逃げるは恥だが役に立つ 最終話。 逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)のフル動画を無料で視聴する方法|1話から最終話までの見逃し配信してるサイトは?

『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』無料動画【1話〜最終回】見逃し配信を全話無料視聴できるサービスまとめ

逃げるは恥だが役に立つ 最終話

「逃げるは恥だが役に立つ」 の第1話~最終回のあらすじ 「逃げるは恥だが役に立つ」第1話のあらすじ 第1話 プロの独身男と秘密の契約結婚 主人公・森山みくり 25歳 は、彼氏なし、院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、そしてただ今求職中。 「誰からも必要とされない辛さ」 を日々感じている。 そんなみくりを見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡 35歳 の家事代行として働き始めることに。 かゆいところに手が届く働きぶりで津崎の信頼を勝ち取ったみくり。 しかし、あるキッカケでその仕事も失いそうになる。 将来に不安を抱え追いつめられたみくりは、ひょんな会話の流れから津崎に 「就職という意味で結婚するのはどうですか?」 と提案してしまう。 超真面目な津崎が導き出した答えは… まさかの契約結婚!? 2人は周囲には秘密にしながら 「雇用主=夫」「従業員=妻」 の関係を始めるが、バレずに新婚生活を過ごすことが出来るのか!? ただの雇用関係のため、披露宴や挙式を避けたい2人だが、早速 「結婚式を挙げないことを周囲にどう説明するか」 という問題が浮上。 みくり達は、双方の親族を説得するため、突然の結婚宣言に不信感を抱いているみくりの伯母の土屋百合 石田ゆり子 をはじめ、みくりの父・森山栃男 宇梶剛士 、母・桜 富田靖子 や津崎の父・津崎宗八 モロ師岡 、母・知佳 高橋ひとみ らを集め、両家の顔合わせを行う…。 百合や両親の反応を受け、「結婚」 ということの重さを改めて知ったみくり。 初めての共同作業として最初の課題を乗り越え、2人の距離は、ほんの少し近づいたかのように思われた。 しかし、雇用主と従業員としての距離を保ち、これ以上互いに踏み入ってはいけないという葛藤も抱きながら一つ屋根の下に眠る2人であった。 そんな中、みくりに送り出され会社に向かった津崎は、後輩の風見涼太 大谷亮平 、同僚の沼田頼綱 古田新太 、日野秀司 藤井隆 らに、「新婚生活」 についての質問攻めに合う。 勘の鋭い沼田から、結婚したのにも関わらず 「恋するオーラ」 が無いと言われ、戸惑いを隠せない津崎。 早くも窮地に立たされ、勢いで、津崎家に興味津々の日野を家に招くと約束をしてしまい!? 異性であるみくりとの距離をおくため、2LDKの部屋に引っ越そうとまで言い出し、態度が急変した津崎の心理がわからず頭を抱えるみくり。 食卓での会話も徐々にぎこちなくなっていき、家では緊張感が漂いはじめ…。 一方、勘の鋭い津崎の同僚・沼田(古田新太)は、先日訪れた津崎宅の寝室にシングルベットがひとつしかないことから、みくりたちの夫婦生活に疑いの目を向けはじめる。 後輩の風見(大谷亮平)も、沼田の推理には納得の様子だ。 ある日、偶然街中で風見と遭遇したみくりは、ただのイケメンではない風見の意外な面に好感を抱き、何の悪気も無く津崎の前でも風見の話題をよく出すようになる。 そんな中、互いに気持ちの整理がつかないまま、ひょんなことから風見、沼田、百合(石田ゆり子)と共にぶどう狩りに出かけることになったみくりと津崎。 開放的な空間で素直な胸の内を話し合い、気まずかった2人の関係が修復されたと思われたが…。 その矢先、津崎は、風見から衝撃の言葉を耳にする。 動揺を隠せないまま、また、みくりにそのことを話せないまま時間だけが過ぎていく。 一方で、実は先に風見からシェアの話を聞いていたみくりは、小賢しい作戦で津崎から聞き出そうと試みる…。 そんな中、あることにより、まとまったお金が必要になったみくり。 さらに臨時の出費が続いたことで、畳み掛けるかのように家計簿も赤字が目立ってきてしまった。 金銭的危機を感じたみくりは、津崎の「どうするかは自由意志」だという言葉を胸に、風見の家でも働くことを決意する。 会社でも、風見に対する津崎の態度の変化を鋭く感じ取っていた沼田(古田新太)は、新たな見解を持ちはじめる…。 津崎宅の静まった食卓とは逆に、会話も進み、益々距離が近づいてきたみくりと風見。 対して津崎は自分の抱えるむずがゆい感情が何かわからないまま、みくりから距離を置くことを心に決めるのだが…!? 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第5話のあらすじ 第5話 ハグの日、始めました! 家の中でぎくしゃくせずに済む最適な解決法として、恋人同士になろうというみくり(新垣結衣)の突拍子も無い提案に驚きを隠せない津崎(星野源)。 一般的な恋人同士がスキンシップとしてハグをするという行為も理解できない上、みくりには「恋人のおいしいところだけがほしい」と小賢しい作戦で攻め立てられ、どんどん追い込まれていた。 ある朝、百合(石田ゆり子)が、偶然風見(大谷亮平)を笑顔で送り出すみくりの姿を目撃してしまう。 津崎との生活がうまく行っていないがために不倫をしているのではないかと疑いをかけ、怒りの矛先をなぜか風見に向け、憤りを隠せないでいる。 さらに、百合が抱いている不倫疑惑を払拭するべく、目の前でハグを見せつけようと試みるも失敗が続いていた。 そんな中、恋人っぽさの練習を必死にしてきたこともあり、みくりに心を開きはじめ、ぐっと距離が近づいたように思えた2人。 そんな2人に襲いかかる新たな試練とは…?! 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第6話のあらすじ 第6話 温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ 「ハグの日」の制定により、恋人っぽい空気をかもし出すことに慣れてきたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。 スキンシップのおかげもあり、2人の日常には平和なムードが漂っていた。 ある日、社内でのセクハラ&パワハラ疑惑が噂され、怒り心頭の百合(石田ゆり子)が津崎家に襲来。 愚痴大会になるかと思いきや、みくりと津崎の関係を心配するあまり、2人のためにペアの宿泊旅行券を手に入れたという。 家から出て開放的な気分で旅館に訪れた2人だったが、訪れた温泉旅館で用意されていたのは、なんと夫婦やカップルで寝るのに最良なダブルベッド…。 ひとつ屋根の下に暮らしているとはいえ、別々の部屋で寝てきたみくりと津崎は大慌て!そんな突然のアクシデントにも温厚に対応する真面目な津崎の姿に、みくりは昔交際していた元カレ・カヲル(小柳 友)を思い出していた。 津崎とは正反対のタイプで、価値観が合わずに振られた思い出が脳裏をよぎる。 すると、みくりの目線の先に見覚えのある男の姿が…。 みくりと長い時間一緒に過ごし、恋人疑似体験を味わうことが心地よくなってきた津崎。 一方で、結婚の提案も恋人になる提案も、いつも自分からばかり発信しているみくりは、2人の関係に対し疲れと諦めを感じ始めていた… 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第7話のあらすじ 第7話 あのキスのあとさき 波乱の社員旅行の帰り道に、キスをされたみくり(新垣結衣)は、淡い期待を抱いたのもつかの間、その後何もなかったかのように接する津崎(星野源)に対し疑問でいっぱいだ。 腹を割って話せる仲になりつつある風見(大谷亮平)に相談をしたところ、突然風見が思いもよらぬ行動をとる。 そんな中、みくりの誕生日が一ヶ月も過ぎていることに気づいた津崎は、プレゼントの相談をした愛妻家の日野(藤井隆)に驚かれる。 片やちゃっかりみくりにプレゼントを渡したという風見に動揺する。 ただの雇用関係ではあるものの、妻の誕生日を夫である自分だけが気づいていなかったという現実に動揺した津崎は、初めての女性へのプレゼント選びに奮闘するが…。 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第9話のあらすじ 第9話 あの人に好きだよと言われる3日前 別居状態から脱出し、津崎(星野源)と二人で過ごす日々の幸せをかみ締めるみくり(新垣結衣)。 その反面、積極的になりはじめた津崎の態度に微かな疑問を抱いていた。 ある日、津崎の会社では、不況の影響により社員のリストラが噂され、沼田(古田新太)が何やら怪しい動きをとりはじめる。 そんな中、津崎と風見(大谷亮平)の前に、超ポジティブな取引先のOL・五十嵐杏奈(内田理央)が現れる。 ドライな性格の風見に対しても積極的な杏奈は、みくりに、津崎への思いもよらぬ疑惑を抱かせるのであった。 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第10話のあらすじ 第10話 恋愛レボリューション2016 ようやくお互いへの本当の気持ちをぶつけ合うことができたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)。 一方、何事にも動じない強いはずの百合(石田ゆり子)の涙を目にしてから、百合のことが気にかかる風見(大谷亮平)。 百合もまた、風見の意外な優しさに触れ、お互いを徐々に意識し始めた頃、風見は、驚きの言葉を百合に投げかける。 そんな中、津崎の会社で、ついにリストラ候補者が発表された。 なんと候補者の選出に、津崎の同僚の沼田(古田新太)が絡んでいるようで…。 出典: 「逃げるは恥だが役に立つ」第11話(最終話)のあらすじ 最終話 夫婦を超えてゆけ みくり(新垣結衣)へ突然プロポーズをした津崎(星野源)。 しかし、その行動に津崎のリストラが影響していることを知ったみくりは複雑な気持ちでいた。 また、親友の安恵(真野恵里菜)の誘いで副業をはじめたことにより、次第に本職である主婦の仕事が手につかなくなってしまったみくり。 心の余裕の無さから、優しい気遣いを見せる津崎にもきつくあたってしまう。 一方、17歳の年の差がある百合(石田ゆり子)に対して、自分の本当の気持ちを伝えた風見(大谷亮平)。 その告白を受け、戸惑いを隠せない百合はあることを心に決める。 夫=雇用主、妻=従業員の、仕事としての結婚からはじまった2人の夫婦生活。 ハグをして、恋人になり、近づいては離れるもどかしい関係が続いたが、果たして、2人が最後に下す決断とは…? 出典: 市立隅田川高等学校の2年B組の桐谷修二(亀梨和也)は、表向きは明るく、クラスでも人気者的存在。 しかし、根底では周囲の人間をバカにするような冷めた性格で、普段表に見せている姿は本来の姿ではなく、演技をしているだけ。 新学期でもない時期の外れに突如、修二(亀梨和也)のクラスに転校生がやってきた。 その転校生・小谷信子(堀北真希)は、無口で人と関わったり笑ったりする事が苦手で、ひとことでいえば「いじめられて転校してきた」ような、修二からすれば底辺の部類の人物だった。 当初は彼女に興味を持っていなかった修二(亀梨和也)であったが、やがて小谷(堀北真希)が挙動不審さからいじめの対象になり、深刻な暴力さえ受けるようになってからは彼女を気にするようになった。 修二(亀梨和也)は本気で彼女(堀北真希)を心配しているわけではなかったが、退屈しのぎの「ゲーム」として、いじめられっ子の小谷(堀北真希)を人気者にさせる「プロデュース」をすることにした。

次の

逃げるは恥だが役に立つ 最終回直前 53話 ネタバレ感想 みくりの出産

逃げるは恥だが役に立つ 最終話

スポンサーリンク 逃げるは恥だが役に立つ42話のあらすじ 場面は百合ちゃんのマンション。 ゆりちゃんは、私も話したいので休日にゆっくり会おうと返信します。 ここで場面は変わり、新生活1ヶ月を迎えたみくり&津崎さんの経過報告会議へ。 率直な感想を聞かれたみくりは、 「えっとすみません…もやもやしてます…」と回答。 もやもやの理由は、家事分担でした。 津崎さんが家事をやり忘れていると、そっちの分担だよね?と思ってしまったというみくり。 そして、津崎さんのほうも、みくりの掃除の質の低下が気になっていたと言います。 問題は、「分担」にあるのではと考えたみくり。 「分担って実は結構やっかいじゃないですかね やって当たり前ってなって できてないとイラッとするっていうか… しかもそのできてない基準は自分の中の採点で相手にはわからないっていう」 分担があるから、気になることがあっても自分でやらずに、できていない相手を責めてしまう。 この「分担」問題について話し合う2人。 「正直 今 生活費多めに出してもらってるけど 私のほうが家事分担多いから当たり前って思ってあんまり感謝ないですからね」 「あー…最初から分担になってしまうと感謝がなくなって当たり前でしょって思ってしまうのか…」 分担を決めていることで感謝がなくなっているのが問題だと気付いた2人は、こんな結論に達します。 「なるほど 役割と義務ではなく 好意と感謝で生活を回していこうということですね」 2人で一人暮らしをしているようなイメージで、自分のことは基本、自分でやる。 でも、ついでに相手のこともしようと思った時は、必ず声をかけて確認する。 こうすれば、相手の家事をやることが義務にはならないので、やってもらったことにありがとうが言えて、イライラ・もやもやは減るだろうと。 こうして今月の会議は終了。 家庭という場所を協力して運営する共同責任者として、都度話し合いをしてお互いが楽になるよう最適化しようという津崎さん。 そこにみくりが、こんな質問を漏らします。 「いつの間にか月2回のハグがなくなっていることについてはどう思われますか」 これについては自分ももやもやしていたという津崎さん。 ハグを復活させようかという津崎さんに、みくりは新婚だからと、こんなおねだりをします。 「1日の最後寝る前にハグをしてもらうと1日の疲れも癒されるかと思うんですがどうでしょうか」 それを聞いた津崎さんの反応は… 「そういうおねだりはどんどん言っていきませんか むしろウェルカムです!」 頬を染めた津崎さん、みくりがおねだりをするならと、こんなおねだりまで飛び出しました。 「朝起こしたついでに…おはようの…チュウ的な…」 み「わー死ぬ!恥ずかしくて死ぬ!」 津「僕だってさっき殺されかけましたよ!」 と、ラブラブな2人なのでした。 そして場面は、休日に待ち合わせた百合ちゃんと風見さんへ。 「先日はモンスター退治をなさったようで…」 と、杏奈ちゃんの話を切り出す風見さん。 彼女と話して、ハッとさせられることがあったという風見さんは、百合ちゃんにこんな告白をします。 「僕は振られたあともまだ百合さんのことが好きでした でも いつまでもとらわれたままでいるのは自分がつらいし 断ち切らないといけないと思っています」 「だから あなたの気持ちが変わらないのであれば今ここではっきり言ってください そしたら僕はあなたをきっぱりとあきらめて この先二度とは口には出しません」 風見さんの言葉を、目を見開き、心臓をドキンドキンとさせながら聞いている百合ちゃん。 心のうちでは、こんなことを考えていました。 「これを振り払ったら本当にこれで最後なんだなとわかった たぶん彼と結婚することはないし 付き合っても遅かれ早かれダメになるんだろう 大人だからわかる だけど 周りに遠慮せず自分の判断で自由に生きて 失敗したらそれも ちゃんと受け止める それが大人ってもんでしょ あたしがなりたかったのは そういう大人でしょう」 そして百合ちゃんが出した答えは… 「あなたがいないとやっぱり寂しい あなたが好きなの」 たまらず百合ちゃんを抱きしめる風見さん。 モンスターの彼女に何か聞いたのかと尋ねられ、風見さんは杏奈との会話を思い出していました。 「風見さんは私にあの人が好きだって言うし あの人は私に風見さんが好きだって言うし じゃあなんで降ったの振られたの そういう話になるんだっていう」 「感情って影響されやすくて一瞬一瞬ころころ変わるじゃないですか だから大事なのはどのタイミングで何をするかってそれだけじゃないんですかね」 結果的には、杏奈ちゃんのその言葉がきっかけになって、風見さんと百合ちゃんはお互いの想いを確認できたわけです。 そしてキスを交わす2人。 みくりがいなくなったと聞いた風見さんは、 「じゃあ 泊まりにいってもいい?」と、お泊り提案。 そこであることに気付いた百合ちゃん。 スポンサーリンク 逃げるは恥だが役に立つ42話の感想 みくりと百合ちゃん、それぞれが収まるべきところに収まった!という感じの逃げ恥42話でした! いまだに敬語で話しているみくりと津崎さんですが、それでいてお互いにイチャイチャしたくて、頬を染めながらそれを会議で提案しているところにグッと来ますね。 みくりと津崎さんのカップルは、欲とか執着じゃなくて、信頼関係で結ばれてるってところがいいですよね。 欲じゃないから、ドロドロしたとこがなくて、すごく爽やか。 一緒に暮らしてるのに敬語で話して、会議もしているし、結婚というより同居に近い関係だけど、よそよそしさではないっていう、不思議で素敵なバランスだと思います。 逃げ恥はドラマも絶好調ですが、その理由は、この2人の「ムズキュン」なところが受けているからだという記事を読みました。 逃げ恥ドラマ、全部は見てないんですが、実写化ドラマにしてはキャスティングがすごくいいなと。 原作を読んでいて、ガッキー=みくりのイメージはなかったですが、可愛いは正義だから良し。 で、津崎さん役の星野源さん、最初にビジュアルを見た時は若干違和感がありましたが、ドラマで動いているところを見ると、理系男子な雰囲気がぴったり。 何よりイメージぴったりだったのは、百合ちゃん役の石田ゆり子さん。 まさにハマリ役!じゃないでしょうか! 個人的な感想ですが、原作を忠実に実写化というのではなくて、原作のイメージを損なわずに、上手に再構築してるなあという印象を持ちました。 話を漫画に戻すと、百合ちゃんと風見さんが、とうとうくっつきましたね~。 最終回となる次回43話では、ついに百合ちゃんが初夜を迎えるのか…!? みくりも百合ちゃんも、ハッピーエンドは間違いないであろう最終回、幸せな気持ちで読めそうです。 逃げ恥が終わってしまうのは寂しいですが、番外編掲載の予定もあるようなので、もう少し楽しませてもらえそうですよ~。

次の

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ 最終話

逃げるは恥だが役に立つ 前話 44話 ネタバレ みくりと平匡が結婚して2年半がすぎ、みくりは今年で30歳に みくりの部署には女性社員がおらず。 他部署の女子社員とランチをすることが多かった。 話題は産休の取りづらさに。 平匡さんの職場では所属する2課の次のプロジェクトが1課と合同になりそうだった。 1課は体育会系ノリで下ネタが日常茶飯事だった みくりは百合ちゃんと晩ごはんを一緒に。 別れたという百合ちゃんは店を出た後月の写真を撮って風見に送りたくなっていた 同じ頃、平匡さんと沼田さんたちとご飯をともにした風見さんも月の写真を百合ちゃんに送ろうかと考えて止めたのだった みくりと平匡さんはドタバタしていたので平匡さんの結婚指輪を買わずじまいだった。 買ってあげるというみくりだったが必要ないと平匡さん。 しかし後にこの指輪をしないことがトラブルになることに・・・ 逃げるは恥だが役に立つ 最新45話 ネタバレ感想 扉絵は平匡さん 冷めた目が怖い(笑) みくりのおめでた みくりは職場のランチで眠気がすごいと相談 もしかして妊娠ではと言われ帰宅して検査すると陽性反応が出た 帰宅した平匡さんに報告するが、平匡さんは予想外に冷静な反応 産婦人科でちゃんと検査してもらおうと言う 翌日、ランチでまた相談すると旦那の塩対応はあるあるだと盛り上がった みくりおめでとーーー!! せっかくめでたいことなのに会社の皆に陰口言われないかと心配してるの切ないですね 平匡さんの会社 ミーティングを終えた後、 一課の灰原がこの間昔CMでブレイクした芸能人が 今30半ばで久し振りにTVに出て劣化していたと騒ぐ 通りかかった同じ一課の雨山さんに灰原は 雨山さんは30半ばでも全然いけてるからねと笑顔 平匡さんは劣化とは品質や性能が損なわれることで 人間に使われる場合は老化という意味かと口を挟む 灰原は必ずしも老化ってわけじゃないんではと応え、隣りにいた一課の人間が見た目が衰えたってことかと続く 平匡さんは見た目が衰えるというのは通常より太ったり痩せたりってことかと反応 すると雨山さんは灰原課長がジム行けなくて痩せたと言っていたが、劣化したということなのかと口を挟むと 灰原は酷いーと女子のマネをする 平匡さん、ナイスフォローですね!!劣化ってたしかに。。。 老化とはまた違うし・・・ こういうとこエンジニアっぽいよね ブツブツ言いながら歩く雨山さんに大丈夫かと声をかけた平匡さん 雨山さんは話を聞いて欲しいとふたりで社内の休憩スペースでランチする 雨山さんは灰原課長がしんどい、下ネタ全開で話しておきながら いつも自分を引き合いに出してフォローしているつもりなのがイラッとするのだと 平匡さんは仕事に支障が出るレベルなら上に相談しようかと持ちかけるも 雨山さんは聞いてもらって理解してくれる人がいるとわかっただけでストレスは楽になったと応えた 指輪をしていない平匡さんの左手に気づいて、雨山さんは頬を赤らめた 体育会系のノリをホモ・ソーシャルっていうってはじめてきいた! 逃げ恥はほんと勉強になるわー 雨山さんが平匡さんに恋しちゃうのってトラブルの予感ですよね 灰原課長とのこともあるし・・・危険 平匡さんは女性から相談を受け、かつスムーズに話せたので人としてランクアップした気がしていた その日の夜 平匡さんはみくりに子供が出来たら全力でサポートするから安心してほしいと伝える みくりは違ーーーーぅと反応 サポートじゃなくて一緒に不安になったり喜んだり、勉強したりして一緒に親になってと伝える 平匡さんはみくりの言うとおりだと反省する やべーーみくりめっちゃいいこと言う ちゃんとこうやって言葉にできるのが凄い なかなかこんなふうにどうしてほしいか伝えられないよね こんな初期に気づけてすごいよ 沼田会でみくりとの事をを反省する平匡さん 沼田さんは平匡さんに子供が生まれたらあんまり来れなくなるから 新メンバーを入れようと提案。 百合ちゃんとかどうかという.

次の