ミニ ルーズリーフ。 効率的なレシピカードの作り方&整理方法[marumanルーズリーフミニ使用]

懐かしの「スケッチブック」モチーフのバインダー含むかわいいラインナップが魅力『ルーズリーフミニ』!

ミニ ルーズリーフ

マルマン株式会社の商品である「ルーズリーフ ミニ」の活用方法を模索中です。 というのも、週末に参加した「Maruman fair 2019」にて、ルーズリーフ ミニのリフィルひとふくろ詰め放題というお土産を持たせていただいたからです。 楽しいイベントでしたが、特にお土産が豪華でびっくりしました。 参加費500円で、全員がもらえるお土産は、大きなトートバッグ、チロルチョコ9個、中身と表紙を選ばせてもらえるリングノート、そしてルーズリーフ ミニのリフィル詰め放題。 私は学生時代も含めて過去にルーズリーフを使った経験がないので、せっかくなのでこのお土産をきっかけにして、カスタマイズ無限大と思われる「ルーズリーフ」というものを満喫しようと考えました。 早速、物販コーナーでミニ用のバインダーとポケットリフィル類を購入。 ルーズリーフ ミニのサイズはB7変型判で、小さくて可愛いです。 詰め放題で詰めてきたリフィルは、スクラップリーフ、クロッキーリーフ、画用紙リーフ、方眼リーフ。 さて、何に使おうかな、と考えてマルマンフェアでもらってきた使い方ガイドブックを見てみました。 ・日々の学習の進捗を記録する。 ・勉強内容をまとめてスキマ時間にサッと見られるようにする。 ・日々のタスクをジャンルで分けてまとめ、混乱しないようにする。 ・仕事で必要な情報をまとめ、持ち歩きしやすいようにする。 ・クロッキーや画用紙やスクラップを使ったオシャレな日記をつける。 などの活用法が載っていました。 うーん、オシャレ日記はおそらく続かず放置してしまいそうだし、仕事の情報やタスクはシステム手帳に入っている。 勉強内容をサッと見られるのはいいな、本を持ち歩かなくていいし。 でもそれだと方眼リフィルだけで用が足りてしまう…ほかのリフィルも使いたい…。 文具好きあるあるですよね、そのグッズを使いたい気持ちが先で、後から用途を考えるというのは。 せっかく使い始めてもすぐに放置してしまうようでは残念なので、最近のマイブームをさらに楽しむためのツールとして使えるといいんじゃないかと考えました。 最近、今まで全然足が向かなかった美術館に進んで行くようになったんです。 美術館って建物もかっこいい所が多いですね。 ということで、「行った美術館」や「行きたい美術館」を一冊にまとめてみることにしました。 ルーズリーフだから増やしたり減らしたりできるし、方眼に美術館の場所や情報を書いて、スクラップに建物の写真やチケットを貼ったりして、クロッキーや画用紙に展覧会の思い出を描いたりしたら、楽しいんじゃないかと。 美術館内でメモするとしたら鉛筆だし、クロッキー紙はちょうどいい。 追加で購入したポケットリフィルの役割が決まらないままですが、まあそのうちなんとかなるでしょう。 ルーズリーフ ミニは自由度が高いし持ち運びしやすい大きさなので、愛着が湧きます。 皆さんはどのように楽しんでいらっしゃるのでしょうね。 検索しても、活用術などの情報はまだ少ないような感じがします。 これからどんどん愛用者が増えて、リフィルやバインダーのレパートリーが広がったら嬉しいです。 そうそう。 「Maruman fair 2019」 の会場内の様子を写真に撮ってきたので載せましょう。 会場内の写真をSNSでアップすることによって缶バッジがお土産にもらえるとのことで、写真は撮りました。 しかしアップはしていません。 すればいいのにね。 「まず始めてみる。 絶対後悔させません。 」心強い。 この水彩画スターターキットは、「使える」ものがコンパクトにセットされていて、長く使い続けられそうだなと思いました。 とても良いセットでした。 枚数が多く、思う存分描けるそうです。 描き続けて使い込まれた姿が想像できます。 水性グラファイトクレヨン。 これ欲しい!物販には並んでいませんでした。 欲しい。 持っているのについつい欲しくなる水彩紙とクロッキー帳。 「いや、これはここでなくとも買えるから」と何度も自分を諫めました。 ニーモシネシリーズコーナー。 真ん中は、リングノートに装着できるクリアケースだそうです。 物販で購入しました。 お土産のオリジナルノートと組み合わせました。 LAMY(ラミー)のピコというボールペンです。 ニーモシネとのコラボレーション商品です。 筆記時に、前後に伸びるギミックがかっこいい。 真ん中のENGLISH13のノート、中学生の頃、使っていました。 懐かしい。

次の

マルマン オンラインショップ

ミニ ルーズリーフ

レシピカードの作り方 インデックスがなくても感覚的に内容が分かるように、リフィルの色によって分類しています。 例えば、お店に置いてあるレシピカードを持って帰ってきたら、手作りのカッティング型でB7変形ちょうどの大きさに切って、で穴を開けて保管します。 A4の下敷きをカットして、B5、A5、B4変形サイズを切り抜くために使っています。 お店のレシピカードは、B7変形よりも少し大きいものが多いです。 レシピが切れないように、余剰部分をカッターで切ります。 近所のcoopでもらったレシピカードは、上を少しきるだけでOKでした。 でサクッと穴を開けます。 写真は、多少切れてもOK。 バインダーにピッタリのサイズです。 とりあえず放り込んでおきます。 1年以上作らなかったら、そのまま処分です。 クックパッドのレシピは、印刷設定のレイアウトで「4ページ割付」を選択すれば、B7変形サイズにすることができます。 先ほどの型でサクッと切り抜くことができます。 で穴を開ければ、あっという間にリフィル形式のカードの出来上がりです。 こちらも、とりあえず放り込んでおき、 1年以上作ることがなかったら捨てます。 以前作ったメモやカードは、B7変形サイズよりも小さかったら で付箋化して貼り付けています。 よく作るレシピなので、時間ができたら絵や写真と一緒に清書するつもりです。 で付箋になっているので、簡単に貼り直しができ、ピンクリフィルもそのまま再利用できます。 いただいた材料のメモ(付箋)も、とりあえずそのまま貼っておきます。 写真の付箋は「ほうれん草とインゲンの胡麻和え」なので、黄色のリフィルに貼っています。 一目で副菜と分かります。 単位変換表は、infoなので、青いリフィルに貼っています。 この変換表は、ずっと昔にオレンジページか何かから切り取ったものです。 その他、圧力鍋の野菜別所要時間一覧表や、タレの分量なども、放り込んでいます。 何度か料理を作ってみる 放り込んだ料理は、何度か調理してみて美味しかったら清書します。 でも、材料や手順がそのままで良いお店のカードやクックパッドのレシピは、先ほど作った簡易カードのまま保管している場合も多いです。 すでに大きさが揃ったカード形式になっているので、そのままでも十分に検索性が高いです。 また、バインダーでまとまっているので、入れ替えもOK! 殿堂入りのレシピのみ清書する 何度か分量を変更したメモがあるものや、これはまた作りたい!と思ったレシピだけ、時間のある時に清書します。 よくこれでお目当のレシピを探せていたなと思います。。。。 インデックスクリップを目印に その日の献立には、と同じようにインデックスクリップを目印として使っています。 カードを汚さないための工夫 B7変形のクリアポケットも販売されていますが、節約のためにダイソーの写真L版が入るクリアポケットで代用しています。 よく使うレシピには、このようにバインダーに挟んだままクリアポケットを被せています。 作りたいカードを、クリアポケットごとバインダーから外したら、に挟んで冷蔵庫に引っ掛けています。 このは、穴が空いているから便利です。 こんな使い方をしている人は、私以外にはいないかもしれませんが。 こんな感じに開きます。 ラベルを書き込むこともできるので、朝・昼・夕の文字を書いて分類して吊り下げておいてもいいですね。 クリアポケットがあると、濡れた手で触ってもいいので楽です。 文房具屋さんではあまり見かけません。 便利なのに。 参考:NGだった献立ノート&カード 几帳面な人だったらどんな方法でも大丈夫だと思いますが、ズボラな私には向かなかった方法を記録しておきます。 単語帳にまとめる 小さすぎて頓挫。 カードの整理整頓が大変で、やめました。 大きさはちょうど良かったのですが。 凝った料理はしないので、そこまで書くことがありません。 テンプレートを無料でダウンロードできるサイトも多くありますが、どれも「材料+写真+手順」という決まった項目と場所の指定で堅苦しく、私には合いませんでした。 結果、今回の方法にたどり着くまではノートを使っていました。 貰いっ放しのお店のカードがバラバラ落ちる、いけていない使い方でした。 参考:デジタルでの管理方法 余談ですが、、、レシピカードにメモする前段階として、良いなと思ったレシピを、スマホでも参照できるスプレッドシートで管理しています。 スマホでも参照できます。 アプリをダウンロードするよりも、容量を圧迫することがなくて良いです。 クックパッドのマイフォルダや、楽天レシピのマイフォルダは、情報の迷子になってしまうのであまり活用していません。 Nadia、レシピブログなどで調べたサイトと合わせて、全てスプレッドシートにメモ(コピペ)しています。 URLを入れるとタイトルと画像が半自動で入るように仕組みを整えているので、サラッと処理できます。 こちらの方法については、またの機会に詳しく書きますね。 使用したファイル&リフィル 今回のレシピカード作りに使ったファイル&リフィルです。 B7変形サイズは書き込みしやすいだけでなく、持ち運びにも便利な大きさです。 色で分類できて便利です。 レシピ以外では、手帳に挟んでメモ用紙としても使っています。 一時的なレシピカードやメモの保管に。 横開きの方が使いやすいと思います。 こんなオシャレなレシピカードが描けると素敵!.

次の

マルマン オンラインショップ

ミニ ルーズリーフ

使い方は単語帳・TODO・サマリーとして活用中 やまぐちは、ルーズリーフミニ6mm罫線をよく使用しています。 最大のポイントは 「1ページ12行」ということ。 メモを取るとき、文章が長くなったり短かったり…ページの余白が気になっていたのですが、12行の限られたスペースが意外と使いやすい! ちなみにやまぐちは、ミニルーズリーフを サマリーとしてよく使います。 知らない語句をよくgoogle先生で調べるのですが、単語の意味やwikiの内容をを後で読み返せるよう、 12行でサマリーにするとパッと分かりやすい! 他にも書くボリュームの少ない TODOリストや単語帳など、ちょっと保存しておきたいメモにおすすめです。 他のルーズリーフバインダーと互換性抜群! そしてルーズリーフミニの最大の魅力は他の バインダーの互換性が優れていること。 既に使っているルーズリーフがあれば、この写真のように好きな位置に入れることができます。 留め具は2種類• プラスチックバインダー• メタルバインダー カラーは3種類• ブルー• クリア• ピンク やまぐちは、やる気が出そうな暖色系のピンクのメタルバインダーを購入しました。 ルーズリーフうおり上下2cm程度大きい作りで、インデックス付きです。 インデックスがあるとメモの分類がしやすいので便利ですよね。 B7 ミニセプトクルール.

次の