東方 診断 能力。 貴方は誰と同じ能力かな?〔東方〕

【心理テスト】あなたの眠っている潜在能力は?【3秒で診断】

東方 診断 能力

| | | 始まりました! 東方の検定が!! あっ、申し遅れました。 初めまして、こんにちは!瞳です!! 今回は能力の検定と言う事でして…楽しみですね!! 私がこれまで作ってきた東方は紅魔館が多かったので、私なりに便利だなぁと思うものをセレクトしました!! では、ゆっくりしていってね!! 空を飛びたい。 時間を操る。 宿題が驚きの白さ! メイド! ニーソ! パッド長!

次の

東方のキャラの能力一覧

東方 診断 能力

【心理テスト】あなたの眠っている潜在能力は? あなたは、懸賞で最新のスマートフォンが当たりました。 最初に設定してあった待ち受けの壁紙は、次のうちどれでしたか? A. 青い海・空と白い砂浜などリゾート地っぽい写真 B. 夕日や夜景などの夜寄りの写真 C. 遺跡や寺社仏閣、神殿など歴史的建造物の写真 D. 木や森、草原などの緑系の自然の写真 2. デフォルト設定で入っていたアプリはいくつくらいでしたか? 0~100の中から数字を答えてください。 c Shutterstock. com 気になる診断結果は…? 当たったスマートフォンにあらかじめ設定してあった壁紙とアプリの数から、あなたの隠れた潜在能力とその状態がわかります。 「最初に設定してあった待ち受けの壁紙は?」の診断結果 A. 「青い海・空と白い砂浜などリゾート地っぽい写真」を選んだあなた 実は 投資の能力が隠れていそうです。 「投資なんて難しそう…」と毛嫌いせずに、1冊マネー誌を買って勉強をスタートしてみたらいかがでしょうか? あれよあれよという間に、日本のミニ・バフェット(有名なアメリカの投資家)になれるかもしれません。 (あ、投資は自己責任です) B. 「夕日や夜景などの夜寄りの写真」を選んだあなた 他人を癒す能力に長けていそうです。 ヒーリング系か福祉系でパワーを発揮できそうなのですが、いかがでしょうか。 占い師が言うのもなんですが、占いなどでも力を発揮できそうです。 また、興味があれば、整体の施術やヨガ、ピラティスの先生など、体を使ったヒーリング系でも活躍できる潜在能力が眠っていそうです。 「遺跡や寺社仏閣、神殿など歴史的建造物の写真」を選んだあなた 一度挑戦して諦めたことや、三日坊主でやめてしまったことの中に、潜在能力が発揮できることが埋まっていそうです。 思い当たることがある方はぜひこの機会に再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 また、仕事の面でもまだまだ力が発揮できていないようです。 仕事がルーチン化している場合には、新たな試みができる部署への異動願いを出すなど積極的に動いてみては? D. 「木や森、草原などの緑系の自然の写真」を選んだあなた 先生やガイドといった、 人に教える才能が眠っています。 2年後のオリンピックに向け、観光客を案内するガイドに挑戦してもいいかもしれません。 また自分の興味がある分野について、みんなに知識を教えるつもりで本を執筆してみてもいいかもしれません。 「デフォルト設定で入っていたアプリはいくつくらいでしたか?」の診断結果 これは、あなたが 「気付いていない潜在的に眠っている才能」の数です。 磨けば光るものばかりです。 えッ? 0だった? そんなあなたが既にご自分のあらゆる能力に気が付いているということです。 あとはやるのみですね。 c Shutterstock. com 初出:しごとなでしこ.

次の

東方キャラ診断!

東方 診断 能力

概要 同人サークルによるのシリーズで用いられる語。 登場するキャラクターの能力を表す際に用いられる。 上記メイン画像は登場キャラクターであるの「水を操る程度の能力」を表現した作品。 程度の能力 「~程度の能力」が表すもの 能力として語られるのはそのキャラクターが可能とするものや特徴などであり、キャラクターによっては同種の能力でも複数の表記をもつ、あるいは能力そのものも複数語られている。 例えばそのキャラクターが可能とするものに言及しているケースとしてはの「魔法を使う程度の能力」があり、これは魔理沙が様々な魔法を使うことを表している。 魔理沙は先天的な「」ではなく魔法を使う能力も本人に内在するものではないが、その研究や各種マジックアイテムを通して魔法を行使している。 この他「~を操る程度の能力」という、能力を通して他の何らかの対象に意図的にアクセスし操作するというものも多く見られ、の「時間を操る程度の能力」やの「人形を操る程度の能力」などがその一例である。 中にはその全体像が明示されていないものもあり、の「運命を操る程度の能力」など作中で具体的には語られていないものもある(2017年現在)。 本人の性質などに言及するタイプとしてはの「白黒はっきりつける程度の能力」、とらの「紅葉を司る程度の能力」や「豊穣を司る程度の能力」などがある。 「~程度の能力」が語られる場面 東方Projectはや弾幕アクションからなるゲーム、楽曲を収録したCD、漫画や小説などの書籍作品などで展開される複合的な作品群であるが、「程度の能力」についてはゲーム中や書籍物語中などキャラクター本人たちが活動している場面よりもその背景部分にアプローチする場面で語られることが多い。 例えばゲームやCDではそれぞれの形で同梱されている原作者()による各種テキストの物語設定関連やあとがきなどにそれぞれの記述がみられる。 書籍においても上記と同様の設定関連やあとがき、あるいは登場人物による作中書籍などにその記述がみられる。 特に後者の書籍においては登場キャラクターや物語の舞台そのものに登場人物の視点から記述報告的にアプローチする作品もあり、この内「~程度の能力」に関連した記述が多数見られるのが『』と『』である。 両作はシリーズの登場キャラクターであるが作中の登場人物たちについて執筆または編集したものであり、特に前者の著作は作中登場人物の視点でありながら「 客観の視点で構成 」されたものとなっており、作中では「」という書物として発表されている。 一方阿求によれば「幻想郷縁起」の執筆に際しては妖怪側からの自身のPRもあるらしく、「 こういう能力持ってるけどどう? 」という「 アピール 」もある様子であり、その記述には阿求の取材と妖怪自身のアピールが合わさっている模様である。 「幻想郷縁起」は作中にも実際に書籍として登場しており、今代のである阿求の「幻想郷縁起」もまた作中ならではの装丁など具体的な描写を伴って登場している(『』)。 出版後の人々からの評価・反応などを通しては人々が阿求の「幻想郷縁起」に触れている様子も見ることが出来る(例えば『鈴奈庵』)。 「幻想郷縁起」では紹介する人物たちの能力について他のメタ的なテキスト同様「~程度の能力」の表記を用いて記述されているため、作中登場人物たちもまた阿求の記述を通して各々それぞれの「~程度の能力」に触れる機会が開かれている。 また地の文において「~程度の能力」の表記による記述が登場することがあり、例えば『』(第四部)ではに関連した記述において「 サニーミルクは光を屈折させる程度の能力を持っている 」とし、さらにその能力の応用例について続けている。 稀に作中の登場人物が「~程度の能力」の表現を用いることもあり、例えば『』(『』)ではがの能力について「 死なない程度の能力だから痛くないってことか 」としている(妹紅によれば実際は「 痛い 」)。 ただし『月のイナバと地上の因幡』ではZUNは「原案」という位置づけであり、当該の部分を含めセリフの仔細全てがZUNによるものかは不明である。 「~程度の能力」の歴史と二次創作における広がり キャラクターの能力について「~程度の能力」という表記が登場したのはWindows版第一作である『』(シリーズ通算では六作目)以降である。 同作ではゲームに付属のテキストの他一部作中でも語られている。 また東方Projectを原作とするファンによる二次創作においても様々な「~程度の能力」が考案されている。 例えば二次創作における各オリジナルキャラクターでの設定などに原作の「程度の能力」の表記に倣ったものも見られる他、ファンなどの間では特定の各種二次創作作者や作風を指して代名詞的に用いられる場合もある。 注意点 「~程度の能力」にはその語の運用について注意点がある。 一般に「~程度の能力」と言えば「~くらいしか能の無い様子」などのネガティブなニュアンスで捉えられることが多い。 ストレートなネガティブな意味を含まなくとも、それ以上の発展が見られないというような限界に言及する文脈で用いられることが多い。 一方東方Projectにおける「~程度の能力」は必ずしもネガティブな意味を含むものではなく広く能力名を指す際の慣用表現的なものである。 作品文化に特有するニュアンスがあると言えるだろう。 この両者の意味的違いを踏まえる時、pixivにおいて東方Projectの前提がない作品に東方Projectの「~程度の能力」の感性で類似した名称を使用してしまうと誤解を与えかねないというリスクがあるのである。 例えば「 絵を描く程度の能力」という名称が仮にあったとして、東方Projectの世界観を前提とするならばその作者に「絵を描く才能があること」を示す中立的またはポジティブなニュアンスで捉えられることだろう。 東方Projectにおいて「~する程度の能力」といえば、その前段に提示された物事が「(その性質は様々ながら) 出来る、 可能である」ことを意味するためである。 作者の自己紹介として用いられる可能性もある。 しかし先述のような一般的な視点に立ち、かつネガティブな意味合いとしてこの文言を見た時、「 絵を描くくらいしか能のない」というニュアンスで捉えられることだろう。 「絵を描く程度とは何か?」と、まずその文章としての接続に疑問をもたれるかもしれない。 作者本人が言及するならば一般的には作者自身の謙遜なのだろうと捉えられるかもしれないが、東方Projectの世界観のない作品に対して他者からその作者に向けて投げかけた場合、作者側にこのネガティブなニュアンスで、意図した意味とはまるで異なるメッセージとして伝わることになりかねないのだ。 このような理由から、「~程度の能力」については、作品の世界観や題材が東方Projectのシリーズを基としたものでない場合、特に自分の作品に用いる場合でないときなどは基本的にはその使用は控えた方が良いだろう。 また東方Projectの世界観が前提にある作品においても二次創作的な「~程度の能力」という表現が好まれないこともあるので、注意が必要である。 能力名の一覧 次のリストは各キャラクターの能力名の一覧である。 先述のとおりキャラクターには能力名や表記が複数あるものもある。 また、その能力が明らかにされていない、または作中何らかの能力は発揮されていても「~程度の能力」のような形でその能力を象徴的に表す語が語られていないキャラクターもあり、次のリストにおいてはそのキャラクターの欄は空欄となっている。 この他キャラクターではなく個別のアイテムなどの能力として次のものがある。 初登場作品 名称 能力名 書籍・CD 初登場作品 キャラクター名 能力名 備考 () ZUN's Music Collection 関連グループ キャラクター名 能力名 備考 その他のキャラクター 東方Projectには上記以外にも設定上やモブキャラクターとして多数のキャラクターが登場するが、個別の能力については語られていないものが多い。 設定上・モブなどとして登場するキャラクターの主なものは次の通り。 登場ケース キャラクター名 設定上のキャラクター モブキャラクターなど• 妖精 :• 妖怪 : ()• 兎 :• その他 : この他のケースとしてアリス・マーガトロイドの使役する人形とスペルカードに関連してや、などの語も登場するが、個別の「能力」という点では語られていない。 上記のアリスの「人形を操る程度の能力」によって操縦される側であるといえるだろう。 また、個別のエピソード上に登場するや、等のキャラクターや、や、(通称)など等に関連した一般の人間も登場しているが、こちらも特定の「程度の能力」の文脈では語られていないものも多い。 また『神霊廟』1面ステージの道中に登場した個別の名称が不明な幽霊らしき存在(pixivではなどの呼称がある)や『紺珠伝』ジャケットデザイン等に登場する通称「」などについても個別の能力などは不明である。 加えて本編や本編背後の設定にも登場しないが作品発表前にはその存在が設定され、作品発表時には何らかの理由で作品から除かれたいわゆる没キャラクターとして「」がある。 設定面のうち、能力については不明(先述の現在時点)。 PC-98版 先述のとおりPC-98版()では「~程度の能力」という形での能力の設定は無いが、一部のキャラクターはその能力について言及がある。 各キャラクターについては個別の記事を参照。 初登場作品など キャラクター名 主人公 ShinGyoku() YuugenMagan() Elis() Sariel() Mima() Kikuri() Konngara() () その他のキャラクター 東方旧作においても上記以外のキャラクターが多数登場している。 特に旧作においては各ステージの中ボスなどが名称未設定であるケースが多い。 Windows版でも先述の『神霊廟』1面中ボスにおける怨霊のようなキャラクターがあり、それと同様のものと言える。 設定上・モブとして登場するキャラクターの主なものは次の通り。 登場ケース キャラクター名 中ボス・ボス () 中ボス 中ボス この他、モブキャラクターとしてのや『』の「」などが登場している。 能力以外の「~程度」 東方Projectでは能力にまつわるもの以外にも「~程度の~」という語を用いて記述されるものがあり、次のような例がある。 『』ではそのストーリーに気象的な要素を含み、キャラクターごとの気質に合わせて天気(天候)が変わるというシステムがある。 同作ではこれに合わせる形で「~程度の天気」という要素が存在する。 『緋想天』のシステムを引き継いだ作品である『』においても同様の要素がある。 各キャラクターにまつわるの「~程度の天気」は次の通り。 各オカルトボールの元となったパワーストーンの由来と各々の「怪奇」の発現については次の通り。 作品名 オカルトボール 怪奇現象名 オカルトアタック使い放題になる程度の怪奇 戦場が狭くなっていく程度の怪奇 ボールに天罰のパワーが宿る程度の怪奇 ボールに癒しのパワーが宿る程度の怪奇 門に近寄るほど死が迫る程度の怪奇 低所に危険が満ちる程度の怪奇 弾速が遅くなる程度の怪奇 二次創作 次のリストでは東方Projectの二次創作における「~程度の能力」関連のタグの内原作キャラクターに関連した二次創作、あるいは二次創作作者や作風に関連したタグのうちピクシブ百科事典上に記事があるものを記載する。 個別の各二次創作作品オリジナルキャラクターなどについては「」等の記事から各作品記事、各キャラクター記事を参照。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の