ウェストバッグ 人気。 女性におすすめのレディースウエストバッグ人気ブランドランキング【2020年最新情報】

人気の防水ウエストバッグ・ポーチおすすめ12選【2020年最新版】

ウェストバッグ 人気

突然降ってきた雨に濡れて、バッグの中がビショビショに…という経験。 ライダーなら誰しもあるのではないでしょうか。 雨の日対策は必須。 防水加工済みのウエストバッグなら雨の日も安心です。 PVC加工(ポリ塩化ビニル加工)を施しているものが一番ですが、PU加工(ポリウレタン加工)でも多少の撥水効果は得られます。 もし、ファスナーがあるようなら、止水ファスナーを用いているものを選びましょう。 もし撥水加工済みのウエストバッグで気に入ったデザインや仕様のものが無ければ、レインバッグが付属されているものでも良いでしょう。 撥水加工済みのウエストバッグは、まだまだ数が少ないのが現状です。 雨の日にはバッグの上からカバーをかけることで補いましょう。 防水機能に加え、防湿&防塵性能を兼ね備えており、湿気やホコリ・汚れからしっかりバッグを守ります。 収納はメイン収納部を主に使いますが、メイン収納部の中にジッパー式のポケットもあり、また、ウエストベルトのパッド部分には同時に小さなポケットも。 ちなみに、素材は明確なデニール数表示はありませんが、 AMPHIBIOUS のバッグは全て420D以上の丈夫な素材を使っているため、安心です。 容量 3リットル 素材 PVC、TPU 420D以上 防水性 〇 反射材 〇 ポケット等 メイン収納、ジッパーつきインナーポケット、ポケットつきパッド、Dリング(2) メイン収納部が防水部屋と通常部屋の2つに分かれているウエストバッグ。 防水部屋は、くるくると巻きあげてとめるロールアップ形式です。 防水部屋のほうに絶対に濡らしたくないスマホやデジカメなど電子機器を入れておくなど、使い分けると良いでしょう。 雨が降っていないときには、防水部屋は使わず、通常部屋のほうへ全て収納するという使い方も〇。 通常部屋はファスナー開閉なので、開け閉めが簡単です。 メイン収納の2つを合わせて3リットルなので、貴重品を持ち運ぶのにピッタリのサイズですよ。 容量 3リットル 素材 30D ROBIC、840Dナイロン 防水性 〇 反射材 〇 ポケット等 メイン収納が2気室に分かれているタイプ ほぼ完ぺきな機能性を持つRSタイチのヒップバッグ。 まず、メイン収納部はロール式の完全防水仕様です。 ロール式なので雨が入り込みにくく、開口部も大きくパカッと開くため荷物を詰めやすいという利点もあります。 収納量もサブ+メインで5リットル入るため、ペットボトルなども充分持ち運べます。 生地は場所によって600Dと1680Dのポリエステル素材を使い分けており、耐久性がありながらも、柔軟な使いやすさも考慮。 背面はメッシュ素材なので蒸れを防止し、雨天対応の反射材も装備されています。 A4サイズまで収納可!通勤&通学にはもちろん、一泊旅行にも 1680Dの強い生地!PVCで防水もバッチリ メインもサブも完全防水! 肉厚ショルダーパッドでしっかり支える8. 5リットル ポケット充実!防水も効いている大人気ウエストバッグ 圧倒的な収納力が魅力!5. 2リットルのウエストバッグ シンプルさが人気の秘密!TANAX のウエストバッグ 最安値 容量 5リットル 3リットル 3リットル 8. 5リットル 3リットル 5リットル 8. 2リットル 2.

次の

革のウエストバッグブランド12選【2020年最新版】

ウェストバッグ 人気

男性ビジネスバッグ イタリアで千年の歴史を誇ると言われている皮革、マットーネが採用されている、オーソドックスで、使いやすいタイプのビジネス向けバッグです。 マットーネは、ココマイスターの中でも人気の高い革で、いわゆる革らしい革の経年変化を味わうのが好きだという人に向いています。 堅過ぎないナチュラルな質感も魅力なので、革デビューを狙っている人に是非。 新興ブランドながら、破竹の勢いで人気を高めるHushTugのビジネスバッグ。 非常にシンプルなデザインで、高品質なカバンを求める本物志向の大人を中心に話題となっています。 特に注目すべきは、中間コストを最大限カットしたビジネスモデルが実現するコスパの高さ。 「価格以上の品質を実感した」というレビューも多く、数ヶ月待ちの予約になるほど。 ブランドに興味はないが、品質・コスパにこだわりたい方にはまず最初にチェックして頂きたいブランドです。 必要なものだけを選別し、A4ファイルがスッキリと収まる、シンプルで堅実な作りが特徴のビジネスブリーフバッグです。 ワンダーバゲージは、クラシカルな物が持つ普遍性と、現代のファンクションとの融合をテーマとしているブランドです。 高品質な素材と角を落としたフォルムで堅苦しさを緩和させながらも、本革の丸持ち手、エバーブライトファスナー、本体脇に這わせた玉芯等、細部の仕様やパーツに拘ることで、ビジネスの場にふさわしい程良い緊張感と高級感を加えました。 若いビジネスマン達から、最も熱い注目を浴びていると言っても過言ではないブランド、オロビアンコから展開されている、ブリーフケースです。 2トーンカラーであると共に、素材も複数の種類が巧みに使い分けられているので、華やかな雰囲気があると同時に、実は価格もリーズナブルになっているという長所があります。 クラシカルで重厚感があるのに、若いメンズが持っていても、全く抵抗のない、不思議な魅力に溢れているブリーフケースです。 アニアリと言えば、日本製の高品質でオーソドックスな革製品が多数揃っているブランド。 カラーバリエーションが豊富であるということでも有名なので、必ずお気に入りの一品が見つかることでしょう。 シンプルなビジネスバッグに求められるのは、シルエットの美しさや、革の表情の上品さ、ディテールの丁寧さ、などですが、エルゴポックのバッグであれば、それらがナチュラルに満たされています。 日本製の高品質な商品にそそられるという人は、エルゴポックの存在を見逃さないでください。 カラーは、使いやすい色ばかり、3種類で展開されています。 革らしい革のナチュラルでソフトな質感を楽しむことのできる、ヘルツ製の2WAYビジネスバッグです。 手で持つことができる他、肩から掛けることも可能なので、荷物の増減に対応してくれます。 カラーは、ダークブラウンと、キャメルカラーの2種類で展開されています。 経年変化を楽しみにしているという人にもお薦めしたいアイテム。 ペッレモルビダと言えば、豪華客船をモチーフにしている、コンセプチュアルなブランドです。 こちらのエレガントなビジネスバッグにも、船底のような優美な流曲線が描かれているので、注目してみてください。 どのカラーバリエーションも2トーンで構成されているのですが、色によってコントラストの鮮やかさが違うので、好みに合わせてチョイスしてください。 自らの持つアイテムを「質」で選びたいという、ツウなメンズに向けたブランド、ガンゾから販売されている、人気の高いブリーフケースです。 トリミングがカチッとしているのに、革の表情そのものはソフトなので、メリハリが効いており、都会的で洗練された印象に仕上がっていると言えるでしょう。 カラーは使いやすい色を中心に3種類で展開されています。 いかにも、年齢を重ねた大人の男性が直感で選びそうな、重厚感に溢れる、クラシカルな雰囲気のブリーフケースです。 万双は、マニアも唸るような高品質なレザーグッズばかりが展開されているブランド。 東京に2店舗しか存在しないので、レア度はかなり高いのですが、オンラインストアを利用してでも、是非、手に入れて欲しい逸品です。 外回りが多いという営業マンに是非、注目して欲しい、防水仕様のブリーフケースです。 防水のバッグというと、ナイロンのテイストが強く、通常は安っぽくなってしまいがちなのですが、土屋鞄製造所の凄いところは、機能性が高くなっても、商品そのものの高級感は決して損なわない、というところでしょう。 革のエレガントの風合いを安心して手に入れてみてください。 北海道で馬具と共に革製品の製造を行っているブランド、ソメスサドルから販売されている、利便性の高いブリーフケースです。 2室構造で大容量でもあるので、一泊程度の出張などにおいて、かなり重宝することでしょう。 カラーは、ブラックとブラウンの2色展開。 エレガントな流曲線もさりげなく施されていて、大人っぽい雰囲気に満ちています。 薄く焼き焦がしているかのような、アンティーク調の風合いが美しい、芸術性の高いビジネスバッグです。 YUHAKUと言えば、染色技術に定評があり、国内外の専門家から注目されているようなブランドでもあります。 価格は、およそ10万円ほど。 高価ではありますが、是非とも手に入れて頂きたい、贅沢な仕上がりとなっています。 ポール・スミスと言えば、ダークな基調に、鮮やかなマルチカラーというのが王道のデザインですが、こちらのバッグの場合は、マルチカラーのテイストに落ち着きがあり、かなり使いやすい雰囲気に仕上がっています。 シンプルなのに、地味にまとまり過ぎていないので、ほどよく個性をアピールしたいという、意識の高いメンズにお薦め。 TUMIと言えば、高性能、かつ多機能でおなじみの大人気ブランドです。 圧倒的にスペックが高いので、世界中を飛び回るほど忙しいビジネスマンや、荷物の多い職種のビジネスマン、壊れやすいガジェット類や精密機器を取り扱う人々に、お薦めのブランドと言えるでしょう。 こちらも、当たり前に3WAYという機能が満たされているので、安心して購入を決意してください。 ダブルジップで大容量が保証されている、重厚感に溢れるコーチのビジネスケースです。 洗練されていて、都会的かつモダンな印象がありますし、なにより、信頼できるニューヨークのハイブランド、コーチ製ですから、これだけの要素が揃っていて、7万円台というのはズバリ、かなりお得と言えるでしょう。 素材には、丈夫で壊れにくいコーデュラが採用されています。 世の男性がこぞって憧れる英国の高級ブランド、ダンヒルから販売されているドキュメントケースです。 しなやかな黒のレザーが採用されており、一流品としての存在感とオーラは格別。 ラウンドファスナータイプで、ラップトップ専用のスリーブも完備されているなど、機能性に関しても文句のつけようがありません。 イタリア発の上品で洗練されているブランド、フェリージのビジネスブリーフケースです。 輪郭のハッキリしたデザインで、都会的な印象に仕上がっていると言えるでしょう。 クラシカルな雰囲気も漂っていて、スーツによく似合うよう、計算し尽されています。 カラーの中で注目すべき色は、ボルドーでしょう。 セクシーなのに落ち着きがあるので、お薦めです。 イタリア発の職人ワザが光るブランド、ステファノマーノから展開されているナイロンブリーフケースです。 ナイロン製のバッグでありながら、ここまでの高級感を出せるというのは、ステファノマーノならではと言えるでしょう。 クラシカルでありつつ、モダンでもあるという、別格の優美さを放っています。 カラーは3種類で展開されており、2トーンタイプも存在します。 イギリスで誕生した、ロイヤル感に溢れるブランド、エッティンガーのブリーフケースです。 キャンバス地と、カウハイドレザーが巧みに組み合わさっており、紳士なメンズによく似合う、気品が漂っています。 オールレザーのバッグだと、取り扱うのに緊張してしまう…、重た過ぎてしまう…、という人にお薦めな、利便性の高いアイテムとなっています。 イギリス発のパンクでロックなブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッドから販売されているブリーフケースです。 ヴィヴィアンと言えば、女性のファッションブランドという先入観を持っていた、なんて人にとって、実はメンズ向けのビジネスバッグが展開されている、というのは盲点的な情報なのではないでしょうか? 人と差の付くオシャレを目指したいという人に、是非。 ボッテガのビジネスバッグを持って通勤する…というのは、ブランドに関して情報通な人々にとって、永遠の憧れと言えるでしょう。 全面が編み込みのイントレチャートで構成されていると、これ見よがしになってしまいそうなのが不安…という人にとって、こちらのバッグは、主張がほどよい具合に抑えられているので、かなりお薦めできます。 芸術品のような美しいバッグを求めているという人にとって、このバッグのテイストは最高に贅沢と言えるでしょう。 思わずウットリと見惚れてしまいそうなほどに、味わいのあるグラデーションは、とにかく別格。 「どちらで購入したバッグですか?」と尋ねられる確率もかなり高いと定評のある、ベルルッティらしさが光る逸品です。 どこまでも上品で、日本人にとって、永遠の憧れとも言えるブランド、イギリスのバーバリーから販売されているブリーフケースです。 バーバリーらしいタータンチェックは封印されている?と思いきや、実は錠前のテクスチャーにさりげなく施されている、というところが最高にオシャレと言えるでしょう。 カラーはブラックとディープ・ブルーの2色展開です。

次の

バイク用ウエストバッグのおすすめ人気ランキング10選【軽量から大容量まで】

ウェストバッグ 人気

8,996 point 「今年買うべきバッグ」の大本命! 2020年、本格的にビッグウェーブが来る「ウエストバッグ(ウエストポーチ)」。 中でも 今っぽく見えるのは断然「斜めがけ」。 アウターにINしたり、シャツであればOUTもINも様になります。 そもそも「なぜブームになった?」 3年前のサコッシュブームが起因して、世間はミニバッグがトレンド入りに。 そして今年はサコッシュが落ち着いてきたところで、ウエストバッグに流行をバトンタッチしました。 パタゴニア (patagonia) 年齢層:大学生~40代 系統:アウトドアブランド 価格帯:3,800円~26,000円 街でのファッショニスタ愛用率高し! 今、ノースフェイス並みの人気を誇るアウトドアブランド。 学生でも買える手頃なウエストバッグは、パッカブル(折りたたんでコンパクトに収納できる)仕様など、アウトドアや旅行で重宝する機能性も魅力。 コロンビア (COLUMBIA) 年齢層:大学生~40代 系統:アウトドアブランド 価格帯:2,900円~6,000円 アウトドアで活躍する数々の機能性を備え、日常でも使えるプロダクトを提供するコロンビア。 使い勝手に優れたたくさんのバッグをラインナップしていることでも有名。 ウエストバッグも例に漏れず、シンプルな見た目も相まって幅広く活躍してくれる。 モンベル (mont-bell) 年齢層:10代~50代 系統:アウトドアブランド 価格帯:1,715円~4,000円 ノーブランド並みの安さでも作りはシッカリ!。 日本ブランドだからこそできる「コスパが半端ない」アウトドアブランド。 身体にフィットする設計、330デニールのリップストップナイロン製で、なんと2000円以下! アウトドアプロダクツ (OUTDOOR PRODUCTS) 年齢層:高校生~20代 系統:アウトドアブランド 価格帯:2,800円~4,800円 学生さんの通学リュックでもお馴染み、リュックで人気・知名度の高いアウトドアブランド。 人気の理由は「安さ」と「機能」を備えているところ。 ウエストバッグもお財布に優しい。 イーストパック (EASTPAK) 年齢層:高校生~30代 系統:アウトドアブランド 価格帯:4,000円~8,000円 「極限まで無駄を削ぎ落としたミニマルなデザイン」が魅力の、アメリカ発バッグブランド。 エース (ACE) 年齢層:20代後半~50代 系統:バッグブランド 価格帯:3,800円~7,000円 『エース』は日本を代表するラゲッジメーカー。 大人のココロをくすぐる穴場。 アネロ anello) 年齢層:10代~30代 系統:バッグブランド 価格帯:2,500円~3,200円 3000円に見えないウエストバッグが色々!。 『アネロ』がブレイクしたきっかけはコスパ優秀なマザーズリュック。 そして今や「安くておしゃれなバッグが揃う」国内バッグブランドとして認知されています。 (エフ シーイー) 年齢層:大学生~30代 系統:バッグブランド 価格帯:8,000円~15,000円 無縫製の防水バッグを生み出し海外から注目され、今年は人気セレクトショップも推している「ネクストバッグブランド」。 作りのよさと買いやすい価格、シンプルながら個性的なデザインがウケています。 ペッレモルビダ (PELLE MORBIDA) 年齢層:30代~50代 系統:バッグブランド 価格帯:30,000円 雑誌「LEON」や「OCEANS」の編集経験をもつ、干場義雅さんがクリエイティブディレクターを務める、大人のためのバッグ&革小物ブランド。 今年は、独自レシピのシュリンクレザーを用いたウエストバッグをリリース。 トゥミ (TUMI) 年齢層:30代~60代 系統:バッグブランド 価格帯:31,000円~35,000円 社会人男性たちが憧れ。 メンズビジネス鞄でトップクラスのブランドバリューを誇る、アメリカのバッグブランド。 ビジネスバッグを彷彿とさせるスタイリッシュなウエストバッグを展開。 アニアリ (aniary) 年齢層:20代~50代 系統:バッグブランド 価格帯:28,000円 本革にこだわるならココは外せない!。 今季、ブランドの定番であるアンティークレザー(独特な色調のオリジナル革)を使ったウエストバッグを展開。 エフクリオ (F. CLIO) 年齢層:30代~50代 系統:バッグブランド 価格帯:29,000円~51,000円 革バッグを中心としたイタリアンファクトリーブランド。 レザーと異素材を組み合わせるなど、イタリアらしい洒落た感性が光る「大人カジュアルなウエストバッグ」が揃う。 インケース (Incase) 年齢層:20代~40代 系統:バッグブランド 価格帯:10,500円~18,500円 アップルの公式パートナーとして長年ガジェットバッグ界を牽引してきたブランド。 強撥水の新素材、防水性に優れた止水ファスナーなど、デジタル機器を守る装備を多用。 日頃からスマホ、デジカメなどを持ち歩く人におすすめ。 グレゴリー (GREGORY) 年齢層:大学生~40代 系統:バックパックブランド 価格帯:4,500円~10,000円 アウトドアライクなデザインが、着こなしを今っぽく加速!。 最高の背負い心地と機能性がテーマの、カリフォルニア生まれのバックパックブランド。 ウエストバッグが意外と多い穴場。 その実力は高く、雑誌「MonoMax」のバックパック部門でカバン大賞を受賞するほど。 流行のアウトドアに沿うだけに、ウエストバッグも見逃せない!.

次の