札幌 ラーメン 桑名 東京。 北海道に行かずとも味わえる!東京都内の絶品「北海道ラーメン」7店

まるで“情熱大陸”! 札幌の超人気ラーメン店『桑名』が東京に上陸

札幌 ラーメン 桑名 東京

東京進出に向けて意気込む高桑絵美子さん=札幌市中央区で2017年11月16日、源馬のぞみ撮影 名物みそラーメンが人気で創業28年目を迎えた札幌市の「さっぽろラーメン桑名」が、東京に進出することになった。 28日に板橋区常盤台に出店する。 社長の高桑絵美子さん(69)は「亡き夫と目指していた夢。 東京でも自分たちの味が通用するか試してみたい」と新たな挑戦に意欲を燃やしている。 北海道旭川市出身の高桑さんは夫佑吉さんと東京で中華料理を学び、地元に戻って中華料理屋を営んでいた。 親族の保証人となって3600万円の借金を背負い「どん底だった」ときにひらめいたのが、当時ブームとなっていたラーメンへの転身だった。 1990年9月、札幌市西区の琴似駅前で「桑名」を開店。 佑吉さんと2人でスープを研究し、改良を重ねた。 当初来客はまばらだったが、テレビや雑誌で紹介されて3カ月を経ずに行列ができるほどになった。 借金は5年で完済。 佑吉さんや子どもたちと協力して、札幌市内に道庁前店など3店舗を構えるようになった。

次の

さっぽろラーメン 桑名 東京常盤台店(地図/板橋/ラーメン)

札幌 ラーメン 桑名 東京

ときわ台駅近くにある「 さっぽろラーメン桑名」。 2017年にオープンした札幌時計台の有名店です。 女性店主ほぼお一人で頑張っていましたが、腱鞘炎で今年に入ってから営業時間を短縮して運営していました。 おばあちゃんのピンチを助けるために奮闘する姿が話題になりつつあります。 お店に向かって左は、東上線・ときわ台駅が近いです。 右側は環七へと続きます。 店内にはカウンター席、 それにテーブル席が2つあります。 メニュー。 王道の味噌の他に正油、塩、とんこつ味も。 札幌からやってきた花穂(かほ)さん。 お話を伺うことができました。 でも、せっかく叶えた東京進出の夢を1年で終わらせたくないって思ったんです。 卒業はするつもりなので、高卒認定試験を受けます。 でも、おばあちゃんを応援したかったから。 いつか一人前になったら、このお店を継ぎたいと思ってます。 ……… 正直に言えば、学校の休みを利用して、東京に遊びにきたついでにお店を手伝うみたいな話かと思っていました。 でも、まだあどけない印象のお孫さんから、決意のようなものが伝わってきて、僕は撃ち抜かれたような衝撃を感じました…。 桑名の公式ツイッターでは、その想いをストレートな言葉で発信されています。 本日終了しました! 今日も沢山のお客様で嬉しいです🌟 猛暑の中来て頂きありがとうございました! 今日は私が東京に出てきた理由を書きました。 店主(おばあちゃん)が初代、札幌のお店を守るお母さんが2代目、そして花穂さんが3代目になるんですって。 当初、花穂さんは750円ぐらいで出そうとしていたそうですが、札幌のお母さんに相談すると、「 17歳なのに甘い!」と一蹴されて600円になったのだとか(笑) トッピングにどことなく感じる若いセンス。 白湯スープにピリリと感じる黒の辛さ。 オリジナリティあふれる一杯。 札幌でもお店を手伝っていた花穂さん。 もともと作るのが好きみたいで、「 これからもいろいろ考えて、どこにもないラーメンを作りたい!」と張り切っていましたよ。 店主さま(おばあちゃん)にも、そっと聞いてみました。 責任を感じるね。 本当に来ると思ってなかったしさ。 本当は寂しくてさ、花穂が来てくれて気持ちが明るくなったよ。 花穂は力仕事でも、自分から進んでなんでもやろうとする。 それに研究熱心で死んだじいさんにそっくりだ。 店主(おばあちゃん)は、厳しく指導して今までの味は変わらないようにする、と言ってましたが… 花穂さんの話をする時は、込み上げてくる嬉しさがあふれ出ていました(笑) 71歳と17歳で運営するラーメン屋さん。 これからも目が離せませんね。 最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

次の

高桑絵美子と花穂が営む東京都板橋のさっぽろラーメン桑名の場所やアクセスは?

札幌 ラーメン 桑名 東京

ラーメン好きであれば誰もが知っている人気ラーメン店「 さっぽろラーメン桑名」さん。 その人気ぶりはもちろんですが、もっと驚きなことがあります。 なんと現在の 店主&経営者は 高桑絵美子さんという方で、 ご主人が亡くなられてから上京してラーメン屋を始めたというスーパーお婆ちゃんです。 都内でラーメン屋を始めた当初は、厨房では高桑さんお一人で全て切り盛りされておられました。 現在はご高齢ということもあり、お孫さんが助っ人として高桑さんのピンチを救っておられるようです。 今回はそんなスーパーお婆ちゃんの高桑絵美子さんのお店 「さっぽろラーメン桑名」の人気の秘密や 上京した理由、 お孫さん 花穂 のことなどについて調べてみました! 記事タイトルは「札幌ラーメン桑名」としてますが、正式には「さっぽろラーメン桑名」で、平仮名です。 是非最後までご覧下さいね。 さっぽろラーメン桑名を高桑さん一人で後を継いだ理由が知りたい! 高桑絵美子さんは、ご主人と北海道札幌で中華料理店を経営されていましたが、将来的にはお二人で都内でお店を持つのが夢でもあり、約束でもあったそうです。 ご主人の名前は 高桑佑吉 たかくわ ゆうきち さんで、1971年 昭和46年 に 24歳のときに絵美子さん 当時23歳 と結婚されました。 高桑佑吉さん ご結婚されてからお二人で都内の中華料理店でラーメン作りの修行もされたそうで、北海道に戻ってからは旭川市で念願の中華料理店を開業しました。 お店も順調にいっていたところでしたが、親族の保証人になってしまい、その 借金約3600万円! 返済に困り果てた高桑夫妻は、その当時のラーメンブームに乗っかる形で1990年9月、札幌市西区の琴似駅前で「桑名」を開店しました。 これが大成功で、開業して3ヶ月足らずで行列が出来るほどの大人気店に! 莫大な 借金も5年ほどで完済できたほど。 しかしながら、ご主人は2013年に他界されております。 下は「さっぽろラーメン桑名」のHP記載の「お知らせ」です。 「裕也」さんというのは息子さん? ではないかと思われます。 この記事のトップ画像の左側の女性ですが、拡大したものを掲載しますね。 この下の方ですが、美味しいラーメンを食べられて、しかもこんな可愛らしい方にも会えるなんて、看板メニューの味噌ラーメンでも980円なんて安い!! お孫さんの花穂さんが お店を手伝うようになったのは2年ほど前からです。 きっかけは高桑さんが年齢から腱鞘炎 けんしょうえん になってしまい、それを見かねたお孫さんが手伝うようになったとのこと。 しかも、高桑さんは去年12月から体調を崩し、店の営業時間を短縮されています。 追い打ちをかけるように札幌駅の階段から転げ落ちて全身を強打されたそうです…。 【関連記事】 さっぽろラーメン高桑の場所と営業時間が知りたい! 「さっぽろラーメン桑名」は、名前の通り 本店は札幌にあり、その 分店が東京都板橋区にあります。 一つ注意事項としては板橋区の 常盤台店では焼き餃子の取り扱いがありません 時計台通本店のみ。 当時は1杯700円だったそうなので、単純計算で一日あたり28万円の売上ですね。 ということは、月25日営業したとすると、ざっと700万円…。 今は1杯800円~900円で提供されていますし、本店と分店の2店舗ありますから、もう想像がつかないくらいの売り上げでしょう。 実はまだ食べたことがないので、近いうちに行ってみたいと思います。 高桑さん、お身体を大事になさって下さいね! 今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の