江口 拓也 サイン。 江口 拓也

「ふろ恋 私だけの入浴執事」第2回オンライン番組に江口拓也さんが登場! サイン入り特製ポスターのプレゼント企画も実施

江口 拓也 サイン

雑!(笑) 江口第一印象ですから(笑)。 真面目にお答えすると、彼はけっこう鋭い目つきをしていたので、意志の強い人なのかなぁというのが最初に感じたことでした。 ですが、蓋を開けてみたら好青年で、いい意味で裏切られましたね。 この年代特有の、尖っている部分を出せればいいかなと思ったので、アプローチはしやすかったです。 ウィルのオタクというキャラクター性と、自分の引き出しの中にあるオタクというキャラクター像が上手い具合いに合致したようで、とても演じやすかったです。 梶ルルとウィルが登場するときのアニメーションは印象的でしたね。 あそこで少し雰囲気が明るくなり、また違った作品のよさが見えてきたのではと思いました。 セオに関しては……ネタバレになってしまうので、言いたくてもなかなかお話できませんが(笑)、そうですね……セオは、竜人族ということで自分の中にいくつもの強い信念がありまして、硬派だけどやさしくもあり……。 後半に進んでいくにつれてセオのよさはたくさん出てくるので、そこに注目していただければと。 自分とはあまりにも違う境遇だし、背負っているものが背負っているものなので……。 梶え? セオだけに……? ダジャレ?(笑) 江口いやいやいやいや(笑)。 セオは竜人族の最後の生き残りであり、世界を救うという大きな使命のもとに動く人物。 とにかくまっすぐでブレません。 そういった部分は、尊敬しちゃいますね。 梶僕の場合、演じやすさや声の質などは、自分の中の引き出しにあるものでしたが、ウィルの性格を考えると……やはり僕もウィルとは似ていないと思います。 会話の中でその人の言葉や意図を汲み取って、無意識のうちにちょっとしたサポートができていることはありますが、ウィルほど積極的に、人のために動くということはあまりないかもしれませんね。 江口そんなことないと思うけどなあ、梶さんも似たところありますよ(笑)。 世界のために戦う黒騎士と、愛のために戦う白の魔王。 おふたりはどちらに共感を覚えますか? 江口これは安易に共感したら絶対ダメなやつですよね。 かたや、ひとりのために世界を滅ぼしてもかまわないとか、だいぶクレイジーなお人ですからね。 まぁ、一部分だけ切り取って見た話とはいえ、少なくとも僕は世界を滅ぼすなんて共感できないなぁ。 江口え!? ちょっと待ってくださいよ(笑)。 江口いやいや、それは間違ってる(笑)。 江口世界を滅ぼすなんて、絶対にダメでしょ!(笑) 前提が違いますよ。 世界の破壊という前提があっての話でもそうなります? 梶僕なら、そこもなんとかします! 愛する人も守って、世界も救う。 黒騎士でも白の魔王でもなく、灰色の何かになります(笑)。 江口 そんなのアリなんですか!? それがアリなら、僕だって灰色の何かになりますよ! 梶……とまぁ、男なんてこんなもんです(笑)。 なので、何か例があれば答えやすいのですが……。 江口くん、何かある? 江口毎晩必ずお酒を飲むこと。 こればかりは譲れません。 夜お酒を飲んで、そこで初めて1日がオフになるという感じがするので趣味のような感覚で飲むようになりました。 梶あぁ、でもそれはわかるかも。 毎日やっていることと言えば、お芝居ですよね。 お芝居でも「この場面はこういう演技のほうがいいのではないか」と自分の意見を持って役に臨むのですが、演出をしてくださる監督さんなどから現場で「そこは、もっとこんな感じで」とオーダーをいただいたら、相手の意図を理解して方向修正していくのも仕事のうちですからね。 ……お酒の話とは凄まじくギャップのある話ですね(笑)。 江口いやいや、僕もお芝居に関しては譲れない部分ありますからね(笑)。 梶さっきお酒の話をすごく楽しそうにしていたのに! 江口僕も最初に、そういう話をしようかなとは思いましたよ?(笑) 梶まぁでもこの質問に関しては、質問状に「あなたはきのこ派? たけのこ派?」みたいなことが例として挙げられていましたから、真面目な話はしにくいよね(笑)。 ちなみに、きのこ、たけのこでいったら僕はたけのこ派です! 小さいころはきのこ派でしたけど、気づいたらたけのこ派になっていました。 江口僕は逆ですね。 小さいころはたけのこ派でしたけど、いまはきのこ派です。 梶それはどうして? 江口たけのこは、甘すぎる気がして。 きのこはクラッカーの部分がありますし、味もビターよりだからお酒に合わせられるんですよ。 僕も江口くんも、今は移動中にできるようなアプリはちょこちょこ遊んでいる感じです。 江口据え置きゲームは、やるなら2~3時間腰を据えてやりたいけれど、その時間を作るとなると生活リズムがね……。 梶やりたい気持ちはあっても、プレイとプレイのあいだに時間が空いてしまうと、ストーリー忘れちゃったりするじゃないですか? それが悔しいのもあって、いまは携帯ゲーム機とかアプリが中心ですね。 ただ、僕はマルチプレイのゲームが昔から好きでして。 たとえば、小さいころ、RPGでダンジョンに入ったりしますよね? そうすると、そのダンジョンの様子をリアルに想像しすぎてしまって、それが怖くてひとりではプレイできず…(笑)。 なので、RPGでも友だちといっしょに遊びたいし、極論を言ってしまえば、友だちが遊んでいるところを見ているだけでもいいくらい(笑)。 具体的にはどんなゲームで遊んでいらっしゃるのでしょう? 梶最近で言えば『モンスターハンター』シリーズなどをやってましたね。 『黒騎士と白の魔王』もマルチプレイ対応なので、友人といっしょに遊びたいと思っています。 江口僕も同じように、『大乱闘スマッシュブラザーズ』とか『スターフォックス』とか、みんなで遊べるゲームは好きでしたね。 最近だと、さらに多人数で遊べるようにもなっていて、ネットに繋げばそこにはいつでも人がいる。 そこに未来を感じますし、みんなでプレイする一体感もより高まってますよね。 江口僕もです。 だから、お布施ではないですけど、自分のキャラクターが排出されるまでガチャを回すということもあります。 梶それはある! たしかに、自分のキャラクターが出るまで回すのは許されている気がして、ついつい回しちゃう。 「これも仕事の一環だから」と言い訳して(笑)。 ただ回復するだけだとつまらなくなってしまうので、ヒーラーでもちょいちょい攻撃しながら、ちゃんと回復はして、仲間に感謝されるという立ち位置が好きです。 梶この中なら僕はファイターです。 ひとりでも戦っていきやすいですし。 攻撃系のファイターをひと通り極めたら、魔法系を極めていきたいですね。 江口さっきヒーラーと答えたましたが、ソーサラーもいいですよね。 でも、僕は敵を弱らせたり、敵の行動を邪魔したりする、いやらしいアクションができるものも好きで……。 そう考えると、嫌がらせができるハンターも楽しそう(笑)。 その映像は「このまま劇場公開をしてほしい」と思えるほどのクオリティになっているのですが、それがゲームの要所要所でたくさん入ってきます。 どのアニメーションも世界観に没入できる仕上がりだと思いますし、プレイしていただければキャラクターそれぞれに愛着が湧くとも思います。 分厚いストーリーも用意されていて、キャラクターも全員魅力的です。 僕が演じさせていただいたウィルもそうですが、話を進めていくに従って、新たな面も発見できたりと、とにかく何重にも楽しめる作品になっていると思いますので、ぜひじっくりプレイしてください! よろしくお願いします! 江口梶さんも仰ったとおり、アニメーションがすばらしいです! 収録ではアニメーションパートを見ながら収録することも多く、キャラクターたちの生き様を見ながら演じられたのはうれしかったです。 そして、本作『黒騎士と白の魔王』は、その名前からも察することができるとおり、厨二心がすごくくすぐられます!(笑) 彼らの装備を見てもそうですし、竜人族最後の生き残りという設定も厨二心にストライクです! 男性はかっこよく、女性はかわいいというのも全面に押し出されているので、そのあたりも楽しんでいただけると思います。 複数応募された場合でも、当選はひとり1口までとなります。 入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。 譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。

次の

江口 拓也

江口 拓也 サイン

応募方法 応募期間:3月27日~4月3日まで 1. 電撃屋会員(登録無料)になる。 電撃屋にログインして本書籍を予約注文する。 ・お支払い方法は「クレジットカード決済」と「携帯キャリア決済」のみとなります。 ・予約注文が完了した時点で応募完了となります。 別途お申し込みは必要ありません。 ・色紙の種類はお選びいただけません。 当選された方へランダムで1枚お届けいたします。 ・当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。 ・書籍のお届けは5月22日以降になります。 ・プレゼント色紙は書籍とは別に5月中に発送いたします。 ・プレゼント色紙を譲渡・転売しないことを応募の条件とします。

次の

声優と夜あそび【月:安元洋貴×江口拓也】#1

江口 拓也 サイン

【新MCのコメントを公開!】 ~安元洋貴~ 皆さんこんばんは。 シグマ・セブンの安元洋貴です。 この度は声優と夜あそびの月曜日MCになってしまいました。 アベマサイドはキャスティングに困ったらとりあえず俺と森久保さんを呼ぶ癖があります。 きっと誰も受けてくれなかったんでしょう。 シカタナイネ。 しかし、引き受けたからには死ぬ覚悟です。 カメラの前で江口と一緒に死ぬ覚悟です。 嘘です。 死なないです。 死なない程度に無茶できたら良いなぁと。 どう転がるかはわかりませんが優しさ強めの目で見守ってください。 そして私達と夜あそびしましょう。 してください。 お願いです。 土下座でもなんでもしますから。 ~江口拓也~ このたびは月曜MCに選んでいただき、ありがとうございます。 ところで、この番組は、かなりやばいと聞いております。 どんな風にやばいのかはわかりません。 ただやばいという噂をきいております。 僕らは、健全で、クリーンな番組作りを目指そうと思っております。 よろしくお願い致します。 安元さんとだから、問題ないですね。

次の