ひさ ひと さま 目。 「ひさ」の索引 1ページ目

悠仁さまの机に刃物、56歳男を逮捕 建造物侵入の疑い:朝日新聞デジタル

ひさ ひと さま 目

即位を祝う一般参賀で、手を振られる天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、長女の眞子さま、次女の佳子さま=2019年5月4日、皇居(写真=時事通信フォト) 学力も身体能力も優れた帰国子女 今年2019年5月、令和の時代が幕を開け、私たちが長い間「皇太子(プリンス)」、「皇太子妃(プリンセス)」として馴染んできた浩宮さまと雅子さまが、それぞれ新天皇、新皇后となった。 新天皇の弟、秋篠宮さまは皇位継承順位1位となる皇嗣の地位に就き、秋篠宮さまと紀子さまの長男、悠仁(ひさひと)さまが皇位継承順位2位となる。 秋篠宮家は「皇嗣家」だ。 雅子さまと紀子さま、90年代に誕生した2人のプリンセスは2人とも一般家庭出身とはいえ、海外経験のある帰国子女で、学力にも身体能力にも長じ、高い教養と品格を備えた、時代に即したプリンセス像だった。 だが皇室に入ってからは明暗がくっきりと分かれた。 かたや「お世継ぎ問題」や「人格否定」のプレッシャーで長年「適応障害」を患い、こなた姑たる美智子上皇后と良好な関係を結んで公務も雅子さまの分までこなし、お世継ぎとなる男子が生まれないではないかと一般世間ぐるみで焦る皇室にあっと驚く見事なタイミングで男子をもたらした。 皇位継承権を持つ子を産んだかどうかという点から見るならば、「皇統」なるものに自らのDNAを残さなかった女性と、残した女性という見方もできる。 そして2人は今年それぞれ、令和の皇后と、将来の天皇の母となった。 長男の不器用な嫁と次男の器用な嫁 2人は、実は54歳と52歳で共に「均等法」第一世代だということに、私たちはふと気づくのだ。 だからなのだろうか、彼女たちの結婚までのキャリアももちろん、結婚後の苦悩のあり方にも、均等法以降の世代の女性は、どこか自分自身をなぞらえていたような気がする。 2人のプリンセスのキャリア観、女性観、子育て観、そしてそれが世間に賞賛されたり、ひどく安易に手のひらを返して批判されたりという姿を見ながら、私たちは「女ってなんだろう」を考えていたような気がする。 「皇室」で起こる出来事にまるで親戚かのようにアンテナを張ってあれこれと口さがない世間の(こういう皇室評論家めいた赤の他人たちを男女問わず『エア姑』と呼ぶらしい)、ロイヤルファミリーに無邪気に憧れる気持ちが裏返った、品のない意地悪さに嫌気が差しながら。 だがその「戦い方」を見て、働く女性にはどこか紀子さまよりも雅子さまに共感し、応援するひとが多かったのだ。

次の

紀子さまの悲願! 悠仁さま「東大入学計画」が始動 成績は「中ぐらい」だが…

ひさ ひと さま 目

5990• 294• 382• 130• 115• 231• 100• 698• 126• 232• 540• 275• 152• 179• 237• 119• 109•

次の

「日本とすごく似ている」悠仁さまブータン訪問 “初海外”で見えたご成長ぶり

ひさ ひと さま 目

悠仁さまは友達がいない? お茶の水大付属中学校に通い始めた悠仁さま。 未来の天皇としてその一挙手一投足に国民の注目が集まっています。 しかしながら、その学生生活は私たちが想像しているよりもずっと寂しいもののようです。 宮内庁関係者によると、 悠仁さまには親しくしているご学友がいないんだとか。 学校内外で遊んだりするお友達もいないようで、学校から帰宅されると宮内庁の職員がお相手をすることが多いそうです。 小学生の頃には、学校から帰るとカードゲームをすることが多かったという悠仁さま。 ゲームに負けると機嫌を損ねて感情を露わにすることが多かったため、相手をする職員が わざとゲームに負けていたという子供らしいエピソードもあります。 上皇さまも天皇陛下も、ご学友とのエピソードがありましたが、悠仁さまはそれに比べるとぼっち感が否めませんね… 小学校ではいじめに紀子さまが抗議? ぼっちの噂がある悠仁さまですが、実は小学生の頃に 仲間はずれにされていたという情報があります。 お茶の水女子大学附属小学校に通っていた悠仁さまですが、校内では お友達から遊びに誘われることがなく、仲間はずれのような近い状態だったと言います。 紀子さまが学校へ抗議? お茶の水小学校で紀子さまはPTAの役員に参加されていました。 そしてなんと、小学校1年生2学期末の保護者会で、紀子さまが挙手しこんな発言をされたのです。 悠仁さまぼっち化の原因は 親しいご学友がおらず、 ぼっち化している悠仁さま。 その原因を探ってみたいと思います。 ネット社会 悠仁さまに友達ができないのは、現代の ネット社会が原因の一つになっていると考えられます。 悠仁さまは現在中学校1年生。 中学校1年生ともなれば、周りのお友達もスマホやPCを所有してインターネットに触れているはず。 ネット上での皇族の噂も当然目にしていることでしょう。 これが上皇さまや天皇陛下、ご両親の学生時代と大きく違う点です。 「悠仁さまと仲良くすれば自分の情報がネットに漏れる可能性がある」と考える子もいるでしょうし、親御さんから関わり方について注意を受けている子もいるはずです。 そうなると関わるのにも腰が引けちゃいますよね… イマドキの子とは合わない? 悠仁さまぼっち化のもう一つの原因として考えられるのは、単純に イマドキの子供と価値観が合わないということ。 上皇さまや天皇陛下の学生時代は、学習院に通っている生徒たちはお嬢様・お坊っちゃまばかりで皇族とお話も合ったことでしょう。 しかし、現代はいくらお茶の水に通っている中学生とはいえ、なかなか皇族の悠仁さまと価値観が合う子も少ないと考えられます。 また、これまでの皇族と違い学習院に通っていないというのも大きなポイントでしょう。 学習院に比べてお茶の水の方が生徒が公立校に近い価値観を持っているのかもしれません。 そのため、生徒も保護者も悠仁さまと積極的に関わることを避けている可能性もあります。 小学校からの持ち上がり もう一つ考えられる原因は、 小学校からの持ち上がりです。 小学校時代に仲間はずれにされていた悠仁さまですが、中学校はそのまま 内部進学となりました。 つまり、同級生の顔ぶれはあまり変わっていないということ。 私たちの生活で考えても、小学校の時いじめられていた子は中学校もそのまま…ということは多かったですよね。 これを考えると、悠仁さまもお茶の水の中でお友達を作ったりクラスメイトと交流を深めていくのは難しいかもしれませんね… ただ、お茶の水は高校から女子校となりますから、内部進学はできません。 嫌でも今のクラスメイトたちとは離れ離れになります。 原因はネット社会や内部進学、学習院ではなくお茶の水を選んでしまったことなど様々な角度から考えることができますが、高校からは外部進学になり環境も変わるでしょう。 私が言うのもおこがましいですが、楽しい学生生活を送っていただきたいですね。

次の