異 世界 女王 と 転生 デザイナー。 ぽよこのブックマーク一覧

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『へたれ異世界転生もの』 アニメの魅力を語り倒す!」:岡田斗司夫ゼミからのお知らせ:岡田斗司夫ゼミ(岡田斗司夫)

異 世界 女王 と 転生 デザイナー

なので、フリオ一家、スレイプ一家、ゴザル一家が小部屋で寝ることになっており、 「残りは、大部屋で雑魚寝でいいニャよね?」 とのウリミナスの採択により、 ・大部屋雑魚寝チーム ブロッサム ジャレン ベラノ - 仕事終了後合流予定 - 風呂に向かいながら、その事実に気がついたジャレンは、真っ赤になりながらあれこれ思案を巡らせていた。 ……も、もし、ベラノさんが都合でこれなくなったら……、こ、今夜はブロッサムさんと 2人っきり ……あぁ、そうなったらどうしよう……その、少しお話とか聞いてもらえるかな ……あ、で、でも最近の僕は、デザイナーで頑張ってもいるし、その、少しは褒めてもらえて…… ……その……お、大人なご褒美とか…… ぶつぶついいながら、その顔を真っ赤にしつつ、その場でわたわたしまくるジャレン。 未成年特有の青い妄想がその脳内を駆け回りすぎていたのであった。 そんなジャレンの様子を、先ほどフリオの転移魔法によってホウタウの街から到着したばかりのベラノは、柱の陰からジッと見つめ続けていた。 ……ど、どうしよう……なんか、今出て行ったら非常に申し訳ないような ベラノは、空気を読んだものの、どうしたものか、と、思案するのであった。 人の姿に変化してはいるものの、その巨躯はかなり目立っており、その存在だけですでに目立ちまくっている大男が大声を出しているために、否応なしに周囲の注目を集めていた。 「ユイガード様、お怒りはごもっともですが、ここは私におまかせを……」 魔王の側近であるフフンは、自らも人に変化した姿になっており、その右手でユイガードを必死に押さえていた。 どうにかユイガードが一時動きを収めたのを確認すると、フフンは改めて受付の女性に視線を戻した。 「改めて聞きますが、我らの宿泊を断るとは、どうしてでありますか? お金はきちんと支払うといっておりますが。 なんなら前払いしてもかまわないのですよ」 フフンは、ここで一度指をならした。 それを合図に、 「はいはいですです~」 人の姿に変化している、 幼女型狂科学者 ロリータマッドサイエンティスト のコケシュッティが、フフンから託されていた金の詰まっている布袋を、よいしょっとカウンターの上に置いていく。 だが その金の袋を目の前にしても、受付の女は、笑みを浮かべたまま、その顔を左右に振っていく。 「お客様。 申し訳ありませんが……」 そう言いながら、その女は、カウンターの下から数枚の紙を取り出していく。 「皆様、キノーサキでトラブルを起こされていますね? 現在温泉協会加盟店全店への出入禁止の措置がとられておりますので……」 そう言いながら、女は恭しく一礼していく。 ユイガート、フフン、コケシュッティの 3人は、カウンターに置かれた書類をのぞき込んでいく。 そこには、ユイガード、フフンの似顔絵の描かれており、その下部には『永年出入禁止』の文字が書かれていた。 それを見た 3人は、その場で固まっていったのだった。 この一同がヨルミニートのことを姫女王と勘違いしているのには理由があった。 まず、ヨルミニートが人に変化する際、たまたま近くにあった姫女王の水晶写真を参考にしていたため、その顔はまさにうり二つとなっていたのである。 だが、実施の姫女王が、アラサーにもかかわらずに、小柄で、かつ見事なまでの幼女体型なのに対し、体のメリハリがバッチバチで、なおかつ背も高いヨルミニートである。 普通なら間違いようもないところなのであるが、 姫女王が、第一皇女から女王へと即位して以降、仕事にぼっとうし続けていたため、彼女は公の場にほとんどその姿を見せたことがなかった。 そのため、一般に出回っている水晶写真以外の情報を、この婿候補達は持ち合わせていなかったのである。 本来であれば、この保養所に入れた時点で城の関係者であることが証明されているわけであり、そこまで疑う必要もないであろうという考えが一同の中にあったのも否定できなかった。 というのも、この保養所の入り口には、屈強な衛兵が何人も控えており、事前の申請がないものは例え王族であっても追い返すほど、厳格に職務を遂行する一同なのである。 だが、臭いにつられたヨルミニートが、門番達を魔法で沈黙させてから侵入してきているなど、婿候補らには、想像すら出来ずにいたのであった。 「いかがですかなこの肉は? 姫女王様のために特別に取り寄せたのだぞ?」 そう言いながら、ゴルダムは、ヨルミニートの肩をグイと引き寄せ、その顔を自分の眼前へと近づけていく。 眼前に迫っているゴルダムの顔を、口いっぱいに肉を頬張りながら、ヨルミニートは ……なんとも、暑苦しい男だわぇ そう思いながらも、その口をモグモグと動かし続けていたのであった。 その様子を間近で見つめながら、ゴルダムは ……おいおい、このお姫さん、とんだ食いしん坊じゃねぇか……ほんと育ちが悪ぃんだな そう内心で苦笑していたのであった。 ……まぁ、とっととベッドに連れ込んで、手籠めにしちまえば、こっちのもんだな ゴルダムは、ヨルミニートを更に抱き寄せ、そのまま抱き上げて、 「さぁ、姫女王様、あとは別室にて、 2人きりで食しながら、 2人の将来でも語らいましょう」 そう言いながら、その顔を再度ヨルミニートの眼前にまで近づけていく。 と 「ちょっとお兄さん? 少し近いんじゃないかしらぁ?」 その肩を、ヨルミニートの後方に控えていたハードダダンダンが掴んでいった。 「なんだ、姫女王のお付きの人か? すまないが、今は姫女王と私は 2人の将来にとって大事な話をしている最中なんだ。 邪魔しないでくれるか?」 そう言いながら、自らの右腕の筋肉を誇示していく。 ゴルダムは、かなりマッチョな体型をしており、実際、そのパワーには相当な自信を持っていた。 そんなゴルダムとハードダダンダンの間に、ゴルダムの専属メイドであるミーサが、腕まくりをしながら割って入った。 その腕は、その細身の体からは想像出来ないほどに筋肉質であり、相当に鍛えているのは間違いなかった。 「あとは若いお 2人おまかせして、私たちは別の場所でお話いたしましょう」 そう言いながら、ハードダダンダンを、冷たい視線で見据えているミーサ。 だが、 ハードダダンダンは、 「嫌よ」 そう、言うが早いか、その右腕を一閃した。 すると、ミーサの体は瞬時にはね飛ばされ、建物の壁にめり込んでいったのであった。 あまりにいきなりの出来事に、ゴルダムをはじめとしたその場の全員が口をあんぐりと開け、あっけにとられていたのであった。 そんなゴルダムの腕から、よっこいしょっと降り立ったヨルミニートは、机上に山積みになっている料理の方へと歩み寄り、それを口に運び始めた。 ……ふむ、いい暇つぶしになりそうだわぇ ヨルミニートは、そう考えながら、その口元に、ニィっと笑みを浮かべていったのであった。 女王に即位してからこの方、ゆっくり寝ることも出来ない日々をすごしていた彼女は、入浴をすることそのものが希であり、毎日体を湯で拭くのみで済ませ続けていたのであった。 髪の毛などは、執務の最中に、メイドらに綺麗にしてもらってはいたものの、こうしてのんびり入浴するなど、一体いつ以来であろうかと、本人がまったく思い出せないほどに久々なのであった。 「仕事を忘れて、こうして温泉に浸かりながらお酒が飲める幸せ……いいですねぇ」 頬を上気させながら、美味しそうにグラスの酒を飲み干していくエリー。 その表情は、まさに至福を絵に描いたようであり、エリーがいかに今の一時を満喫しているかを表していると言えた。 そんなエリーの様子を、彼女から少し離れた位置で入浴しているボラリスは、その鼻から大量の鼻血を流しながら見つめていたのであった。 ……え、エリー様……そ、そのような、無防備この上ない笑顔……このボラリス、もう体がもちません! MS 5 - マジで・失血死する・ 5秒前 - 状態になりながらも、姫女王からその視線をまったく離そうとしないボラリス。 小柄で細身な幼児体型の成人女性をこよなく愛する彼女にとって、まさに至福の瞬間なのであった。 ……あのまま、無防備きわまりないエリー様の、あられもないお姿を見続けたい欲望は確かにあった……だが、あのままあの場にいたら、私は確実に天に召されていたであろう そう考えたところで、ボラリスは、その頭を大きく左右に振った。 ……それではいかんのだ……せっかくの休暇を満喫されているエリー様を最後までお守りすることこそ、我が最高にして最大の目標なのである 右腕を力強く握りしめ、キッと天井を見上げるボラリス。 ……そのためには、あの無防備きわまりないお姿を目に焼き付ける時間は、日に 10分までにしなければ そう考えながら、脱衣所の戸を開けたボラリス。 その視線の先に 先ほど脱衣所に入り、服を脱いだばかりのベラノの姿が目に飛び込んできた。 「む、むはぁあああああああああああああ!? な、なんでここにベラノ殿がぁあああああああああ!?」 ボラリスは、想定外の人物の登場に、完全に不意を突かれ、再度鼻血を噴射していく。 そのあまりにも、な光景に、どん引きし身構えるベラノ。 その、幼さの残る顔を恐怖に引きつらせている、そのシチュエーションが、ボラリスの脳内を更に破壊していく。 そして、完全に脳内が崩壊しきったボラリスは 「ベ~ラノちゅわ~~~~~~~~ん!」 と、甲高い声で叫びながら、まるでプールに飛び込むかのような格好でベラノめがけて特攻していったのであった。 まさに間一髪のところで、一緒に風呂にやってきていたリースに救われたベラノ。 その視線の先では、リースに床にたたきつけられ、ぴくぴくと麻痺しているボラリスの無残な姿があったのであった。 ……エリー様に……べ、ベラノ殿……、さ、最高……です……(ガク 小柄で細身な幼児体型の成人女性をこよなく愛する彼女にとって、まさに宝玉の一時なのであった。 ただ、急で勾配がきついだけなら、登り切るのはそう難しいことではないと思われるのだが、 この油坂は、その上部に立っているスタッフ達が、この坂に油をまき続けているのである。 そのため、坂は、常に油まみれになっており、 ただでさえ急勾配で登りにくいこの坂の難易度を、更に跳ね上げていたのであった。 「なんだ坂! こんな坂ぁぁぁぁぁ!」 そんな難攻不落では、と思われる坂を、金髪勇者は必死に登っていた。 その手に、相棒・ドリルブルドーザースコップを持ち、それを坂に突き立てては、それを頼りにしながら前へと進み、そしてまた前方へと突き立てる、という作業を繰り返しながら、徐々に前へと進んでいく金髪勇者。 「きゃ~! 金髪勇者様素敵です~!」 その光景を客席にいるヴァランタインは狂喜乱舞しながら見守っていた。 だが、そんなヴァランタイン達応援団の前で 坂の上部のスタッフ達は、おもむろに 坂の油に火をつけたのだった。 すでに油まみれとなっており、危険きわまりなかったこの坂は、 瞬時に火に囲まれていき、紅蓮の炎を巻き上げ始めたのであった。 「き、金髪勇者様ぁ!?」 その光景を見つめていたツーヤとリリアンジュは、ともに絶叫しながらその光景に目を丸くしながら、抱き合っていたのであった。 最悪の事態が起こってもおかしくないのでは、と思えるほどの巨大な炎が猛威を振るう中。 「なんだ坂! こんな坂ぁぁぁぁぁ!」 紅蓮の炎の中から、金髪勇者が絶叫しながら飛び出してきた。 金髪勇者は、相棒・ドリルブルドーザースコップの、堀る金具部分の付け根に飛び乗っており、ホッピングの要領で、前へ、前へと、すさまじい早さで進んでいた。 「「「きゃ~、金髪勇者さまぁぁぁぁ!」」」 その光景に、応援席の 3人は、皆で抱き合いながら歓声をあげていた。 「これしきのことぉぉぉ! マラソン王になるこの私にかかればお茶の子さいさいだぁぁぁぁ」 そう言いながら、金髪勇者は、絶叫を続けながらドンドン前へと進み続けていたのであった。 機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。 むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。 味方はチート、敵も大概チート。 基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。 メカバレで問題ない。 14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。 この場を借りて感謝申し上げます 現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。 これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

次の

転生したらスライムだった件 16 OAD付き限定版 講談社キャラクターズライツ : 川上泰樹

異 世界 女王 と 転生 デザイナー

前世で殺した相手とパーティーを組む!? それってめちゃくちゃ気まずいんですけど! 明智光秀です。 なぜか転生を繰り返していたら、異世界で女賢者になっていました。 そこまではいいんですけど、賢者ひとりで戦うのは大変なのでパーティーに応募してみたら、信長様が女勇者として目の前にいました。 ……いや、ムリ。 前世で殺した相手とパーティー組むとかムリムリ。 ほら、なんかすっごい目でこっちを見ているし。 絶対うまくいくわけないですって! 心の平穏はどこー!? 前世でとっても因縁のあるパーティーメンバーたちの異世界冒険 日常? このパーティーは今日も気まずいです。

次の

ぽよこのブックマーク一覧

異 世界 女王 と 転生 デザイナー

作者:• ファンタジーな世界からファンタジーな世界へトリップした穏やかな貴族の男の話。 特に異世界の恩恵とかは無いけど、基本的に危機もない。 帰れるまで全開貴族的な意味で二度見されながら、冒険者としての日常をほのぼの送ってます。 男ばかりの友愛。 濃い友情。 恋愛感情はないからBLじゃないと言い張る必要がある程度にはそれっぽい描写があるので苦手な人はお控え下さい。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全178部分• ファンタジー 主人公至上主義 男主人公 総愛され• 残酷な描写あり• 作者:• ありがとうございます! エリ、こと真嶋恵理(まじまえり)三十歳。 十二歳の時に、異世界にトリップし。 恩人である男を、そして彼の息子を支えようと、この年まで独身で冒険者として頑張ってきたが…その息子に『ババア』呼ばわりされたので、冒険者を辞めることにした。 「これからは、好きなことをやろう……そう、この世界に米食を広めるとか!」 とは言え、異世界にある米は長粒種(日本でいうタイ米)。 少しでも食べやすいように、どんぶりにしてみようか。 不定期更新。 書き手が能天気な為、ざまぁはほぼなし。 基本もぐもぐ。 恋愛は成り行き任せです。 ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全92部分• ほのぼの 女主人公 異世界 もぐもぐ• 作者:• その者は、己の前世の記憶を持っていた。 王位継承権を巡る政争にて、側室の子であるからと真っ先に貴族諸侯から見限られた第三王子。 その護衛役として役目を全うした女騎士としての記憶を所持したまま転生を果たした者が、いた。 そんな彼女が転生したのは生前と同じ世界。 それも、己が死んだその直後に赤ん坊として再び生を受けていた。 今度は、伯爵令嬢————フローラ・ウェイベイアとして。 17を迎えた誕生日。 生家から半ば強制的に国王陛下の甥にあたる公爵殿の花嫁選びの為に開催されるパーティーに参加しろと言いつけられ王宮に向かう事になってしまったフローラ。 今生は平凡に生きるんだ、などと考える彼女であったが、王城に向かったその瞬間、平凡に生きられたであろう未来は見事に歪んでしまう。 何がどうあってか、知らないうちに国王陛下まで上り詰めていた元護衛対象による執着心によって。 異世界[恋愛] 連載:全73部分• 身分差 年の差 前世の記憶持ち 自己評価低め主人公 溺愛 主人公最強系 書籍化きまりましたっ• 作者:• アリーシア・グランツ公爵令嬢は、異世界から落ちてきた聖女ミアに婚約者を奪われ、断罪されて処刑された。 殺されるたびに人生が巻き戻り、そのたびに王太子マクシミリアンはミアに心奪われ、アリーシアは処刑、処刑、処刑! 10回目の人生にして、ようやく貧乏男爵令嬢アリーに生まれ変わった。 もう王太子や聖女には関わらない!と心に決めたのに、病弱な弟のために王宮の侍女として働くことに。 するとなぜか、王太子マクシミリアンは聖女ミアには目もくれず、男爵令嬢アリーを溺愛し始めて……。 異世界[恋愛] 完結済:全81部分• 身分差 悪役令嬢 巻き戻り人生 溺愛 王太子 聖女 ざまあ 男爵令嬢が主人公 前世は公爵令嬢 コメディ 筋肉• 作者:• 「鳥はいいなぁ、自由で」 たしかにそう言った。 けれど、そうじゃない。 彼女は決して本物の鳥になりたい訳ではなかった! 気が付けば『カナリーバード』という、美しいが戦闘能力皆無の鳥型モンスターになっていた主人公。 運良く規格外の身体能力を手に入れたと思ったら、人に攫われ売られることに。 買われた先で出会ったのはやけに大人びた、しかしどこか危うく見える少年で、彼の心の支えになることを決意した主人公だが……逆に少年からフォローされる日々を送る。 これは不自由な天才少年と最強ポンコツ鳥頭の凹凸コンビが自由を獲得するまでの物語。 その鳥はやがて伝説となる……はず。 本編完結いたしました。 冒険あり恋愛ありの波乱万丈鳥生。 恋愛成分は終盤に薄らとあります。 syosetu. 第九回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞にて、銀賞をいただきました。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全103部分• 女主人公 人外転生 主人公最強 主人公は鳥 むしろモンスター そしてポンコツ 人外主人公 異種間恋愛 の予定 アイリス恋愛F大賞9• R15 残酷な描写あり• 作者:• かつて愛国者の国と呼ばれていたローランズ王国は現在、正妃の息子である第二王子を擁立する国王派と、側妃の息子である第一王子を擁立する教会派に分裂し、政治が混乱していた。 その混乱故、特殊な血筋を持ち、完璧な淑女と呼ばれている、ルイス侯爵令嬢ジュリアンナが誰と婚約するのかが社交界では注目の的だった。 ジュリアンナの婚約発表が行われるまで半年を切ったある日、第二王子からジュリアンナへと召喚状が送られる。 そして理想の王子と呼ばれているはずの第二王子からジュリアンナに告げられる鬼畜な手駒宣言。 ジュリアンナは、自分の願いを叶えるため、第二王子との約束を不本意ながら果たすために悪魔崇拝が行われている王都教会へと潜入し、教会派と国王派の陰謀に巻き込まれていく。 ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全149部分• ファンタジー 恋愛 貴族 女主人公 架空中世 演技派令嬢 ブラコン ライト文芸賞2AR 受賞作• R15 残酷な描写あり• 作者: 甘沢林檎【N-Star】• 甘沢林檎先生の 『冒険者の服、作ります! ~異世界ではじめるデザイナー生活~』が 大好評発売中!! 書籍版限定の書き下ろしエピソードは、なんと30ページ超!! 転移先で困っているところを助けてくれた新人冒険者マリウスに お礼として服を作ってあげることにした美奈。 すると、美奈の作った服に魔法効果が付与されることがわかり、 たちまち冒険者から注文が殺到! 「私は普段着やドレスが作りたいのに!!」 顧客第一号であるマリウスは元々の素質と相まって、 冒険者のレベルがどんどん上がっていく。 読むと元気になれるモノづくり異世界ファンタジー、OPEN!• ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全107部分• 日常 N-Star 恋愛 モノづくり 服飾 デザイナー 仕立屋 剣と魔法 異世界で夢が叶う ハッピーエンド 冒険者 魔法スキル 付与魔法• R15• 作者:• 8歳で前世の記憶を思い出して、乙女ゲームの世界だと気づくプライド第一王女。 気づけば知らず知らずの内に皆に物凄く愛されながら成長していっている悪役ラスボス女王のお話です。 怨恨王女は幕を上げる。 」までの完結です。 コミカライズはこちらよりお読みできます。 ichijinsha. 異世界[恋愛] 連載:全904部分• 身分差 乙女ゲーム 悪役令嬢 ヒーロー ラブコメ 逆ハーレム チート ラスボス 主従 家族愛 愛され主人公 男の友情 書籍化 コミカライズ 第一部完結• R15• 作者:• 【書籍版1~2巻、アリアンローズ様より発売中です!】 鏑木凛は自他共に認める社畜だった。 ある日、信号を無視した車に轢かれそうになったところ、異世界へと召喚されてしまう。 しかし、召喚陣から離れた場所に出現した上、既に聖女は二人も召喚されていた。 王子に「巻き込まれただけの一般人」という認定を受けた主人公は、城下に下る事を決意する。 なんとか就職先を斡旋してもらえたが、そこは城下でも不味いと評判の食堂だった。 しかもこの世界、料理は薬の劣化代用品であるらしく、効果を優先させて味は二の次三の次。 食材のステータスが見える力を授かった主人公は、味と効果の共存を目標に、閑古鳥が鳴く食堂の建て直しを目指して頑張る。 ざまぁ要素多少有。 異世界[恋愛] 連載:全97部分• ラブコメ ほのぼの 女主人公 ご飯 ヒーロー固定 ハッピーエンド 異世界トリップ 苦労人騎士ヒーロー 意地悪天才魔術師店長 王子様系ゴリラ兄さん 俺様もふもふ魔族 ツンデレ王子 書籍化• R15 残酷な描写あり• 作者:• ダナン国マクロン王のお妃選びが開始された。 31人のお妃候補が王城に集う。 1日は1番目のお妃様、 2日は2番目のお妃様、 3日は3番目のお妃様、 …… 31日は貧乏くじのお妃様、 31日がある日しか王様のお越しはない。 三ヶ月に一度しかない31日のお妃様は、だーれもなりたがらない。 その31番目のお妃様に、僻地中の僻地であるカロディア領の若き領主の妹フェリアが選ばれた。 後宮は女の園…… 女のバトルにフェリアは勝ち残れるのか? 後宮田舎娘奮闘記です。 KADOKAWAビーズログ文庫様より 31番目のお妃様1~4発売中 イラストは山下ナナオ様です。 異世界[恋愛] 完結済:全43部分• 身分差 後宮 お妃選び 王 王妃.

次の