に ちゃん。 ちゃん

TVアニメ「宇崎ちゃんは遊びたい!」公式サイト

に ちゃん

女優の石原さとみさんが主演を務める、連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の第1話が7月16日、放送された。 SNSでは、新人薬剤師の相原くるみ役を演じる西野七瀬さんが「可愛すぎる」「なーちゃんがいる病院どこ?」などと盛り上がりを見せた。 ドラマは、石原さん演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部・病院薬剤師の葵みどりが、患者に真摯(しんし)に向き合う姿を描く。 第1話では、薬剤部にやって来たくるみが、みどりの仕事ぶりを見ながら、病院薬剤師の仕事を学んでいく過程が描かれた。 西野さん演じる新人薬剤師のくるみは、髪をポニーテールに束ね、関西弁を話す。 登場にSNSでは「ポニテなーちゃん可愛すぎる問題」「関西弁可愛すぎた」「顔面強すぎ」といった声が続々と上がっていた。 また、西野さんと連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、2019年)シリーズで共演した田中圭さん、金澤美穂さん、前原滉さんも出演。 気づいた視聴者の「なんかもう色々あな番やな(笑い)」「他にも出てくることを期待してしまう」「人殺されそうでハラハラする」などのコメントも見られた。 ドラマは、マンガ誌「月刊コミックゼノン」で連載中の荒井ママレさん作、富野浩充さん医療原案のマンガ「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」が原作。 病院薬剤師を主人公とした連続ドラマが制作されるのは初めてとなる。 タイトルの「アンサング」は「褒められない」という意味で、縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として患者のために奮闘する病院薬剤師たちを描く。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

菌ちゃんふぁーむネットショップ

に ちゃん

今回の舞台は、広島県東広島市安芸津町。 実はこの土地は長らく日本酒造りには不向きと言われてきました。 その理由は「水」。 日本酒造りにはそれまで「硬水」が向いているとされていましたがこの地の水は「軟水」だったのです。 そんな中、酒造家、三浦仙三郎が1887年、軟水からの日本酒造りに成功。 後の「吟醸酒」誕生に多大なる影響をもたらしました。 今や屈指の酒どころ、広島で出会うのは女性杜氏が造る酒、今田酒造本店の「富久長」。 148年続く酒蔵を33歳で継ぎ、更なる高みへと今も勉強の日々。 そこにはふるさとで酒造りへの、熱き思いがありました。 そして今回も広島の地元名物とのマリアージュを楽しみます。 続きは本編で是非お楽しみください。 c ワタナベエンターテインメント 今回の舞台は青森県八戸市。 イカやヒラメなどの漁獲高では、全国でも指折りの八戸漁港があるこの地で、石ちゃんが出会ったお酒は「フレッシュ」かつ「シュージー」と、今、女性の間で大評判の「陸奥八仙」。 その銘酒を醸す八戸酒造は流通の要となっていた新井田川のほとりにあって、創業は江戸時代。 その建物は国の有形文化財にも登録されています。 実はこのお酒、若い兄弟が醸しているのですが、今日に至る道のりは決して平坦なものではありませんでした。 そして今回も、家族の想いを受け継ぎ進化したその銘酒と、地元ならではのグルメとのマリアージュを石ちゃんが堪能します。 続きは本編で是非お楽しみください。 c ワタナベエンターテインメント 今回の舞台は茨城県筑西市。 日本酒造りにおいて重要な役割を担う酵母、そんな酵母をとことん突き止めた酒蔵が「来福酒造」。 今回は日本酒のミクロな世界に飛び込みます。 どの酵母をどう使うかで味や香りが変化し、すなわち個性となります。 現在、大半の酒蔵が日本醸造協会が提供する「きょうかい酵母」を使っているのですが、こちらの来福酒造は花からとった酵母で日本酒を造っています。 花酵母の研究が始まったのは1998年。 来福酒造では13種類の花酵母で日本酒造りをしてきたのですが、そこには知られざる苦労がありました。 そして今回も日本酒と意外な食べ物をマリア-ジュ。 これがまた新発見。 続きは本編で是非お楽しみください。 c ワタナベエンターテインメント 毎週毎週、この番組を楽しみにしておりました。 久々にハマりました! 仕事柄、北陸にはよく行って、富山、石川の地酒を美味しく頂き喜んでいたんですが、今はこの番組で知った福井のお酒に、カミさんと二人でおおハマりです。 この番組のお陰で、今までの日本酒への固定観念がふっとびました。 味わいがこんなに進化してるんですね。 それぞれの酒蔵での醸し方、社長や杜氏さんの想いや御苦労、人柄を知ることで、さらに味わいにも深さが増しました。 そして過酷ロケで体調は心配でしたが、酔い潰れそうになりながらも"響くコメント醸し人"石ちゃんのプロ魂が最高!石ちゃんだから見てました。 ありがとう、石ちゃん! また早々にアマゾンプライムに帰ってきて下さい。 首をキリンにして待ってます!! 第1話が【獺祭】ですし、そこで眉をしかめるむきに向けて作られた番組ではないですね。 シリーズの「つかみ」としての序盤の蔵のセレクトは、蒼々たる有名蔵ですし、紹介されるお酒もハイエンド寄り、合わせられるお料理も高級料理なので… 蔵の人の人となりや、各蔵のお酒造りのハイライトを軽やかに楽しく上手に引き出しているところは、素晴らしい けど、ちょっとマンネリ化の危険性が高いかな~ と、感じていましたが、第6話【富久長】で、カアジュアルな方向性も見せてきました。 お好み焼きに合わせた亀齢の吟造り純米なんて、スペシャリテ方向のお酒では全然ありません。 それどころか、メディアに取り上げられる種類のお酒でもないと思います。 本当の意味での地元のお酒「地酒」です。 こうなってくると、先が楽しみです。 私は日本酒はあまり飲めるほうではなかったし、そういう機会もなかったのですが、 この番組を見てて、日本酒にとても興味が湧くようになりました。 石ちゃんの食べっぷり、飲みっぷりを見てると、自分もその美味しさをわからうようになりたい!と思うのです。 考えてみれば、いままで安い居酒屋で安いお酒しか飲んでなかったので、 ちゃんとしたものを飲めば、自分もその魅力がわかるかも?と思って、 先日、獺祭のお試しセット買ってみました。 この番組で興味持ったのだから、せっかくだから石ちゃんが巡った酒蔵さんの銘柄を追いかけてみようかな?と思ってまずは獺祭です。 また、酒蔵さんの色んな考え方やお話を聞けるので、 ビジネス的というかもの造り的な観点でも非常に面白いです。 何というか、日本酒って歴史も古いものですし、もっとお堅いイメージがあったのですが、 この番組で訪れる酒蔵さんを見てると、伝統は大切にしながらも、もっと柔軟な考え方で挑戦し続けるスタイルに驚かされます。 日本酒ってどれぐらい歴史があるのかは知りませんが、今現在も私たちと同じ時代に生きてる人の手によって 進化し続けてるものだという事を知りました。 あと、個人的には、 シーズン2があるのだとしたら、 18~20に登場した、書道家の風花さんをレギュラー化、もしくは準レギュラー化してくれないかな・・・? 石ちゃんはもちろん、日本酒先生もいいキャラで、あの二人のコンビも味があって良かったですが、 やっぱり、かわいい人が美味しい料理と美味しいお酒で幸せそうな表情を浮かべてる所を見ると、見てる側もホッコリします。 18~20ですっかりファンになっちゃいました。 石塚さんもスタッフさんもバラエティに寄り過ぎず、上手に日本酒の美味しさや酒蔵の良さを伝えている。 また、日本酒と合わせる料理も日本酒の細かな味にこだわる酒蔵の社長だらこそ知っている「おいしい」お店が 紹介されており、地元の特産品を使った料理などが登場する。 見ていて「おいしそう!」ではなく、おもわず食べてもいないのに「おいしい!」と言ってしまったほである。 また、石塚さんは地上波のグルメ番組で「本当においしい時は「まいうー」じゃなくて「おいしい」と言っちゃう」と言っていた。 もちろん、バラエティ要素を出すために本当においしくても「まいうー」と言っているんだろうなと感じる時もあったが、 ある回では「まいうー」の言葉は一切出ず「うまい」「おいしい」をのみを発していて、 「本当に心のそこからおいしいと思っているのだな」と感じた。 日本酒が今すぐ飲みたくなる番組である。 また、石塚さんのキャラクターもバラエティに寄り過ぎず、見ていて楽しい雰囲気にさせてくれる。 番組で飲まれてる日本酒全て飲みたくなりました。 菊姫を除いて。 番組が長くなるとマンネリ化するとは思いますけど、それでも飽きず最後まで観られたのは石塚さんの笑いだったり造り手皆さんの熱い思いがすごく伝わってくる番組になってたからだと思います。 石ちゃんが飲んだり食べたりするのを観てるとこっちも幸せな気持ちにさせてくれましたし、造り手の皆さんの日本酒への思いを知って酒を呑みたい衝動が抑えられなくなりました。 あと、日本酒の先生の髙橋さんも日本酒への愛が伝わってきて良いなと思いました。 石ちゃんと仲よさそうなもの良いですね。 テレビに出てる出てないとか、Wikipediaにページがあるとかないとかで人を判断する人っているんですね。

次の

はっちゃん日記

に ちゃん

土の中で微生物と野菜がしっかりつながることで、微生物の作り出す生理活性物質(菌ちゃんパワー)が野菜に伝わり、より生命力あふれる野菜が育ちます。 だから菌ちゃんふぁーむでは、いつも菌ちゃんのことを考えながら作業します。 佐世保の里山で、土に空気と菌ちゃんの食べもの(草、木、竹)を与え、土を発酵菌ちゃんだらけにする土作りを徹底しています。 化学合成農薬は使いませんが、一部市販の苗を買い足す場合があり、その苗は化学肥料や化学合成農薬を使っていた可能性が高いと思われます。 また、天候等により野菜が弱ると一時的に病害虫が発生することがあり、それをそのままにしておくと野菜が弱り、さらに病害虫を呼ぶことになりかねません。 そんな場合は、有機JASで許可されている農薬を一時的に使うことがあります。 小物だけなら普通郵便が選べます。 全国共通で140円、180円、290円、520円です。 それ以外はゆうパックで送ります。 配達地域ごとに、商品の量に応じて、送料は変わります。 送料が表示されたあと、「購入する」をクリックせずに、「変更」をクリックして、また元に戻って、商品を変えたり量を変えたりが何度でも繰り返し出来ます。 そんな中で、畑も人のおなかの中も同じであることに気づき、 「菌ちゃん人間作り」の活動も始めました。 畑が変わると野菜が変わったように、 人のおなかも、善玉菌と微量ミネラルいっぱいにしたら、心とからだが変わるよ・・ 外食や購入食主体だと、おなかの善玉菌は減り、微量栄養素も極端になくなってるよ・・ 煮干しを粉末で加え、旬の野菜を皮や生長点ごとたっぷり入れた、みそ汁がいいよ・・ 講演会等でそう訴えてきましたが、 そんなみそ汁を作るに十分な気力がない人も多かったんです。 第一、本当に困っている人は聞きに来てないんです!. それで、思いついたんです。 だったらとりあえず今食べてるものにふりかけて、栄養補強できるものを作ろう! 現代人の多くは新型栄養失調症になっているか、なりかけている。 だから、たくさんの人がとりあえずこれを使ってみることで、 食が、自分の心と体に直結していることを実感して欲しい。 そう決心して、材料に必要な野菜を思い切ってたくさん作り、 出来るだけ安価な価格設定にして、製造販売を始めました。 例えば空心菜1キロを調整、裁断、乾燥、粉砕すると60gになります。 (様々な改良で、当初より効率が上がりました) 1キロ(4束)500円として、粉末1gあたり原価は8. 3円、菌ちゃんげんきっこ60gが全部空心菜だとすると498円になります。 実際菌ちゃんげんきっこグリーンタイプは、材料費だけで362円になります。 これに、乾燥前の調整作業労賃、乾燥のための燃料代、粉砕・袋詰め等の委託費、袋代、乾燥剤代、販売経費を加えたものが、 販売原価です。 それに流通マージンや利潤を加えた販売価格は、販売原価の2倍以上にするのが一般的です。 しかも菌ちゃんげんきっこ用の空心菜は抗酸化成分を最大限含ませるために、 前日が晴天の日の翌朝しか収穫できませんから、収穫ロスもかなりあります。 菌ちゃんげんきっこの今の価格がいかに安すぎか、ご理解いただけるとありがたいです。 菌ちゃんふぁーむのスタッフはお客様の喜ぶ声を励みに、本当によく働いています。 おかげさまで、多くは買っていただいた方の口コミで、使用者が徐々に広がってきています。 菌ちゃんげんきっこが、あなたのおなかを活性化させ、ますます元気にしてくれますように・・.

次の