正中線 妊婦。 【助産師監修】正中線とは?妊娠中にお腹にできる黒い線。

産後の濃い正中線、いつ消える?自宅でできる正しいケアのやり方は?【経過観察あり】

正中線 妊婦

妊婦のお腹の黒ずみ正中線とは?その原因は? お風呂に入っていた時に気づいた、おヘソをまたいで縦に1本入った黒い線。 上の画像の方もうっすらですが、おへそをまたいで黒っぽい線が入っているのがわかりますか? 私にも、こんな線がいつの間にかできていたんですよね。 初めて気づいた時には「ん?こんな線あったっけ?」と驚きました。 この正中線に気づいたのは妊娠周期20週。 妊娠6ヶ月目です。 でも早い人だと、安定期に入ってすぐの妊娠5ヶ月くらいで気づく人もいるみたいですね。 お腹の正中線は妊娠前から存在していた! 実はこの正中線、妊娠したから新たにできるものではないみたいです。 正中線は、男女関係なく元々あるもの。 生まれながらにみんなが持っているものなんです。 正中線は私たちが胎児の頃、細胞分裂していた時の名残りだといわれています。 普段は全く目立たない正中線ですが、 妊娠でお腹が大きくなり皮膚が薄くなることによって目立ち始めるみたいですね。 正中線が黒ずむ原因とは? お腹の皮膚が伸びることで、妊娠中に目立ってくる正中線。 でも、少しずつ色も黒っぽくなってきている気がしてたんですよね。 調べてみると、このような黒ずみにもしっかり原因がありました。 正中線は、妊娠することによりホルモンバランスが変化し、メラニン色素が蓄積しやすくなるようです。 つまり正中線が黒ずんで浮き出てくる原因は、以下の2つ。 腹部が急に大きくなり皮膚が薄くなること• ホルモンバランスの変化によるメラニン色素の沈着 ちなみに妊婦さんの乳首が黒ずんでくる原因もこのホルモンバランスの変化によるメラニン色素の蓄積のようですね。 正中線と妊娠線の違い 正中線を発見した時には、「コレも妊娠線なのかな?」と勘違いしてました。 でも、私のイメージしていた妊娠線て以下のような特徴だったんですよね。 おへその下にできるヒビ割れのような線• おへその下に広範囲でできる• 色は黒というよりもどちらかというとピンクや白っぽい色 ということで、黒っぽく真っ直ぐにおヘソの上までラインが入る 正中線は妊娠線の仲間ではないみたい。 調べてみると、メラニン色素が原因の正中線に対して、妊娠線は単純に皮膚が裂けてしまうことで起きる現象。 急激に大きくなるお腹に付いて行けずに皮膚が裂けてしまうことで起こるのが妊娠線なのです。 正中線は消える可能性大!でも妊娠線は消えない! また妊娠線と正中線の大きな違は、一度できてしまった時に「消える」か「消えないか」という点。 正中線の場合、 産後半年〜1年ほどかけて色素が薄くなりほとんど目立たなくなるという人も多いようです。 (ただし、正中線の消え方にも個人差があり長期的に残る人もいるみたい。 ) 一方の妊娠線は、皮膚が裂けてしまっている状態なので薄くなることはあっても、完全に元に戻ることはないみたいです。 そのため妊娠線は気にする人も多く、妊娠中からクリームなどでケアする人も多いようですね。 妊婦の黒ずみをできるだけ早く消したいならクリームでケア! 妊娠による正中線が消えるタイミングには、個人差があります。 それでも多くの人は 産後半年〜1年ほどで薄くなって消えていくそうです。 そのため妊娠線のように、気にしなくてもいいのかなと思います。 でも、出産の時期によっては早く正中線を消したいという人もいますよね。 妊娠線ケア専用のクリームはたくさんあるけど、正中線ケア専用のクリームってないのかな?と探していたところ見つけましたよ! 正中線対策にメイド・バイ・マムってアイテムがあったよ。 正中線専用ケア用品として見つけたのが メイド・バイ・マムです。 お腹の黒ずみ以外にも、乳首やワキなど 妊娠中に黒ずみが気になる部分にも利用できます。 2人目や3人目を考えている人や、できるだけ体を妊娠前の状態に戻したいという人はケアしていくことをおすすめします。 妊娠中は体の変化が気になるけどケア次第で元に戻る! 妊娠は赤ちゃんが生まれてくる前の、幸せな時期ですよね。 でも妊娠中は体型が大きく変化したり、黒ずみができたりでショックな出来事も多いものです。 それでも現在ではそれぞれのお悩みに合わせたケア用品が登場しています。 しっかりケアをしてあげれば、妊娠前の状態に戻る可能性は高いわけですよね。 1年くらいで元に戻ることが多いと言われている正中線は、妊娠線ほど気にする必要はないのかもしれません。 それでも気になる人は、妊娠中からしっかりケアしていくと安心ですね。

次の

妊娠線とは?妊娠線ができる原因と、かゆい時の対処法3つ

正中線 妊婦

そもそも正中線とは何なのでしょう? 正中線は 、妊娠中期から後期にかけてできる、おへそを中心に上下に伸びる黒い線のことです。 でき方には個人差があり、私のように濃く出る人から薄くしか出ない人まで様々ですが、 約7割の妊婦さんにできると言われています。 正中線は見えないがもともとお腹にあるもの 黒くなって初めて存在に気づく正中線ですが、そもそも正中線は 男性・女性関係なく、誰もが持っているものです。 正中線は 「細胞分裂の名残」の一つといわれているもので、他にも、鼻の下の溝やあごの割れ目なども同じ細胞分裂の名残だそうです。 正中線は妊娠するまでは白か透明であるため、その存在に気づくことはほぼありません。 なぜ黒くなるの? 妊娠すると、赤ちゃんを守るため身体のホルモンバランスが劇的に変化します。 妊娠継続に必要なホルモン 「プロゲステロン」がメラニン色素を増やす働きを持っているため、正中線が黒くなってしまうというしくみです。 下記サイトの説明が分かりやすかったので、引用させていただきます! プロゲステロンは、赤ちゃんが育ちやすいように子宮内の環境を維持する働きを担っていて、妊娠中のママにとっては非常に重要なホルモンです。 しかし、このプロゲステロンは、メラニン色素を生成する「メラノサイト」という色素細胞を刺激してメラニン色素を増やす働きも持っているのです。 よって、プロゲステロンの分泌量が増えれば増えるほどメラニン色素が多く蓄積されて、もともと存在していた正中線に色素沈着が起こり、黒ずんで目立つようになってしまうのです。 ( 【助産師監修】正中線とは?妊娠中にお腹にできる黒い線。 )より このメラニンを作る働きも個人差があるため、正中線の濃い人・薄い人がいるということですね。 妊娠中はシミや日焼けにも注意! このように、妊娠中はメラニンの生成量が増えてしまうため、もともとあるシミが濃くなったり、日焼けしやすくなったりしてしまいます。 そのため、いつも以上に紫外線ケアや美白対策をしなければいけません。 私自身、顔にあったシミやそばかす、脇の黒ずみまでもが濃くなってしまいました。。 でも、妊娠中ってつわりやマイナートラブルも多く、完璧には対策しきれなかったという方も多いのではないでしょうか? 正中線は消える? 結論からいうと、 正中線はいずれ消えます! 正中線は、妊娠中のホルモンバランスの変動で濃くなったものなので、産後、 通常のホルモンバランスに戻る間に次第に薄くなり、自然に消えていくそうです。 ただし、消えるまでの時期も個人差があります。 早い人で数カ月、遅い人では1年以上かかった人もいるようです。 少しでも早く消えるように、自分でできるケアはあるのかな? 自宅でできるケアにはどんなものがある? ここからは、自宅でできる正中線ケアをまとめました。 基本的には、 シミ・そばかす対策などと同じです。 生成してしまったメラニンは消えませんので、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促してあげることが中心になります。 ビタミンを積極的にとる 皮膚を健康に保つ働きのあるビタミンA、メラニン分泌を抑える働きのあるビタミンC、代謝をUPさせる働きのあるビタミンB群などを中心に、亜鉛、ビタミンEなどもバランス良く摂取するようにしましょう。 牛肉やフルーツ、サプリメントなども利用するといいですね! 母乳育児の方は、サプリメントを摂取する前に「授乳中でも飲めるかどうか」を確認しましょう。 質の良い睡眠をとる できるかぎり質の良い睡眠をとるようにしましょう。 寝てる間に肌のターンオーバーが促されます。 産後のママは、夜中の授乳などで寝不足になりがちです。 なかなか質の良い睡眠を取るのが難しいところもありますが、パパや家族にも協力してもらって、少しでも休める環境を作りましょう。 産後すぐは安静にするべきと言われています。 体力面でもきちんと休めるように協力してもらおうね! 正中線にも使えるクリームや美白クリームを使う 保湿は必ず行うようにしましょう!保湿は肌のターンオーバーを促してくれます。 お肌が乾燥してしまうと肌の摩擦が多くなり、黒ずみの原因を作ってしまうことになるのです。 妊娠中の方なら、妊娠線対策で保湿を頑張っている方も多いと思います。 引き続き保湿を頑張りましょう! 顔やボディー用の美白クリームをお持ちの方は、朝と夜の2回、または乾燥が気になった時などに塗るようにしてみましょう。 美白効果が期待される成分 「トラネキサム酸」「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」などが含まれたものを使うとよいと思います。 メイドバイマムは正中線にも使えるクリーム 正中線などに特化した、妊婦さんのためのケアクリームがあるのをご存知ですか? 「メイドバイマム」は数少ない正中線予防&ケアができるクリームです。 メイドバイマムのすごいところは 、妊娠線ケアクリームとしても使えるところ。 妊娠中から使用すれば、1本で妊娠線と正中線の予防が出来てしまうのです。 とりあえずこの1本を塗っておけば安心できますね! 妊娠線ができやすい人と、正中線ができやすい人はそれぞれ違うのですが、自分がどっちのタイプなのか、分かっている人はいないですよね(^^; さらに、どちらのタイプであっても、 出来てしまってからケアするより予防した方がはるかに効果的です。 下記の引用は、メイドバイマム公式サイトに掲載されている配合成分一覧です。 【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム 【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム 2 、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス 1 、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2-ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E. )、1,2-ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水 「 トラネキサム酸」「 グリチルリチン酸ジカリウム」 「サクラ葉抽出液」「オウゴンエキス」「カモミラエキス 1 」「ダイズエキス」 は美白効果が、 「ヒアルロン酸ナトリウム 2 」「シロキクラゲ多糖体」「ローズ水」「乳酸ナトリウム液」などはには保湿効果が期待できるとされています。 もちろん新生児と上の子のお世話もあるため、なかなか質の良い睡眠はとれずにいますが、できるだけ日中休める時間があれば休むようにしています。 産後の体型戻しも兼ねて、食事は野菜やフルーツを多く摂っています。 母乳育児をしているため、食事を減らすダイエットはしていないです。 ケアしていることで気持ちが楽に【!お腹の写真あり!】 まだまだ産後一カ月のため、正中線はしっかり残っています。 しかし、 毎日ケアを頑張っているおかげで、不安に思う気持ちは少なくなりました。 今後、ここの記事で経過観察をアップして行きたいと思います! 先月の反省もふまえて、頑張って朝晩クリームを塗りました。 1人目の産後の時は、とにかく新生児のお世話に必死になりすぎて、ケアを全くやりませんでした。 しかし、ふとした瞬間に自分の身体やお肌を見て 「あれ?老けた・・?」って思うことも増えました。 やっぱり、なるべくなら きれいなママでいたいですよね。

次の

妊娠中にできる正中線っていつからできる?原因は?妊娠線の違いは?

正中線 妊婦

Sponsored Link 妊娠線と間違える正中線って? 妊娠線は、お腹や、太もも、おしりなど、急激に皮膚がのびることによっておこる、肉割れ線です。 基本的には、妊娠線ができてしまうと、もとには戻らないといわれています。 (もちろん、薄くはなるようですが、完全に消えるということはなさそうですね) そこで、 正中線ってご存知でしょうか?? お腹真ん中にできる線なんですが、もともと、小さい時から正中線がある人もいます。 おへそから、上下に一本線が伸びています。 (茶色だったり、黒っぽかったり) 小さい時から正中線がある人もいれば、成人して太ったりやせたり、ホルモンバランスの変化で、できてしまう場合もありますが、 産まれながらにしてみんな正中線はあります。 ただ、目立つか目立たないかの違いのようです。 この正中線は、受精して細胞分裂をしているときの名残で、お腹や、鼻の下など、接合部があるのです。 アゴが割れている人もこの名残といわれています。 妊娠するとホルモンの変化でメラニン色素の分泌がとっても多くなります。 そのため、シミや体の黒ずみも増えますし、正中線もはっきりとしてきます。 (もちろん個人差はありますが) なので、これは妊娠線と違って男女関係なくみんなあるものです 正中線は消えるの?? 正中線は、妊娠線と違って、皮膚が伸びたためにできたものではないので、 出産し、メラニン色素の分泌が正常になってくると、消えてしまったり、目立ちにくくなります。 これが、どれくらいの期間で消えたり目立ちにくくなるのかっていうのは、 個人差があるようですが、だいたい、半年~1年くらいのようです。 どうやら、気にせず、子育てしていると、きづいたら、消えていたって人が多いようです。 これは、乳首やワキ、太ももの付け根などの黒ずみも、気が付いたら元に戻っていたって人が多いです。 ちなみに正中線の周りの産毛が濃くなるっていうのも、ホルモンバランスのしわざのようです。 <追記> 正中線のその後・・・.

次の