではなく、デヨン。 星はおろかダイアモンドですら付けることの許されない副士官を父であるユン・ジュンジャンが気に入るはずはない。 ユン・ミョンジュの父でユン・ジュンジャンと記されている。 名前自体が階級と思われるかもしれないが(チュンジャンとは中将という意味である)、軍服を脱ぐとユン・キルジュンとある。 俳優カン・シンイルが演じている役である。 カリスマ的存在であり、娘とよく喧嘩する姿が見られそうだ。 太陽の末裔のテベク部隊所属のキャスト ユ・シジンと同じ部隊所属の人物たちで、戦争のような場面における戦友ということが出来る。 キム・ギボム役: キム・ミンソク 一等兵(男20歳) チンピラ軍団に属していた過去を清算し、デヨンに従い入隊した。 チンピラ軍団の怖い兄貴達を避けるために軍隊に入ったが、なぜかもっと怖い人たちと出会った。 長い間自炊生活をしていたため料理が得意で、部隊内でご飯を担当している。 自分と同じような背景を持つデヨンが特に大切にしている後輩兵士。 現在、高卒検定のために勉強中だ。 一話に比較的多く登場するキム・ギボムはソ・デヨンのように、チンピラ軍団やヤクザなどに所属していたが、そこから足を洗い軍人になったパターンである。 デヨンと一緒に検定試験の勉強をし、デヨンのような人生を歩んでいる。 パク・ビョンス役: キム・ビョンチョル 特殊戦司令中佐 (テベク部隊大隊長、男43歳) ウルクに派遣されたテベク部隊の総指揮をしている。 がっしりした体格と目力の強さを通して、戦争中の軍人の殺気を感じる。 彼にとっての戦争とは進級である。 海外派遣経歴が進級に有利だという理由で、妻子を韓国に残し、テベク部隊を自ら担った。 指揮官といえど、気分屋であり短期でケチであるため、部隊員から信任されていない。 そのため、つねに部隊員から尊敬、信頼され、まだ若いのにもかかわらず陸軍出身ということで進級も早いシジンを目障りに思っている。 シジンがしている全てのことにいちいち突っかかりケチをつけている。 チェ・ウグン役: パク・フン 特殊戦司令二等軍曹 (アルファチームスナイパー、男28歳) アルファチーム内の唯一の既婚者。 不愛想な性格で、内務班ではギターの演奏を担当している。 コン・チョルホ役: チェ・ウン 特殊戦司令 (アルファチーム通信、医務、男22歳) アルファチームの末っ子 相対的に実戦経験が少ないため失敗も多々あるが、上級者たちに従順で、純粋な性格である。 イム・グァンナム役: アン・ボヒョン 特殊戦司令第二軍曹 (アルファチーム爆破、火器、男22歳) ドラマが好きで特にラブストーリードラマは抜かりなく視聴している。 太陽の末裔のヘソン病院医療奉仕団のキャスト カン・モヨンと一緒に医療奉仕をすることになる人物たちだ。 アイドルのオニュの姿も見られるが、以前まではアイドルは演技が下手だといわれていたが、最近のアイドルは全てが準備された状態でデビューするため、演技も褒められた。 イ・チフン役: オニュ Shinee 胸部外科レジデント1年目(男28歳) ソンドクター(ソン・サンヒョン)から怒られることが一日の8割を占めている胸部外科レジデント。 いままでずっといじめられて育ってきた人の様に、ちょっとした注意において愚痴ひとつ言わず、納得するのも早いが実は温室の中の植物の様に大切に大切に育てられた名門家の末っ子お坊ちゃまだ。 医大時代からイ・テソク神父がロールモデルで、国境ない医社会に加入することが夢である。 周りの人は、彼のことを言動が一致していない人だと評価している。 周りの人がそのように評価する中、彼の小学校の同期であり、30年目の友達であるハ看護師は彼を、賢くてしゃんとしており、昔から何一つ変わらないバカな奴と評価している。 しかしハ看護師はしらない。 そのバカみたいなやつが自分を30年間どの様に思っているのかを。 ハ・ジャエ役: ソ・ジョンヨン 救急室看護師チーム長(女37歳) 両親がつけた名前に反抗するかのように、彼女は慈愛や慈悲とは縁のないような人だ。 後輩の看護師たちには勿論のこと、インターンの医者にも怖がられている。 普段は寡黙な方だが、看護師たちが不当な待遇を受けていると、患者であれ医者であれ、教授であれ院長であれ相手の社会的地位に関係なく、後輩たちに代わって戦い、勝ち抜く。 そのため、後輩たちの間では近づきくい人ではあるが、カッコいい先輩だと思われている。 しかし、いざ自分のこととなると仕事に追われていて、ちゃんとした恋愛を一回もしたことがない。 ソンヒョンとは小学校の同期であり、二人だけの時は小学生時代に戻る。 チェ・ミンジ役:パク・ファニ 救急室看護師(女23歳) 医療奉仕団の末っ子看護師。 生まれつき明るく、朗らかで、救急室のビタミンと言われている。 末っ子のためどこに行っても顔色を窺うが、言うことはいい、することはしっかりする人だ。 医者の前であれ、患者の前であれ常にカリスマ性をもつハ看護師を尊敬している。 太陽の末裔のヘソン病院の人達のキャスト紹介 カン・モヨンと同じヘソン病院の人たちだ。 専門医と理事長が登場するが、キム・ウンジという人物にヒロインが嫉妬する姿をみたとき、視聴者の立場からだと悪役に感じられるかもしれない。 ピョ・ジス役: ヒョン・ジュニ 病理科専門医(女34歳) 下半身まひのため車椅子生活を送っているが、他人に劣等感を感じないクールな女性だ。 荒い言葉遣いとは裏腹に、大学時代から誰よりもモヨンのことを大切に思い、理解してくれる人だ。 ハン・ソクウォン役: テ・インホ ヘソン病院理事長(男43歳) バツイチということだけが傷のヘソン病院内の羨望対象。 モヨンがウルク医療奉仕団のチーム長になった原因を作った張本人 キム・ウンジ役: パク・アイン 胸部外科専門医(女34歳) 典型的な金持ち。 現在に至るまで、顔も知性も誰にも負けたことがない。 そのため、自分より顔も知性もちょっと上なモヨンをみるとムカつく。 チャン・ヒウン役: チョ・ウリ 麻酔科レジデント1年目(女28歳) 麻酔科として手術室で活躍できる時期であるレジデント1年目に妊娠。 しかもシングルマザーになる危機があったが、なんだかんだで婚約指輪を手に入れた。 チフンと同い年で未来の夫婦だが、中身の幼いお腹の子のお父さんのせいで、まるで年上のような面貌をみせることがある。 太陽の末裔のウルク地域の人々のキャスト 後に主人公たちが過ごす地域の人たち。 ユ・シジンと元同僚で、現在はブラックマーケットのギャング団所属のアグスという人物は、ユ・シジンたちと対立関係になるだろうということを予想することが出来る。 外見がいいだけでなく、裕福な家庭で育ってきたため何不自由なく育ってきた。 しかしいざ地図の外の世界で見せつけられた現実は、常に想像以上もしくは以下だった。 健康だったメンタルが崩れていこうとしていた時、イェファと出会った。 イェファとともにピースメイカーで働き、ウルクにたどり着いた。 ただ、メスの代わりに針治療をし、注射の代わりに薬草を使っているだけ。 今では青い目の同僚の医者たちも体が怠いときは、イェファに針治療をお願いしている。 イェファの針治療技術は、漢方医だった父から譲りうけた才能だ。 銃で傷を負った若者たちに、父は名前も、誰の味方なのかも聞かずに治療を施した。 そして満月のある夜に軍人たちが家にきて、反撃者、スパイと疑われ、彼女以外の家族は全員殺され、彼女は何とか逃げ切ったが銃傷を負っていた。 目が覚めたときには、ダニエルがいて、彼がいなかったら自分はどうなっていただろうか、私がいなかったら彼はどうなっていただろうかと、最初は感謝の気持ちでいっぱいだったが、ある時から申し訳なさを強く感じるようになった。 アグス役: デヴィッド・リー・マキニス ブラックマーケットギャングダンボス(男35) ユ・シジン大尉の元同僚。 南北ウクライナ国境地帯、少数民族であるモウ族ギャング団を掌握しているアグスにとって、内戦は最も魅力的な市場であり、カネ稼ぎのできる事業であった。 アグスは戦争に寄生した奴隷であり、終わりの見えない内戦はアグスをよりお金持ちにしていった。 国境の鉄条網はなくなったが、都市の裏通りはいまだにギャング団のカネ稼ぎの場であった。 アグスは、カネと酒、女に弱い餌を包摂し、UN平和維持軍の監視を避け、先進国型武器密輸の流通網を再建していった。 ビジネスの障害になる人がいれば、老若男女問わず殺害した。 しかし、過去に同じチームに所属していたユ・シジン大尉が、今では彼のビジネスの障害となっていた。 太陽の末裔の視聴率 次は太陽の末裔の韓国での視聴率を紹介していきます。 この視聴率の数値は、ニールセン韓国社の有料プラットフォームの視聴率基準となっています。 1話 2016年2月24日 14.

次の

「太陽の末裔」キャスト『ユアイン』がカメオ出演!経緯と視聴率がすごいと話題に!

太陽 の 末裔 キャスト

ソンジュンギさんのユシジンに見事に撃ち抜かれました(1話の携帯シーンから)何周もしたくなるドラマです。 OSTもDLして聴いてます。 2つのカップルの恋の行方が気になってドキドキします。 感動と笑いのオンパレードでした。 もしも、はないけど、現実の出来事がなかったら、ソンジュンギさんは、すごいことになってたなぁ。 やっぱり最高でした。 ソンソンカップルに夢中になりました。 今回、週一で退屈だったので最後まで観た。 韓国ドラマを見始めた頃に見たので、ドンドン次々見入ってあっという間に見終わりました。 よかったです。 友達に進められて見ました。 泣けます。 日本のドラマでは味わえないような壮絶さが印象的です。 ソンジュンギにとにかく惚れます。 この役はずるいですよ、かっこ良すぎて。 1話目から止まりません。 大好きですこのドラマ。 紛争地域で軍人が医師を守る。 二組のラブストーリーもとても素敵だけど、世界や平和について視野が広がります。

次の

韓国ドラマ《太陽の末裔》2020年放送予定・再放送はある?地上波・BSを調査♪

太陽 の 末裔 キャスト

太陽の末裔 作品データ• 韓国KBS2で2016年2月24日から放送開始の水木ドラマ• 脚本: キム・ウンスク(김은숙) 『相続者たち』『シークレット・ガーデン』 、キム・ウォンソク(김원석) 『女王の教室』• 演出: イ・ウンボク(이응복) 『秘密』、ペク・サンフン(백상훈) 『学校2015』• あらすじ:不慣れな土地、極限の環境の中で、愛と成功を夢見る若い軍人と医者たちを通じて人生の価値を表わすブロックバスター級ヒューマンドラマ 太陽の末裔 主要キャスト ユ・シジン(유시진)役 ソン・ジュンギ(송중기) 特戦司(特戦司令部)大尉 テベク部隊所属のモウル中隊中隊長 アルファチームチーム長 勉強もよくでき、運動もよくする男に生まれ、やる事も多いが、シジンの選択は陸軍士官学校だった。 陸軍元士として名誉転役した父は、この頃世の中で誰がわかってくれると 、軍人(になること)を引き止めたが、あなたが歩いてきた道を尊敬して従う息子が、あなたの人生にとって一番光る勲章であることを、シジンは知っている。 子供や老人と美人は保護しなければならないという信念、道端でタバコ吸う高校生たちを見ると怖いが、一言叫ぶことができる勇気、こめかみに銃口が入っても、違うことは違うという常識、そうして守られる軍人の名誉、シジンが考える愛国心はそんなもんだ。 そんなある日、シジンは粗雑ではつらつとした医師カン・モヨンに会うことになる。 カン・モヨン(강모연)役 ソン・ヘギョ(송혜교) 特進病棟VIP担当教授。 胸部外科専門の、医療奉仕団チーム長。 生まれてみると、すでに人生はこじれていた。 甘い追憶一つなく、殺伐な新体解剖図を覚え、女子大生ではない 医大生として6年を終えた。 すべての科から欲しがられたが、胸部外科レジデントに志願した。 正確でしっかりしたモヨンの手は、手術室教授にとって、いつも第1順位アシストであったし、一度の留年なしに29歳で専門医まで獲得したモヨンは、計算通り回っていく人生に感謝した。 そうではあったが、その程度の実力ごとき『バック』には商売がなかった。 『これから医業に従事する許可を受けし故、私の生涯を人類奉仕に捧げることを厳粛に誓約する』 ヒポクラテスの宣誓に気持ちが動く時間は過ぎ去ってしまったと考えた。 『適者生存』というワクチンをうち、半端なヒューマニズムぐらいは十分に防げるだろうと思っていたが、モヨンは、土ぼこり飛ぶ野戦で、その男シジンのために、また、自身のために、永らく忘れて生きていたメスを再び握る。 ソ・デヨン(서대영)役 チン・グ(진구) 特戦司選任上士。 テベク部隊所属のモウル中隊副中隊長(アルファチーム副チーム長、男35歳) 生まれた時から産着の代わりにキルティング(軍服)を着てそうな男。 テヨンに軍服はそのどんな服よりよく似合う服だった。 私の家族を私の祖国を私の手で守っているという事実は、いつもテヨンの胸を熱くした。 特戦司を経て、特殊捜索陸軍特戦救助隊として活躍して、彼は、四川省、ハイチ、東日本大震災など、世界各地の被災地域に投入された。 胸につけた太極マークはいつも感動し、テヨンの夢でもあった。 そうしてミョンジュに会った。 ミョンジュは、中隊長シジンの後輩で、自然なつきあいは愛へと続いたが、ミョンジュの父がスリースターに輝く特戦司令官という事実と、シジンを娘婿として目星をつけたという事実まで知った時、テヨンはシジンに代わりにミョンジュを手放さなければならないと思った。 軽いセリフよりは重いアクションが気楽なテヨンは、別れもまた行動であり、ミョンジュは一方的な別れの通知に、手配犯を追うようにテヨンの勤務先を追ったが、テヨンはいつも逃げた。 逃亡はもちろん、意志ではなく命令だった。 ユン・ミョンジュ(윤명주)役 キム・ジウォン(김지원) テベク部隊派兵軍医官。 中尉、整形外科専門医(女32才) 彼女は持つ名前が多い。 大韓民国女性軍、女性軍のうちでも軍医官、そして特戦司令官の男兄弟がいない一人娘。 いわゆる『将軍の娘』だ。 軍医官で初めて赴任した部隊でテヨンに会ったし、ミョンジュは人生で初めて、女性でありたかった。 けれど、司令官の娘であり、陸士(陸軍士官学校)出身軍医将校のミョンジュと、検定試験高卒副士官であるテヨンの愛が順調なはずがなかった。 初めて軍人になったことを後悔した。 終えられなかった愛は未練になって、未練が愛憎になる間、ミョンジュはテヨンのそばを誠実にぐるぐる回ったが、テヨンは誠実に逃げる、悪いヤツ。 ユン中将(ユン・チュンジャン:윤중장)役 カン・シニル(강신일) 特戦司司令部司令官。 ユン・ミョンジュ父。 特戦司令部を総指揮する司令官であり、ミョンジュの父。 代々将軍を輩出した軍人の家族の孫であり、自負心も自負心もすごい。 将軍の跡取り息子の代わりに一人娘ミョンジュが生まれ、 自責の念で育てられた娘は、反抗するように軍人の道を行く宣布をし、婿でも軍人家門の命脈を継ぎたいと目星をつけた婿シジンとは、ただの友情と義理で過ごすミョンジュだ。 そんなミョンジュがシジンに代わって選択した男は、テヨン。 星はおろかダイヤモンドもつけない副士官が、ユン中将の心に席はない。 テベク部隊 パク・ビョンス(박병수)役 キム・ビョンチョル(김병철) 特戦司中佐(テベク部隊大隊長、男43歳) ウルクに派兵されたテベク部隊を総指揮している。 頑丈な体格と鋭い目つきから、戦争中の軍人の殺気がうかがえる。 彼の人生自体が進級のための戦争であるためだ。 海外派兵経歴が進級に有利だという理由で、妻子を故国に置いてテベク部隊を自発的に引き受けた。 指揮官というには、けだし気分屋で、気が短く物惜しみして、部隊員たちの信任を得ることができない。 だから、いつも部隊員たちとよく気が合い、年も若いのが陸士出身なので進級も早いシジンが、目の上のこぶだ。 事あるごとにシジンがすることに歯止めをかけてけちをつけるのが仕事だ。 チェ・ウグン(최우근)役 パク・フン(박훈) 特戦司中士(アルファチーム スナイパー、男28) アルファチーム内唯一の妻帯者。 無愛想な性格で内務班ではギター演奏を担当している。 コン・チョロ(공철호)役 チェ・ウン(최웅) 特戦司下士(アルファチーム通信. 医務、男22) アルファチーム末っ子。 相対的に少ない実戦経験のせいで作戦で失敗したりするが、上級者に良く従って優しい性格だ。 イム・グァンナム(임광남)役 アン・ボヒョン(안보현) 特戦司中士(アルファチーム爆破、火器、男26) ドラマが好きで特にメロドラマは欠かさず視聴する。 キム・ギボム(김기범)役 キム・ミンソク(김민석) 一兵(男20) チンピラ兄さんたちと合っていた過去を清算してテヨンについて入隊した。 こわいお兄さんたちを避けて軍隊にきたら、何だかもっと怖いお兄さん達と出会ったようだ。 長い間の自炊で培った料理の実力を発揮、部隊内での立地を固めている。 同病相憐を感じたテヨンが特に大事にする兵士。 現在、高卒検定試験準備中だ。 ヘソン病院医療奉仕チーム ソン・サンヒョン(송상현)役 イ・スンジュン(이승준) 一般外科専門医(男37) 言葉では『バック(コネ)が実力で勝てない、シュバイツァーのコスプレするな』と文句を言うが 、モヨンが実力的に最も信じられる人。 難しいが、結局、頼るほかない人だ。 みんなが彼をそう評価する際、小学校の同窓であり、30年目の友達であるハ看護師は、彼をこう評価した。 賢く几帳面で一貫していて、ばかみたいなそのつまらない奴。 ハ看護師は知らない。 そのつまらないヤツが自分を30年間どう思っているのか。 ハ・ジャエ(하자애)役 ソ・ジョンヨン(서정연) 救急室看護チーム長(女37) 親から授かった名前に反抗するかのように、彼女は自愛(チャエ)や慈悲とは距離が遠く、鋭い警句に明け暮れる直言の代名詞だ。 後輩看護師たちはもちろん、研修医らも、恐怖を感じる対象。 彼女に咎められることは簡単でも、彼女を咎めることは難しい。 普段は無口なほうだが、看護師たちが不当な待遇を受ければ、患者、医師、教授、院長でも、相手の社会的地位と関係なく、後輩らに代わって激しく戦ってくれ勝ってくれる。 おかげで、後輩たちの間では近づくのは難しいが、かっこいい先輩。 けれど、いざ自分はとなると、仕事に追われてちゃんとした恋愛一度できなかった母胎ソロだ。 サンヒョンとは小学校の同級生。 二人だけの時には鼻タレの小学生時代に戻る。 イ・チフン(이치훈)役 オニュ/オンユ(온유) 胸部外科レジデント1年目(男28) ソン・ドクター(ソン・サンヒョン)に叱られるのが、一日の日課の内8割を占める胸部外科のレジデント。 生涯虐待を受けて育った人のように、きついお目玉にも文句なく納得も早いが、実は温室の中の草花のようにきれいに育った名門家の末っ子坊やだ。 医大時代からイ・テソク神父がロールモデルであり、国境のない医師会に加入することが夢だあるシュバイツァー科。 チェ・ミンジ(최민지)役 パク・ファニ(박환희) 救急室看護師(女23) 医療奉仕団末っ子の看護士。 天性が明るくて郎らかで応急室のビタミンと呼ばている。 末っ子なのでどこに行っても顔色を見ているが、それとなく言うべきことはすべて言い、する事もしている。 医者の前でも患者の前でも、いつもカリスマあるハ看護師を尊敬している。 ヘソン病院の人達 ピョ・ジス(표지수)役 ヒョン・ジュニ(현쥬니) 病理課専門医(女34) 下半身マヒで車椅子に乗るが、(他人を)うらやましがらないクールな人妻。 言った言葉とは裏腹に、大学時代から誰よりモヨンを惜しんで理解してくれる友達。 ハン・ソグォン(한석원)役 テ・イノ(태인호) ヘソン病院理事長(男43) バツイチであることだけが傷のヘソン病院内の羨望の的。 モヨンがウルク医療奉仕団チーム長になったのに決定的な役割をした張本人。 キム・ウンジ(김은지)役 パク・アイン(박아인) 胸部外科専門医(女34) 典型的な金の匙をくわえて生まれたケース。 一生をきれいに育って憎い言葉も本当にきれいに言う。 生きてみて顔も知性も誰に押されないと思ったが、自分より顔も知性も若干より良い(?)同期のモヨンを見るたびにいらいらする。 チャン・ヒウン(장희은)役 チョ・ウリ(조우리) 麻酔科レジデント1年目(女28) ずっと手術室入るレジデント1年目に妊娠、それも未婚の母になるところだったが、紆余曲折の末、婚約指輪をはめた。 チフンと同い年の予備夫婦だが、分別がない子供パパのせいで、年上の顔を見せたりする。 ウルク地域の人々 ダニエル・スペンサー(다니엘 스펜서)役 ジャスパー・チョ(재스퍼 조)/チョ・テグァン(조태관) ピースメーカー緊急救護チーム救護医師(男35) 出入りが禁止された紛争の激戦地、危険な災難の最前線。 最も危険な地域に最も先に入って、 助けが必要な患者たちに医師の使命を尽くす『ピースメーカー』所属の救護医師。 外貌ほどに裕福な家庭で育ち、人生において選んで欠乏が座を占める隙なんてなかった。 健康なメンタルは健康な夢を見るようにさせ、金は多かったが、お金では買えない『ピースメーカー』の Tシャツを着るために、ダニエルは米国の名門医大に進学して医者となった。 しかし、実際に地図の外の世界で向かい合った現実は、いつも想像以上か以下だった。 元気だったメンタルも疲れていく頃、イェファに会った。 ともにピースメイカーで働きながら、ここウルクまで流れてきた。 リ・イェファ(리예화)役 チョン・スジン(전수진) ピースメーカー緊急救護チームの看護師(高麗人、女24) ダニエルについて山岳、水難、火山、地震、津波戦まで野戦で看護を身につけた『ピースメーカー』の最年少ベテラン看護婦。 ただメスの代わりに鍼を使い、注射の代わりに薬草を採りに通うだけ。 これは、青い目の同僚の医師らも体がだるくなると、イェファを訪ね鍼を打ってもらうほどだ。 その効験あらたかな鍼術は漢方医だった移住高麗人の父から譲り受けた才能である。 銃を携えて訪れた若者らに、父親は名前も誰の味方なのかも問わずに治療をしたし、満月明るいある日の夜、軍人たちは父を訪ねて来て銃を向けた。 反逆者、スパイ。 軍人たちは叫んだ。 家族みんなが皆殺しにされ、イェファはかろうじて逃れたが、やはり銃傷を負って倒れた。 目が覚めた時はダニエルがそばにいた。 彼に会っていなかったら、私はどうなったのだろう。 私に会わなかったら彼はどうなったのだろう。 最初はその心がありがたく、ある瞬間からかその心が痛い。 アグス(아구스)役 デイビッド・マッキニス(데이비드 맥기니스) ブラックマーケット・ギャング団頭目(男35) ユ・シジン大尉の元同僚。 南北ウルクの国境地帯、少数民族であるモウ族がギャング団を掌握している。 アグスに内戦は最も魅力的な市場であり、金の儲かる事業だった。 アグスは戦争に寄生した奴隷で、終わらない内戦はアグスをもっと豊かにさせた。 国境の鉄条網は消えたが、都市の裏通りは依然として悪党に向けたマーケットだった。 アグスは金や酒、女に弱い獲物を包摂して、UNの平和維持軍の監視を避けた先進国型兵器密売流通網を再建していった。 ビジネスに邪魔な人がいれば老若男女問わず平等に殺害した。 ところが、過去には一つのチームだったユ・シジン大尉が、今では彼の事業にことあるごとに足かせになる。 チン所長(チン・ソジャン:진소장) チョ・ジェユン(조재윤) ウルク電力公社チーフマネージャー コ班長(コ・パンジャン:고반장) ナム・ムンチョル(남문철) ウルク発電所班長 カン・ミンジェ(강민재) イ・イギョン(이이경) ウルク発電所職員 アン・ジョンジュン(안정준) チ・スンヒョン(지승현) 北朝鮮軍の上尉(サンウィ)。 特別出演 ユ・ヨングン(유영근) チョン・インテク(전인택) シジンの父親 モヨンの母親役 ナム・ギエ(남기애) 射撃ゲーム場主人役 イ・グァンス(이광수) キム・ジンソク(김진석)役 イ・ジョンヒョク(이종혁) シジンのかつての上官で、目の前で戦死を遂げる。 本人役 チョン・ジウォン(정지원) KBS アナウンサー 本人役 パク・テウォン(박태원) KBS アナウンサー ソ・デヨンの元カノ役 リュ・ファヨン(류화영) イ・チフンの母親役 パク・ジュングム(박준금) オム・ホンシク(엄홍식)役 ユ・アイン(유아인) 銀行員。 本名で登場。 チェ・ジホ(최지호)役 イ・ジェヨン(이재용) 北朝鮮の保衛部部長 本人たち役 レッドベルベット(레드벨벳) 文責:韓国ドラマあらすじ団 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の